2010年07月15日

この国を支配/管理する者たち

この国を支配/管理する者たち―諜報から見た闇の権力
菅沼光弘、中丸薫/著(徳間書店) 2006年


著者は明治天皇の孫だという中丸薫さんと
元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘さん。

内容以前に構成がバラバラな印象を受けた。
対談集の様でいて、どちらがしゃべっているかわからない。
例えば、P96で中丸さんがしゃべっているのかと思っていたら
「中丸さんの提唱されるようなシンクタンクを〜」という最後の一文に
ビックリさせられたり。

話の途中で全く関係の無いコラムがポンっと挿し込まれたり。

菅沼さんは理路整然としているのでわかりやすいが
中丸さんの文章はわかりにくい。
まるで酔っ払いと話しているような気分になる。

それはさておき、なかなか貴重な本である。
嘘か誠かわからないところも多いが、
アンタッチャブルな件はなかなか表に出ないから
そのことだけで嘘だとは言えないだろう。

この本に書かれていることは、インターネットでは時々論じられるが、
TVや新聞で話題になることはまずない。


菅沼さんの主張は、情報を大事に。この一点である。

日本は情報をないがしろにしたから戦争に負けた。
さらに戦争に負けた後、情報を捨てろとGHQに言われてあっさり捨てたから
現代の情報戦で他国に歯が立たないと。

一方の中丸さんは、世界平和を訴えている。

各国の要人と気軽に会える立場を利用して
「じゃ、仲良くやりましょう」とあっけらかんとしている。
そこには策略が無いように見える。
それが相手の警戒心を解くのかもしれない。


ちなみに、兼高かおるさんとは別人である。




●結局、小泉さんの標的は経世会のドン、野中広務さんだったのです。郵政・郵便局のドンも野中さんでした。かつて衆議院の逓信委員長として、NHK会長を更迭させたのは有名ですが、郵政省も彼が牛耳っていたわけです。郵政民営化とは、そのドンの野中さんをいかにして倒すかということです。
(中略)
小泉さんは、まず手始めに肉のハンナンという会社を摘発した。野中さんの政治資金源を絶つためです。
(中略)
日本で狂牛病が問題になった時に、英国から肉骨粉を独占的に輸入していたのはこのハンナンなのです。しかし、当時の農林省はハンナンを全然調べられなかった。逆に、使った畜産農家を調べた。
(中略)
ハンナンは、そのことによって食肉で損をしたといって、狂牛病対策のために国家が出した補助金を、ものすごくとってしまった。社長の浅田満はこの詐欺で捕まりました。
(中略)
暴対法によって山口組をつぶそうと思っても、なかなかつぶせないということで、まず資金源を断つことが始まったわけです。その手始めに、ハンナンを支えている政治家をやっつけようということで、まず鈴木宗男さんがやり玉に上がった。
(中略)
もう一つの隠れた目的は、アメリカの要請にしたがって、不良債権のもとになっている日本社会独特の闇の部分を透明化するという政策でした。
(中略)
そうなりますと、金融機関はゴルフ場などに金を貸さなくてよくなったので、バタバタとたくさん倒れたのです。つぶれたゴルフ場を誰が買ったか。それはゴールドマン・サックスです。(p27〜31)

☆つまり、郵政民営化というのは、経世会つぶしと山口組つぶし。
そういえば、小泉さんは自民党をぶっ壊すって言ってましたね。
鈴木宗男の逮捕の本当の理由などはなかなか表には出てこないけど、
一連の事件がこうして裏で繋がっているというわけですか。
この27ページから41ページくらいまでが、この本の一番面白いところかもしれません。
そこまで書いてもいいのかという気がします。


巻末資料の3(中国共産党「日本開放第二期工作要項」)というのが
結構怖いんですけど。

これは、中央学院大学の西内雅教授(故人)が昭和47年にアジア諸国を歴訪した際、
偶然、入手した秘密文書だそうですが、

●テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。目的意識を持って画面を構成せねばならない。(p359)

☆こんなのは序の口で、対自民党工作など細かく戦略が述べられている。
問題は、この文書が本物かどうか。



・英国王立国際問題研究所(RIIA)の起源。
1890年頃、世界の覇者であった英国は東インド会社を経営していたが、
それを牛耳る英国貴族が植民地政策を進めるための頭脳集団(ラウンドテーブル)を組織した。
これがRIIAの母体である。

RIIAを司令塔として、ビルダーバーグ、外交問題評議会、日米欧三極委員会を通して、
米国を操り、骨抜きにしてきた。


評価:★★★★☆
posted by macky at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

30代でしなければならない50のこと

30代でしなければならない50のこと

30代でしなければならない50のこと
中谷彰宏/著 (ダイヤモンド社) 1997年

嫌いだ嫌いだと言いながらも何故か読んでしまう中谷本。
今回読んだのは、今まで読んできたのと大分違う。
著者がリアルに30代(当時)ということで、同世代の30代へ向けて
等身大で語りかけてきているような気がした。


●転職して、新しい世界に踏み出すということは、再び振り出しから始めるということです。ただし、まったくのゼロから始めるわけではありません。新しい世界なので、技術はゼロです。ところが、もうすでに、これまでいた世界で人間としての力を見につけています。ここが20代でゼロから始めるのと違うところです。
(中略)
人間の力さえついていれば、あとは技術を吸収していけばいいのです。これほど、余裕を持って臨めるものはありません。たとえて言えば、30代の意識を持って、17歳の高校生に戻ってやり直すようなものです。
(中略)
やり直しは何度でもできるのですから、こんな楽しいことをしないともったいないのです。(p36〜37)

☆17歳に戻りたい。誰もが考えることだと思います。
しかも、今の知識、経験を持ったまま。
考えるだけでワクワクしてきますが、
転職すればこれと同じような体験ができるという発想が面白い。


●30代になったら、ごちそうの仕方、ごちそうのされ方を覚えなければなりません。
(中略)
自腹を切らなければ、ごちそうの仕方を覚えることができないのです。たとえば、後輩と一緒に飲みに行きます。次の店に行こうかというときに、もう支払いをすませておく。みんなの前で、財布を出しているようではいけません。誰が払ったのか、わからないようにしなければなりません。(p92)

☆ごちそうされる側に精神的プレッシャーを与えては逆にマイナスになるということです。


●お金の使い方を覚えるために、お金を稼いでいるのです。貯めるためでは決してありません。お金の使い方は、2通りしかありません。一つは、みんなにごちそうしながら、人間関係を勉強していくこと。もう一つは、自分に投資して自分を磨くことです。
(中略)
意味も無く貯め込むことこそ、最大のムダづかいなのです。
(中略)
30代のお金の使い方で、あなたの一生が決まります。(p94)

☆お金の使い方について。こんな考え方もあったのか。
「お金を稼ぐより、お金を使うことの方が難しい」
上手に使うのが難しいからとりあえず貯めてるという状態は
お金の使い方を覚えるチャンスを逃しているという意味で無駄遣いなのかな。


●子供が生まれても、あくまであなたの人生の主役は、あなた自身です。子供が主役ではありません。子供中心に人生を考えるのではなく、あなた自身を中心に人生を考えましょう。それが結果的に、子供にとって最良の教育になるのです。(p109)

☆うーん、なんというか、勇気をもらった気がする。
子供ができたら子供が中心の人生になると思っていたから。
子供は親のマネをするから、子供に勉強しろと言うよりも自分が好きな勉強をしていたらいいと。
親が人生を楽しんでいたら、子供は人生の楽しみ方も自然と学ぶ。

そういえば、今自分が勉強嫌いじゃないのも、
親が楽しそうに勉強している姿を見ていたからかもしれない。


●涙があふれてくるのは、壊れていない証拠だ。(あとがきより)

☆壊れるから涙が出るのか、それとも壊れないように涙が出るのか。




評価:★★★☆☆
posted by macky at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする