2012年05月23日

週刊東洋経済 2011.7.9 「ニュースがわかる経営学」

週刊 東洋経済 2011年 7/9号 [雑誌]

週刊 東洋経済 2011年 7/9号 [雑誌]
(東洋経済新報社) 2011年


【概要】
特集記事は、「ニュースがわかる経営学」

【動機】
経営学を学ぶための導入になるかと思い、手に取った。

【所感】
40ページに渡って、経営学に関するトピックを集めている。
40〜41ページの図で経営学の全貌が押さえられる。
経営戦略、マーケティング、アカウンティング、人・組織といった分野は多くのMBAコースで共通する。
これらにビジネス思考(ゲーム理論や交渉力など)、生産管理、ITなどの科目を加えることがある。


【抜粋】
●新幹線の移動時間が航空のそれの2.5倍以内になると、需要が新幹線にシフトするといわれている。(p.54)

☆飛行機は乗ってる時間は短いけど、搭乗手続きがかなり面倒だし、飛行場までは遠いし、しかも頻繁には出てないから新幹線の移動時間が2.5倍以内だとキビしい。


●辻本が創業したゲームソフト開発大手のカプコンは、1983年の創業から、今年で28年目。売上高1000億円に手が届くところまで来た。だが、「(売上高を)今の倍にしたいとかは、全然思わない」。それよりも、とにかくキャッシュを蓄えたい。業績が低迷した7年前から450億円改善し、前期末のネットキャッシュは270億円。これをまずは1000億円にしたい。そうなるまでは夜も眠れない。(p.98)

☆キャッシュフロー経営に興味を持った。


【アクションプラン】
・『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』 を読んでみたい。


【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
経営学をちょっと学んでみようかという人に。


(120523 読了)
posted by macky at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする