2012年09月28日

劇画ヒットラー


劇画ヒットラー (ちくま文庫)

劇画ヒットラー
水木しげる/著 (ちくま文庫) 1990年 
(初出は、1971年に漫画サンデーで発表された「革命家シリーズ」第2弾)


【概要】
水木サンのノンフィクション歴史物。
ナチスの総統・ヒトラーの生涯を描いている。


【動機】
水木サンの著書を乱読中。


【所感】
ヒトラーが芸術家の夢が破れて浮浪生活をしていたとは知らなかった。
そこからどのようにしてトップにまで登りつめたのか。
いかにして独裁者となっていったのか。
興味深く読んだ。

歴史上の人物の似顔絵(デフォルメ)もうまい。


【抜粋】
●「よくきけ この家は包囲されている 外にはドイツ兵の番号が聞こえるだろう」(p.46)

☆たった一人で15人の敵が立てこもる建物に入っていって、捕虜にした話。外では部下に番号を数えさせてたくさんいるようにみせかけていた。


●「もしルーマニアに戦争でも起きたらソ連軍がすぐどさくさにまぎれて占領してしまうだろう。そうなったらドイツ軍は石油がなくなるからおしまいだ」(p.210)

☆ソ連軍は昔からどさくさにまぎれて占領するのが得意なのかも。ドイツはイギリスよりもむしろソ連と戦いたかったが、イギリスはなかなか和平に応じない。


●「なに? 日本が真珠湾を攻撃した・・・・・・?!」
 ヒットラーはびっくりした。
「松岡外相がベルリンに来たときはシンガポール(英領)攻撃をすすめたはずだが・・・・・・。アメリカを敵に回そうとは・・・」
(中略)
全世界を含有する大戦争になるという見通しは、雄大なことの好きなヒットラーの想像力を刺激し、自分こそが歴史的運命の担い手であるという意識を奮い立たせたが、その意識こそヒットラーに生きがいを感じさせる麻薬だった。(p.232)
 
☆日本が真珠湾を攻撃したとき驚いていたようである。そしてすぐに、ドイツはアメリカにも宣戦布告をした。アメリカと戦うのは好ましくなかったが、三国同盟が意味がなくなってしまうのを避けたのである。


【アクションプラン】
・ヒトラー 『わが闘争』 を読んでみたい。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
マンガで読みやすくとっつきやすいので、ヒトラーという人物を知るのにふさわしい本。

 
posted by macky at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

美しい国へ

美しい国へ (文春新書)

美しい国へ
安倍晋三/著(文芸春秋) 2006年


【概要】
2006年7月発行なので、安倍さんが総理になる直前の著書である。
(総理になったのは2006年9月26日)


【動機】
次期首相として期待が集まる安倍さん。
その安倍さんが昨日9/26、自民党総裁に返り咲いたので読んでみた。
(実際は、返り咲きそうだったので数日前から読み始めてます)


【所感】
国のことをちゃんと考えているという印象。
文章もうまく、理路整然としていて読みやすい。


【抜粋】
●子どもだったわたしたちには、遠くからのデモ隊の声が、どこか祭りの囃子のように聞こえたものだ。祖父や父を前に、ふざけて「アンポ、ハンタイ、アンポ、ハンタイ」と足踏みすると、父や母は「アンポ、サンセイ、アンポ、サンセイ、といいなさい」と、冗談まじりにたしなめた。祖父は、それをニコニコしながら、愉快そうに見ているだけだった。(p.22-23)

☆思わず笑ってしまった。


●後年になって知ることになるが、1951年、サンフランシスコ講和条約といっしょに結ばれた日米安全保障条約には、アメリカが日本を守るというはっきりした防衛義務を定めた条項がなかった。事前協議の約束もない。このとき、アメリカとしては、日本に自由に基地がつくれることになっていたのだ。
 そればかりか、日本に内乱が起きたときは、米軍が出動できることになっていたり、アメリカ人が日本国内で犯罪をおかしても、日本には裁判権がないなど、独立国とは名ばかりの、いかにも隷属的な条約を結んでいたのだった。おまけに、条約に期限は、無期限になっていた。
 祖父はこのとき、この片務的な条約を対等にちかい条約にして、まず独立国家の要件を満たそうとしていたのである。いまから思えば、日米関係を強化しながら、日本の自立を実現するという、政治家として当時考えうる、きわめて現実的な対応であった。(p.23-24)

☆不平等条約をいかに対等に持っていくか。政治家の手腕の見せどころである。


●北朝鮮では国民を三つの階層に分けている。上位に位置するのが、金正日委員長に忠誠を誓う核心階層。つぎが、一般の労働者や商人、手工業者が属する中間の動揺階層で、日本からの帰国者はこの層に入る。そして、反動分子や、一部の日本からの帰国者、植民地時代の地主家族や官吏の士孫などが属する敵対階層である。この敵対階層は、金正日委員長からもっとも嫌われている地位の低い人たちで、成績がよくても高等教育は受けられず、朝鮮労働党員にはなれない。もちろん人民軍にも入れないので、農村や炭鉱などで重労働に従事するしかすべがなく、生活はひどく困窮している。したがって、最初に飢えるのはかれらで、脱北するのは、おおむねこの層の人たちである。(p.56-57)

☆北朝鮮の階層について詳しく述べられている。


●フランスは、第二次世界大戦のあと、労働力が不足して大量の移民を受け入れた。だが、その後ナショナリズムの高まりとともに、移民排斥の嵐が吹き荒れた。(p.81)

☆やっぱり労働力の不足で移民受け入れたあとは移民排斥運動が起こるものである。ちなみに、サッカー選手として有名なジダンもアルジェリア系の移民である。ワールドカップでイタリアの選手にそのことでバカにされて頭突きを食らわせたのは記憶に新しい。


●評論家の松本健一さんは、イーストウッドがこの映画をとおして描こうとしたのは、アメリカのナショナル・アイデンティティである、と指摘している。中国人も韓国人もヒスパニックも、アメリカをすでに「理想の国」であると考えて移民したが、アイルランド移民だけはアメリカを「理想の国」につくりあげようとした。だからこそ、アイルランド移民の子であるケネディ大統領は、いつまでもアメリカの星でありつづけるのだ、と。(p.90)

☆「ミリオンダラー・ベイビー」という映画について。


●現在の国家のかたちを、一般にネーションステート(国民国家)と呼ぶ。これはもともと近代のヨーロッパで生まれた概念だ。宗教の対立が原因で各国が争っていた三十年戦争が、1648年、ウェストファリア条約の締結とともに終わりをつげ、あたらしくはじまったのが主権国家の時代だった。そして、17〜18世紀の市民革命によって、主権国家のなかの国民がひとつのアイデンティティのもとにあつまり、国民国家が成立する。
 「ナショナリズムは、まだ国民国家をもたない民族にとっては革命思想であり、すでに国民国家を手にしている民族にとっては保守思想になる」という考え方がある。(p.98)

☆ナショナリズムという言葉から全く逆の思想が想像できるのはおもしろい。



●日本人が日本の国旗、日の丸を掲げるのは、けっして偏狭なナショナリズムなどえではない。偏狭な、あるいは排他的なナショナリズムという言葉は、他国の国旗を焼くような行為にこそあてはまるのではないだろうか。(p.99)

☆まさにその通り。なかなかいいことを言う。


●1950年に朝鮮戦争が勃発し、アメリカの占領軍が朝鮮半島に展開すると、マッカーサー司令官は、手薄になった日本にソ連が侵攻してくるのを心配して、日本政府に防衛のための部隊の創設を要求した。ただちに警察予備隊が組織されたが、表向きは、国内の治安維持のためだった。(p.123)

☆この警察予備隊が、保安隊となり、今日の自衛隊となる。


●よく知られているように、サラリーマンの年金は二階建てになっていて、一階部分が国民年金と同じ基礎年金、二階部分が厚生年金になっている。基礎年金の部分の支給開始年齢は65歳に向けて引き上げられつつあり、厚生年金の報酬比例部分も、1961年よりあとに生まれた世代は完全に65歳からの支給ということになる。(p.177)

☆定年が60歳で、年金がもらえるのが65歳だとすると空白期間ができてしまうので、定年を65歳までにしたり、定年制をなくしたりと企業は色々と工夫している。その分、若者の雇用を奪っているというジレンマもある。


●平均寿命と健康寿命の落差を小さくすることができれば、医療費や介護費用が大いに節約できるのである。わたしはこれに着目して、自民党の社会部会長だった2000年当時、健康寿命をのばす政策「メディカルフロンティア戦略」を発表し、厚生省の予算にも項目として入れたが、当時、残念ながらあまり注目されなかった。(p.199)

☆寿命を延ばすだけでなく、健康寿命を延ばすという視点は画期的だ。今までのイメージとは逆に、あんなに元気だったのに急に亡くなったというのが本人にとっても周りにとっても一番いいのかも。


●1983年、アメリカでは、レーガン大統領が「危機に立つ国家」という報告書を発表して、教育改革の旗をかかげた。60年代からすすんだ教育の自由化は、学力の低下をまねき、享楽主義を蔓延させていたからだった。
 この反省から、規律を重んじる教育をおこなうと同時に、ゆとり教育の反対の教育、いわば、詰め込み教育への転換をはかろうとしたのである。いま、日本のゆとり教育が反省を迫られているが、それもそのはずで、じつは日本がお手本にしてきたのは、かつての60年代のアメリカの教育だったのである。(p.206)

☆ゆとり教育が、60年代のアメリカをお手本にしていたとは驚きだ。


●ここ数年、所得格差を示すジニ係数が上昇してきていることをもって、格差社会の到来を心配する声が高まっている。ジニ係数というのは、1に近づくほど国民の間の所得格差が大きいことをあらわす数字(全国民が同じ所得だと0になる)である。(p.222)

☆ジニ係数というのは知らなかった。ちなみに日本は税引き前で0.4983だそうである。(税引き後で0.3812)。平等な社会ではなく、競争がフェアにおこなわれる社会を目指してほしい。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
今度再び総理になる安倍さんってどんな人?って方に。

posted by macky at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

ザ・シークレット

ザ・シークレット

ザ・シークレット
ロンダ・バーン/著 (角川書店) 2007年


【概要】
「引き寄せの法則」である。

プラトン、ガリレオ、ベートーベン、エジソン、カーネギー、アインシュタイン等の発明家、理論家、科学者、偉大な思想家達がこの「秘密」を理解していた。


【動機】
「ザ・シークレット」のDVD(THE SECRET [DVD])を観た直後くらいに偶然この本を見つけた。

それから3ヶ月くらいかけて少しずつ読んだ。


【所感】
どのページを開いても気分がよくなることが書かれてある。
装丁もいい。


【抜粋】
●人生であなたに起きている事は、全てあなたが引き寄せています。あなたが、思い、イメージすることが、あなたに引き寄せられてくるのです。それは、あなたが考えている事です。なにごとであれ、あなたが考えていることが、あなたに引き寄せられてくるのです。(p.18-19)

☆いい事も悪いことも全て、自分で引き寄せている。自分で考えたことがそのまま形になって現れるのだ。つまり、何に意識するか、そして何を考え、何をイメージするかが大事ということ。

 ものすごく不安なことがあり、心配していたときに、たまたまこの文章が飛び込んできて、「そうか、不安も自分が作り出しているのだ」と悟り、すっとラクになった。いいイメージを持ち、自分にできることを思いつく限り全部やって行ってたら少しずつ改善されていった。


●あなたがそれを自分に当てはまると感じ、信じた場合、必ずあなたはそれらを体験し、太り過ぎを引き寄せてしまいます。(p.100)

☆「たけしの家庭の医学」という番組を見ていて、まぶたがピクピクするという症状をやっていた。それが心臓病のサインだと言うのだ。それを見て、私も時々まぶたがピクピクするから私にも当てはまると感じた。すると、その翌日から本当にまぶたがピクピクし始めたのだ。いつもはすぐに治まるのだが、2、3日経っても治まらない。そんな時、たまたま「ザ・シークレット」のこの部分を読んで、あっ、そういうことかと思った。私は意識をまぶたから逸らしてみた。すると、ピタリとウソのように治ったのである。

 「たけしの家庭の医学」などの番組は煽ることが多いので、こういう番組を見るときは、自分に当てはまるかもという見方はせずに、こういう場合はこう対処するみたいな知識を増やすことだけを目的にした方が良さそうだ。

 あえてこういう番組は見ないという手もある。昔、友人に「たけしの家庭の医学」を見ているか聞いたところ、「そんな番組を見ていたら病気になりそうだから見ない」と言っていて、そんなバカなと思っていたが、そういうこともあるのかもしれない。


●偉大なアバター(神の化身)の教えの中では時代を通して、「感謝」が中核を占めていました。私の人生を変えた1910年のウォレス・ワトルズ著 『富を「引き寄せる」科学的法則』 の中でも感謝の章が一番長いのです。映画「ザ・シークレット」の中の全ての師は一日の中で必ず感謝しています。(p.125-126)

☆ウォレス・ワトルズは私も大きな影響を受けている。感謝の心。


●宇宙のカタログからあなたの欲しいものを選んで明確にすれば良いのです。もしも現金が欲しければ、いくら欲しいか具体的に宣言するのです。(p.165)

☆欲しいものを明確に思い描けば必ず手に入る。多くの人はそんなわけないと疑うから手に入らないのである。まずは欲しいものを見つけることから始めよう。自分は何が欲しいんだろう?


●もしも、あなたが「私には人に分け与える程充分なお金はない」と考えていたら、ビンゴ! 「あたり!」です。つまり、そう思うことこそが、あなたのお金の足りない原因なのです。(p.174)

☆余裕がないときに余裕がないと言うとますます余裕がなくなる。余裕がないときこそ人に与えよ。ただし与えることと犠牲になることは全く違う。犠牲はいずれ怒りとなって噴出する。心から与えることは、とても大きな喜びをもたらす行為である。


●あなたが人生の課題についての答えやガイダンスを求めているのであれば、その質問をして、その答えを受け取れると信じて、この本を適当にぱっと開いて下さい。すると、開いたまさにそのページに、あなたの求めている案内や答えが見つかることでしょう。(p.274)

☆質問に対する答えを探していると、常にアンテナを張っている状態になり、どんなメッセージからでも答えに結びつけることができる。全くジャンルの違うことから仕事のヒントが得られることも多い。


【アクションプラン】
・欲しいもの、手に入れたいものを見つける。


【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
「引き寄せの法則」に興味がある人に。

→ ついにシークレットを手に入れた

(120912 読了)
posted by macky at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

黒い雨

黒い雨 (新潮文庫)

黒い雨
井伏鱒二/著(新潮文庫) 1970年 (単行本は1966年)


【概要】
原爆記録。
原爆から数年後に被爆日記を清書するという設定です。
原爆が落とされた後の様子が生々しい日常とともに淡々と描かれている。


【動機】
8月6日の原爆記念日を機に読み始めた。
かなり昔から本棚にあった本だが、やっと読んだ。

新聞連載スタート時のタイトルが「姪の結婚」とあるように、姪の結婚話をテーマに話が進められていく。


【所感】
カバーのデザインが美しい。

淡々と描かれているように見えるのは主人公の閑間重松(しずましげまつ)が常に冷静だからであろう。

『黒い雨』の元となったのは、重松静馬(しげまつしずま)が書き残した『重松日記』だと言われている。
原爆の惨状を大学ノート3冊に書き続けていたそうである。


小説よりも先に、映画の方をかなり昔に観ていたので、結末などは知っていたのだが、もし映画を観てなかったらまた違った感想だったかもしれない。



【抜粋】
●広島市は陸軍の町、呉市は海軍の町と云われるが、呉は六月二十二日に空襲を受けて、七月一日には焼夷弾の大空襲を受け、平坦部の街があらかた焼けてしまった。(p.205)

☆呉ばかりが攻撃されていたのは、広島市に原爆を落とすことが決まっていたからだろう。


●白桃を大根卸で摺って丼にいっぱい入れ、そのなかに卵を二つか三つ入れまして、そんなのを口の中に流し込むようにしていました。・・・(中略)・・・私は原爆症発病後の約二週間、二十貫に及ぶ白桃の果汁だけ啜って生きながらえた。(p.279-287)

☆二十貫といえば、約75kg。すごい量である。原爆症に侵されて医者にも見放されながら、桃を食べて元気になった人の話が詳しく描かれている。福島原発の放射能による被爆にも効くかも知れない。


●井伏氏はあり余るほど豊かな才能と素質に恵まれながら、文壇的にはきわめて不遇であった。処女作『山椒魚』が『幽閉』という題で同人雑誌「世紀」(大正12年8月)に発表されたときも、ある評論家から「古くさい」という意味の短評で新聞の文芸欄で片づけられただけであった。しかし、当時、青森中学1年生だった太宰治がこれを読んで「坐っておられなかったくらいに興奮した。・・・・・・私は埋もれたる無名不遇の天才を発見したと思って興奮した」と彼は書いている。(p.327)

☆当時も今も評論家の批評によって作品の価値が変わる。そして無名の中に天才を見つける人もまた天才である。解説はたいして面白くないものが多いが、『黒い雨』の解説は面白かった。とりあえず、『山椒魚』を読んでみたい。



【アクションプラン】
・『山椒魚』を読みたい。


【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
原爆や放射能について知りたいと思ったら真っ先に読んでおきたい本。
posted by macky at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

「そろそろスマートフォンかな?」と思ったときに読む本

「そろそろスマートフォンかな?」と思ったときに読む本 (洋泉社MOOK)

「そろそろスマートフォンかな?」と思ったときに読む本
(洋泉社MOOK) 2011年


【概要】
ケータイからスマートフォンに乗り換えるための本。


【動機】
最近スマホに変えたけど、使い方がさっぱり分からないのでちょっと勉強しよう。


【所感】
ケータイからスマートフォンにそろそろ乗り換えるための本なので、
既に乗り換えた私にとっては前半の半分くらいがほとんど役に立たない情報だった。

後半は、とりあえず入れておきたいアプリが紹介されているのでちょっと試してみよう。


【抜粋】
●仕事で役立つアプリとしてまず挙げてくれたのが、「Sugar Sync」です。
 「最初はDropboxを使っていたのですが、無料で利用できる容量の大きいこちらに切り替えました。(Dropbox=2GB、Sugar Sync=5GB)(中略)また、スケジュール管理には、定番「ジョルテ」を使用。(p.90)

☆37歳の会社員の方のご意見である。Dropboxは最近はもっと容量が増えてるかも。スケジュール管理は最初からアプリが入ってるけど、どうも使い勝手が悪いので「ジョルテ」を試してみようかな。




【アクションプラン】
・「ジョルテ」を使ってみる。 →済(120912)

・ツイッタークライアントを試す。 →済
「twicca」「TweetDeck」「TWIDROYD」「ついっぷる」「Hootsuite」など

Twitterクライアントアプリ 徹底比較
http://appllio.com/android-tool-comparison/Twitter%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA-%E5%BE%B9%E5%BA%95%E6%AF%94%E8%BC%83


【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
ケータイからスマートフォンにそろそろ乗り換えようかな思っている人に。

 
posted by macky at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする