2013年05月14日

日本「黒幕」列伝

日本「黒幕」列伝 (宝島社文庫)

宝島社
売り上げランキング: 779,113



【概要】
2005年6月に刊行された別冊宝島1150号 『昭和・平成 日本「黒幕」列伝』 を改定したもの。

“戦後最大の黒幕”と呼ばれた児玉誉士夫をはじめ、37人の黒幕が登場している。


【動機】
政治を勉強していたらいわゆる黒幕と呼ばれる人たちがたくさん出てくるので
一度、網羅的に勉強しておこうということで。


【所感】
知らない人もたくさんいて、勉強になった。

こういう勉強をもっと小さい頃からやっていれば
世の中のことがもっとよくわかってたと思う。


【抜粋】
●祖父は小学生の矢次に中国の古典籍「四書五経」を厳しく教えた。八次(注:矢次のこと)は小学校しか出ていない。しかしこの幼時の教育が、のちに東大出の官僚や陸大出の軍人らエリートたちと5分以上に渡り合う明晰な頭脳と巧みな弁舌を育てたと思われる。(p.130)

☆国家主義者・矢次一夫を育てた教育法。



【アクションプラン】
・これをきっかけにもっと勉強しよう。

・「四書五経」も早く終わらせたい。


【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
裏と表は車の両輪。バランスよく勉強しないといけない。

posted by macky at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする