2013年06月26日

眞鍋かをりのココだけの話

眞鍋かをりのココだけの話 (ココログブックス)
眞鍋 かをり
インフォバーン
売り上げランキング: 32,022


1,300円+税、2005年


【概要】
ブログの女王・眞鍋かをりのブログ本。
いわゆるブログの書籍化というやつである。

こちらが眞鍋さんのブログ

「眞鍋かをり Official Blog」(2011年5月〜)
http://blog.livedoor.jp/kaworimanabe/

※旧ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」は2010年10月31日に終了。

ちなみに、旧ブログはココログ。新ブログはライブドアブログにて。
トラックバックは設置してないようです。


実は、眞鍋さんは結構好きで、
たかじんNOマネーもゴールデンタイムに移るまでは
毎週欠かさず、ずっと見てました。

頭いいんだけど、あまりオモテに出さなくて
そういうところが好きなんだけど、
それはこの本を読んでいても感じました。



【動機】
ウケる技術』 を読んで、もっと読者を喜ばせたいと思った。

ブログで読者を楽しませるには? その秘密を探る。

たかじんNOマネーは毎週見てたけど、眞鍋さんのブログを読むのはこれが初めてです。ドキドキ。



【所感】
過去の自分に対して自分でツッコムというのは新鮮だ。

ますます好きになった。
顔もエロイけど、心もエロイ。(いい意味で)



【抜粋】
●毎日、毎日知らない人から送られてくる出会い系などの楽しそうなメールに、つい魔が差してサイトに入ってしまいそうなので間違いを起こす前にアドレス変更しました。ご面倒ですが変更登録お願いします。☆manabe^_^(p.113)

☆眞鍋パパ、おもしろい。


●ママの天然おちゃめっぷりは毎日のように炸裂しています。先日、誕生日にシルクの下着を贈ったところ、「ありがとう☆勝負下着にするわ!」というメールが来ました。微妙な気持ちになりました……。(p.116)

☆眞鍋ママも、おもしろい。


●なんせ早稲田大学の資料を持って来て

『さなだだいがく受けたいんだけどレベル高いの?』

って聞いてくるようなヤツです。(p.121)

☆眞鍋妹、恐るべし。



●もしいまだに持ってる方いらっしゃいましたら、ぜひパスワード画面で

いぬああいふき

と入力してみてください。
成功した暁には必ずトラバお願いいたします!(p.119)

☆記事を読んだら何か一つやってみようと思わせるような仕掛けを一つ入れる。
ちなみにこのパスワードは、 『サラダの国のトマト姫』 というタイトルのファミコンゲームの話でした。

眞鍋さんの説明を読んでもこのゲームはちっともやりたいとは思わなかったのに、
なぜかこのパスワードだけは入れたくなってしまう(笑)



●ちなみにオイラは小学校が広島、中学校が関西方面、高校が東京、横浜でした。高校の修学旅行までは北海道大学を進路に希望していたのですが、このとき見た鎌倉の海岸線が忘れられず、横浜国立大学に変更したのです。(p.126-127)

☆私も大学を選んだ動機のひとつに、中学の修学旅行で行ったというのもあるかも。全く意識してなかったけど。



●なので18日くらいの段階でもう個室を予約。
普通にぐるナビで検索したとです。(p.133)

☆眞鍋さんは幹事が大得意らしい。
なるほど、ぐるナビを使うのか。



●さっきトラックバックを読んでいて知ったのですが、
なんとびっくり!!!!

ヤクルトの古田選手

がブログにオイラのこと書いてるみたいじゃないっすかーーーーー!!!!!!!!!!
うそおおおおおおお?!


すげーーーー!!!
しかも目標とか言われてるうーー!


(中略)

私がそんなふうにのんびりしている間に、

古田選手会長が私の写真集を買ってくれたりしてるじゃないですかーーー!!! (p.161-166)


☆思わず、吹いた!!
そりゃ、テンション上がるだろうなぁ(笑)



●顔文字を駆使してみよう
言葉の印象をより正確に伝えてくれるのが、顔文字。もちろん、いちいち自分で作るのは面倒なので、私は顔文字をコピーして使えるようにジャンル分けしてまとめてあるサイトを利用しています。たとえば、そこには「驚き」というジャンルだけで数10の顔文字が登録されており、ほかにも、「悲しみ」「号泣」など約100のジャンルがあります。一覧の中からニュアンスに近い顔文字を選んでつけることで、読者に伝えたい雰囲気をより正確に表現できるのです。(p.330)

☆巻末に「読まれるための10か条」が載っている。その中の一つ。
なるほど、一覧の中から適切なのを選んでるのか。
一度は廃れたかに思えた顔文字文化もまた復活しつつある。

まずはそういうサイトを探してみよう。
それと顔文字辞書がごちゃごちゃだから整理したい。



【アクションプラン】
ぐるナビを使ってみる。

・そういえば、古田選手も大好きな選手だったのにブログとかほとんど見たことなかったなぁ。今度覗いてみよう。(「古田敦也ブログNEO」)

古田さんのブログを探していたら、便利なサイトを見つけた。

芸能人ブログ全集
http://www.starblog.jp/


・倉木麻衣さんのブログもチェック! (「倉木麻衣のMai.K Diary」)


・お気に入りの顔文字サイトを探す。

・顔文字を整理する。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
ブログをやってみたいって人に。


【結論】
やっぱり、読者を楽しませようって言う気持ちが一番!
そしてそれが伝わってくるから人気あるんだなぁ。
まさにエロアクティブ!(違


posted by macky at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆・エッセイ | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

七田式全脳活性法 超高速モーツァルト・メソッド

七田式全脳活性法 超高速モーツァルト・メソッド
七田 眞
シンコーミュージック
売り上げランキング: 223,102



【概要】
「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」CD付!!
第一楽章(通常速、2倍速、4倍速、8倍速、16倍速、32倍速 計6トラック収録)

天才教育で有名な七田チャイルドアカデミー校長でもあり、高速学習、知育教育のオーソリティでもある七田 眞氏の監修・著による、「モーツァルト」を素材とした全能活性法の決定版。「超高速モーツァルト・メソッド」は「高速学習」「音楽療法」「モーツルト効果」の三位一体でできあがった究極の全脳活性化メソッド。天才は右脳/左脳の両脳をシンクロして使う。この「超高速モーツァルト」メソッドにより、効率的に右脳と左脳を統合して使うことができる。頭の切り替えをしたい時や、これから学習する、仕事に取り掛かる、会議に出る、何かを考える、といったすべての取り組みの前にこのメソッドを試すべし。集中力がアップし、脳が活性化することを実感されるでしょう。

著者からのコメント
「超高速モーツァルト」の聴き方は、朝起きてから夜寝るまで、いつ聴いても構いません。この「超高速モーツァルト」を聴くと、すぐに左脳優位の頭の状況から、右脳が活性化し、なんと左右の脳がシンクロして、全脳が使える状態になります。その状態は1〜2時間持続します。集中力が途切れたら、その時はまた「超高速モーツァルト」を聴けばよろしいのです。



【動機】
古本屋で見つけて興味を持った。


【所感】
英語学習や速読などにも使えそうなメソッド。

高速でインプットすることによって左脳が処理できるスピードを超えると自動的に右脳に切り替わる。

ただ高速にするだけではピッチも上がるので、
音源は録音されたものではなくコンピュータ上で演奏させるものにする。
アタックタイム(音が立ち上がってピークになるまでの時間)を削除したりといった加工をすることで
高速で聴いてもちゃんと聴けるようにしている。


【抜粋】
●音楽には昔から人の心身を癒す力があることが知られていました。今から3千年前、ダビデの奏でるハーブの調べがユダヤ王サウルのうつ病を治した話は、よく知られています。スペインのフィリップ5世がひどいうつ病にかかったとき、音楽で回復したという話も有名です。(p.16)

☆そんなに昔からうつ病があって、しかもそれを音楽で治していたというのが驚きだ。



●モーツァルトの音楽がなぜ耳に良いのでしょう。それはモーツァルトの音楽は、8000ヘルツ以上の高周波音を含んでいるのですが、実は胎児がお腹の中で聞く胎内音こそ8000ヘルツの高周波音で、それとよく似通った音であるからです。(p.19)

☆8000ヘルツ以上の高周波音というのがカギを握る。



●頭脳には可塑性があって、高速情報をインプットすると、脳の中に、新たに高速で情報を処理するネットワークができるのです。(p.30)

☆これまでの左脳の回路とは全く別の右脳の回路が作られていく。スピード頭脳回転力は鍛えれば鍛えるほど高速で正確な情報処理ができるようになっていくらしい。



●脳への酸素供給を良くし、脳内のエネルギーを高めます。音楽は耳の働きと関係が深く、モーツァルトの曲は内耳周辺の血圧不良を解消します。だから、治す必要のない難聴や耳鳴りが消えるのです。循環系の働きが正常になる結果、心臓の機能を改善し、高血圧や脳血管障害さえも治るという奇跡が起きたりしています。(p.45)

☆モーツァルトを聴けば耳鳴りなども治るというから、今度耳鳴りが起きたら試してみよう。



●和合教授は、免疫学者で1990年代から音楽療法の研究を始められ、モーツァルトの曲がなぜ病気に効くのか、どの病気にどの曲が良いのかなどを研究してこられました。
 その結果、
@脳神経系疾患には、セレナード第十三番「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」など、優しく軽快な曲。
A血液循環系疾患には、ピアノ協奏曲第二十番やヴァイオリン協奏曲第三番など。
B免疫系疾患には、クラリネット協奏曲、弦楽五重奏第三番など優雅な曲。
がよいことを、長年の積み重なった実証の成果として挙げておられます。(p.56)

☆不眠症や耳鳴りなどは脳神経疾患で、高血圧や心筋梗塞、脳卒中などは血液循環系。がんやアレルギーなどは免疫系疾患だ。



●音楽は、実は聴覚を目覚めさせる働きがあるのです。モーツァルトを長年研究して、「音の博士」と言われるアルフレッド・トマティス博士は、耳は脳に電気を送り込む「発電機器」(ダイナモ)であると言います。(p.58)

☆朝の目覚ましに音楽を使ってみようかな。



●ブルガリアのロザノフ博士は、加速学習法を発明した人としてよく知られています。ロザノフの学習法に音楽は欠かせません。(中略)モーツァルトのほかに、パッヘルベルの「カノン」、ヘンデルの「水上の音楽」、ベートーベンの「ピアノ協奏曲第五番、皇帝」などが適しているといわれます。(p.66)

☆モーツァルトを聴きながら勉強することで、子どものやわらかい脳になるそうだ。記憶力もアップする。モーツァルト以外にも上に挙げた音楽も効果があるらしい。



【アクションプラン】
・集中力を高めたいときに試しにこのCDを聴いてみよう。

セレナード 第13番 ト長調 K.525
「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」第一楽章

1(通常)、2(倍速)、3(4倍速)、4(8倍速)と順番に聴いていき、
そこから1トラックリピートモードにしておいて、
早いと感じたら3(4倍速)に戻したりして繰り返し聴いてみよう。

「1(通常)、2(倍速)、3(4倍速)、4(8倍速)、5(16倍速)、4(8倍速)、3(4倍速)、2(倍速)」というセットを作る。これだけで聴いてもいいし、リピートでもいい。 →済(130621)


・速読をまたやってみよう。
左脳で処理できなくても、右脳が処理できると信じて
分からなくてもどんどん読み進めていこう。

・モーツァルトの音楽を全部聴いてみたい。

・同じ著者の 『七田式超右脳開発トレーニング―高速視・聴・読であなたの中に眠る「本当の力」を呼び覚ませ!』 も読んでみたい。 →済(130918)




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
スピードアップを図りたいときに。集中力アップに。
posted by macky at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

ウケる技術

ウケる技術 (新潮文庫)
水野 敬也 小林 昌平 山本 周嗣
新潮社
売り上げランキング: 3,866

水野敬也、小林昌平、山本周嗣/著 (新潮文庫) 
2007年 (単行本は2003年)


【概要】
相手を笑わせること。それはビジネスや恋愛を成功に導く非常に重要な戦術です。「自分は面白くないから」と嘆くのはまだ早い。本書は、笑いが生じる場面を詳細に分析し、それを応用可能な「技術」として体系化した、コミュニケーションの教科書なのです。これを読んでスキルを身につけたなら、あなたも必ず「ウケる人」になれるはず。文庫化にあたり増補された「メール篇」も必読。(「BOOK」データベースより)


【動機】
同じ著者の 『夢をかなえるゾウ』 を読んで面白かったので。

「相手を喜ばせる」ための技術の習得に。



【所感】
テンションを上げるだけでそれだけで面白い雰囲気が醸し出せる。同じ面白いことを言ってもボソッと聞こえないように言ってはつまらない。そういういう意味でも、ウケる技術の一番の基本にオーバーアクションのガイジン化を挙げているのは、納得がいく。

自分はこんなに面白いんだぞ、どうだ!という独りよがりの笑いよりも、純粋に相手を喜ばせるための笑いの方がウケる。どうすれば相手を喜ばせることができるかについて体系化してまとめている本である。



【抜粋】
●列席者を「イモの群」と考えるのも、緊張感は和らぐなどとよく言われますが、結局一方的なスタンスになってしまうでしょう。ウケるコミュニケーションは、アドリブである。その場の空気をいっそ、いろんな拾い方ができる、「宝の山」であると考えてみましょう。(p.71-72)

☆たしかに「イモの群」と考えると自分の緊張は抑えられるかもしれないが、聞いている方はつまらない。うまくやろう、失敗しないようにしようとするから緊張するのだ。聴衆を喜ばせよう、楽しませようとすることが大事で、それだけに集中する。そういう視点から見ると、緊張している自分ですら楽しませるためのネタの一つになり得る。



【アクションプラン】
・付録のチェックリストを拡大コピーして一つずつ確認してみたい。

・サイトに訪れた人が、楽しい、また来たいと思えるようになること。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
コミュニケーション力を高めたいときに。
相手との距離をぐっと縮めたいときに。

「じゃあ、いつ読むか?」「今でしょ!」 (ウケる技術16「パロディ」)

posted by macky at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ
posted with amazlet at 13.06.05
水野 敬也
飛鳥新社
売り上げランキング: 357



【概要】
ユーモア溢れる自己啓発本。
自分を変えたいと願うサラリーマンのもとへインドの象の神様ガネーシャがやってきた。
ガネーシャに与えられた課題を一つ一つこなしていくうちに・・・。


【動機】
水野俊哉 『成功本50冊「勝ち抜け」案内』 で紹介されていたので買っていたのだが、
最近、本屋で平積みされていたので読んでみた。


【所感】
軽い文体で読みやすく、それでいてけっこう深いことが書いてある。
ユーモアもあって楽しみながら大事なことに気付ける。
この本に出会えたことに感謝!


【抜粋】
●「ええか? お金いうんはな、人を喜ばせて、幸せにした分だけもらうもんや。せやからお金持ちに 『なる』 んは、みんなをめっちゃ喜ばせたいて思てるやつやねん。(p.40)

☆人を喜ばせた結果がお金になるというのはとてもわかりやすい。どれだけお金を稼いだかはどれだけ人を幸せにできたかに比例する。お金を稼ぐことは悪いことじゃないのだ。だから世の中が悪いとか、あいつは悪いことをして稼いでるとか嘆いていてもしかたがない。自分が貧乏ならばもっと人を幸せにするようなことを考えればいいということ。



●「よく、 『夢は強く思い描けば実現する』 て言うやん? まあ確かにそれは正しいんやけど、この言葉を勘違いしてしもとるやつが多いねん。(p.140)

☆夢を思い描かないといけないと思うと逆にプレッシャーになってしまうということ。本来の夢とは、勝手に想像してワクワクしてしまうもの。考え始めたら楽しくて止まらなくなるようなこと、それが夢。



●「だから、まず 『運が良い』 って思うんや」(p.148)

☆世界を動かす法則は運がいいも悪いもない。全ては自分の捉え方しだい。
だったらいつも「運がいい」といっておけばいい。
悪いことが起きても「運がいい」「ツイてる」と言っていると、脳が自然と、その理由を探し始める。



●「自分の 『これや!』 て思える仕事見つけるまで、もう他のもんなんかなぐり捨ててでも、探し続けなあかんねん。 (中略) 仕事まちがえたら、それこそ一生棒に振ることになるんやで」(p.213)

☆人は一生の仕事を決めるのにものすごく適当に決めている。そしてほとんどの人が本当にやりたい仕事はこんなことじゃないと思い続けている。色んな仕事を実際に体験しないと比較のしようがなく、本当にやりたい仕事はいつまでたっても見つからない。



●成功したいて心から思とるやつはな。何でもやってみんねん。少しでも可能性があることやったら何でも実行してみんねん。(p.221)

☆「ばかばかしい」とか「意味がない」、「面倒くさい」とか言ってやらないのは、結局そこまでして成功したくないということ。
たしかにそれは言えるかも。少しでも可能性がありそうなら何でもやってみよう、この精神で突き進みたい。



●人間の長い歴史において、どうすれば人が成功するか、そのことはもう解明されているのです。(p.259)

☆あとは、それを実行するかどうか。




【アクションプラン】
・結局、行動が大事ということ。どんなにいい本を読んでも何らかのアクションを起こさなければ自分の経験にならないので自分を変えることも出来ない。意識を変えるだけではダメで、環境や行動から変えていかないといけない。まずは、人に喜んでもらえる仕組み作りから始めよう。早速今日から。

・ 同じ著者の 『ウケる技術』 も読んでみたい。 →読了(130614)

・色々試してみてから、 『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』 も読んでみたい。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
成功したいと思っている人全員におすすめ。
posted by macky at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする