2013年09月24日

伝説の灘高教師が教える 一生役立つ学ぶ力

伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力
橋本 武
日本実業出版社
売り上げランキング: 420


『伝説の灘高教師が教える 一生役立つ学ぶ力』
橋本 武/著 (日本実業出版社) 2012年
1,300円+税


【概要】
灘校一筋50年、そして人生100年の伝説の教師として語りつがれる橋本武が授業を通して、教え子たちに本当に伝えたかったこと。(「BOOK」データベースより)


【動機】
〈銀の匙〉の国語授業』 を読んだので。ついでに読んでみた。


【所感】
〈銀の匙〉の国語授業』 とほぼ同じ内容だった。読んだばかりだったので、目新しさはほとんど無い。
同書をうすっぺらくした印象。
というか、こちらの方が先に発行されたので、この本を元に肉付けしていったのだろう。



【抜粋】
●当時、師範系の学校か軍隊系の学校は学費がかかりませんでしたが、気弱な私にとって軍隊なんてとんでもありません。そこで、東京高等師範学校(のちの東京教育大学、現在の筑波大学)を目指すことにしました。(p.41-42)

☆橋本先生が教師を目指した理由が書かれている。現在の筑波大学はもともと師範学校だったのか。


●ただ当時の常識でいうと、全国の師範学校の頂点である東京高等師範学校を出たら、公立の学校に就職して校長、あわよくば各地域の教育行政のトップである視学(教育行政官)を勤め上げるというのが一般的な出世コースでした。(p.93)

☆今では東大合格トップで有名な灘中だが、当時は公立に比べると格下に見られており、長く勤めるところではないと世間では見られていたらしい。


●こうして子どもたちは、授業を受けるのではなく、自然と授業に「参加」していきました。(p.106)

☆『七田式超右脳開発トレーニング』 に出てきた「遊ぶのをみているだけじゃなく、実際に参加することで刺激になる」というネズミの話とオーバーラップする。



●平成23年の4月から、小学校5、6年生で英語の授業が必修化されました。これで、よりいっそう英語学習がはやりのようになっていますが、それより、すべての学問の基礎となる「国語力」を付ける方向に、もっと力を入れたほうがいいのではないでしょうか。(p.145-146)

☆何を教えていいかわからないので試行錯誤していますという現場の先生の声が最近多いが、何よりかわいそうなのはそういう先生に教えられる子どもである。英語に興味のある生徒は自分から学ぼうとするだろうし、それまではもっと母国語の教育を徹底すべきだという橋本先生の考えには賛成だ。

それは、斎藤兆史さんも 『日本人に一番合った英語学習法』 で力説している。

→ 日本人に一番合った英語学習法 その2 (英語学習は早く始めるほどよいのか?)



●常に何かしら考えるというのが私のくせ。ときにビールタイムですら、ひょんなことから思考の一時(いっとき)に様変わりします。(p.187)

☆『七田式超右脳開発トレーニング』 に出てきた「天才になるためには瞑想をよくすること」という話とオーバーラップする。






【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
〈銀の匙〉の国語授業』 を読んだことがあれば、読む必要はない。




■関連記事
日本人に一番合った英語学習法 その1
日本人に一番合った英語学習法 その2 (英語学習は早く始めるほどよいのか?)
日本人に一番合った英語学習法 その3 (受験英語は意味が無いのか?)
日本人に一番合った英語学習法 その4 (日本人に一番合った英語学習法とは?)

日本人に一番合った英語学習法 :amazon


天才の作り方

posted by macky at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「銀の匙」関連 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

〈銀の匙〉の国語授業

〈銀の匙〉の国語授業 (岩波ジュニア新書)
橋本 武
岩波書店
売り上げランキング: 809


『〈銀の匙〉の国語授業』
橋本 武/著 (岩波書店) 2012年
820円+税


【概要】
神戸の灘校で、中学3年間をかけて 『銀の匙』 をじっくり読み込むという驚くべき授業を続けてきた橋本先生の実践的授業。「国語はすべての教材の基本であり、学ぶ力の背骨」だという“伝説の教師”が、国語の学び方を伝える。「学ぶこと」の原点に気づかされる1冊。(「BOOK」データベースより)



【動機】
9/11にこの本の著者である橋本先生がこの世を去りました。

その前日の9/10にちょうど 『銀の匙』 を読み終えたところだったので、突然の訃報に驚きました。

橋下先生のご存命中にこの本を読もうと思ってたのに間に合わなかったのが残念です。

ご冥福をお祈りいたします。




【所感】
タイトルから、 『銀の匙』 を題材に国語授業をしてくれるのかと思っていたら、それはほとんどなく、
なぜ 『銀の匙』 を題材に授業をするに至ったかや苦労話などに紙面を割かれている。
いわば、橋本先生の自伝である。

そういう意味では、期待していたものと違ったが、
( 『銀の匙』 を横に置いて読み進めていったが、結局1ページも開くことなく終わった)

さすがに灘高で国語の授業を長年続けられただけあって、
いろいろと示唆に富む内容となっている。



【抜粋】
●最初の 『銀の匙』 授業の生徒は1950年(昭和254年)入学組です。いよいよこの学年からやろうというとき、その一年前から 『銀の匙』 研究ノート作り、どのように指導していったらいいのかを書き留めていきました。

(中略)

じつは全然わからない言葉や辞書をひいてもピンとこない言葉があったので、著者の中勘助先生にお手紙を出してお尋ねしたりしました(p.55-56)

☆研究ノート作りに1年も費やしてる。著者の中勘助さんに手紙で聞いたりしてて行動的だ。



●横道にそれるというやり方を初めから意識していました。一つの作品ですから、内容が限定されています。その作品の範囲内だけだったらば、生徒の受け止める知識の範囲が狭いままで終わってしまいます。そこに出てくる言葉を手がかりに、できるだけ横道にそれていけば、知識の幅を拡げることができる。『銀の匙』 という作品には、そのヒントが山ほどあるんです。 (中略) 1ページ進むのに1週間も2週間もかかるというようなことが生ずる。そのことをいま、スローリーディングといってますね。(p.62)


☆速読に対してスローリーディング。
速読(フォトリーディング)のやり方は大体分かってるけど、
横道にそれながら1ページに1週間も2週間もかけるようなスローリーディングは今までやろうとは思わなかった。
この本を通して、スローリーディングのやり方を体得したい。


横道にそれるということが大事。
興味がある方に向かっていく。

●「漢方医学」が出てくれば、大坂船場のお宮「神農さん」まで話題を広げる。(p.72)

☆「神農」といえば、最近も話題になっていた。福知山の花火大会爆発事故で、お祭りの露店商を取り仕切っているのが「神農」だからだ。「漢方医学」と「的屋」は関係あるのだろうか。こういう感じで横道にそれていく。



●大阪船場の薬種問屋街、道修町の一角に俗称「神農さん」というお宮がある。これは中国苦伝説中の帝王で、三皇五帝というわれるうちの一人で、人身牛首、民に耕作を教え、はじめて百草を嘗めて医薬を作ったといわれ、薬祖神としてあがめられる。正式の社名を「少彦名(すくなひこな)神社」というが、日本神話ではこの神が「大国主命」の国土経営に参画し、医薬・禁厭(マジナイのこと)の法を創めたとされる。(p.90)

☆昔、大阪で「どしょうまち」という所を教えてもらったことがある。口づてだったので、家に帰ってその場所を調べてみたが、道修町のあたりだというところまではわかったが、「どうしゅうまち」が「どしょーまち」に聞こえたのかな、それとも別のところだったのかな・・・と、不思議な感覚になったことがあるが、道修町と書いて「どしょうまち」と読むのか。

それにしてもこういう話はおもしろい。




【アクションプラン】
・スローリーディングで何かを時間かけて読んでみよう。寄り道しながら。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
速読の反対、スローリーディングに興味がある人に。



【結論】
寄り道は怖くない。むしろ、どんどん寄り道しろ!

1ページに1、2週間かけてもいいじゃないか!と思えた。

posted by macky at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「銀の匙」関連 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

七田式超右脳開発トレーニング



『七田式超右脳開発トレーニング―高速視・聴・読であなたの中に眠る「本当の力」を呼び覚ませ! 』
七田 眞/著 (総合法令出版 ) 2002年
1,900円+税


【概要】
高速トレーニングで右脳を開発。
右脳を開発することで、潜在能力を引き出す。


【動機】
七田さんの本 『七田式全脳活性法 超高速モーツァルト・メソッド』 を以前読んでおもしろかったので。



【所感】
なんかCDの英語が変な感じ。
発音はネイティブっぽいんだけど、単語を一語一語切ってるような感じで酔いそうになる。

ずっと何度も聴いていると慣れてくるが。


「ガルシアへの手紙」が収録されている。
実行力が大事だという含蓄のあるお話だ。

ただ現実的には、
「ガルシアに手紙を渡してくれ」と頼まれて、「ガルシアとは誰ですか?」という質問もせずにいきなり飛び出してしまう人はただの慌て物であろう。




【抜粋】
●ではなぜ、超右脳開発トレーニングをすると、成功につながるのでしょうか。 (中略) それは、 あなたの脳がパワーアップするからです。それも従来と比べ、三〇倍もの力を発揮します。(p.5)

☆30倍というのはすごい。今まで1ヶ月かかっていた仕事を1日でできるということ。逆に言えば、1日でできる仕事を今までだらだらと1ヶ月かけていた可能性もある。そう考えると恐ろしい。



●右脳を最大限に使い、やるべき仕事を最後までやり遂げてしまう。中途半端ではなく、やり終わるまでわき目もふらず着実に仕事をする人。そういう人だからこそ、「仕事ができる人」と言われるのでしょう。(p.6)

☆一つずつ着実にこなしていく。



●あるいは、タレントとか著名人の名前と顔を覚えるようにしてもいいでしょう。より多くの顔を覚えているほうが、連想が働きやすくなり、新しく会う人の顔も覚えやすくなります。(p.23)

☆一見無駄なことに見えて役に立つことって意外と多い。タレントの顔や名前を覚えるというのも、一見無駄なことに見えて、それよりはもっと大事な人のことを覚えようと思うけど、関係なさそうな人を覚えることによって大事な人も覚えやすくなるというのはおもしろい。(覚えられる枠が決まっていて誰をその中に入れるか、ではなく、覚えている数によってどんどん枠が増えていくイメージか)
そういえば、タレントとかに詳しい人は、新しい人が出てきても簡単にどんどん覚えていって、しかも、過去に会った大事な人もきっちり覚えているものだ。



●まずは中学三年間で習う約二〇〇〇単語を一カ月で取り戻そうと、二〇〇〇語割る三〇日で約七〇語とし、一日七〇単語を覚えることにしました。そのため、ただひたすら一日七〇単語を目で追い、速いスピードで読むようにしました。
 覚えるというより、とにかく七〇単語を一〇回、二〇回とくり返し、目で読み声に出していきました。その結果、一カ月できちんと二〇〇〇語を覚えてしまうことができたのです。
 そして、一日に七〇単語、一ヶ月で約二〇〇〇単語、半年もするとその数はゆうに一万単語を超えます。併せて、NHKラジオの平川唯一先生の英会話レッスンを聞いて、口まねをし、テキストの音読・暗誦を毎日つづけました。

(中略)

わずか五ヶ月足らずの期間で、大学入試問題も楽々と訳せる実力がついていました。それからというもの、私の英語のテストは一〇〇点ばかりで、つねにクラスで一番の成績でした。
 英会話のほうも、ラジオの平川先生の英会話レッスンをつづけたおかげで、一年ほどでマスターしていました。ラジオを聞いて覚えた音の通りに発音する、口まねに徹してしっかり暗記する。それを毎日つづけただけです。
(p.33-35)


☆今まで英語に関する本をいろいろ読んできたけど、この英語の勉強の仕方は正しいやり方のような気がする。それにしても一年でマスターできるのか。英語ってもっと時間がかかると思ってた。ちなみに、自己流で片耳を押さえて発声していたらしい。こうすると自分の声が本当によく聞こえる。おもしろい。




●十数ヶ国語をマスターしたといわれる、ドイツの考古学者ハインリッヒ・シュリーマンも、その自伝の中で、語学習得を容易にする方法として、その第一に「音読」をあげています。つまり、外国語を声に出して読み、聞いたというのです。(p.39)

☆シュリーマンの 『古代への情熱―シュリーマン自伝』 は以前読んだことがあるので、外国語学習のシーンは強く印象に残っている。




●体内振動音を聞くには、片方の耳を押さえて発生することがよいのです。はからずも学生時代の私が独力で工夫した、耳を押さえての音読によって、英語のリズムが体内に取り込まれ、発音をよくする効果をもたらしたのです。(p.40)

☆こうすることで聞き取りが短時間で習得でき、再現も完璧に近づくという。



●実際に本を読む前にかならずサブリミナル速読をするとよいでしょう。それによって潜在意識回路に、本の内容を全体的にまずとり込むのがよいのです。
 想像したあと目を開き、本を高速、中速、低速でパラパラとくり返しめくります。
 そうすると、右脳が勝手に本の内容を潜在意識回路にとり込んでくれるのです。これをサブリミナル速読といいます。サブリミナル速読は、口ではなく脳の速度で本を読むテクニックです。

(中略)

 サブリミナル速読は、とくに夜寝る前にするのが有効です。夜寝る前にすると、夜寝ている間に潜在意識が全体を細かく理解し、取捨選択をして、翌日目覚めたときレポートや企画書が九〇パーセントまとまった形で頭から流れだします。(p.48-50)


☆今で言えば、フォトリーディングだろう。斉藤式に言うと「写真読み」。
「サブリミナル速読」というネーミングもなかなかシャレている。
夜寝る前にやってみよう。



●かつて「財界の荒法師」として知られ、赤字会社を次々と再建した土光敏夫さんも、その点については、「六〇点主義で決断せよ」と言っています。
 満点狙いで慎重になり、タイミングを逸するよりは、六〇点がとれればまず合格であるというフットワークの良さで決断していく。スピード化の時代にあっては、そんなスピーディーな決断が望まれているのです。(p.61)

☆ふだんからトレーニングCDを聞いて脳の回転をよくしておくことが大切ということ。右脳のはたらきを目覚めさせれば、だれでもスピーディーな思考や決断ができるようになるらしい。





【アクションプラン】
・夜寝る前に、サブリミナル速読してみる。読もうと思ってなかなか手をつけない本とかよさそう。

・しばらく4倍速の英語を聴き続けてみよう。そういえば、集中力が高まってる気がする。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
右脳を開発してみたい。仕事の処理速度を上げたいというときに。



【編集後記】
CD(4倍速・英語)を聴きながらこの本を読み、この文章を書いていた。
3〜4時間くらいずっと聴いていたら、
時々ふっと、英語がかたまりのまま耳に飛び込んできた。
その瞬間って等倍で聞こえるから、脳が4倍速で動いて処理しているのかもしれない。
不思議な感じ。わずか二日目でこういう体験が実感できると、
続けたらどうなるのかちょっと楽しみである。


 
posted by macky at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

銀の匙

銀の匙 (岩波文庫)
銀の匙 (岩波文庫)
posted with amazlet at 13.08.06
中 勘助
岩波書店
売り上げランキング: 6,203



『銀の匙』
中 勘助/著 (岩波書店) 1935年 (初稿は1913年) ←今からちょうど100年前!



【概要】
作家・中勘助の自伝。

前編が書かれたのは明治44年。作者が27歳のときである。
後編は翌大正2年の夏に比叡山で書かれた。

1999年に改版されているので
私が読んだのは旧版ということだ。



【動機】
『〈銀の匙〉の国語授業』 という本を本屋で見つけて興味を持った。
灘校で中学3年間をかけて『銀の匙』1冊を読みこむという授業を続けてきた橋本先生の実践的授業である。

最近、アニメ化されたということなので
これを機会に読んでみた。

齋藤孝の文庫百選。




【所感】
自分の少年時代と照らし合わせながら読んだ。
懐かしいやら、恥ずかしいやら、複雑な気持ち。

大人から見た子どもの世界ではなく、子どもからみた子どもの世界そのものといえるかもしれない。

病弱で勉強も出来なかった子どもがある日突然ガキ大将になり、勉強もクラスで1番になる。
何があったのだろうか?

読了後にアニメの「銀の匙」も見てみたのだが、
タイトルが同じだけでどうやら全く別の話のようだ。



【抜粋】
●私の生まれたのは神田のなかの神田ともいうべく、火事やけんかや酔っ払いや泥坊の絶えまのないところであった。(p.12)

☆神田といえば古本屋の町ということで落ち着いたイメージがあったんだけど、実際は違うのか。


●学課のうちでいちばんみんなの喜ぶのは修身だった。それかきれいな掛け図をかけて先生がおもしろい話をきかせるからで、 (中略) 私のなによりきらいな学課は修身であった。高等科からは掛け図をやめて教科書を使うことになってたが、どういうわけか表紙はきたないし、さし絵はまずいし、紙質も活字も粗悪な手にとるさえ気もちがわるいやくざな本で、載せてある話といえばどれもこれも孝行むすこが殿様から褒美をもらったの、正直者が金持ちになったのという筋の、しかも味もそっけもないものばかりであった。(p.79-150)

☆修身の本を手に入れたから近いうちに読んでみようかな。



●「先生、日本人に大和魂があればシナ魂があるでしょう。日本に加藤清正や北条時宗がいればシナにだって関羽や張飛がいるじゃありませんか。それに先生はいつかも謙信が信玄に塩を贈った話をして敵を憐れむのが武士道だなんて教えておきながらなんだってそんなにシナ人の悪口ばかしいうんです」(p.128)

☆日清戦争が始まった頃にこういうことをいうのは変わった子だと思われただろう。言ってることはまともだけど。




【アクションプラン】
・自伝(少年記)を書きたい。一気に書かずに少しずつ思い出したときにちょこちょこ書いていきたい。
自伝というと人生の終わりに振り返って書くというイメージだが、少年記だと今すぐにでも書ける。

・『〈銀の匙〉の国語授業』 を読んでみたい。 『銀の匙』 を題材にどのような授業をしたのかとても興味がある。

・『灘校・伝説の国語授業 本物の思考力が身につくスロ−リ−ディング』 を読んでみたい。

・『伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力』 を読んでみたい。



【評価】
評価:★★★☆☆

posted by macky at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「銀の匙」関連 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

パパッとできるNISA はじめての投資

パパッとできるNISA はじめての投資
NISA活用研究会
中経出版
売り上げランキング: 314,400


1,050円+税、2013年


【概要】
年100万円までを元手にした儲け・配当の税金がタダに!いちばんわかりやすくコンパクトな解説書!NISA(少額投資非課税制度)のしくみがひと目でわかる巻頭付録つき。(「BOOK」データベースより)



【動機】
最近、NISAという言葉を知り、気になっていたので。



【所感】
20分ほどで速読了。
薄いのですぐに読める。


NISAによって何が変わるかということに
注目して読んだ。

こういう制度があるということは政府が
どういう風に持っていきたいのかが読める。


売却しても100万円という枠は増えないので、
売り買いを繰り返すのは不利。(特にデイトレは不利)


100万円が101万円になったときの利益1万円も
100万円が1000万円になったときの利益900万円も
同じように非課税。

つまり、低位株が有利。元手が100万円まで。
利益は関係ないので、できるだけ大きく増やした方が得。


注意点として、一旦口座を開いてしまうと
証券会社は動かせない。
(1人1口座が原則なので)






【アクションプラン】
・証券会社が動かせないのでNISA口座を開くときは慎重に。




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
NISAって何?ってときに。



【結論】
大きく上がりそうな低位株を100万以内で買って
5年以内に値上がりしたときにドンと売って儲ける。
そうすると税金は払わなくてすむ。
posted by macky at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする