2013年10月21日

橋本武関連本のまとめ

このところずっと伝説の国語教師・橋本先生の関連本を読み続けてきたわけだが、
そもそも橋本先生のことを知ったのは、
2012年3月22日に大きな本屋さんに立ち寄ったときに、特設コーナーができていたのを見たからである。


その後2012年6月9日に、日本テレビ「世界一受けたい授業」にゲスト出演されていたのを観た。


100歳の伝説の灘高講師、橋本武先生の特別授業




そこから1年が過ぎ、
2013年夏頃、『銀の匙』 がアニメ化されたのを期に
8月4日から 『銀の匙』 を少しずつ寝る前に読み始めた。


『銀の匙』 をアニメ化したものかと思っていたら話が全然違ってた。
マンガの 『銀の匙 Silver Spoon』 をアニメ化したものらしい。

農業高校の話だ。

これはこれでおもしろくて、 『銀の匙』 を読み終えてから一気に観た。


ちなみに、アニメ版では、
「銀の匙」について、

 ヨーロッパでは、生まれてくる子に銀のスプーンを贈る。
その子が一生食べるのに困らないようにって。


と言っていた。



9月10日 『銀の匙』 を読み終わる。
・自伝(少年記)を書きたい。一気に書かずに少しずつ思い出したときにちょこちょこ書いていきたい。
自伝というと人生の終わりに振り返って書くというイメージだが、少年記だと今すぐにでも書ける。


翌9月11日、橋本先生がお亡くなりになる。


9月19日 『 〈銀の匙〉の国語授業』 読了。
・スローリーディングで何か1冊を時間かけて読んでみよう。寄り道しながら。

9月24日 『伝説の灘高教師が教える 一生役立つ学ぶ力』 読了。


10月5日 『灘校・伝説の国語授業 本物の思考力が身につくスロ−リ−ディング』 読了。
・何か1冊決めて、「スローリーディング」してみたい。やっぱり小説がいいのかも。ちょっと難しそうだなというレベルの小説。研究ノートを作ってわからない語句とかも徹底的に調べたり、寄り道して気になったことをどんどん調べていったり。

・その1冊以外はなるべく速読&多読で。(何でもかんでもスローリーディングしていては時間がいくらあっても足りない)


10月10日 『橋本式国語勉強法』 読了。
・漢文(とりあえず漢詩)をちょっと勉強してみたい。


10月15日 黒岩祐治 『灘中 奇跡の国語教室』 読了。
・『ただいま浪人』 を読んでみたい。

・『白楽天詩選』 を読んでみたい。「長恨歌」を暗誦してみたい。


10月18日 伊藤氏貴 『奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち』 読了。
・変化の時代といわれる今こそ、明治時代の文豪を読んでみたい。

・大きな課題を小さなことから順番にひも解いて関連付けてみる。





スローリーディング

1冊を寄り道しながらゆっくり読む。
A→B→C→D→Eと行くのではなく、
A→B→A→C→A→D→A→E・・・という感じで。
1冊の本をもとに、というところが大事。何度も戻ってくる。
その1冊以外はなるべく速読&多読で。

最初からこの1冊って決めずに、どんどん読んでこれだというものに出会うまでどんどん読んでいこう。
橋本先生も手当たり次第に読んでいる最中に 『銀の匙』 に出会ったのだから。

posted by macky at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする