2014年02月27日

関西に蠢く懲りない面々―続・京に蠢く懲りない面々


関西に蠢く懲りない面々―続・京に蠢く懲りない面々
グループ・K21、ネットワーク京都編集部/著 (K21企画 ) 1994年




【概要】
バブル経済の終焉は、天文学的数字の不良債権を生み出し、闇の世界に蠢く黒幕たちもカネづまりに直面した。縮小されたパイの奪いあいのため、あるいは闇資金の取り立てをめぐって関西各地で抗争事件が頻発、銃弾が飛び交い、おびただしい血が流れた。武井保雄・武富士会長、宅見勝・山口組若頭、“闇の帝王”許永中、“ナニワの借金王”末野謙一、“石油業界のフィクサー”泉井純一…。裏社会の大物たちが利権をめぐって暗闘を繰り広げる。(「BOOK」データベースより)


「続・京に蠢く懲りない面々」が副題かと思ったら、併載だった。
つまり第一部が「関西に蠢く懲りない面々」(グループ・K21)で、
第二部が「続・京に蠢く懲りない面々」(ネットワーク京都編集部)。
記事は7本ずつで14本。

本書と 『ナニワ金融界の懲りない面々』 を合わせたものが同じタイトルで文庫化されている。



【動機】
京に蠢く懲りない面々』 を読んでおもしろかったので。


【所感】
ちょうど20年前の本なので、ちょっと古いかな。
未読の部分だけ読んだが、8本くらいしかなかった。
(つまりのちにほとんどが文庫化されている)



【抜粋】
●その「飛脚」こと松家氏が、内紛がらみで追い出されるごとく佐川を去ったのは、佐川マネー二億円が動いた89年京都市長選直後の8月31日だった。以来三年半、沈黙した。しかし昨年末の佐川急便事件報道に接し、「核心に迫るものはない」としつつ手記を本誌に寄稿してきた。・・・(中略)・・・「佐川清、東京佐川の渡辺広康前社長の両巨頭に強大な影響力を持っていたのは笹川良一氏だ。その笹川氏が佐川報道の中で全く欠落していることは、不思議でしょうがない」(p.124)

☆佐川急便は「ササガワ急便」と呼ばれるように、笹川良一氏が育ての親とも言えるのだそうだ。


●田中角栄を、そしてそれに連なる児玉誉士夫を「嫌っていた」笹川氏が、田中角栄直結の佐川清と対立に至った渡辺氏の背後にいたという構図を示し、その笹川氏が一連の佐川報道の洪水の中でいっさい姿を表さないことを疑問視する筆者の指摘は、同氏が佐川・渡辺両巨頭に知遇を得ていただけに興味深い。(p.126)

☆佐川グループの社内報「飛脚」の編集長だった松家靖氏が手記で暴露した形だ。本書に全文が掲載されている。


●さらにノーベル賞の選考母体「スウェーデン王立科学アカデミー」の日本人会員でもある。こちらは終身会員制。(p.174)

☆京大・矢野暢(とおる)教授のセクハラ事件の記事。
ノーベル賞を決める人の中の一人ということもあって、絶大な影響力を自負していたが、
秘書への度重なるセクハラが発覚して一気に転落。禅寺(東福寺)に逃げ込んだが、そこも追い出されてウイーンへ。
英雄色を好む。甥にくりぃむしちゅーの有田哲平がいる。



【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
文庫本に掲載されてない記事も読みたいってときに。
posted by macky at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

京に蠢く懲りない面々

京に蠢く懲りない面々
(ねっとわーく京都刊行委員会) 1993年


【概要】
京都に関する記事が26本収められている。

のち再編、文庫化されているので、
未読のものを中心に読んだ。


【動機】
京都に蠢く懲りない面々』 を読んでおもしろかったので。

その元となった本の一つ。


【所感】
もうちょっと早く読んでおけばなぁ。



【抜粋】
●日本国際民間協力機関(NICCO・ニッコー)。二年前までは「カンボジア難民救援会」(KRRP)を名のり、四条大橋で街頭募金を行っていた京都に本部を置く団体。“国際交流”や“体外援助”の波にのって最近ひんぱんにマスコミをにぎわわすこの団体が、1980年以来、あの大量虐殺のポル・ポト派を一貫して援助しつづけており、いまなお市民から集めたお金や物品をゲリラに届けている。市民の善意が血で汚され、カンボジアの平和の到来を遅らせることになっている。(p.162)

☆知らなかった。かわいそうな子どもを救うためにとも思って募金していたら、それがゲリラ集団の資金源になって子どもをさらに苦しめていたというのは皮肉なものだ。そういえば、以前募金を見かけたけど募金活動している人はそういう裏がある事を知っているのかなぁ。



●府下13校ある学校のうち、まともなのはせいぜい3、4校にすぎない。あとは多かれ少なかれ授業内容の不備、法務省に提出する出席簿の改ざんなどの問題を抱えている、という。(p.201)

☆日本語学校のほとんどが不法入国の窓口となっているというのは知らなかった。
1人20〜30万円くらいが相場で、入国を厳しくすればするほど手続きが複雑になり、その分ブローカーの儲けを増やしているのが現実のようだ。



●局面打開のために6月13日、東京永田町の議員会館で、自民、公明、民社三党の京都選出国会議員による協議が開かれる。出席したのは自民党府連副会長の奥田幹生、野中広務両代議士、公明党府本部長の西中清代議士、民社党府連委員長の玉置一弥代議士の四人。協議は短時間で終わった。・・・(中略)・・・この三党会談から田辺府医師会長擁立の線が急速に浮上していく。田辺氏は「最後の切札」として登場した。そして切札を切ってきたのは野中代議士だった。(p.213)

☆1989年、京都市長に田辺氏が選出されたが、裏ではそんなことがあったのか。野中さんはほんとうに色々なところに出てくる。


●乱立模様に危機感を持った自民党の必死の候補者調整の結果だった。調整役を買って出たのは野中代議士。「告示前日、泉谷氏に頭を下げてお願いし決断していただいた」と代議士自身が選挙中に語っていた。(p.214)

☆泉谷氏は告示前夜に立候補を取り止めた。佐川急便から2億円受け取っていたが告示後に返還。その理由として「佐川元会長の好意として、二億円を受け取った。しかし、その後、クリーンな選挙を進めるにあたり不適当と判断し、手を付けないまま自宅に保管して、八月初めに 『告示後に返還する』 と佐川側に伝えた」と語っている。つい先日都知事を辞任した猪瀬さんと重なる。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
京都のことをもっと知りたいときに。

posted by macky at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本の<<政治・経済権力機構>>はこうなる



ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本の<<政治・経済権力機構>>はこうなる
板垣英憲/著 (ヒカルランド) 2013年
1,700円+税



【概要】
2011年秋、米国最大財閥デイビット・ロックフェラー(世界新秩序派)が失脚して、世界の支配権は欧州最大のユダヤ財閥ロスチャイルド総帥ジェイコブ・ロスチャイルド(世界政府派)に移った。

生活の党の小沢一郎代表はジェイコブ・ロスチャイルド系列なので、これからは小沢の時代が来ると本書では予想している。



【動機】
陸山会事件で無罪が確定した小沢一郎がこれからどう巻き返していくかに注目していたので
まさにタイムリーな本に出会えた。

世の中がこれからどう動いていくのか。



【所感】
情報がいろいろと混在していて本当かなぁというところも多い。
丸ごと鵜呑みにするのではなく、情報を取捨選択したり考えたりしながら読めばおもしろい。

デイビット・ロックフェラーが失脚したのは2011年秋。今から2年以上も前ということだが、
どのタイミングで一般に知れ渡ったのだろうか。
ちなみに野田首相は知らなかったらしい。




【抜粋】
●デイビット・ロックフェラーが、サブプライムローン破綻で失ったバクチの賭け金の損失の穴埋めを北京政府に続き、日本国民の大事な虎の子によって支払わせようとしているのである。(p.154)

☆サブプライムローンの損失の穴埋めのために消費税増税をしようとしているのか。


●ちなみに、米国第5軍とは、米国軍の5つの軍事組織(陸軍、海軍、空軍、海兵隊、沿岸警備隊)のうちの一つ、国土安全保障省に属する準軍事期間「米国沿岸警備隊」のことで、有事には海軍の指揮下に入る。
・・・(中略)・・・
 このビデオには、中国漁船を追い込んでいく米国艦船の様子がはっきりと写っており、これが中国北京政府にわかると、米軍の軍事行動などの情報が漏れてしまうことになる。菅首相は、中国北京政府側のメンツに配慮したというよりは、米国側に配慮したというのが、真相のようである。万が一の場合、米国と中国との軍事衝突を招いてしまう危険さえあり得たとも言える。
・・・(中略)・・・
 そもそも、船長と船員14人の釈放と漁船の返還は、すべきではなかったのである。それが、人民解放軍のスパイと工作船であることがわかったときは、後の祭りであった。(p.171-172)

☆中国漁船衝突事件の真相。米軍の警察機構(MP)と日本の公安警察が協力して、中国漁船を追い込み拿捕する「キーン作戦」を遂行していた最中の出来事であったという。2時間30分のビデオのうち6分50秒を切り取ったものなので、中国漁船がいきなり体当たりしてきているように見える。


●長江実業は、李嘉誠グループと郭氏一家と関係を持っている。李嘉誠(1928年6月13日〜)は香港最大の企業集団・長江実業グループ創設者、東アジア全域で最も富裕な人物であり、華僑としては世界最大の資産家である。2008年度の世界長者番付によれば、その資産は265億米ドルという。(p.180)

☆小沢一郎が中国で築いている人脈ネットワークは広い。李嘉誠氏は東アジア全域で最も富裕な人物なのに知らなかった。

というわけで、ちょっと調べてみた。

中国1の大富豪・李嘉誠氏 週刊紙にプライベート語り話題に (1/2ページ)

華人最大の富豪、投資家 李嘉誠まとめ

誘拐犯に説教したりとなかなかユニークな人物だ。



●こうしたことから、日本は、キッシンジャー=ジョセフ・ナイ=リチャード・アーミテージ=ジョン・ハムレ=マイケル・グリーン=カート・キャンベル=前原誠司(長島昭久)という「日米同盟人脈ライン」で外交防衛政策が進められており、読売新聞(渡辺恒雄会長兼主筆)が、この路線によって報道していることがはっきりと裏付けられている。(p.190)

☆鳩山由紀夫首相・小沢一郎幹事長コンビの政権を倒したのはハーバード大学のジョセフ・ナイ教授だということだ。ナイ教授は、「小沢一郎逮捕」策動には失敗したものの、検察審査会での「強制起訴」を勝ち取っている。



●浜岡原発(1号機〜5号機)一帯の震度は「4」だったといい、この程度の地震で損傷するというのは驚くべき脆弱ぶりである。
 放射能物質は上空の気流に乗って東方に向かい、神奈川県横須賀市にある第7艦隊司令部所属の米海軍基地に降り注いだ。このため、米軍は、「浜岡原発の運転を即時停止してくれ」と菅政権に強く要請してきたという。
・・・(中略)・・・
 菅首相は、停止要請の理由について「今後30年以内にマグニチュード8程度の東海地震が発生する可能性は87%と切迫した状態にある」と「近未来の危機」を挙げていたが、・・・(後略)(p.199)

☆そういえば、「あれ? なんで浜岡まで止めるんだろう? 止めなくてもいいのに」とあのときは思った。何かおかしいな、と直感で感じたときはやっぱり何か裏があるな。



●米国は、日本が核兵器を保有しているのではないかと疑っている。何と言っても、日本は、「潜在的核保有国」と言われて、米英仏中ロ核保有国から、恐れられてきた科学技術大国である。(p.219-220)

☆日本は、「潜在的核保有国」だったのか。ちなみに、その拠点のひとつが福島第一原発であるという。
原発はエネルギーだけの問題じゃない。そういう目で見ると原発ゼロや原発再稼動の論議も白熱する。

原発ゼロにすると、世界最高水準の原子力技術が失われるだけじゃなく、テロ組織に核兵器が渡る危険性もあるという。



●8月に入って、日本の天皇家が、フリーメイソン・イルミナティ13家の一つである中国台湾の「李家」に預けていた「金塊」(16京円相当)を引き出して、半分を東日本大震災の復興に、半分を米国経済救済に役立てようとしているという情報を伝え聞いたジェイコブ・ロスチャイルドとスイス政府が呼びかけて「57か国会議」を開催したという。(p.261)

☆16京円ってすごい金額だ。どこまで本当なんだろう?



●日本政治の主導権が、これまで長期間にわたり、デイビッド・ロックフェラー配下の米CIAに直結した自民党「清和会」(岸、福田系)などから、ジェイコブ・ロスチャイルドやローマ法王庁に結びついている「国民の生活が第一」(仁徳天皇「かまどの煙」派)の小沢一郎党首に移っている。
(p.276)

☆ローマ法王庁はロスチャイルド側なのか。
国連(ロスチャイルド)VS多国籍軍(D・ロックフェラー)という構図もおもしろい。


●日本の政治家の「世界新秩序派」は、自民党の中曽根康弘元首相、森善朗元首相、小泉純一郎元首相、竹中平蔵元総務相、石原慎太郎都知事、石原伸晃幹事長、石破茂前政調会長らである。
 民主党は前原誠司政調会長、長島昭久首相補佐官、野田佳彦首相らである。デイビッド・ロックフェラーは、松下政経熟出身の政治家を操縦して日本の政治を支配しようとした。
 日本のマスメディアは、米CIA直結の読売新聞(渡辺恒雄)、文藝春秋、統一協会と緊密な産経新聞、創価学会と提携関係にある毎日新聞(東日印刷が聖教新聞を印刷)、竹下登元首相が小沢一郎潰しに作った「三宝会」の残党である共同通信の後藤謙次元編集局長らである。
 一方、世界政府派は、小沢一郎党首、与謝野馨元金融財政担当相らである。(p.277)

☆こうやってまとめてあるとわかりやすい。



●世界支配層(主要ファミリー)は小沢一郎代表(生活の党)が、世界を救済する指導者として2016年7月に政権樹立することを要請している。
 これを受けて、小沢一郎代表は2016年7月の「衆参ダブル選挙」を最終決戦場と設定して、次のようなタイム・スケジュールと戦略・戦術を組み立てている。

・・・(中略)・・・

A「2014年2月25日」、小沢一郎代表の状況が物心ともに一変する。

B「2015年6月」に世界大乱が起こり、世界支配層(主要ファミリー)から世界を救う指導者として小沢一郎代表は、さらに奮起を促される。

D「2016年7月」、衆参ダブル選挙に、小沢一郎代表率いる政党が大圧勝し、小沢一郎政権を樹立する。(p.296 あとがきより)

☆2014年2月25日って三日後じゃないか。何があるんだろう?





【アクションプラン】
・2016年7月の「衆参ダブル選挙」が一つの目安になる。それまでにいろいろと片づけておきたい。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
今後の政治経済がどうなるのか気になる人に
posted by macky at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

近所の景色/無能の人

つげ義春コレクション 近所の景色/無能の人 (ちくま文庫)
つげ 義春
筑摩書房
売り上げランキング: 26,970


近所の景色/無能の人
つげ義春/著 (筑摩書房) 2009年 (単行本は1994年)
760円+税



【概要】
マンガ家として行き詰まった「私」は、中古カメラ業、古物業にも失敗し、多摩川で石屋を始める。売れないマンガ家の無為の日々を描いた連作“石屋シリーズ”『無能の人』など10篇を収録。(「BOOK」データベースより)

「魚石」は1979年。「無能の人」などは1885年あたり。

『つげ義春全集8』 (1994年4月25日、筑摩書房刊)を文庫化したもの。



【動機】
刑務所の中』 のレビューで「勝手に選ぶ現代三大私小説漫画のひとつ。ちなみにあとふたつは 『無能の人』 『失踪日記』 」とあったので。

水木サンの自伝を読んでいるとつげ義春さんがちょくちょく出てくるので読んでみたいと思っていた。




【所感】
全体的に暗い。ダメ男。私小説っぽいけど空想も多いらしい。

この厳しい世の中で生き抜くためには何をやるかというのを考えさせられる。

そこら辺の河原に落ちている石ですら売ろうという発想がおもしろい。

実際に売れるかどうかは別にして、それでも何とか暮らしていけてるのがおもしろい。



【抜粋】
●カメラの故障というのは構造上シャッター以外の故障はほとんどない。シャッターのメカは先の一台で分かっているのでまた簡単に直してしまった。そのうちどんなカメラが値打ちものかはカメラ雑誌の広告を見て覚えた。二千種の機種も資料によって頭に叩き込んだ。欲がからむとオレはにわかに実力を発揮するのだ。(p.277)

☆ダメ男のように見えて意外とバイタリティ溢れてる。興味のあることにはのめりこむようだ。
1,000円で買った故障したカメラと同じものが14,000円で売られていたことがきっかけではまったようだ。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
売れない漫画家のつらさを知りたいときに。


posted by macky at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

刑務所の中

刑務所の中 (講談社漫画文庫 (は8-1))
花輪 和一
講談社
売り上げランキング: 15,552


刑務所の中 (講談社漫画文庫 (は8-1))
花輪和一/著 (講談社) 2006年 (単行本は2000年)
760円+税



【概要】
あのベストセラーコミックがついに文庫化! 拳銃不法所持により、花輪氏が体験した三年二カ月にわたる獄中での日記を、おそろしくリアルなタッチで描き再現。文庫化のために、新たな描き下ろしも収録! (amazonより)


著者はちびまる子ちゃんに出てくる花輪君のモデルらしい。

お金持ちのイメージだったけど、実際は?



【動機】
映画 『刑務所の中』 がおもしろかったので。



【所感】
映画と同じシーンが何度も出てきて
思わずニヤリとしてしまう。


よくここまで詳しく描けたなぁ。細かい描写だ。
漫画家というのは目がカメラになってるのかな。





【抜粋】
●朝食がこんなにうまいものとは知らなかったな…(p.36)

☆よく聞くけど、やっぱり刑務所に入った人はみんなそう思うのかな。



●この房に本はこの二冊だけ。

余暇時間にじっくりなめるように読むか。

楽しみはこの二冊だけだ。(p.266)

☆こういうシーン、いいなぁ。官本の交換は一度に二冊まで。




【アクションプラン】
・『刑務所の前』 も読んでみたい。

・月に一回、映画版で初めて知ったアルフォートを食べたりコーラを飲んだりしながら映画を観たくなる。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
刑務所の中の様子が知りたい時に。



【結論】
表紙が・・・拍子抜けする(笑)

posted by macky at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする