2014年02月08日

刑務所の中

刑務所の中 (講談社漫画文庫 (は8-1))
花輪 和一
講談社
売り上げランキング: 15,552


刑務所の中 (講談社漫画文庫 (は8-1))
花輪和一/著 (講談社) 2006年 (単行本は2000年)
760円+税



【概要】
あのベストセラーコミックがついに文庫化! 拳銃不法所持により、花輪氏が体験した三年二カ月にわたる獄中での日記を、おそろしくリアルなタッチで描き再現。文庫化のために、新たな描き下ろしも収録! (amazonより)


著者はちびまる子ちゃんに出てくる花輪君のモデルらしい。

お金持ちのイメージだったけど、実際は?



【動機】
映画 『刑務所の中』 がおもしろかったので。



【所感】
映画と同じシーンが何度も出てきて
思わずニヤリとしてしまう。


よくここまで詳しく描けたなぁ。細かい描写だ。
漫画家というのは目がカメラになってるのかな。





【抜粋】
●朝食がこんなにうまいものとは知らなかったな…(p.36)

☆よく聞くけど、やっぱり刑務所に入った人はみんなそう思うのかな。



●この房に本はこの二冊だけ。

余暇時間にじっくりなめるように読むか。

楽しみはこの二冊だけだ。(p.266)

☆こういうシーン、いいなぁ。官本の交換は一度に二冊まで。




【アクションプラン】
・『刑務所の前』 も読んでみたい。

・月に一回、映画版で初めて知ったアルフォートを食べたりコーラを飲んだりしながら映画を観たくなる。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
刑務所の中の様子が知りたい時に。



【結論】
表紙が・・・拍子抜けする(笑)

posted by macky at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする