2014年05月31日

「計画力」を強くする―あなたの計画はなぜ挫折するか



「計画力」を強くする―あなたの計画はなぜ挫折するか (ブルーバックス)
加藤昭吉/著 (講談社) 2007年
800円+税



【概要】
計画技法の第一人者がズバリ指摘する計画が失敗する9つの理由。

 1 計画の目的・目標がはっきりしていない

 2 頭の中だけで組み立てた計画になっている

 3 状況判断を誤っている

 4 目先の問題解決を積み重ねただけの計画になっている

 5 複数の計画案の中から選び抜かれていない

 6 計画通りに実行する熱意に欠けている

 7 計画実行の勘所をはずしている

 8 “終わり”からの逆算ができていない

 9 計画の適切なフォローアップができていない




【動機】
スケジューリングを乱読中。

プロジェクト遂行プロジェクト。



【所感】
計画力の教科書といった感じ。

豊富な具体例でわかりやすい。



【抜粋】
●たとえば転職が決まったら、新天地での楽しい暮らしが家族の「目的」になります。そうするとまず新しい住まいをみつけるのが「目標」になります。そのための家探しや引越しの下準備などが「段取り」で、それらをどのような順序で、いつまでにおこなうかを決めていくのが「手順」となります。(p.22)

☆「目的」と「目標」の違いなど。



●計画的思考のように脳本来の機能をフルに発揮させる頭の使い方を心がけるべきだと思います。(p.24)

☆計画を考えていると脳が鍛えられるそうだ。



●私たち日本人が「とりあえず、できることから始めよう」ということになりやすいのはそのためではないかと思われます。(p.34)

☆農耕民族は労力と収穫が比例するので目的意識が薄いといわれる。考えている暇があるならまず動けと言われるのはそのためだ。



●限られた土地に満遍なくエネルギーを投入して、できるだけ多くの収穫を期待する定住農耕民族的発想でしょう。(p.56)

☆このやり方ではムダが多い。重み付けが必要。



●私たち日本人には時間予算(タイムバジェット)という概念がなく、どんなところにどれくらいの時間が投入されているか、気にしません。(p.63)

☆終わり(期限)があるからこそ、それまでできるだけ結果を出そうと精一杯頑張れる。



●構想を練っているときには、脳全体が最も活性化されます。(p.87)

☆構想を練るのが面倒とか言ってないで、脳トレのつもりでどんどん鍛えたい。



●建築設計者にとって大事な時間は、机に向かって図面を引いているときではありません。どのような建物にするかイマジネーションを働かせて構想を練っているときです。(p.89)

☆これが次第にまとまってきたら、それをラフな下絵に描く。どんな計画でも、エスキスのように視覚に訴えるものがあると、構想は不思議なくらい多方面へ広がっていくそうだ。



●物事の重要度には強弱があるはずなのに、日本人はあらゆることを木目細やかにやらないと気がすまず、それこそが管理だと思い込んでいるからです。(p.156)

☆隅から隅までやろうとしない!

大事なところを見極めてそこを重点的にやる。



●松下電器の創業者・松下幸之助は、よく直接自分で足を運んで、部下にものをたずねたそうです。(p.166-167)

☆何度もたずねていたら情報が自然と集まるようになっていったという。




【アクションプラン】
・とりあえず試す前に、まずは目的をはっきりさせる!

・構想を練って脳を活性化させる。

・スケッチブックにイメージの下絵を描く。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
なかなか計画通りに進まない時に。

2014年05月29日

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 24,863


無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
勝間和代/著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン) 2007年
1,500円+税



【概要】
勝間さんの時間術。


時間を増やすための5つのステップ

1. 現状の課題を把握する。

投資の時間で30%くらいを確保する。


2. やらないことを決める。

新しいことを始める前に、先にやらないことを決めて時間を確保する。


3. 人に任せる。

お金を払ってプロに任せてその分自分の得意なことに時間を使った方が生産的。


4. 自分しかできないことを効率化する。

ここでその方法として手帳術が出てくる。

・計画に必要なリソースを半年〜1年単位で先に割り振っておく。

・目標を手帳に書くと実現しやすくなるのは、潜在意識に働きかけるから。
 

5. 新しい動き方を統合的に実践する。

生まれた時間をさらに効率化するために、再投資する。




【動機】
以前から読もうと思っていたので、スケジューリング関連をやっているこの機会に読んでみた。



【所感】
思ったより気軽にサッと読めた。

実践しながら何度も読むといいらしい。




【抜粋】
●もっとも成果を出しやすいところに時間を集中して使って、時給を上げていけば、その時給でサービスを買うことができるようになります。(p.92)

☆勝間さんの考え方で好きなところはこういうところ。

どこに資源を集中させるか。




●とにかく得意なことをやって、それでお金もうけをして、その成果で違う投資をして、また時間をつくるという好循環をやっていればいいわけです。 (中略)
 自分の得意なことがわからないという人は、下記のような本を読んでみてください。

マーカス・バッキンガム/ドナルド・O・クリフトン

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』日本経済新聞社

この本に付属しているテストを使えば、三十四種類の強みのうち、あなたは何が強みなのか、あなたは何にわくわくするのかを診断してくれます。(p.94-95)

☆試しに読んでテストしてみよう。そして強みを生かそう。




●一つのスケジュールが終わる時間と、次のスケジュールが始まる時間の間には、移動を含めて必ず1時間以上の空き時間をつくります。(p.97)

☆なるほど1時間か。今まで30分しか取ってなかったから余裕がなかったのかも。



●時間効率が悪い人は共通して、判断が必要なとき、決定に至るまでの時間が長いのです。(p.143)

☆これは昨日読んだ本にも書いてあったが、時間にゆとりのある人は共通して即断即決、即行動だ。
迷う時間をできるだけ減らしてみよう。




【アクションプラン】
・運動のためにもっと自転車に乗ろう。
健康のためにウォーキング、スロージョギング、プールと考えていたけど、自転車をすっかり忘れてた。

一日三百キロカロリーを目標に。疲れにくくなり、時間効率もアップ!


・ 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』 を読んでみる。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
やることが多いのに余裕がある人は何が違うのかを知りたい時に。

2014年05月28日

時間200%活用術

時間200%活用術
時間200%活用術
posted with amazlet at 14.05.28

日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 1,126,233


時間200%活用術
日本能率協会マネジメントセンター/編 2005年
1,400円+税



【概要】
手帳術、仕事術、時間管理術39人の「私のやり方」大公開。事前準備・集中力・優先順位・切り替え・組み直し…あなたにピッタリの方法が、きっとある! (「BOOK」データベースより)


【動機】
時間術を研究。


【所感】
39人も載っているので、おなか一杯になる。
何か役に立つ部分があるかもしれない。

手帳200%活用ブック』 と重複する内容もある。

「koyomi 365」から掲載されたもののようだ。

とにかくみんなやることが多すぎて、
それをこなすにはどうすればいいか考えてたどりついた結果だという気がする。



【抜粋】
●私が学園長を務める須磨学園では、3年前からタイムマネジメントを授業に取り入れています。 (中略)
 授業は中学・高校の全学年、毎週金曜日の1時間目を割り当てて、生徒たちが自分でタイムマネジメントをすることを学びます。
 最初に彼らが自分で「目標」を設定するところから始め、その目標達成のために「やるべきことは何か」、細かくリストアップ。次のそのリストアップした項目を「いつやるのか」というスケジュールにはめ込みます。これを毎週の授業で実践するのです。
 目標、ToDo、スケジュールを何度も書き出すということを毎週繰り返していくことで、これが習慣として身につきます。そうすることで、タイムマネジメントをきちんとやれば、自分の目的がいつの間にか自然に達成できるということを体験できる。(p.81、西和彦氏)

☆中学の頃からタイムマネジメントが学べるのはいいなぁ。



●管理職になったときには、部署メンバーの昼食を11時55分からとるようにしました。理由はシンプルで、12時からだと社員食堂が混むから。(p.88、野村正樹氏)

☆常識にとらわれない、柔軟な発想。



●小説の下調べをしたり、好きな作家の文章を書き出す文章修業は、いそがしい中で時間をやりくりしてやる方が断然はかどります。(p.95、室井佑月氏)

☆好きな作家の文章を書き出す文章修業というのがあるのか。当たり前のように書いてるけど。
そういえば、本屋に行けば天声人語を書き写すノートとかが売られてて、そんなことして意味があるのだろうかと思っていたけど、どうなんだろう。

どっちにしても、わざわざ時間を取ってやるというよりは、忙しい時間の合間を縫ってやったほうがはかどるということ。



●「俺は土になる」と布団の中で5回言ってるうちに、本当に土のように深く眠ってしまいます。(p.101、渡邊美樹)

☆これは眠れそう。今夜から早速試してみよう。



【アクションプラン】
・好きな作家の文章を書き出す文章修業というのをやってみよう。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
とにかくたくさんの人の時間術を一気にパーッと見て参考にしたい時に。




■関連記事 (佐々木かをりさんの本)
2003年 
ミリオネーゼの手帳術 (031225)


2004年
手帳200%活用ブック (041101)


2005年
計画力おもしろ練習帳 (050720)

佐々木かをりの手帳術 (051115)

時間200%活用術 (051215)


2011年 
自分を予約する手帳術 (111104)

 

2014年05月27日

自分を予約する手帳術

自分を予約する手帳術
佐々木 かをり
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 36,026


自分を予約する手帳術
佐々木かをり/著 (ダイヤモンド社) 2011年
1,200円+税



【概要】
毎日が忙しいと思っている人でも、1日を振り返って、やったことを並べてみると、そのちっぽけさにがっかりすることはないだろうか。
本書では忙しさと成果のアンバランスに悩む人々に、自分の「持ち時間」を可視化し、仕事の生産性を上げるための時間管理術を提案する。(Amazonより)


【動機】
以前、佐々木かをりさんの本( 『佐々木かをりの手帳術』 )を読んでよかったので。


【所感】
そもそも手帳術はなぜ必要なのかというところから入って長々と説明してるので、ちょっと退屈。

後半は主にQ&A。セミナーとかでよくある質問などをまとめている。

基本的な使い方はわかっているので、
不足分を補うような形で読んだ。



【抜粋】
●このアポ以外に、どのくらい時間が余っているのか、という使う時間の量、余っている時間の量が見えないのだ。 (中略) 時間を見ていたのではなく、アポの数を見ていたからだ。(p.50)

☆空いている時間を視覚化するのが目的。
空いてる時間にどんどん埋めていっているので、空いてる時間はほとんどないけれど、
空いてる状態が一目でわかるというのはメリットである。


●使える時間、まだ空いている時間の分量が見えることこそ、すべての始まりであり、そこに、自分を予約することが、今までとまったく違った自分を体験できることなのだ。(p.65)

☆あらかじめ決まっている予定を入れてからがスタートという発想がおもしろい。


●そして書いたページをときどき見ては、すでにできたことを見つけ出してチェックするというふうになっていた。(p.80)

☆私も今までは同じだった。リストを作ってそれで終わりにしないことがポイント。



●頭に浮かんだ一つひとつの行動を、締め切り近くから、逆の順番に並べ替えて、それぞれを行う日時を決めるのだ。(p.120)

☆逆算して考えるだけじゃなく、実際にスケジュール化も逆からやっていくというのがポイント。


AをやるためにはB、BをやるためにはC、CをやるためにはD、
というわけで、まずはDを明日までにやってしまおう、というふうに今までは近いところから考えていってたけど、

そうではなく、Aをいつまで、そのためにはBをいつまでという風に具体的に逆から締め切りを設定していく。



●まずしなくてはならないことは、試験日はいつなのか。その日まで今日から何日あるのかを調べる。同時に、その試験日までに終了したい参考書や問題集のページ数の合計を出してみる。同時に、その試験日までに終了したい参考書や問題集のページ数の合計を出してみる。(p.143)

☆試験だけでなく、いろんな勉強でこのやり方は使えそうだ。
ただ時間を確保するだけでなく、一日の分量も割り出しておく。



【アクションプラン】
・やることリストを作ったらそれで終わりにしないで、実際にスケジュール化すると実現力がぐっと高まる。

・逆算して、逆から順番にスケジュール化する。

・最終的にはやることすべてを時間軸の中で管理する。

・とりあえず入れてみて、ダメなら消しゴムで消せばいい。
書くだけでどんどんこなせる。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
普段、手帳を使ってない人に。
もっと生産性を上げたい時に。


posted by macky at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

ミリオネーゼの手帳術

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
佐々木 かをり
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 120,300


ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
佐々木かをり/著 (ディスカヴァー・トゥエンティワン) 2003年
1,300円+税



【概要】
やりたいことができないのは、時間がないからだと思っていませんか? 社長、TVリポーター、政府の委員などをこなし、また2児の母親でもある著者が、誰もが持っている24時間を最大限に活かして夢をかなえる手帳の活用法を教えます。仕事もプライベートも上手に楽しむ「ミリオネーゼ」が日々実践しているのは、驚くほどシンプルなことばかり。クリエイティブに時間を使って、豊かな人生を手に入れるとっておきの秘訣がわかります。たったこれだけで年収1000万円への道が開けるなんて、やってみなきゃ損!(Amazonより)



【動機】
以前、佐々木かをりさんの本( 『佐々木かをりの手帳術』 )を読んでよかったので。



【所感】
やっぱり読みやすい。

手帳術は人によって向き不向きがあると思うけど、自分には佐々木さんのやり方が一番合ってる気がする。



【抜粋】
●残念ながらスケジュール帳を上手に使っていない人たちは、「忙しそうだけど楽しそうでない人たち」「忙しがっているけど、成果が出ていない人たち」、さらに言えば、「自分では仕事をたくさんしているつもりだけれど、生産性が上がっていなくて評価されない人」が多いことも特徴だと思う。仕事の「できる人」は皆、時間の管理がとても上手なのである。(p.2)

☆いくら忙しくても成果を出さないと意味がない。限られた時間で成果を出すためのカギを握るのがスケジュール帳の使い方だという。



●今、やりたいと思っていることがあるのに時間がないと思っているとしたら、あなたの人生は、「時間」が主役で、あなたは脇役。本当にそれでいい?(p.11)

☆まさにやりたいことだらけ。やりたいことがあるのにできないのは「時間」がないからではなく、自分で立てた脚本が悪いから。脚本の書き方は訓練を積めば上手になるので、この本を通して脚本の書き方を学ぼう。



●スケジュール帳に書かないと、永遠に忘れてしまうか、ときどき思い出しては自分を責めることになる。(p.28)

☆期限がなく急ぎじゃないものこそ、いつやるか書いておかないといつまでも消化されない。とりあえず書いておいて、その日が来たらその時に処理するかまた後日にスケジュールを入れるかを決める。こうやっておけば、いつかやろうと思っていたことがどんどん消えていくかも。



●頭の中で何かを考え、結論づけた時に、「何を、誰が、いつまでにやるのか」ということを明確にして、考えたことと具体的な行動や日程とを結びつけて考える習慣をつける。そんな訓練の場が、スケジュール帳ともいえる。(p.70)

☆いつまでにやるのかという習慣を身に付ける。



●頭の中で漠然と「やりたい」と思っていても、なかなか実行できないことが多いという人が多いだろう。できない理由をよく考えてみると、行動計画に入れていなかった、ということがある。単純な理由だ。毎日の行動計画に入っていないのだから、実現するはずもない。 (中略) そこで、自分との約束を守る方法を実践することにした。とにかく日程を決めるのだ(p.84)

☆いつかと思っててもなかなかできない。いつかやろうと思ってるものこそ日付を決める。実際に日程を決めることで他のことも決まりやすくなる。「じゃあ、あれもやっておかないと…」と、物事が動き始める。スケジュール帳に書くことで、自分との約束を実現しやすくなる。

期限があるものや緊急のものなどはいつまでにやるというのを一応管理しているけど、
やらなくてもいいもの(保留案件など)以外、特に「いつかやりたいこと」などもいつまでにやるのか決めてスケジュールに入れてしまおうというのがポイント。
もう「いつか」って名前ですらなくなる。




●「今決められない」と思うこと自体が、「やらなくてもいい」と言っていることと同じであることを、毎日の出来事の中で、習得していくことが大切なのだ。(p.92)

☆「やらなくてもいい」こと以外は今どんどん決めていく!



●考えるという無形の行動を有形物にすることが、成果をつくることであり、その有形物になるスピードを、生産性と呼んでいる。 (中略) 考えるという行為をするときには、考えた結果をどのような行動にするのかを明確にして、そこまで含めて、スケジュール帳に入れていく。(p.97)

☆考え事をしたときは結論を具体的なアクションプランに結び付け、期限付きでスケジュール帳に落とし込む。
そうすれば(どっちにしようかなど)悩んでる時間もムダにならないし、そういう時間をあえて取ることもできる。

これをやったらおもしろそうというアイディアはどんどん出るが、それを形にするのに時間がかかる。
スケジュール帳を使いこなしてもっと生産性を高めたい!



●月四週として予定すると、毎週十五人に会っていく必要がある。
 一週間を五日間と考えるのは、わたしなら、少し危険だと考える。 (中略) 一日は何かあったときの予備日としておきたい。残りの四日で十五社の訪問、を基本にすることを考える。 (中略) つまり、毎日四社の訪問を実行し続けるということになる(p.119)

☆こうやって最終的に1日何社訪問する必要があるかを割り出していく。
一日予備日を用意しておくのも大事。(予備日を外して1日当たりの訪問者数をはじき出す)

そういえば、予備日、バッファーは頭では大事だとわかっていながら
実際、1日当たりの量を算出するときには考慮してなかったなぁ。

それで一日つぶれると途端に計画倒れになっていた。



●会話をどんどんその場でメモする形で、話の内容、今後のアクションなど、議事録の形でつくっていく。 (中略)
 だから、会議が終わった瞬間に議事録ができあがっているので、それを関係者にメールで送る。 (中略)
 何より大切なのは、「今後のアクション」という項目だ。 (中略)
 わたしはよく、パソコンで速記し議事録に残しながら、その横にスケジュール帳を開いて置いておく。社員が言っていること、やろうとしていることが、そもそも時間的に可能なのかなども、自分のスケジュール帳を見ながら、会社全体の動きと合わせて見る。(p.122-124)

☆やっぱり仕事ができる人は、後で時間のある時にじっくりまとめようとか思わずにその場でパパッとやってしまうんだな。





【アクションプラン】
・「いつかやりたいこと」を全部、いつやるのかスケジュール帳に入れていく。ちなみに「いつかやりたいこと」を数えてみたら50件以上あった。日付を見ると3年前のものもたくさんあった。今までのやり方だと、3年後もほとんど消化されないかもしれない。

・1日当たりの量を割り出すときは、予備日を除外する。

・あとでまとめようとか思わずに、できるだけその場で処理してしまう。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
やりたいことがたくさんあるのにいつまで経っても終わらないときに。



【結論】
やりたいことはすべてスケジュール帳に入れる。

posted by macky at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする