2014年06月26日

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
マーカス バッキンガム ドナルド・O・クリフトン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 128


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう
マーカス バッキンガム、ドナルド・O・クリフトン/著、田口俊樹/訳 (日本経済新聞出版社) 2001年
1,600円+税



【概要】
成功を収めたすべての人に共通するのは、自分の才能とその活かし方を知っていること。それがわかれば、欠点さえ強みになる。さあ、あなたの眠れる強みは何か。自分の強みがわかるウェブサイト「ストレングスファインダー」へのアクセスID付き。
「ぜひ、隠れた能力を見つけて、わくわくしてください」~“学習欲”と“着想”が強みの勝間和代氏推薦! (Amazonより)


【動機】
勝間和代さんが 『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』 でオススメしていたので手に取った。



【所感】
自分の才能を見つけて、それを伸ばすのが一番大事。

才能を見つけるためにテストを受ける必要があるが、
新品の本じゃないと受けられないため、注意!



でも、それぞれの説明文を読めば
だいたい自分の才能はこれかなとなんとなくわかるので
その強みを生かしてみよう。



【抜粋】
●その調査結果については、 『まず、ルールを破れ』 (日本経済新聞社刊)でくわしく述べたが、さまざまな発見の中でとりわけ興味深かったのが、人間に対する二つの誤った認識に基づいて築かれている企業がいかに多かったかということだ。その二つとは――

1 人はだれでもほとんどすべてのことにおいて、能力を発揮することができる。

2 だれにとっても最も成長の余地があるのは、その人の一番弱い分野である。(p.10)

☆この2つの誤りがわかっただけでも本書を読む価値はある。



●すぐれたマネジャーが、共通して持っている二つの認識を示そう。

1 人の才能は一人ひとり独自のものであり、永続的なものである。

2 成長の可能性を最も多く秘めているのは、一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である。(p.12)

☆弱点よりも強みに目を向ける。人によって得意なものが違うとわかっただけでも、なぜあの人はできるのに自分はできないんだろうと落ち込む必要はなくなる。逆にもっと自分の強みを活かして勝負すればいいという結論に達する。



●人生における真の悲劇とは、傑出した強みを持たないことではなく、強みを活かせないこと、ということだ。(p.17)

☆強みがあるのにそれを活かしてない人は、強みを持ってない人よりも悲劇だというのがおもしろい視点だ。



●・才能とは、無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターンである。才能となるさまざまな資質。それは、<ストレングス・ファインダー>で見つけてほしい。

 ・知識とは、学習によって知り得た心理と教訓である。

 ・技術とは、行動のための手段である。

才能、知識、技術。この三つが組み合わさって初めて強みが生まれる。(p.34)

☆才能は持って生まれたもの。知識や技術は訓練などで習得できる。この違いは大きい。
才能は特に磨かないからといって無くなるものじゃないけど、
だからといって磨かないとそれは武器にならない。



●親にはまず、国語A、社会A、生物C、代数Fという成績表を子供が持って帰ってきたと仮定して、こう尋ねた。「子供と成績について話し合うとしたら、どの教科に最も時間を割きますか」。実に77%の親がFを取った代数だと答えた。(p.185)

☆たとえば、英語100点、理科40点だと理科をやってしまう。英語はもういいと思ってしまう。だがそこで英語をさらにやった人だけが成功する。


●自暴自棄にも物笑いの種にもなってしまうこと。この二つを恐れるあまり、自らの強みをあえて前面に押し出そうとしない人は多く、そういう人たちはただひたすら弱点を繕う作業に没頭する。(p.188)

☆得意分野での失敗を恐れるあまり、人は苦手克服に没頭する。



●才能を強みに育てるのは明らかに個人の問題だ。天賦の才を見つけ、それに焦点を合わせ、実践と学習を通して、常に完璧に近い成果を上げるための武器に仕立て上げるのは、ほかでもないあなた自身の仕事だ。(p.189)

☆強みというと、もう放っておいても大丈夫と思ってしまうことが盲点。



●「そういうことをしていない人がいるんですか?」(p.194)

☆自分では当然のことと思ってたことが殊更に褒められたり、それがうまくできない人がいたりすると、それが強みなのかもしれない。



●どんな分野であれ、常に完璧に近い成果を収める秘訣は、そうしたほんの少しの改善にある。(p.196)

☆打率3割3分の首位打者と2割7分の凡打者の違いは年間わずか25回多くヒットを打っただけだという。80と20の差は大きな差に見えて、実はほんのちょっとの改善で20が80になったりすることもある。まずは80を目指せ! 20から80は大変だと思って何もやらないからいつまでも差は縮まらないのだ。




【アクションプラン】
・強みを意識的に伸ばしてみる。

・機会があったら、一度テストをやってみたい。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
どうせ買うなら新品で買うことをオススメします。



【結論】
弱点を克服するよりも強みを伸ばせ!

 
posted by macky at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

能率手帳で情報を10倍いかす法―知的創造活動のための手帳術

能率手帳で情報を10倍いかす法―知的創造活動のための手帳術
福島 哲司
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 681,742


能率手帳で情報を10倍いかす法
福島哲司/著 (日本能率協会マネジメントセンター) 1993年
1,165円+税



【概要】
究極の手帳術』 から2年。TF式手帳術をさらに詳しく紹介している。



【動機】
手帳術を乱読中。



【所感】
16年前に読んだ本の再読。

読みやすくて、モチベーションが上がる。




【抜粋】
●自分が関わってはじめて価値が生じてくる人間関係は貴重である。(p.31)

☆人が出した情報をただ伝えるだけでは価値が無い。



●こういう情報を毎日、目にして、常に何とか現実化する方法はないかというところに頭を使わなくてはいけないのである。(p.51)

☆いつかやりたいことも毎日目にすることにって実現化されていく。



●今では五十件は簡単に入れられる。だから仕事が一手につかめるのである。(p.74)

☆一枚の紙にできるだけ多くの情報を盛り込むのがポイント。文字をできるだけ小さくして書き込む。



●明日のことや夢ばかり考えても、そこに現実的なハシゴをかけなければ上れない。(p.114)

☆TF式でハシゴをかける。



●頭を使うのは、より少ない情報からいかに創造し捨てていくか、である。(p.122)

☆使い終わったメモは破り捨てて、もっとよい内容のメモを書くようにすればよいとのこと。
何かあった時のためについつい貯め込んでしまうが、終わったメモを捨てるのが大事。




【アクションプラン】
・いろんなテーマのメモを作って能率手帳に貼ってみる。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
TF式手帳術をさらに詳しく知りたい時に。




【結論】
実現しそうなものはPメモではなく、Mメモに!

posted by macky at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

究極の手帳術―ポストイットと能率手帳で十分

究極の手帳術―ポストイットと能率手帳で十分 (アスカビジネス)
福島 哲司
明日香出版社
売り上げランキング: 509,888


究極の手帳術
福島哲司/著 (アスカビジネス) 1991年
1,262円+税



【概要】
「できる男」は、自己管理・思考管理が命。そこで最近古典的な能率手帳が見直されてきている。本書では、情報処理システムの考え方から編み出されたTF式(福島流)で、能率手帳とポストイットの使いこなし方を解説する。(「MARC」データベースより)


【動機】
手帳術を乱読中。

昔、このシステムでやっていたけど
どこで破綻したのだろう?



【所感】
TF式手帳術とは、著者の名前の頭文字から取ったそうだ。

チェックボックスのやり方とかはいまだにこのやり方を実践している。
(やりかけは斜め、完了は×など。さらに終了日も左に入れている)


以前破綻したのは、能率手帳じゃなくて
もっと小さい手帳を使っていたからかも。
細かい字でびっしりと書いていた。



【抜粋】
●アウトプット中に自動的に情報がインプットされ、選別され練られていくような、生きたシステムにしたい。 (中略) 肝心なのは、整理することではなく、アウトプットすることなのである。(p.42-45)

☆整理のための整理はダメ。いかにアウトプットするかに重きを置いている。



●何よりも大切なのは、自分の情報をそこに創り出すことである。(p.48)

☆情報は自分なりに加工してこそ価値が出る。



●情報とは、自分の頭の中のインスピレーションを働かせる誘発剤だと考えればよい。(p.60)

☆それを取り込むのはわずか一瞬でよい。一瞬にいくら掛けても一瞬である。だから情報を加工するのが早い人は多くのアウトプットができる。



●手帳も“もの”として携帯する限り、紛失しないとも限らないの。大切な部分に関しては、期間を決めてコピーしておくとよい。(p.104)

☆突然おかま言葉になってておもしろい。小木ママが入ってきたかと思った。

大きな紙に並べて貼って縮小コピーしたりして簡単にバックアップが取れる。



●どの収入によってどの支出が賄えるかを線でつなぐ作業は、楽しいものだ。(p.179)

☆具体的に欲しいものが決まっていれば、稼ぐときのモチベーションも上がる。




【アクションプラン】
・能率手帳の最初の4ページでTF式を試してみた。手帳を開くのが楽しくなった。しばらくやってみよう。

・どの収入によってどの支出が賄えるかを線で繋いでみる。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
この本で紹介されている350円のポストイットは、ほぼ同じサイズのものが100均でも売っている。
1枚1円なので気軽に試せそう。



【結論】
アウトプットに力を注げ! 終わったメモはどんどん捨てろ!

posted by macky at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

西村晃の「生産性」手帳術

西村晃の「生産性」手帳術―時間を3倍創り出す法
西村 晃
生産性出版
売り上げランキング: 1,241,585


西村晃の「生産性」手帳術―時間を3倍創り出す法
西村晃/著 (生産性出版) 1997年
1,300円+税



【概要】
8760時間を創造する! 著者の手帳の秘密、明かします。「ついでに」のシステム化、次の仕事に役立つ手帳術、ビジネスマンに欠かせない武器ほか。(「BOOK」データベースより)


【動機】
自分に合った手帳術を見つけたい。



【所感】
17年も前の本だけど、そんなに古さは感じさせない。

著者は元NHKの西村晃氏。文章は読みやすく親しみが持てる。

以前にもこのやり方を試そうとしたが、当時はA5の手帳を使ってなかったので断念した。
今はA5の手帳を使っているのでちょっと試してみようと思う。



【抜粋】
●どうして15年間も、本1冊書くという私の夢は果たされなかったのか。そしてどうして、4年前にその夢はついに果たされたのだろうか。 (中略) 「ひとつのプロジェクトを遂行する」と置き換えてみると問題点が明確になる。(p.7)

☆いつか書きたいと思ってもなかなか達成できない。手帳をうまく使うことがポイント。本書で詳しく書かれているが、この手法はいろんなプロジェクトにも使えそう。


●「忙しい時だからこそ新鮮な情報が集まっているのであり、そんなときに書いた本だからこそ忙しいビジネスマンがわざわざお金を出してまで読んでくるのだ。(p.9)

☆どうして自分ばかりこんなに忙しいのだろうと感じた時は、忙しい時だからこそ!と思うようにしたい。



●私はあえて「邪念は打ち払うべし」ではなく「邪念もまたアイディア、閃きのうち」とむしろ積極的にかすめとるべき、だと思う。(p.85)

☆パッと思い浮かんだメモをどんどんポストイットに書いていくのは楽しい。

この本を読んでいる間にも大量のポストイットが生み出された。
どこに書こうか、とか迷わなくてすむし、さっと書いてすぐに本来の作業に戻れる。



●たとえそれが300枚といったような数になったとしても、かまわず大きなテーブルやあるいは壁などに、全部貼り出してみることだ。(p.90)

☆このあたりに、プロジェクトの進め方が書いてある。300枚というのがすごい。そこまで細分化してこそ効率化につながるのだろう。



●メモした「ポスト・イット」はその場で次々に書いては裏表紙に張り直して一時保存していく。 (中略) 該当する「ポスト・イット」をそのページに貼っていくわけだ。これだけで自分だけのデータバンクが手帳にできたことになる。(p.113-114)

☆集めていくだけで自動的にデータベースが出来上がっていくしくみ。本の執筆などのアウトプットもこれをもとにしている。



●私が愛用している「EXダイアリー・A5判(マンスリー&ウイークリー)」の裏表紙のビニールポケットには、必ず数枚のハガキが挟まれている。(p.152)

☆ 『手帳300%活用術』 を見ると、能率手帳A5に乗り換えたようだ。



●できればなるべく早くもう一度再開のチャンスを作ることだ。 (中略) 単なる出会いだけではなく実質的な付き合いに深めるためには、昼食をともにするだけでもいいから一度早めに会う機会を作るべきだ。(p.156-157)

☆人脈の拡げ方。



●SOHOは、その人の個人の時間管理能力を試す場でもある。(p.186)

☆SOHOの方が時間が自由になる分、タイムマネジメントが大事になる。



●1時間に2ページ確実に書ければ、130時間程度の時間が確保できれば1冊の本が書き上げられるという目算が成り立つ。(p.196)

☆本1冊130時間。同じようにやってみよう。ポストイットで断片を集めて。




【アクションプラン】
・A5手帳にデータベースとしてポストイットを集めていく。そしてアウトプットしていく。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
限られた時間で多くの成果を出したい時に。


【結論】
邪念は拾うべし。

posted by macky at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

超手帳活用術―パソコンもこれにはかなわない

「超」手帳活用術―パソコンもこれにはかなわない (Kawadeジャストブックス)
阪東 恭一
河出書房新社
売り上げランキング: 1,089,943


「超」手帳活用術
阪東恭一/著 (河出書房新社) 1996年
1,200円+税



【概要】
手帳を“胸ポケットのオフィス”に変える。スケジュール管理術、メモ術、名刺合体法、アドレス管理から手帳改造術まで。(「BOOK」データベースより)


【動機】
手帳術を乱読中。


【所感】
たいした情報が無かった。



【抜粋】
●筆者の坂東恭一氏とは、偶然にも同じ大学の同じゼミで机を並べていた。私はNHK、テレビ東京と放送の世界に進んだが、坂東氏は新潮社で 『週刊新潮』 の編集記者を務めたあと、毎日新聞社、朝日新聞社という日本を代表する新聞社で記者の仕事をしている。今回のこの本は、その頃の体験もかなり参考にしているようだ。(p.1-2、西村晃氏「推薦の言葉」より)

☆西村晃氏が推薦文を寄せている。一方は新聞社、他方はTV局。



●大事なページにはクリップをはさんでおく
(中略)
初歩的なようだが、開きたいページにはあらかじめクリップをはさんでおく。終わった後には、クリップを今日のページに移しておけばいい。(p.81-82)

☆それまで散々ポストイットが便利だと書いてるのに
なんでここでクリップが出てくるんだろう?(笑)



●メモする代わりにハサミで切って、ホッチキスで手帳にとめた。 (中略) わざわざ手帳に書きうつさなくても、新聞や雑誌の記事をそのままファイルするのも効果的な方法だ。 (中略) そして不要になったらホッチキスを外して捨ててしまえばいいのだ。(p.85)

☆のりではなくホッチキスを使った時の利点としては、不要になった時にすぐにはがせるというところ。



●文面は「拝啓。○×の頃、貴殿におかれましては益々ご清祥のことと拝察申し上げます。さて、先日は大変お忙しいところお時間をさいていただき、有り難うございました。改めて御礼申し上げます。また、私にできることがありましたら、些細なことでも結構ですので是非お申し越し下さい。
 最後になりましたが時節柄、くれぐれもご自愛のほどをお願い申し上げます。敬具」
 この文面も、Uさんから教えていただいた。○×には二十四節気といって時候の挨拶を入れる。(p.181-182)


☆取材したらすぐにお礼の手紙を送る。
こういうのが人脈作りの最大ポイントとのこと。

著者はあらかじめ用意しておいて、宛名と住所、日付などを書いてさっと出していたという。



●500円程度の国産品でも文書だけなら200枚も入るので便利だ。(p.204)

☆A4サイズ2穴ファイルとクリアファイルの写真が逆だ。
なんでこんな一目でわかるような間違いをしてるんだろう。新聞社の人なのに。





【アクションプラン】
・ホッチキスでとめたメモは不要になればはがしてもよい。

・お礼の手紙をすぐに送るようにする。




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
西村晃氏が推薦しているが、西村氏の本( 『西村晃の「生産性」手帳術』 )のほうがおすすめかも。


posted by macky at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする