2014年07月01日

クビでも年収1億円

クビでも年収1億円 (角川フォレスタ)
小玉 歩
角川学芸出版
売り上げランキング: 9,250

クビでも年収1億円
小玉歩/著 (角川フォレスタ) 2012年
1,300円+税



【概要】
クビをきっかけに、「精神的自由」「経済的自由」「時間的自由」を手に入れた著者が、今すぐ自由を手に入れるための方法を初公開。「お金の稼ぎ方」「時間の使い方」「人間関係の作り方」「夢のかなえ方」…など、あなたを輝かせるノウハウが満載の一冊。(「BOOK」データベースより)


【動機】
同じ著者の 『3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由』 を読んだのをきっかけに。



【所感】
タイトルを見ると、会社をクビになって人生どん底だったけどそこから一念発起して1億円稼げるようになったという話に思えるがそうではなくて、会社をクビになった時にはすでに会社の上司よりもはるかに稼いでいたそうだ。クビをきっかけに時間が自由になりもっと稼げるようになったよというお話。


こういうのを読んでいると、アイディアがどんどんあふれ出てくる。
あれもやりたい、これもやりたいとなる。

こういう本はいかに行動を起こさせるかがカギなので
行動を起こすきっかけとなるという意味では成功している。

行動を起こした結果については当然のことながら自己責任。

レビューを見ると否定的な意見も見受けられるが、
タイトルで損をしていると思われる本。
(タイトルのおかげで売れたのかもしれないが)

具体的なノウハウを期待している人は肩透かしを食らうかもしれない。

クビとか1億円とかそういうところは気にせずに読むととてもおもしろい本。
読んでいるうちに湧き出たアイディアをどんどん試してみたくなる。

どんな結果になるかわからないがやってみよう、
やらないともったいないと思わせるだけのパワーがある本だ。




【抜粋】
●本や電子書籍などのいわゆるコンテンツ情報も同様です。私が「これは、参考になったよ!」とメルマガに書くと、読者の方はこぞって飛びついてくれるのです。(p.114)

☆結局、誰が紹介したかということが重要。つまり先に成功する必要があるということ。世の中というのは成功した人の言うことじゃないと聞いてくれないものだ。



●これは、作り手である会社が主導権を握ったやり方で、マーケティングの用語ではプロダクト・アウトと呼ばれます。
 それに対し、商品企画主導で、お客さまにはこういうニーズやウォンツがあるから、こんな商品をつくろうというのが、マーケット・インと呼ばれるやり方です。(p.195)

☆こんな技術ができたから、「さあ何を作ろうか」ってなるから売れない。3Dテレビなどのように誰も欲しがってない機能が出てくる。「あー、すごいね」で終わる。
だからいつまで経っても消費者が本当に望んでいるもの、例えばスマホのバッテリーで1か月もつものとかはいつまでも出てこない。



●やはり、経済動向や市場要因などに左右され、自分がコントロールできないことに、大切なお金を使うべきではない。片手間で取引して儲けられるほど投資というビジネスは甘いものではありません。
 それよりは、原因と結果がはっきりしていること、つまり欲しいものを欲しい人に売るという商売の基本を覚えてしまったほうが、ずっと継続して稼げます。(p.205)

☆商売の基本を学べば何にでも応用が利く。



●明確なマーケティングの戦略なしに開業をしても激しい安売り競争の中ですり減っていくだけです。今や歯医者さんや、行政書士、税理士でも年収300万円以下の人がゴロゴロいるのが現状です。(p.232)

☆逆に言えば、マーケティング力さえあれば何をやってもうまくいく。



●ナレッジワーカー(知的労働者)の仕事は、どんどんアジアの労働者に奪われていくことは第4章でお話ししたとおりで、明るい未来はないのです。
 こんな環境で、資格をとるために努力しても、あなたの貴重な時間やお金を浪費するだけ。そんな遠回りな自己投資はやめて、もっと役立つことにあなたの資源を使いましょう。
 それは、ネットを使って物を売るということです。「商売をする力」は、この先ずっとあなたを助けてくれます。(p.232)

☆商売をする力はどこでも役に立つ。



●用意が6割できたら走り出す、くらいでちょうどよい。あとの4割は動きながら修正していくのでよい。(p.241)

☆用意が全くできてないのに走り出すのもダメだが、10割になるまで待つのも、いつまでも始められない。




【アクションプラン】
・このブログを多くの人に読んでもらえるくらいにまで人格を高める。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
モチベーションを上げたい時に。

会社でいくら頑張っても報われないと感じている人に。

せっかくアイディアが思いついてもなかなか実行に移せない人に。

慎重すぎて行動力のない私がもし行動できたなら
その時は5つ星となるだろう。




コミック版もあるので、合わせてどうぞ。

クビでも年収1億円 コミック版
小玉 歩
富士見書房
売り上げランキング: 225,846


posted by macky at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする