2014年08月27日

第二集 きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記



第二集 きけ わだつみのこえ
日本戦没学生記念会/著 (岩波文庫) 1988年


【概要】
在学中の学生が学業中断を強制され戦場に動員されたのは1943年12月、戦局が破滅的様相を色濃くし始めた時期であった。彼ら学徒兵が死と直面しつつ思索をかさねて遺した手記は、だれも消し去ることの出来ぬかけがえのない記録である。(「BOOK」データベースより)


【動機】
きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記』 を読んだので。


【所感】
こちらは階級が上の人の分も載っている。




【抜粋】
●いろいろと持ってきた本も、荷物になるので、つぎつぎと捨てて、今はただ漱石の「草枕」だけ持っている。このごろ少し暇があるので何度も読み返している。兄の手元には本らしいものはこれ一冊だ。「草枕」のかもし出す香りは、およそ南国の香りとかけ離れたものだが、なぜか何度読んでも飽きない。(p.319)

☆死ぬ直前に「草枕」。弟への手紙より。


●「ドイツ戦没学生の手紙」に感銘の深かったあまり、日本の学徒がいかに戦っているかをぜひとも知ろうと思い、河野通次の、「学生兵の手記」というのが三省堂から出ていたので、これなど代表的なものであろうと思って買ってきた。二、三ページ読むと、もはや耐えられなかった。虚飾と傲慢が、ひどい悪臭を放っており、戦場において当然打ちくだかれてくるべきものを、かえって歪曲したまま昂じさせて、しかも、得々としてこれを発表する厚顔、彼が無意識裡に誇っているインテリ兵とはいったい何だ。そんな意識が潜在しているというそのことが醜悪千万なことなのである。(p.337)

☆「ドイツ戦没学生の手紙」を読んでみたい。


●まだまだ患者は続出しそうである。戦友のために身を粉にして奉仕すべき防疫戦の陣頭に立たねばならぬ。
 そういういそがしさの中に、一昨日、昨日と読んだ塚本(虎二)氏の「聖書知識」やヒルティの「眠られぬ夜のために」のわき出て尽きざる滋味を懐かしむことができる。今や、愛惜措くあたわざる座右の書々を、戦陣に携えて枕とすることの許されるようになった身の幸やいかに!(p.343)

☆このわずか数日後に感染して亡くなっている。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
死生観について考えたい人に。
posted by macky at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記・手記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記



きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記
日本戦没学生記念会/編 (岩波書店) 1995年 (初出は1949年)



【概要】
酷薄な状況の中で、最後まで鋭敏な魂と明晰な知性を失うまいと努め、祖国と愛するものの未来を憂いながら死んでいった学徒兵たち。1949年の刊行以来、無数の読者の心をとらえ続けてきた戦没学生たちの手記を、戦後50年を機にあらためて原点にたちかえって見直し、新しい世代に読みつがれてゆく決定版として刊行する。
(「BOOK」データベースより)

わだつみ(海神)とは、日本神話における海の神さまである。



【動機】
なぜ、働くのか』 を読んで。

終戦記念日を契機に戦争について考えよう。





【抜粋】
●ジュー〔ユダヤ人〕財閥とコミンテルン。――自分はこう結びつけてみる。我々は蔽われてはならぬ。欺かれるとは馬鹿にされたということなのだ。端的に言ってしまうならば――。(p.26)

☆この時代の若者は、どこまでわかってたのだろうか?



●私が初めて支那の人間を眼のあたりにして印象深く残ったのは苦力(クーリー)〔最下層の中国人日雇労働者〕の群だったのです。私が上陸しようとした時、桟橋には幾百とない苦力がうごめいていた。(p.42)

☆苦力というのは初めて知った。今はもういないのだろうか。

Rothschild-41  中国人奴隷 苦力(クーリー)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1128.html



●従ってこれらについての常識は、入営者たる者は一応は備えておかねばならぬものである。しかし入隊前はその必要性を痛感せぬため、研究を疎かにしがちになるのは残念なことである。これらをあらかじめ知っているか否かは、一生の運命を左右するくらいに重大なる意義を持っている。(p.73)

☆これは現代も全く同じだ。



●小学校以来同級で早稲田大学まで出た富各(とみまさ)は、勅語が全然書けなかったために、あたら有為の身をもって幹部候補生の資格を失い、六月の末他の初年兵と共に第一線に送られてしまったのであった。(p.74)

☆この友人も、それが大事だとあらかじめわかっていれば人生が変わっていただろう。



●野砲兵と馬、それは切っても切れぬ関係があり、人間よりも馬の方が遥かに大切であるとは、班長までも明言しているくらいである。(p.75)

☆このあたりから、馬の扱い方がかなり詳しく書いてある。



●二年兵はただ、我々初年兵を奴レイのごとくに、否機械のごとくに扱い、苦しめ、いじめるより他何の仕事もないのです。噂に聞いていた、汽車遊び、重爆撃機遊び等、やらされました。・・・(中略)・・・いいと思っていた戦友も、いよいよ本性を現わして来ました。1日に2回くらいの割合でなぐられています。兵営内には一人として人間らしい者はいません。(p.86-88)

☆一致団結して敵と戦わねばならないという時に、何をやってるんだか。



●最近文部省が中等学校の英語を廃するとの記事を見たが、何ともいえぬ為政者への反感を感じるのだ。アメリカでは日本と戦争が起ってより日本研究熱がきっとはげしく台頭しているに違いない。敵に勝たんとする者、敵をよく知らねばならぬのではないか。今こそ英語をもっと普及し、一層敵国を国民一般に知らさねばならない時だと声を大にしていいたい。(p.95-96)

☆一兵隊の方が頭がいいじゃないか。



●学生兵と読書……学生兵にとって辛かったことの一つは、軍隊内で自由に読書ができないことであり、陸軍では書物をいっさい許されぬ場合が多く、海外でもある種の本(武士道を説いた 『葉隠』 )のみ携行がゆるされるという状況であった。(p.166)

☆今、こうやって自由に読書できているのもありがたいことなんだなぁ。活字に飢えて、メンソレータムの効能書きを何度も読んでいる人もいた。わかる気がする。



●夕食後の点呼がすむと、古参兵による新兵いじめの地獄が始まり、「汽車遊び、重爆撃機遊び」などの変質者的な私的制裁が横行し耐えられずに自殺する兵士もでた。そのグロテスクで息づまる人間関係と日常生活の情景は、野間宏の 『真空地帯』 に描かれている。(p.192)

☆ちょっと読んでみたい



●世界が正しく、良くなるために、一つの石を積み重ねるのである。なるべく大きく、据りのいい石を、先人の積んだ塔の上に重ねたいものだ。(p.208)

☆こういう心掛けで死んでいったのだ。
自分はこんなところで無駄死にしてしまうのだという悔しさはみじんも感じられない。



●今になって落ち着いたというか、もう学問など出来ぬと半ば捨鉢とでもいう気持ちになると、小説がむやみに読みたい。長い間の念願、 『神々の復活』 を読むことにして本棚から取り出す。…………ああ もっと本を読んでおけばよかった。まだまだ興味ある本は沢山ある。無限だ。日暮れて道遠し、との心境か。落ち着いて冷静に、読書に余命を送ろう。(p.214)

☆こういう声をもっと聞きたい。達観した人ばかりじゃなかったことにドキリとさせられる。



●毎日多くの先輩が、戦友が、塵芥のごとく海上にばら撒かれて、――そのまま姿を没してゆく。一つ一つの何ものにもかえ難い命が、ただ一塊の数量となって処理されてゆくのである。(p.298)

☆昨日まで話してた人がどんどんいなくなっていく。それが戦場というものだろう。精神を保てるのか。わずかな時間をぬすんで読む書物が清涼剤となってくれると書いている。



●この手紙は出撃を明後日にひかえてかいています。ひょっとすると博多の上をとおるかもしれないのでたのしみにしています。かげながらお別れしようと思って。(p.344)

☆出撃を明後日にひかえて母に出した手紙。胸に迫ってくる。




【アクションプラン】
・続いて、第二集 (『第二集 きけ わだつみのこえ』) を読む。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
戦争で散っていった若者が何を考えていたのか知りたい時に。

 
posted by macky at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記・手記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

新訳 君主論

新訳 君主論 (中公文庫BIBLIO)
ニッコロ マキアヴェリ
中央公論新社
売り上げランキング: 7,402


新訳 君主論
マキャベリ/著、池田 廉/訳 (中央公論新社) 1975年、2002年改版
781円+税



【概要】
中庸が最高の徳とされてきた中世イタリアで、上に立つ者の資質を根底から再考した、歴史を超える普遍的な論考。君主は善悪ではなく人間性をみて他人の行動を予測し、常に臨戦態勢であるべきと大胆に提言する。(「BOOK」データベースより)


【動機】
帝王学を学びたい。


【所感】
「じじつ」とか「ばあい」とか、ひらがなが多くてちょっと読みにくい。

結構難しくて寝る前に少しずつ読み進めていたが、
超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学』 を読んで一気に読み終えた。

世界史を少し勉強し直してまた読んでみたい。



【抜粋】
●すべての国の重要な土台となるのは、よい法律としっかりした武力である。・・・(中略)・・・みずからの武力をもっていなければ、どんな君主国であっても安泰ではない。(p.72-85)

☆集団的自衛権や憲法9条などが議論されているが、マキャベリによれば、自国を守る武力は不可欠とのこと。傭兵や外国支援軍にに頼る国は滅んできた。今の日本にそのまま当てはめるわけにはいかないが、支援軍が負ければ自国が滅び、勝てば勝ったで彼らのいいなりになってしまうという示唆はおもしろい。

また逆に、集団的自衛権によって今仲良くやっている国の恨みを買ってしまう可能性も否定できない。



●君主は歴史書に親しみ、読書をとおして、英傑のしとげた行いを、考察することが肝心である。(p.89)

☆誰を模範とするかによって人生は決まる。



●賢明な君主は、機会があれば、奸策をろうしてでも、わざと敵対関係をこしらえ、これを克服することで勢力の拡大をはかる、という。(p.125)

☆野中広務さんは 『君主論』 を読んでいたのかもしれない。



●勝利者は、逆境のときに助けにならない、あやしげな者を味方にしたがらない。・・・(中略)・・・もし加勢したほうが勝利を握れば、勝利者がどんなに強力で、彼の意志のままにあなたが操られたとしても、彼はあなたに恩義を感じる。(p.131-132)

☆中立を保つのはリスクが高いという。たしかに、味方してくれたという思いは想像以上に強い。



●物事の定めとして、一つの苦難を避ければ、あとはもうなんの苦難にも会わずにすむなどと、とてもそうはいかない。思慮の深さとは、いろいろの難題の性質を察知すること、しかもいちばん害の少ないものを、上策として選ぶことをさす。(p.133)

☆次から次へとトラブルが起きるが、それが普通なのかもしれない。いざトラブルが起きた時にどう対処するかが問われている。

漢の高祖劉邦の軍師・張良が持っていたとされる切れ味抜群の知謀を身に付けておきたい。それは、事前に危険を察知しその芽を摘み取ってしまうほどの知謀だとか。



●ある君主の頭脳のよしあしを推測するには、まず最初に君主の側近をみればいい。(p.135)

☆側近が優秀だと、それを引きつけた君主も優秀だということ。
なんでこんな優秀な人があの人の下で働いてるんだろうってことがよくあるけど、
実はひそかに優秀なのかもしれない。




【アクションプラン】
・次は、 『貞観政要』 を読んでみたい。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
リーダー論や上手な国の治め方などに興味がある人に。



【結論】
恨みを買わないこと、軽蔑されないこと。

この二つを守ればひとまず安泰。

posted by macky at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) |  -海外古典 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学

超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学
許 成準
彩図社
売り上げランキング: 25,941


超訳君主論―マキャベリに学ぶ帝王学
許 成準/著 (彩図社) 2011年
1,200円+税



【概要】
『君主論』―それは西洋の『孫子の兵法』とも呼ばれる、リーダーのための教科書だ。中世イタリアの官僚ニッコロ・マキャベリが、自らの経験を基に「成功する組織の作り方」「統治の技術」「人間の本質」などについて著した。本書はその『君主論』を現代のビジネスマンが読んでも分り易いように超訳し再構成、理解の助けとなる事例を加えた。リーダーシップは先天的な素質ではなく、訓練して身に付けるもの。ぜひ本書を読んで「人を思いのままに動かす方法」を会得して欲しい。(Amazonより)



【動機】
今、 『君主論』 を読んでいるので理解を深めるためについでに読んでみた。



【所感】
いろいろな事例が出てきて楽しい。
たくさんの偉人の例を出しているので読みやすい。

政治家、首相だけじゃなく経営者も使える知恵がいっぱい。




【抜粋】
●彼は民主主義下では想像もできないような強引な手段を使って、イタリアに平和と秩序をもたらしたのだった。しかし、大戦終結後、米軍は投獄されていたマフィア構成員を政治犯だと錯覚して釈放してしまった。こうして彼らは復活し、ついには米国にまで進出してしまったのは、映画 『ゴットファーザー』 の通りである。(p.27)

☆ファシズムの指導者ムッソリーニがイタリアのマフィアをせっかく根絶やしにしたのに、アメリカが知らずに救ってしまった。善行が必ずしもいい結果になるとは限らないという教訓。



●もともと英国南部には、ケルト族という民族が、ローマ帝国の支配の下、平和に暮らしていた。だが帝国が没落してローマ軍がイギリスから撤収すると、それに乗じて北部(スコットランド)に住んでいたスコット人たちが、南部への侵略を開始した。
 自分たちを保護する軍がいなくなったケルト人たちは、海の向こう側に住んでいた戦闘民族サクソン人に援軍を要請した。サクソン人は乱暴にして野蛮な民族だったが、ケルト人たちには選択の余地がなかった。援軍としてイギリスにやってきたサクソン人たちは、「あれ? ここは俺たちが住んでいるところより良いじゃないか」と考え、ケルト人を駆逐し、そこに住むようになった。その後、サクソン人の隣に住んでいた野蛮人・アンクル人たちもイギリスに移住してきた。このように援軍に依存したケルト人に取って代わってイギリスに居座ったのが、アングロ・サクソン人というわけだ。(p.65)

☆イギリスの歴史。援軍に依存してはならないという教訓。
その後、ノルマン人(ウィリアム1世)の侵略を受けた。


イギリスの歴史はこちらに詳しい。
http://www.vivonet.co.jp/rekisi/a10_england/norman.html


BC55年と54年に、ガリア戦争を行っていたローマのユリウス・カエサルが遠征し、ケルト部族を服従させた。ローマはケルト人のことをブリトン人と呼んだ。



ガリア戦記ってケルト人も出てくるのか。
ちょっと読んでみたいな。


ちなみに、ウィリアム1世はイギリスにフランスの宮廷文化や狩りの文化などを持ち込んでいる。



●前述の 『ハリー・ポッター』 の原作小説にしても、ブルームズベリー出版から出版されるまで、他の出版社に12回も断られたという。それは著者のヴィルトゥ不足だったのか? そうではない。いいフォルトゥナと出会うまで原稿を提案し続けた結果、それは出版されて世界的なベストセラーとなったのだ。(p.71)

☆いいものを作れば売れるというのは間違いだということがわかる。一つのところに断られたからといって諦めてしまうようではダメだ。



●2010年、チリのサンホセ鉱山で落盤事故が発生し、鉱夫たち33人が69日間にわたり地下に閉じ込められた(「コピアポ鉱山落盤事故」)。・・・(中略)・・・そんな彼らを統率したのが現場監督、ルイス・ウルスアであった。ピーター・ドラッカーの愛読者でもあるという彼は、厳しい規律を作って皆に守らせ、役割を分担し、救出の日まで32人を巧みにまとめた。(p.75)

☆映画化されるようなので観てみたい。いつも率先して自分を犠牲にすることで鉱夫たちの心を掴んでいたようだ。彼がドラッカーの愛読者というのも幸運だった。



●歴史上のあらゆる戦いを調べると、大胆な者が慎重な者を破った例が圧倒的に多い。・・・(中略)・・・なぜだろうか? それは、大胆な者は先手を打つからである。兵法で最も重要な概念の一つは、先手の優位性である。たとえば、モンゴル帝国を建設したチンギス・ハーンは・・・(中略)・・・彼は敵を先に攻撃したときは勝ったが、パルワーンの戦いなど、先に攻撃された時は敗れている。つまり、チンギス・ハーンの連戦連勝は、彼が起こした戦争のほとんどが侵略戦争(=先手を打った)だったからこそ得られた戦功だったのだ。(p.181)

☆先手必勝というわけである。



●しかし近い将来、完璧なデジタルテレビ時代になり、過去に放送された番組を自由に選択して観たり、トイレに立つ時に放送を一時停止できたり、テレビから映画やゲームをダウンロードしたり、ショッピングができるようになれば、過去に戻りたいと思う人はまったくいなくなるだろう。(p.183)

☆そんなことができるようになるのか。これはほとんどの人が知らないのではないか。地デジ化は面倒とばかり思っていたけど、便利になるなら歓迎だ。というか、ビデオとかブルーレイとかもう要らなくなるのかな。

今に慣れていると、つい今のままでいいのにと思ってしまうが、
変化に対応することが大事。



●1995年の春、ディビット・カプランという記者は、シリコンバレーで当時注目を浴びていた、とあるIT企業をインタビューした。その会社は26歳の大学院生が創業したもので、窓もないオフィスには食べかけのピザが散乱し、寝袋が置いてあるなどむさ苦しいところであった。(p.186)

☆こういう生活にも憧れる。一つのことに集中、没頭する生活。
ちなみにこの会社がのちのYahoo!である。



●ピカソの姿勢はゴッホの真逆だった。彼は「どうすれば成功できるか」と常に考える野心家であった。ピカソはできるだけ作品を量産し、どういったスタイルがマーケットに受けるのか、把握しようとした。
 彼が一つの作品を作るために要する時間は、平均1時間に過ぎず、一生涯で15万点にも及ぶ作品を残し「もっとも多作な画家」としてギネスブックにも記録されている。(p.197)

☆ゴッホとピカソの違いはよく語られるが、どちらかを選ぶなら幸せな人生を選びたい。

中谷彰宏 『大学時代しなければならない50のこと』 を思い出した。

以下、そのとき読んだ感想であるが、

そして、量をこなすこと。
ピカソを例に挙げ、質よりも量が大事だと。

実はこの本を読んで一番心を動かされたのがこの部分である。
天才ピカソが1枚しか絵を描かなかったとしたら?

まず始めに量ありき。量が積み重なり質に転換する。
オセロで白が黒に変わるようにパラパラパラパラと
全部が変わっていく瞬間があるという。



私自身、量が質に転換する瞬間はまだ経験していないが、
まだまだ量が足りないということだろう。

何せピカソは15万点である(笑)




【アクションプラン】
・ガリア戦記を読む。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
組織のリーダーとして人を動かしたい時に。



【結論】
時代の流れに柔軟に対応せよ。

posted by macky at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |  -海外古典 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 3,002


はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン/著、田口元/監修・翻訳 (二見書房) 2009年
1,600円+税



【概要】
あらゆるものを「整理」、リラックスして仕事がこなせる、最速最強の「仕組み」を作る方法―それがGTD! 世界で常識のメソッドをわかりやすく解説。(「BOOK」データベースより)



【動機】
GTD+Rを3年ほど使ってるので。



【所感】
あまり使いこなせてなかったので、
どうすればもっと使えるようになるかという視点で読んだ。



【抜粋】
●すでに述べたように、リストに優先順位を組み込む必要はない。これをやってしまうと、状況が変わるたびに並べ替えたり、書き換えたりしないといけなくなる。(p.153)

☆優先順位がそれほど重要じゃないというのはユニークだ。たしかに、今まで並べ替えたりするのに時間を使ってしまってた。他にやることがあるかもとか考えずに上から順にやっていった方がはかどりそうだ。時間がかかりそうなら次のアクションだけ決めて後回しにしたりして、どんどん処理していく。


●カレンダーでToDoリストを管理してきた人の多くは、それまでの癖で、月曜なら“月曜にやりたいこと”をカレンダーに書いてしまう。そして、そこには絶対に月曜にやらなくてはならないことではなく、火曜日以降にずれ込むかもしれない行動まで書き込まれてしまうこともある。そのような誘惑にはくれぐれも気を付けよう。(p.154)

☆とりあえず書いておいて出来なければ翌日にってやってたけどダメなのか。翌日に回すのが当たり前になってくるからかな。


●これは長年の経験からたどり着いた結論だが、「時間ができたときにやるべき行動」のリマインダーは、その行動に必要な“状況”で分けておくのがいちばん効率的である。具体的には、実行に必要な道具や場所、人ごとに分類するわけだ。(p.155)

☆これは実践している。あらかじめ用意しておくと、いざその場になった時に何をやろうって迷わなくて済む。



●大事なものは見落としていないという確信がもてることが重要なのだ。(p.198)

☆全て書き出すと、やらなければならないことがこんなにたくさんあるのかと思ってしまうが、「これがやりたいことの全てだ!」と思うとラクになる。




【アクションプラン】
・しばらくまたGTD-Rをメインにやってみよう。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
GTDをやったことがない人に。



【結論】
全てを書き出し、次の行動を決める。




■関連サイト
GTD + R 【ゲームの準備】