2015年07月28日

ディアスポラ紀行



ディアスポラ紀行―追放された者のまなざし
徐 京植/著 (岩波書店) 2005年 (初出は2004年)
740円+税



【概要】
出自の共同体から追放され、離散を強いられたディアスポラたち。自らもその一人である著者が、韓国や欧州への旅の中で出会った出来事や芸術に、「近代」という暴力の痕跡を見る。「近代以後」の人間を考えるエッセイ。(「MARC」データベースより)

雑誌 『世界』 の2004年6月号から2005年4月号まで、11回にわたって連載したエッセイ「ディアスポラ紀行」に加筆したもの。



【動機】
先日、勝谷誠彦 『ディアスポラ』 を読んでいたのでたまたま目に留まった。

在日朝鮮人について、知らないことが多いので。



【所感】
知りたいことについてはあまり触れられておらず、あまりよくわからなかった。

日本人に対する恨みみたいなものを強く感じた。



【抜粋】
●在日朝鮮人の自殺率は日本人より高いに違いない。統計的なことはよく分からないが、私はほとんどそう確信している。エネルギッシュで生命力が旺盛だという在日朝鮮人イメージのステレオタイプが日本社会には流布しているようだが、私自身の印象は逆である。自殺した知り合いの在日朝鮮人をひとりひとり思い浮かべてみても、怒るべきときに悲しげに微笑み、ろくに言いたいことも言わないまま、プチッとスイッチを切るように消えたという印象が強い。そんな死に出遭ったとき、私の心に起きる感慨は、うまく言えないが、「ああ、やっぱりな」という気持ちに近い。「あの人はもうすっかり肩の荷を下ろしたのだ」と考えたくなる気持ちは分からないでもない。(p.41-42)

☆日本人から見る朝鮮人のイメージと在日朝鮮人からみる朝鮮人のイメージは逆のようだ。



●父母の墓は京都の化野念仏寺にある。そこにある第一の理由は、昔から無縁仏を葬ってきたこの寺が檀家でない者や仏教徒でない者も鷹揚に墓地に受け入れてくれたからである。いわば無縁仏とみなされることによって、その墓地に葬られることができたわけだ。そこには在日朝鮮人の墓が数多くある。みな、私たち一家と似たりよったりの事情だったのであろう。墓碑の形式はさまざまだ。多くの場合、墓碑の正面に故人の日本式通名が記されて、側面には朝鮮の出身地や「本貫」が刻まれている。本貫とは一族の発祥の地のことである。死んだあとの墓碑銘にまで日本名とは悲しいことだが、せめて側面になりと、自分のルーツを刻んでおきたいという心もちはいじらしいとも思う。(p.48-49)

☆化野念仏寺はかつて風葬地だったというが、無縁仏を葬ってきたということで、在日朝鮮人の墓がたくさんあるそうだ。



●ワグナーの音楽によく用いられるのは「無限旋律」である。「無限旋律」とは「リズム的、和声的に段落感、終結感をもたない自由な旋律」という意味だ。つまり、「はい、ここで一段落」とか、「ああ、これでおしまい」といった切れ目を意図的になくしてあるのだ。高く上がったと思えばまた下がり、下がったと思えばまた上がる。大音響が耳を聾するかと思えば細く消え入り、消え入るかと思えばまた轟きわたる。果てしなく波打ち、うねり、どこまでも、どこまでも続く。ようやく終わったと思うと、また次のうねりが寄せてくる。(p.59)

☆この無限のうねりに身をまかせてしまうことさえできれば、不可解な官能と昂揚感に浸ることができるそうだ。

ちなみにこの記事はワグナーを聴きながら書いた。
https://www.youtube.com/watch?v=rHWjtR6F0_M



●「日本人」でもなく、「日本文化」なる概念自体が近代に造られた一つの虚構にすぎないと考えている自分が、こうしたナイーブな問いかけを受けるという皮肉な立場に立たされるのだ。(p.75)

☆おそらくは本気で近代に造られた虚構にすぎないと思っているのだろう。
著者が日本に対してよく思っていないことはここを読んでもよくわかる。
帰る祖国が無い人じゃないとこういう思いは共感するのは難しそうだ。
(当たり前のように祖国がある我々日本人はあまりアイデンティティーに思い悩むということがないので。それが幸せということにすら気づかない。当たり前のように海外に旅行できることも幸せだということに気付きにくい)



●現在、在日朝鮮人全体のうち、日常生活で本名を用いているものは二割未満であるといわれ、その多くは「総聯系」である。当然、自らの民族的出自を明らかにしているアーティストも、「総聯系」に多いということになる。そうでない者の多くが日本名で活動しており、「日本人美術家」として扱われ、その作品は疑問もなく「日本美術」の枠内に位置づけられる。私の目には、これもまた植民地主義的搾取の一形態に見える。(p.112-113)


☆日常生活で本名(朝鮮名)を用いている者の多くは北朝鮮系ということかな。
朝鮮学校に通う在日朝鮮人と日本の学校に通う在日朝鮮人の違いは何だろうと思って読み始めたけど、
結局そのあたりはよくわからなかった。


朝鮮学校に通うのはもともと北朝鮮の人ばかり。
たまに韓国の人もいるが、利便性のために韓国籍を取った(つまりもともとは北朝鮮)ということか。



参考)
在日韓国人の方が朝鮮学校に通う理由
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11115957016




●1970年代半ば、ロンドンのヒースロー空港でインド系女性のみを対象に「処女膜検査」が行われた。すでにイギリスで生活しているインド系男性が結婚相手として呼び寄せた女性たちは、入国資格には問題がないはずだった。ところがイギリス移民局は、彼女たちの婚約証明書の真偽を確認するためとして、この「検査」を行ったのだ。南アジア出身の未婚女性であれば処女であるはずだ、というのである。これに対して在英インド系女性たちは、あからさまな移民制限政策と性差別に対する抗議運動を起こした。(p.137)

☆イギリスはやることがエグイなぁ。




●「今から急いで空港に行けば間に合うんじゃないですか。一回限りの再入国許可なら空港の入管で出していますから。」(p.172)

☆在日朝鮮人は「特別永住」資格を持っていても、海外から日本に戻るには「再入国許可」が必要。再入国許可の期限が切れていても、空港の入管で出発前に一回限りの再入国許可が受けられる。




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
在日朝鮮人が日本のことをどう思っているか知りたい時に。



【結論】
朝鮮というのが民族としての朝鮮人。
つまり、北朝鮮と韓国をひっくるめたもの。

韓国と言うと国名を表し、
北朝鮮に対して韓国(朝鮮南部)を指す。

ちょっとややこしい。

 
posted by macky at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆・エッセイ | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

神秘家 水木しげる伝

神秘家 水木しげる伝 (怪BOOKS)
水木 しげる
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 487,023


神秘家 水木しげる伝 (怪BOOKS)
水木しげる/著 (角川グループパブリッシング) 2008年
1,500円+税



【概要】
妖怪漫画の第一人者、水木しげるが、自らの激動の半生を、その神秘体験とともに描き出す。神秘家水木しげるのルーツがわかる一冊。(「BOOK」データベースより)


【動機】
水木サンの本を乱読中。


【所感】
水木さんの自伝は何冊も読んだが、全く同じものは無く、毎回新たな発見がありおもしろい。

神秘家というタイトルの通り、妖精や妖怪が日常にどんどん出てくる。



【抜粋】
●鳥取の人間はなんとなく忙しい感じだが、島根の人は古代の神々を背後につけている感じで動作や話し方もおっとりしている。
ぼくはベビイの頃から、島根県人というと凡て神につかえる人だと思っていた。
後年、小泉八雲の存在などを知り、ぼくのように “島根の奇妙なフンイキ” を感じてそれにホレた外国人がいるのだと驚いたものだ。(p.9)

☆つい最近、たまたま「100分de名著」で
小泉八雲をやっていたので見てみた。

水木サンは妖怪だけど、
小泉八雲は怪談、お化けや幽霊。雪女やろくろ首など。



●というわけで、ぼくは大阪の桃谷という所にアパートを借り、学校へ通うことになった。学校はまるで江戸時代の寺子屋のように退屈だった。
授業中も当時愛読していたグリムやアンデルセンの童話に絵をつけたり絵本を作ったりしていた。(p.67)

☆グリム童話などを愛読していたらしい。



●怪異といえばその頃北海道の山奥の万字という所に、髪の毛がひとりでに伸びる「お菊人形」を見に行った帰り……(p.247)
「先生、岩見沢まで下りないと宿はないですね」
「向こうに着けばなんとかなるでしょう」

☆「お菊人形」って岩見沢だったのか。
萬念寺という寺に祀られているらしい。
髪の毛が伸びるからくりは何だろう?

水木さんは「お菊人形」を見に行った帰りに、不思議な体験をしてしまう。



●「女性は妖精のようだというと喜びますが妖怪のようだというと怒られます」
「でも妖精がずかずか自分の生活に入ってきたらいけないんです」
「ほう」
「妖精は人間の運命を狂わせる恐ろしい存在でもあるんです」
「なるほど」
「だからあからさまに 『妖精』 なんて言うとフェアリー・ストローク(妖精のしびれ)にあっちゃう」
「じゃあなんて呼ぶんですか?」
「ピープル・オブ・ザ・ピース つまり平和好きな人とか、グッド・ネイバーズ よいお隣さんとかって呼ぶんですのヨ」
「気を遣わなくちゃならんわけだ」(p.271)

☆妖精の大家・井村君江先生との会話。
フェアリー・ストロークなんてあるのか。初めて知った。




【アクションプラン】
・「100分de名著」小泉八雲を見た。

・グリム童話を見る。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
水木さんの自伝が読んでみたいって時に。

 
posted by macky at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

YouTuberのつくり方

400万人に愛される YouTuberのつくり方
HIKAKIN 鎌田和樹
日経BP社
売り上げランキング: 81,095


400万人に愛される YouTuberのつくり方
HIKAKIN、鎌田和樹/著 (日経BP社) 2014年



【概要】
450万人以上の登録者を誇る、
人気ユーチューバーが明かす愛される動画コンテンツのつくり方

大人気の動画クリエーター、HIKAKIN、それを支える日本初のYouTuber専門マネジメント
プロダクションを率いる気鋭のベンチャー経営者が明かす人気動画コンテンツのつくり方、
登録者数を増やすノウハウを公開。uuum所属のYouTuber名鑑も収録。(Amazonより)



【動機】
YouTube関連本を乱読。


【所感】
YouTuberになるには?

ではなく、

YouTuberのつくり方。

つまり、プロデューサー目線の本。




【抜粋】
●その人は、世界一のユーチューバー「PewDiePie(ピューディーパイ)」です。スウェーデン人の男性ユーチューバーで、主にホラー系やアクション系のゲーム実況動画を1日2本程度アップしていて、チャンネル登録者数はなんと3084万人以上! 総再生回数は61億800万回以上と断トツの人気者です。一説によると、年間の広告収入で400万ドル(約4億円)なんていわれますから、ホント桁違いです。1989年10月生まれの25歳と年齢も同じなので、勝手にライバルだと思って彼の動画だけは今でもこまめにチェックしています。(p.32)

☆年収4億円ってすごいなぁ。ゲームやってるだけで、それをお金に結び付けてしまうなんて。



●HikakinTVは毎日19時アップと決めているので、増やすのはHikakinGamesです。ゲーム実況は簡単なようでいて、自分の実況に満足がいかなかったり、途中でゲームオーバーになってしまうなど、録り直しが多くて手間がかかります。気が付けば満足がいかず1時間以上撮影している、なんてよくありますが、これを何とか増やしていきたいですね。(p.70)

☆小中高校生が対象なので、19時にアップするのがいいらしい。
話を聞けば聞くほど、ゲーム実況は簡単そうだと思えてくる(笑)




【アクションプラン】
・ゲーム実況で年収4億円もいくのならちょっとやってみたい。




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
YouTuberに興味のある人に。

posted by macky at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

大逆転のブランディング

大逆転のブランディング どん底から成長した13社に学ぶ
田中 洋
講談社
売り上げランキング: 501,595


大逆転のブランディング どん底から成長した13社に学ぶ
田中洋/著 (講談社) 2010年
1,400円+税



【概要】
デフレや後発でも、こうすれば売れる! 「ABCクッキングスタジオ」「カーブス」はいかに女性層の支持を得て料理教室、フィットネスのNO.1になったのか。地獄も見た13社の消費者からウケる技術。(Amazonより)


【動機】
王将関連の本を乱読中。



【所感】
テレビでよく取り上げられていたところがたくさん載っている。



【抜粋】
●本書は、NTT東日本の社内情報誌に2005年10月〜2009年10月に連載された記事から、13社の事例を選り抜いて再録した作品です。(p.8)

☆NTTというとお役所仕事の殿様商売というイメージがあったけど、こういう社内情報誌で企業の研究をしていたということに驚いた。



●そこで思いついたのが「洞窟風呂」というアイディアだった。洞窟を旅館の裏山に掘ってそこに温泉風呂をつくろうというのである。父親の大反対を受けながら、後藤氏は自らノミとカナヅチを手に毎日のように裏山を掘り進めた。この人工の洞窟が最終的に完成したのは、構想から10年たったときだった。洞窟風呂は今日でも新明館の名物になっている。(p.73)

☆そういえば以前、黒川温泉に行った時に「洞窟風呂」に入った。
洞窟なので蒸し暑かったが、幻想的なお風呂で、話のネタに一度は入った方がいいかもしれない。
それにしても、一人で10年かけて掘ったとは驚きだ。
新明館は洞窟風呂だけじゃなく風情のある混浴露天風呂もあったような気がする。



●由布院と黒川とではどこが違うのだろうか。由布院はかつてドイツの温泉保養地に学び、「湯布院映画祭」をはじめとする西洋風の文化を温泉地に持ち込んだ。これに対して黒川温泉は、あくまでも「日本のふるさと」としての温泉地の良さを強調している。(p.76)

☆黒川温泉はたぶん一度しか行ったことがないけど、いい温泉地だったという印象が強い。たまたまお祭りをやってて楽しかったというのもあるけど、それだけじゃなく、人情味にあふれてていいところだったなぁ。



●調理スタッフの技術向上をねらう施策として、「フェアメニュー」という物がある。(p.171)

☆注文率が上がることで、調理スタッフは同じ料理を繰り返し作ることになり、調理技術の向上や品質の安定につながるというところがおもしろい。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
どん底から成長するヒントに。

 
posted by macky at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

京都影の権力者たち

京都 影の権力者たち
京都 影の権力者たち
posted with amazlet at 15.07.14
読売新聞京都総局
講談社
売り上げランキング: 209,356


京都 影の権力者たち
読売新聞京都総局/著 (講談社) 2004年 (単行本は1994年)
781円+税



【概要】
京都は得体の知れない街である。この街には昔から「白足袋に逆らうな」という警句がある。つまり、お公家さん、茶人、花街関係者、僧侶、室町の商人たちである。これらの人たちに逆らうとひどい目にあうという意味であり、今も滅多なことで事を荒立てることはない。それぞれの分野には、おやっと思うような力を持った人物が息をひそめている。ものを決める時、事を運ぶ時、影の権力者たちは、いかなる力を発揮するのか!闇の権力構造の実体に鋭く迫る。(「BOOK」データベースより)


【動機】
タイトルに惹かれて。



【所感】
影の部分を暴露というよりは、
あまり知られていないけど実は・・・みたいな話。

知っているとなにかのときに役に立ちそうな知識が満載。



【抜粋】
●いわゆる「京の五花街」には入らないが、最も古く、<花街の原形>とも、<幻の花街>ともいわれるのが島原である。
・・・(中略)・・・
<幻の>といわれるのは芸舞妓がおらず、置き屋なども次々姿を消して、町全体としての花街の機能がなくなった一方で、ここにしかいない太夫が今も生き続けているからだ。
 江戸・吉原の太夫と区別するため、「こっちの太夫さん」の意味で、「こったいさん」と呼ばれ、現在、六人。
・・・(中略)・・・
置き屋などに属さない独立した存在で、島原のお茶屋・輪違屋や料亭などで芸を披露する。(p.174-175)

☆いまだに残っていたのか。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
京都のことをもっと知りたいというときに。

posted by macky at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする