2015年12月09日

川島なお美さんの闘病手記「カーテンコール」が昨日発売された

川島なお美さん、手記を書かれていたのか。

鎧塚さんとの共著のようだが、
そのほとんどは川島なお美さんによって書かれている。


アマゾンのレビューを読むと

素晴らしい本のようだ。


何年ぶりだろう、本を読んで泣いたのは。 2015/12/8

日本テレビの「バンキシャ!」をたまたま見て、そこで紹介されていたこの本を買ってみた。今年九月に亡くなった川島なお美という女優に特別な思いはなかったが、番組でインタビューされていた夫のパティシエに興味を持ったからだ。手をつないだまま使える手袋をカメラの前に差し出した姿が、何となく気になった。

全体の七割ほどの女優の手記を読むと、決して感情的にならず、首尾一貫してクールにがんと向き合う姿に驚かされる。がんに関する書籍を片っ端から読む。仕事の合間に幾度となくセカンドオピニオンを受ける。対応する医師には自分が納得するまで質問をぶつける。ワインセレブの印象しかなかった彼女の印象が、一気に変わった気がする。(途中で、M先生という医師が出てくるけど、あの人ですよね?)

真骨頂は、件のパティシエが一晩で書いたという「終章」。本の内容は書かないが、リビングのソファで読んでいるうちに、思わず泣いていた。一緒いた長女が何事かと慌てていたが、私自身が一番驚いた。連れ添って三十数年になる妻の顔が浮かんだ。妻に先立たれることを自分だけが知っていて、私はこんな風に振る舞うことはできるんだろうか。

クールな妻の文章と正直に心情をさらけ出す夫の文章は、それ自体が夫婦そのものだと思った。

芸能人が書いた「がん闘病記」というのは、出版社に書かされた陳腐な読み物くらいしか思っていなかったが、この本は間違いなく読む価値のあるものだと断言できる。(Lさん)


不治の病に侵された妻をいかにして支えたのか。

読んでみたい。



運命のセカンドオピニオン 2015/12/8

川島なお美さんが
「著書を何冊も読んで傾倒していたM先生」=
近藤誠先生のセカンドオピニオンを
受ける場面がある。

「治療はラジオ波(電極針でがんに高周波を照射し、壊死させる)がいいよ」と言われて
「一瞬にして光が見えた気がしました」とある。

しかし川島さんは、
近藤先生が「肝内胆管がんの患者を何人も送ってきた」と
勧めた専門医とは別の、
自分の友人筋の専門医を訪ねて
「肝内胆管がんにラジオ波は適応不可」と
言われ、ラジオ波治療をあきらめてしまう。

実はここ数年、
肝内胆管がんに対するラジオ波治療は
世界的に注目されていて、
7つの英文論文をまとめた最新データでは

手術不能の肝内胆管がんであっても
ラジオ波治療の成績は
1年生存率82%、3年生存率47%、5年生存率24%と
画期的だ。

ラジオ波は、手術のように体を痛めることもない。

川島さんは、納得いくまでとことん
いろいろな医者を訪ね歩いたのに
なぜ、近藤先生の勧める
ラジオ波専門医の意見を
聞いてみなかったのだろう。

残念でならない。

夫・鎧塚さんが一晩で書き上げたという
最終章がすばらしい。

「妻・川島なお美は最後の最後まで女優・川島なお美を貫き通した。
命を賭けて-------。

女房は他界したぐらいでへこたれるような、ヤワな人ではありません。

今頃きっと、私達を天国から応援していることでしょう。いえ、もう下界のことは
私達に任せて、さらなる高みに向かって歩み始めているのかもしれません」

合掌。(Rさん)



傾倒していた近藤先生のセカンドオピニオンを受けながら
その指示に従わなかったそうだ。

なぜ?

助かってたかもしれないのに……?

それとも、そもそも近藤理論が間違っていたのか……?

あるいは、何をやっても助からなかったからこの選択がベストだった……?


このあたりが一番気になるところ。

川島さんが近藤先生のセカンドオピニオンを受けていたというのも
このレビューで初めて知ったのだが、

ガンという病を知るためにも読んでみたい。




カーテンコール
カーテンコール
posted with amazlet at 15.12.09
川島 なお美 鎧塚 俊彦
新潮社
売り上げランキング: 93


 
posted by macky at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記・手記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)
竜田一人/著 (講談社) 2014年 (単行本は2013年)
580円+税


【動機】
原発関連の本を乱読中。



【所感】
マンガなので福島第一原発内部の様子とかもわかりやすい。



【概要】
福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画!

「いちえふ(=1F)」とは福島第一原子力発電所の通称。「F」は福島。「1」は第一。
現場の作業員や地元住人は「フクイチ」ではなく「いちえふ」と呼ぶ──。

新人賞MANGA OPENの大賞受賞作として「モーニング」に掲載されるやいなや読者、国内外のメディアからのすさまじい反響を呼んだ話題作がついに単行本化!
ここに描かれるのは「フクシマの真実」ではなく、作者がその目で見てきた「福島の現実」だ。

「メディアが報じない福島第一原発とそこで働く作業員の日常」、そして「この先何十年かかるともしれない廃炉作業の現実」を、あくまでも作業員の立場から描写。「この職場を福島の大地から消し去るその日まで」働き続ける作業員たちの日々を記録した、いま日本に暮らすすべての人たちに一度は読んでみてもらいたい「労働記」です。(Amazonより)



いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)
竜田 一人
講談社 (2014-04-23)
売り上げランキング: 5,997





【抜粋】
●メディアの報じる「フクシマの真実」なんてそんな話ばっかりで俺たちは正直うんざりだ。
この世の地獄みたいに言われるこの1Fで毎日こうしてのんびりメシ食って昼寝なんかしている。
これもまたメディアではあまり報じられない「福島の現実」だ。(p.34)

☆体験者ならではの描写。



●「俺向こうで騒いでる人たち見て思っちゃったんスよね……」

「ん?」

「中には収束しない方が自分たちの主張に好都合ぐらいに考えてるような人もいるんじゃないかって」(p.55)

☆原発が収束しないことで、原発は危険だ、原発反対!って騒ぐことができる。それが逆に生活の糧にしている原発作業員を苦しめることにもなっている。






【アクションプラン】
・続いて、2巻を読んでみよう。



【Amazonレビューより】
・やりたかったけどできなかったこと 2014/4/26
こういうのをずっと待ってました。「描ける」ひとがいってくれてよかった。事実を淡々と述べるほうが、心に響きます。
いつ終わるとも知れない戦いですが、今日も地道に頑張ってる人がいることを、少しでも多くの人に知ってほしいなと思います
それはさておき、この漫画全て面相筆で描いていることと、これだけの背景をアシスタントなしで描いてるってことに改めてびっくりしました。すごいなー(Aさん)




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
福島第一原発ってどんなところ?って思ったときに。

posted by macky at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝

新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝―中国正史日本伝〈1〉 (岩波文庫)
石原道博/編訳 (岩波書店) 1951年
398円+税


【動機】
小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史 1』 を読んで気になったので。



【所感】
とりあえず、「魏志倭人伝」の現代語訳の部分だけ読んでみた。



【概要】
古代日本の最大の謎である邪馬台国については、数多くの研究が発表され、その論争は過熱の度を加えている。しかし、その論争の多くは、魏志倭人伝中の邪馬台国に関するわずかな記述の解釈をめぐってのものに他ならない。この魏志倭人伝を始め、古代日本に関する中国史料を一堂に集めた史料集。現代語訳・原文(影印)を新たに付した。(「BOOK」データベースより)







【抜粋】
●その南に狗奴国(球磨・河野・隼人・熊襲・城野・毛野・熊野か)があり、男を王とする。その官に狗古智卑狗(菊池・久々智彦か)がある。女王に属さない。都から女王国までは1万2千余里。(p.79)

☆この狗奴国というのがどこだったんだろう?
女王国(邪馬台国)の南にあるとされるので、邪馬台国が福岡なら狗奴国は熊本、邪馬台国が奈良なら狗奴国は熊野であろう。



ちなみに、『小学館版 学習まんが―少年少女日本の歴史 1』 では、

仮に邪馬台国を奈良県、狗奴国を熊本県にあったものとして、それぞれの考古資料を使い作画しました。(p.107)


クナ国・・・狗奴国。現在の熊本県にあったとか、愛知県にあったとか諸説がある。(p.115)


と書かれている。




また、

佐賀県にある吉野ヶ里遺跡は、ヤマタイ国に征服された「クナ国」ではないかという説やヤマタイ国そのものだという説もありました。(p.8)


とも書かれている。


畿内説だと、邪馬台国は纏向遺跡(奈良県桜井市周辺)が考えられている。


興味は尽きない。



【アクションプラン】
・では侏儒国とはどこだったか? ちょっと調べてみた。

では侏儒国とはどこだったか? - 民族学伝承ひろいあげ辞典
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu_1205/55078588.html

1.8 倭人伝の方向の論理 - 邪馬台国の位置
http://homepage3.nifty.com/washizaki/paper/paper18.html

侏儒国 - 邪馬台国を行く
http://www.ne.jp/asahi/wacoku/tikushi/yamai08.htm

邪馬台国大研究・ホームページ /古代史の謎/ 黒歯国・侏儒国はほんとにあったか
http://inoues.net/mystery/kokusikoku.html


サイパンのあたりかな? あるいは四国?



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
「魏志倭人伝」を読んでみたいときに。

 
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) |  -中国古典 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

原発ジプシー

原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録
堀江邦夫/著 (現代書館) 2011年 (初出 1979年)
2,000円+税


【動機】
ジプシーと原発について研究しているうちにたどり着いた。



【所感】
想像以上にはるかに過酷な仕事だ。原発作業員の仕事は。
しかも、ひと稼ぎしに行くというイメージだったが、給料もそれほど高くない。



【概要】
1979年弊社より刊行され、ベストセラーとなった本書を32年ぶりに復刻。
東北関東大震災で、著者も入った福島原発は壊滅。放射線を大量に散蒔いている。現場の作業は当時と変わらず、下請け労働者が中心である。いつでも弱い者が犠牲になる社会を変える願いを込め、再刊します。

■「ジプシー」という言葉について■
本書では今日使用を慎んでいる表現を隠蔽することなく収録しております。
当時の現場労働者たちの肉声を記録し、その実態や問題意識を霞ませることなくお伝えするため、本書「跋文」で著者は「原発ジプシー」という表現について言及し、「歴史的な意味をもったことば」「他のことばに置き換えたり、はたまた消し去るなどしてしまったなら、それはあきらかに歴史=時代に対する改竄であり冒涜」と述べています。
「原発ジプシー」は著者の造語ではなく、現場労働者の実際の肉声であり叫びです。(Amazonより)


副題は、被曝下請け労働者の記録。


原発で働いてみようという潜入レポ。



原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録
堀江 邦夫
現代書館
売り上げランキング: 9,759




【抜粋】
●10月3日(火)晴れ。作業は、きのうの続きだ。メンバーも同じ。
 仕事に慣れてきたためだろう、今日はやり直し回数もかなり減り、作業はだいぶスピード・アップしてきた。と同時に、一回に入りこんでいる時間も一時間半に延長された。(p.37)

☆あんなに過酷な作業だったのにわずか1日で慣れている。
やっぱりやり続けることが大事だ。
やり続けることで時間も短縮できる。
大変だったからとやらないといつまでたっても慣れない。



●「若狭の夕陽は日本一きれいだと私は思っている。とくに敦賀半島から見た夕陽は、最高。だけど、この半島のなかで、水平線に陽が沈むところが見られるのはたった1カ所、竹波の村しかないのよ。ほかの所では、山の向こう側に沈んじゃうの」(p.39)

☆こういう情報は地元の人しか知らない。

ちょっと調べてみた。こういう感じかな。

竹波(水晶浜)海水浴場
http://www.jalan.net/kankou/spt_18442cb3490058938/


すぐ北側(1kmほど)には美浜原発が見える。こんなところにあったのか。美浜町(役場)からはちょっと離れている。



●大阪の “釜” から十数人の仲間とここに働きに来ている、賃金は、“食い抜き”(食事代は別)で5,500円。宿泊代と三食のメシ代は会社負担となっている――といったことを、かれは雑談のなかで語った。原発の定検時には、人手不足を解消するため、大阪の日雇い労働者の町「釜ヶ崎」からも労働者が “かり集め” られているというウワサは、やはり事実だった。(p.62)

☆東日本大震災の時だけじゃなくて、昔から行っていたようだ。



●私自身、実際に原発の現場で働いてみるまで、正直なところ、原発労働イコール放射線を浴びての作業だと思っていたから、放射能の心配がないといわれる二次系で、それも私たちが連日従事しているような、暗く、狭く、そのうえ濁った空気のなかでの “ネッコー” 作業などというものがあろうとは予想もしていなかった。21歳の、今まで自動車のセールスマンだった川原さんが、この仕事にいや気がさしたとしても当然だった。(p.63-64)

☆放射能の心配が無い二次系の現場でも過酷なことがよくわかる。



●もしもわしの娘があんたの嫁になるって言ったら、わしは絶対に反対するね。女郎になってもいいから、あんたんとこへは行かせん。もし息子が原発で働きたいと言い出したら、まあ、わしにはそんなアホな息子はおらんが、たとえばの話だ、働きたいと言ったら、土方でもコジキになってもいいから、(原発で)働くなって言ってやるよ」(p.115)

☆ここだけ読んでも原発の作業が大変だということがよくわかる。

ちなみこれは敦賀の話であるが、口には出さないがみんなそう思っているようだ。



●所長は、「労災だと日当の六割……」と言っていた。が、正確には、保険給付金として給付基礎日額の60パーセント、および、労働福祉事業の休業特別支給金として同じく20パーセントの計80パーセントが支給されるはずだ。また、残りの20パーセントについても、普通、事業者負担となっている。(p.206)

☆労災だと日当の6割しかもらえないけど、労災扱いにしなければうちで全額面倒みてあげる、とウソをつく。結局はどちらにしても10割もらえるようだ。



●原発の仕事を去った労働者に対しては、医学面での追跡調査すら一切なされていない、との現実がそれです。(p.330)

☆原発は安全だ。原発が原因でガンになった人や亡くなった人はほとんどいないと言われるが、それは、原発を去った労働者を母数から外していたからだったのか。ガンなんか数年たってから発症するのに。つまり、人知れず苦しんでいる人がたくさんいるということかもしれない。





【Amazonレビューより】
・他人の健康や命を犠牲にしてまで電気がほしいですか 2011/5/31
ついに復刊されました。著者が元気でいるのを知って安心しました。この本の後に目立った著作がなく、被曝の影響で病気になったのではないかと心配していました。

以下、旧版に書いたレビューを引用します。本文は旧版と同じです。

学部の学生の頃は原子力の未来に期待していました。この本は私が原子力発電に反対する立場を確信した一冊です。もちろん、人間は一夜にして考えを右から左へと変えるわけではありません。

大学院に進んで実験用の原子炉ですが管理区域に入って放射性物質を扱うことを体験しました。作業担当の人が意外と危険性を教育されていいないと知ったとき疑問を持ち始めました。その後この本を読み、その疑問が更に強くなり、原子力発電に反対する立場を確信しました。

著者の堀江邦夫さんが原発労働者として各地の発電所で働いた記録です。ページ数は多いのですが、文章も読みやすく描写も巧みで一気に読ませます。労働者に取材して書いた本もありますが、実際に現場に入らなければ書けない、自分の目で見た印象、自分の耳で聞いた仲間の声です。又聞きではない直接の体験に価値があります。

読み返してみて気付いたのですが、著者はシモーヌ・ヴェイユを引用しています。『工場日記』です。裕福な家に生まれ、優秀な成績で師範学校を卒業して教師となりましたが、労働運動に共鳴して弱かった体を押して工場労働者として働き、寿命を縮めることになりました。著者がこの本を書いた動機の一部は彼女の日記だったのかもしれません。

私が原子力発電に反対する一番大きな理由は、第一線で作業する人たちの健康です。下請け、孫請け、ひ孫受け。著者はひ孫請けの会社で働いていました。法律で決まっている安全教育も名ばかり。マスクの正しいつけ方さえ教えません。体内被曝で一番恐ろしいのは吸引です。口から入ったものの多くは下から出ますが、肺に入ったものは出ません。現場は暑くマスクは呼吸が苦しく言葉で指示も出来ません。結果として外して作業する人が多くいたそうです。また、電力会社の社員は危険な現場にはほとんど立ち入りません。労働組合が、作業衣の洗濯は被曝量が多くて危険な作業だから外注してほしいという要求を出したそうです。

現代の人間は共食いをしませんが、他人の健康を犠牲にして自分の便益を得るなら共食いと同じです。

この増補改訂版では、文庫のあとがきと、改訂版のあとがき、さらに追記が加わっています。個人的には事実を積み重ねて行く本文だけで十分著者の言いたいことは伝わっていると思います。ですが、ジプシーというタイトルは説明しないといけないのかもしれません。

この本を読めば誰も原子力発電に賛成とは言わないと思います。原子力は人間の命を電気に変える発電です。一人でも多くの人に読んでほしいと思います。

[追記]
この本と似た内容の本があります。文庫で出ている『原発労働記』です。ジプシーという言葉は問題があると出版社は考えたようで書名が変えられました。また、内容も、文庫の分量に合わせるためか同様の問題があるのか、一部が削られるなど著者は妥協を強いられています。著者が本来書きたかったことをそのまま復刊したのがこの本です。

また、シモーヌ・ヴェイユの『工場日記』は復刊の要請が多いようですが、実は『労働と人生についての省察』に全文が収録されています。ただし、日記ですのでヴェイユの思想に相当興味がないと退屈かもしれません。(Wさん)




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
今の仕事がつらい、大変だと思ったときに。

 
posted by macky at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験記・手記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

内向か外向か

齋藤孝の天才伝1 ユング』 を読み返していると、新たな発見があった。


●ユングによれば、外向型の人は、周囲のできごとからほとんど無限といってもよいほどの刺激を受けるので、行動の基準となる道徳律は、その人をとりまく環境が求めるものと一致するし、社会に順応しようとする意欲が強い。一般に親切でつき合いやすく、他人のために自己を犠牲にしても悔いはないし、よく働き、社会的に成功することも多い。(p.96)



☆これはまさに私のことかも。

人の影響を受けまくるし。


ということは、内向か外向かといえば、外向なんだな。

一人でいても全然苦にならないから内向かなーと思ってた。



そういう目で新たに 『あなたの天職がわかる16の性格』 を読み返してみると、

タイプ15 創作者(ENFP型)

タイプ11 企業家(ENTP型)



あたりがあてはまるかもしれない。



●ENTP型は、手がけるプロジェクトの数を減らし、はじめたことは最後までやりとげるよう気をつけよう。(p.183)

●ひとつのことを最後までやりとおすのをいやがる傾向は「もっとおもしろいことを逃してしまうのではないか」「もっといい機会を逃してしまうのではないか」という恐怖心から生じている。(p.184)

☆まさにこれだ。


●ENFP型は、エネルギーをそそぎ込む対象をもっとじっくり選ぶよう心がけよう。そうすれば時間を無駄にせずにすむし、才能も浪費せずにすむ。(p.239)

☆エネルギーをそそぎ込む対象を絞る。




●重要な事実や任務があれば、かならずメモや文書に書きとめておくようにしよう。そうすれば、途中で横道にそれずにすむ。(p.240)

☆母艦ノートになるべく書きとめるようにしている。
飽きないように工夫することが大事だ。




●「ものごとに優先順位をつけ、いざ作業にとりくんだら集中し、最後までやり抜こう!」(p.195)

●「優先順位をはっきりさせ、目標に集中してとりくみ、決めたことは最後までやりとげよう!」(p.251)

☆最後までやり抜くというのがカギかも。ちょっとやってみよう。


posted by macky at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする