2016年01月28日

小保方さんの手記

先日のSMAP騒動に続いて、今日はSTAP騒動について。

小保方さんが手記を出版した。

STAP騒動のことを書いた手記。


読んでみたい!


あの日




ニュース番組とかを見てちょっと頭の中を整理してみた。


小保方さんはSTAP細胞を見つけるまで。

その後は若山さんがキメラマウスを作っていた。

つまり共同作業。



小保方さんも参加した検証実験でSTAP細胞が再現できなかったが、
あれは若山さんが参加を拒否していたからだという。


それならば当然成功するものも成功しないではないか。

というか、若山さんがそこまで重要な役割を担っていたとは知らなかった。

なぜ小保方さんばかりが叩かれていたのだろう?



若山さんはなぜ参加を拒否したのだろうか。


もし、STAP細胞が存在しないのならば、
若山さんだけがそれをわかっている(小保方さんにはできたと言ってだましている)

だから参加を拒否したのではないか。

という内容だった。


もう一歩突っ込んで、本当はSTAP細胞はできたけど
若山さんにどこからか圧力がかかって、できないことにしている、という可能性がある。


こうなると、若山さんは最後までダンマリを決め込むだろうから、

一番いいのは、この小保方さんの手記を読んで
もう一度小保方さんに研究をやらせたいというホワイトナイトが現れて
資金を援助することだ。


あるいは募金を募ったり。



理研の笹井副センター長の自殺も、あのタイミングだと
やっぱり怪しく思える。

やっとのことで検証実験ができることになって
これで証明できると意気込んていた矢先にである。

いろいろと闇は深そうだ。



STAP細胞は本当に無いのか、握りつぶされたのかは今となってはわからないけど、
小保方さんが手記を出版されたのはそれを知る手がかりとしては貴重だ。


科学の進歩って検証と失敗のくりかえしなのに、たった一度の失敗でよってたかって徹底的に叩き潰そうとしている世の中が怖い。





【アマゾンレビュー】
・「STAP現象」は存在し、ES細胞を混入させた疑いは若山教授にある! 2016/1/28
最初に。本が出版される日の0時を回った時点で、すぐに、悪意ある書き込みが書かれた事が、この問題を象徴しているようです。

さて、本文ですが、STAP問題の核心が完全に明らかになっている。

1)小保方さんは指導者(若山教授)の管理指導の下(部下)におり、マウスの受け取り一つ自由にできない立場であったこと。
2)STAP幹細胞として管理し、キメラマウスの作成はすべて若山教授が行っており、小保方さんには一切関わらせなかったこと。
3)論文不正報道後、若山教授の態度が一変し、メディア(NHK、毎日新聞)に自身に有利な情報をリークするようになったこと。
4)メディアの一方的な情報により形成された世論に抗うことができなくなった理研は、一研究員であった小保方氏に全責任を負わせたこと。
5)検証実験では、人権を蹂躙される扱いをされながらも小保方氏は「STAP現象」を確認したこと。
6)ES細胞を混入できたのは若山教授しかいなかったという事実。
7)早稲田大学は論文再提出の際に、十分な指導もなく、世論に迎合し、最初から合格させないことが前提であったこと。

若山教授こそ、説明責任を果たすべきである。小保方氏に全責任を負わせた責任を取る番である。(Tさん)




 
posted by macky at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

土屋アンナさん “全面勝訴”

土屋アンナさんが泥沼の裁判で全面勝訴した。

訴訟の相手は演出家の甲斐智陽氏。
もともと200万円で和解の話があったのに
それを蹴って逆にアンナさんに訴えられて負けてしまった。


先日、「」という本で学んだ通り、
逃げ道をなくして追い詰めるとこういうことになる。

まさにいい例だといえるかも。




土屋アンナ泥沼裁判に“勝利” 甲斐氏の請求棄却、33万円支払い命令
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000043-dal-ent
(デイリースポーツ 1月25日(月)13時27分配信)

 モデルで歌手の土屋アンナ(31)が主演舞台「誓い〜奇跡のシンガー」の稽古に参加せず公演が中止になったとして、プロデュースした演出家の甲斐智陽氏と製作会社が約3000万円の損害賠償を請求した民事訴訟の判決が25日、東京地裁で開かれ、原克也裁判長は、甲斐氏側の請求を棄却した。

 また甲斐氏がネット上で発表した楽曲「ANNA」の歌詞が名誉毀損(きそん)にあたると土屋側が反訴した件については、訴えを認め、甲斐氏に33万円の支払いを命じた。甲斐氏は出廷したが、土屋は姿を見せなかった。

 裁判所は「原告(甲斐氏)の準備不足と権利関係のずさんな管理に起因して、出演契約の基礎となる信任契約が失われており、土屋が稽古に参加しても、上演が法律上も事実上も困難だった」と判断。舞台中止が土屋が稽古に参加しなかった以前に原因があるとした。

 また、甲斐氏による名誉毀損(きそん)については「訴訟が社会的耳目を集める中で、甲斐氏が自ら演奏し歌唱したものだから、一般視聴者は、通常、『ANNA』は土屋アンナを指すと理解する。歌詞は土屋の客観的な社会的評価を低回させる」と認めた。

 舞台は13年7月に上演予定だったが、甲斐氏が原作者から舞台化の許可を取っていないことを知った土屋が、参加予定だった12回の稽古のうち10回を欠席。公演は中止になった。

 同年8月に甲斐氏らは「公演中止になったのは土屋が無断で稽古をサボったことが原因」として、土屋の所属事務所を訴えた。地裁は、14年12月に土屋側に解決金200万円を払う和解案を提示したが、甲斐氏側が拒否。土屋側も甲斐氏が動画サイト上で発表した楽曲「ANNA」が名誉毀損にあたると甲斐氏を訴えるなど、泥沼化した。

 昨年11月には初めて土屋が出廷し、甲斐氏と法廷で直接対決。「原作者の承諾書をもらうまで稽古に参加しないことは、甲斐氏も了承していた」などと証言した。


 
タグ:裁判
posted by macky at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

風と波を知る101のコツ―海辺の気象学入門

風と波を知る101のコツ―海辺の気象学入門 (101Books)
森朗/著 (エイ出版社) 2000年 
1,500円+税


【動機】
今日から明日にかけて全国的に雪である。

ぜっかくなので天気図が読めるようになりたい。



【所感】
すぐに使えそうな実用的な本。

とりあえず、この一冊から始めてみよう。



【概要】
読まずに海に入るな!! サーファー、ウインドサーファー、アングラー、その他海と戯れる全ての人に。(「BOOK」データベースより)



風と波を知る101のコツ―海辺の気象学入門 (101Books)
森 朗
エイ出版社
売り上げランキング: 23,810




【抜粋】
●地形の「谷」は地図上では山頂に向かって等高線が凹んだ形で表されます。等圧線も同じように等圧線が高気圧に向かって凹むことがあり、こういう所を「気圧の谷」と言います。
 「気圧の谷」には、山に降った雨が谷に向かって流れるように、高気圧から風が吹き込み、ぶつかり合って雲を作るため、天気が悪くなり、風も安定しません。(p.16)

☆等圧線が高気圧側に凹んでいる所を「気圧の谷」と言う。こういう所は周りから風が吹き集まって、雲ができやすく、風も安定しない。



●画面にいよいよ天気図が登場したのに、 (中略) 1枚の天気図を長々と見せることは非常に嫌われ、長くてもせいぜい20秒、短ければ10秒を切ることもあります。 (中略) 自分で天気図から風や波を読み取ろうとしている人にとっては、低気圧の中心気圧が何hPaだとか、等圧線が何本だなんて、こんな短い時間ではとても覚えてられません。それでも、コツさえつかめば、風が北か南か、強いか弱いかについて、おおよその傾向をつかむことは可能です。そのコツとは天気図のパターンです。(p.180)

☆風は高気圧から低気圧に向かって吹く。なので冬型の気圧配置「西高東低」だと、冷たい風が西から吹いてくる。
テレビの画面上で、低気圧の中心を探す。慣れてくればパッと見ただけでわかるようになる。



●日本の南の太平洋上、または日本列島の太平洋岸を沿うように進む低気圧を南岸低気圧と言います。(p.188)

☆南岸低気圧が現れると天気予報が外れやすくなるそうだ。



●雨になるか雪になるかは、上空およそ1,500mの気温を見て、マイナス3度以下かどうかで判断するという、一応の目安はあるのですが、場合によっては、雨だと思っていても低気圧の北風が北の冷たい空気を引っ張り込んで予想外に気温が下がったために、雪になってしまうこともあります。(p.188)

☆上空1,500mを見れば雪になるか雨になるかがわかる。




【Amazonレビューより】
・風と波を知る101のコツ―海辺の気象学入門 2004/8/18
タイトルにまず引かれ、巻かれた帯に書かれたフレーズに魅了されました。ズバリ「読まずに海に入るな!!」がそれです。
気象の読み方を説明した書籍は多く出回っていますが、海での趣味を持つ人を対象とした気象学のものはそう多くはありません。
つまりこの本は、サーファー・ウィンドサーファー・アングラーズなど海と戯れる人々を対象とされています。実際に海での釣りを趣味とする私にとって非常に興味のある内容でした。
海における風、波、気圧の変化の原因となるものを具体的に取り上げ、初心者でもわかりやすい天候の読み方を例をあげながら説明しています。各ページごとに項目が分かれ、その項目名も読者が知りたい、疑問に思ったことをズバリの内容ですぐに解答を紐解くことができる仕組みになっています。
筆者は、実際にサーフィンをたしなむ方らしく、サーファーにとっては、非常に溶け込みやすい内容に出来上がっています。
釣り人にとっても、海での状況の変化は勿論安全面でも欠くことのできない問題でありますが、釣りの成果・満足度においても重要な条件でありますから正に多くの海に関係ある趣味人達の味方になること間違いなしでしょう。
ワクワクするような気象の変化、読み方を文章と図解によってマスターし、密かに迫りくる危険に対する察知方法を学べるこの一冊は読者の大切なバイブルとなるでしょう。(Bさん)



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
天気が予想できるようになりたいときに。

 
posted by macky at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

京の花いちもんめ

京の花いちもんめ―ルポ・古都つぶしに立ち向かう市民
柴野徹夫、いずぶちときこ/著 (機関紙共同出版) 1989年
1,600円+税



【所感】
京都について詳しくなった。

詩や歌がたくさん出てくる。

そういえば、本のタイトルも歌の歌詞だ。

開発には一長一短があるので、
それぞれの立場に分かれてディスカッションするのにちょうどいい題材かもしれない。




【概要】
いま、京都が危ない! 財界戦略で古都をニューヨークや東京のようにしてはならない。日本のふるさと守って立つ京都市民から全国へのメッセージ。(「BOOK」データベースより)




【抜粋】
●時間をケチケチすることで、本当は、ぜんぜん別のなにかをケチケチしていることには、だれひとり気がついていないようでした。(p.8-9)

☆やらないことを決めて時間を節約するだけではダメ。時間を節約して何をするかが大事。没頭していることにつぎ込む!



●人間から生きる時間をむしろとるんだからな……人間が節約した時間は、人間の手には残らない、われわれが奪ってしまうのだ……」(p.10)

☆ 『モモ』 を読んだとき、時間を節約してあくせくするのはよくないと思ったが、そうではなくて、節約した時間を何かに生かすことが大事。……と思って記事を確認してみたら、結論で同じことが書いてあった。



●「近代化」とは、そこに住む人々を追い払い、伝統的な街並みや景観をぶち壊して、鉄とコンクリートでできたビル街にしてしまうことらしいのです。(p.13)

☆再開発が一概に悪いのではなくて、それによってどれだけ豊かさが享受できたかが問題。



●堤と塚本は、ともに滋賀県出身、いわば成功した「近江商人」同士の間柄だ。(p.30)

☆やっぱり近江商人っていうのはすごいんだなぁ。



●早くから、「京都駅改築協議会」を発足させて基本構想が練られてきた。この協議会は、JR・府・市・商工会議所の四者で構成されており、座長は、塚本幸一京都商工会議所会頭がつとめている。
 これをうけ、第三セクターとして新駅舎の建設にあたる「京都駅開発準備会社」(仮称)も発足した。資本金三千万円。出資比率は、JR西日本60%、地元財界30%、府と市が各5%の分担だという。 (中略) 京都駅の改築は “第三セクター方式” とされているが、目下のところ、府も市も5%の出資をしているだけだ。ただ一人の職員も出向させてはいない。いいかえれば、プロジェクトの主力は、JRと京都財界だということである。(p.44-46)

☆京都駅ビルも第三セクターだったのか。
ワコールの塚本幸一氏は1998年6月に亡くなっている。京都駅ビルの完成が1997年7月だからその約1年後ということになる。



●計画によれば、さらに西はJR二条から乙訓郡・長岡京市、また南へは醍醐から六地蔵まで伸ばす予定だという。(p.49)

☆二条から長岡京市に伸ばす計画があったのか。今もまだあるのだろうか?



●それでは市民には何が残されるのか。ビルの脇のわずかな「公開空地」とひきかえに、さらにのっぽビルが建ち、街並みや景観、環境は、壊れていく。そして、地価はさらに上がり、固定資産税や不動産相続税の重圧など、街は市民にとって住みづらいものになり、やがては、街を離れざるをえない状況にもなる。それはいま、首都圏や大阪市周辺で、これでもかこれでもかと、繰り返されている日常的現実である。(p.56-57)

☆住んでる街が開発されて発展していくといいことずくめのような気がするが、いいことばかりではないようだ。



●「これまで京都にはね、歴史的ランドマークがあった。モノサシですな。
 それは、日本最高とされる東寺の五重の塔です。あの屋根の高さが45メートル。だから市内の最高の高さ規制も45メートルでしょうが。(p.58)

☆45メートルの根拠は、東寺の五重の塔だったのか。



●ここ(京都地方法務局)へ何度か通ううちに、ふと、妙なことに気づいた。いつきても、顔を合わせる人が何人かいるのである。一目でそれと分かる中年の不動産屋の男もいるし、若い事務員らしい女性もいた。
 彼らは、そこが、まるで通い慣れた自分の職場ででもあるかのように、同業者同士、目で軽く会釈しながら入ってくる。そして、事務封筒からノートを取り出し、登記簿を丹念に見ながらメモをとる。一心不乱のその作業は、どうかすると、まる一日続けていることもあった。
「はて、あの連中、何を調べているのだろう」
 筆者のつぶやきに、同行の記者が答えた。
「不動産所有者の生年月日ですよ」
「?……」
 怪訝な筆者の顔に、彼は微笑して言う。
「もうじき、くたばりそうな地主を物色してリストアップしとるんです」
「ということは……」
「そう、相続税がらみでね、一番手っ取り早い土地入手の標的でしょうね」
 振り返ってみると、彼らは脇目もふらず、作業に専念していた。(p.80-81)

☆もうじき、くたばりそうな地主を物色っていうのがすごいな。



●いま一人の地上げ屋(41)は、不動産屋も兼ねていた。やはり「大阪で修業した」という。
「土地や不動産いうのは、一種の魔術やな。元手もかけずに、簡単にカネが儲かる。時々思うことあるよ、世の中、おかしいんやないかって。こんな馬鹿なことがあっていいのかね?
 不動産仲間でも20代や30代の若いのが、ベンツやBMWを乗り回して……。たまたま手に入れた土地が三倍にも四倍にもなる。これ、どっか、おかしいよな。
(中略)
西武、近鉄、京阪、リクルート、長谷工……、それに各財閥系開発企業。もう一つ、京都でいうたら、ワコールの塚本があくどいわな。あれが、京都市の根回しは、皆やっとる」(p.83)

☆地上げを陰で演出する大元。



●いつ果てるかと思われたどよもす人びとの勢いは、11時を過ぎて日和神楽が出る頃、ようやく、途切れ途切れになり、それぞれの帰途へ動きだす。
そうして宵山は、静かに終わっていくのだが、日付が変わり、人の数が少なくなり、心なしか涼しい風が出てきたか、と思う頃、まだ醒めやらぬ町がひとつある。
 南観音山の百足屋町では、蓮台にのせ、布でしばりつけられた観音様が人々にかつがれ新町通蛸薬師から錦小路を、町役に抱かれた善財童子を先頭に駆けて廻る。(p.119)

☆祇園祭ってそんなに遅くまでやっていたのか。



●7月13日、鉾立て。とどこおりなく南観音山も組み立てられ、通りにたおやかに鎮座した。(p.139)

☆この時期は警察の取り締まりも厳しいから注意する必要がある。ノコノコ見に行って捕まってはせっかくの観光も台無しである。



●如意ヶ岳は、東山三十六峰の一部であり、大文字はその支峰である。それは市民にとっては、朝に夕に見あげる山並みだった。また、送り火の山であるばかりか、自然観察やハイキング、さらに市内を一望できる絶景地として親しまれてもいた。(p.150)

☆春になったら行ってみたい。ハイキングシューズで。



●この辺り一帯の山は、花崗岩によってできていた。花崗岩が風化したものが、「真砂」である。京都御所や銀閣寺の造園に使われている「白川砂」がこれだった。
 大文字山の北を流れる白川の名の由来は、この白い砂からきていた。(p.155)

☆真砂土は崩れやすい。一昨年の広島の土砂崩れも真砂土が多かった。



●気のいい夫婦は、「建築協定」も結ばず承諾したのだった。(p.185)

☆建築協定とは、日本の建築基準法第69条などに基づくもので、建築における最低基準を定める建築基準法では満たすことのできない地域の要求に対応するものである。



●じつは、周辺一帯の家々を、鳥ならぬネズミの大群が襲っていたのである。
「台所や天井裏をね、暴れるなんて悠長なこっちゃおへん。寝てる顔の上やら足の上を、平気で走りよりますのや……。そのうち、赤ん坊がかじられでもしたらと、気が気やない」
 旅館や食堂など客商売は、さぞ大変だろう。
 ネズミの増加は、そのままダニの大量発生を意味する。いくら殺虫剤で駆除しても追いつかないという。町内の道や溝には、ネズミの死骸がやたら目につくようにもなった。(p.223-224)

☆立ち退きで広範囲が更地になった土地の周りはネズミが繁殖するのか。飲食店が多かったからだろうか。しかも建物の密集地だし。




【アクションプラン】
・西武王国についてもっと調べてみよう。

タイミングよく、「赤プリ跡地のホテル、最高1泊59万円 7月27日開業」というニュースがあった。


赤プリ跡地のホテル、最高1泊59万円 7月27日開業
http://www.asahi.com/articles/ASJ1P5VJ6J1PULFA03F.html
(2016年1月21日20時31分 朝日新聞)

 西武ホールディングスは21日、旧赤坂プリンスホテル(東京都千代田区)の跡地の複合ビルに入る高級ホテルを、7月27日に開業すると発表した。1泊6万〜59万円と、グループのホテルで最上級と位置づける。

 ホテルは「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」で、ビル最上部の30〜36階に入る。部屋は36〜148平方メートルの250室で、都内の系列では最も少ない。欧米やアジアからのビジネス客を取り込むねらいで、6〜7割を外国人客が占めると見込む。

 ビルには、オフィスや商業施設が入る。1955年開業の赤坂プリンスホテルは、2007年にグランドプリンスホテル赤坂に改称。再開発に向けて11年に閉館となっていた。(野口陽)


59万円の部屋は壁一面の本棚があって、本好きにはたまらない内装となっているようだ。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
京都の開発、高さ規制などに興味があるときに。

 
posted by macky at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンタリー | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

上杉佐一郎伝

上杉佐一郎伝
部落解放同盟中央本部 /編集 (解放出版社) 2002年


【所感】
道―部落解放運動と私』 を読んで、さらに知りたいと思って手に取ったが、
おもしろくて一気に読んでしまった。



【概要】
「解放の父」松本治一郎が戦前から戦後にかけて切り拓いた部落解放への道を、その遺志を継承し、さらに広い道にした偉大な指導者・上杉佐一郎。その生涯に学ばんと、七回忌にあたって刊行される評伝。(「MARC」データベースより)




【抜粋】
●糸山に言わせると、議員としての佐一郎の一番の功績は「二日市町に隣接する筑紫村の岡田、下見地区の大火をきっかけに、地元負担金の問題点を追及し、地元負担金廃止の口火をきったことだ」と言う。道路を広くしたり、新しくつくろうとすると、地元負担金が必要だ。これでは経済的に苦しいところは、とても手がつけられない。その結果として、狭い道路が入り組み、消防車も入れないまま放置され続けた。そのことが火事を大きくした、というわけだ。(p.73)

☆地元負担金についてもっと調べてみたい。



●基本法の制定に意欲を燃やしていた松本の本音でもあったが、松本には別の心配もあった。それは、さすがに先の先を見越した松本の、すぐれた先見性でもあった。
「サーちゃん、同和対策の事業をやると必然的に大きな金が動く。部落のなかには貧乏しとるもんが多いから、指導者のなかには、やっぱり金に目がくらむもんが出てくる。不正をやる奴が出てくるということだ。早くも、それをもくろんで解放同盟の役員になりたいと言い出すもんが出てきている。現に、おれんとこに 『松本センセエ、わしを解放同盟の役員にしとくんなはれ』 と言ってくる輩もおる。利権。これは気ィつけんと大変なことになるぞ。目的は事業じゃない。部落の開放だからな。(p.208)

☆事業法が成立したことで、松本治一郎氏は同和対策事業が利権の温床になることを危惧していた。



●「きょう、このホテルに集まってもらったのは、水盃を交わすためだ。あしたの総理府の行動では、何人かの人は家に帰れないかもしれないことも覚悟してくれ。混乱すれば機動隊が介入して諸君を逮捕するだろう。逮捕されたら、すべては、この上杉佐一郎の指示で動いたと言うように……。最後の責任は俺がとる。諸君! がんばってくれ。ともにやろうではないか」
 と呼びかけると若い隊員たちは、大きくうなずき、やがて拍手がわき起った。(p.230)

☆活動家ってのはすごいな。こんなことを言われれば命を投げ出して働くであろう。



●戦後間もないころから今日まで、関西の財界は “自民党の金庫” と言われてきた。党にも政治家個人にも、大阪を中心とする関西の財界は多数の政治献金をして保守政治を支えてきた経緯がある。かつては、「自民党の新しい内閣が成立すると、新首相は必ず、第一に関西遊説をし、大阪の財界人に会う」と言われた。政治資金集めのためである。(p.235)

☆関西がそこまで重要だとは知らなかった。



●「差別事件を起こすと部落解放同盟は、徹底的に、その相手を責め、やっつけると考えているもんが多いようだが、そうじゃない。もちろん、その非は責める。差別行為も許さん。これを支える意識や組織、そして慣習なども許すわけにはいかん。憎むべきは差別だ。人ではない。だから、その間違いに気づいて再出発しようとする人や組織には協力し、惜しみない支援もする。見事に変革をとげて立ちあがったもんは、われわれの仲間であり、同志だ。そうさせる営みが 『糾弾』 ということだ。(p.289)

☆差別した相手を完膚なきまでに叩くのが 『糾弾』 かと思っていたが、そうではないらしい。




【アクションプラン】
・映画 『橋のない川 (東陽一監督作品) [DVD]』 に出演されているようだ。観てみたい。 →観た(160129)




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
上杉佐一郎氏や解放同盟について知りたいときに。

 
posted by macky at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする