2016年01月20日

道―部落解放運動と私
上杉佐一郎/著 (部落解放同盟中央本部) 1996年 (初出は1971年)
1,200円+税



【所感】
部落解放運動の歴史などがよくわかる。



【概要】
1996年5月に亡くなった部落解放同盟中央執行委員長・上杉佐一郎の差別と闘いつづけた生涯を紹介。彼をたたえる詩や著書「部落解放と労働者」の中から「部落解放運動と私」の項を選んで収録する。(「MARC」データベースより)



前半は、部落解放の活動家・上杉佐一郎氏の自伝。
後半は、上杉佐一郎氏が亡くなられた直後の座談会となっている。


道―部落解放運動と私
上杉 佐一郎
部落解放同盟中央本部
売り上げランキング: 1,593,243




【抜粋】
●幼年時代からの差別、あらゆる社会的矛盾、とくに軍隊内での差別と圧制、そのうえ敗戦の廃墟に立たされたこの時、私は自分の進むべき道を選ぶのにもう躊躇はしなかった。召集を受ける前の九州鉄道時代の友人らと語らって「労働組合をつくろう」ということになった。労組結成の指導には、日本共産党の紺野与次郎さんが九州へ派遣されてきていた。(p.35)

☆もともとは共産党が指導していたのか。



●復員してまず西日本鉄道労働組合の結成に参加したのだが、初期の労働組合運動には各種の矛盾や問題が多かった。一つにはマッカーサー指令でできて組合であったということと、結成されたばかりであるから理論的にもはなはだ弱い面があったことである。そのころのやり方というのは、会社の社長や重役のスキャンダルを見つけ出し、それを武器にして突きあげるという方法を一歩も出ていなかった。(p.39)

☆マッカーサー指令でできてたのか。
そういえば、労働組合の結成はGHQの五大改革指令の一つだったな。



●この旭ガラス争議の場合でも、合化労連の組合と太田薫委員長自身も、われわれを左翼暴力集団としか見ていなかったということがいえると思う。部落解放同盟の旗は “魔よけ” だとさえいわれていたものだ。端的にいえば、ある労働争議で、資本家側に暴力団が雇われた時、それに対抗するには解放同盟しかないという認識が、労働組合にあったのだ。
(中略)
われわれが到着しただけで、暴力団をいっせいに撤退させた。われわれ解放同盟が出ると、いつの争議でも暴力団は撤退してしまう。
(中略)
彼らのなかには、部落出身の、われわれの仲間がたくさんいたからなのだ。 (中略) 親父が解放同盟員として支援にかけつけて暴力団と対峙してみると、その暴力団のなかに自分の息子がいる。「なんだきさま」ということになるのだ。親父が息子に向かって怒鳴ると、息子はコソコソと逃げていく。それが実態だったのである。(p.56-61)

☆暴力団に対抗するには解放同盟。それにはこういう理由があったのだ。




●この市長選挙では「高丘稔は部落民である。部落民に市長の座をわたすな」という差別ビラや新聞記事がばらまかられた。このことは、さきに三池闘争について述べたとおり、支配権力側の分裂支配を策する常套手段なのである。(p.77)

☆元大阪市長の橋下徹さんと同じようなことは昔からあったということがわかる。



●その第一歩は、何といっても松本さんの不当追放のその瞬間だ。松本さんの怒り、それから私もふくめた仲間たちの怒り。この時、真剣に、本当に部落の完全解放まで闘わなければならないと決意した。(p.87)

☆部落解放運動が盛り上がったきっかけとなったのが、松本治一郎氏の不当公職追放事件である。
怒りをエネルギーに変えている。




―以下、座談会より。

●(武者小路公秀さん) 解放同盟は、これに対してまったくそうではない。たとえば天皇制について、日本のなかでこの制度がどんなに「合理化」しようとしても持っている非民主主義的な性格を、あいまいにごまかさないで徹底的に否定されますね。(p.101)

☆解放同盟は天皇制に反対している。



●(大賀正行さん) ぜんぜん権力的じゃないんですね。聞き上手というか、ものを言いやすいんです。われわれ若い者の言うこともよく聞いてくれて、私も「こうしたら、どうでしょうか」とよく提言したものですが、わかっていてもわからない顔をして、「それはいい考えだね」と言ってくれるんです。すると、こっちも提言が受け入れられたということで、いい気分になりますね。権力的なリーダーだと、わからなくても「わかってるよ」と言って抑えてしまいますが、上杉さんは逆なんです。だから、いろんなところから上杉さんのところへ進言が集まるわけです。(p.104)

☆相手のメンツを立ててあげるようにすると、有益な情報がどんどん集まる。



●(組坂繁之さん) 「お前は議員になるつもりか」と聞かれました。「議員になるんなら、はようなれ。しかし、地方議員は妥協ばっかりせんならんぞ。そうすると、いつの間にか大衆を犠牲にして自分の選挙に力を入れるようになる。そしたら、運動家としてはどうしても不十分になる。だから、議員になるか、運動をするか、二つに一つだ」と言われました。これに私は「運動一本で行きます」と答えました。それ以来、まわりから「議員にどうや」という話もありましたが、すべて断ってきました、委員長との約束ですから。

(羽音豊さん) 委員長は、ほんとに苦難の時代をずっとたたかってきて、委員長自身が若いときに二日市町議になったこともあるんですね。そこから、「自分は政界に出ない」という信念をもつようになったと思うんです。むろん、委員長が選挙に出れば国会議員になれたと思いますが、もし議員になっていたら、選挙運動に力をとられて、解放運動は全国的にどうなっていたか。そこをキチッと押さえていたという偉さがありますね。(p.111)

☆すごい話だ。
議員になるとお金はたっぷりもらえるけど、選挙活動ばかりになってしまう。
運動家になるとお金の保証はないけど、思う存分働ける。どちらがいいか。
表に出る人(政治家になる人)とそうでない人の違いというのはこういうところにあるのかもしれない。



●(組坂繁之さん) 松本治一郎先生もそうですが、上杉委員長も、闘いを起こすとき、ま、ケンカをするときということですが、かならず相手に逃げ道をつくってやっておけと言うんです。ようするに、最後まで追い詰めると、「窮鼠猫を噛む」ということなるぞということです。そこらへんの戦術の立て方がじつにずばらしかったですね。松本治一郎先生直伝です。
 ですから、たたかうときは激しくたたかっていくが、最後の落としどころをつねに考えていて、相手の立場も立てながら、こちらに有利な方向で解決していく。武田信玄の甲州軍学には「勝利は七分をもってよしとする」というのがあるそうですが、委員長はそのへんの判断がすごかったと思いますね。

(羽音豊さん) よく言っていましたね、「頭と尻尾、そんなもの、何にするか。中身取りゃよかろうが」と。(p.112)

☆逃げ道を作ってやることで相手のメンツも立つし、恨まれずにすむ。完全勝利を目指してはいけない。頭と尻尾はくれてやれ。




【アクションプラン】
・わかっていてもわからない顔をして、「それはいい考えだね」と言ってみる。

・怒りを徹底的にエネルギーに変える。
(『分析心理学・自我と無意識 (まんがで読破)』 に欲望をエネルギーに変えるというのがあったが、それと合わせたらさらにエネルギーが高まりそう。ハングリー精神で成功した人はみなこの二つを上手にエネルギーに変えている)

・逃げ道を作ってやることで相手のメンツも立つし、恨まれずにすむ。完全勝利を目指してはいけない。頭と尻尾はくれてやれ。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
読む前と読んだ後で解放同盟や上杉氏に対するイメージがまったく変わる。

 
posted by macky at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 体験記・手記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

相続に困ったら最初に読む本

相続に困ったら最初に読む本---専門家に頼む前に最低限知っておきたい15のこと
曽根恵子/著 (ダイヤモンド社) 2014年 
1,400円+税


【動機】
相続について最低限のことを知っておきたい。


【所感】
ざっと読んでみたけど、専門家に任せっきりにするとトラブルの元だよという事例が多かった。



【概要】
NHK「あさイチ」TBS「Nスタ」フジテレビ「とくダネ! 」など、
テレビ、新聞、雑誌に引っ張りだこの著者が教える
本当に知っておきたい相続トラブルの裏側
「とりあえず、専門家に…」と考えていたら、それは危険!

いま相続の相談で「専門家とのトラブル」が増えています。
家族間の不和やおかねでのトラブルなどが話題になりがちですが、
その根っこには専門家の存在が絡んでいると知ったら、驚きませんか?
これは相続する方が予備知識なしに依頼をするから、トラブルに発展しているのです。
つまり「対策ゼロ」の無知の相続人と、
専門家(弁護士、税理士、信託銀行ほか)でのトラブルが原因。

相続「7つのポイント」と「8つの基礎知識」でかんたん学習
誰もが陥りがちな失敗事例を含む「24の事例」で相続の疑問はすべて解消!

トラブルを回避するために、最低限知っておきたいことを、
7つの「点(ポイント)」に絞って時系列で紹介しています。
また、時間やお金など、テーマ別にわけた「相続8つの基礎知識」を掲載。
これらの相続「7つのポイント」と「8つの基礎知識」が
みなさんの行動を助けてくれる軸になります。

さらに、「何がきっかけで失敗したのか」「どこをどのようにして解決したのか」など、
24の事例から、間違いのない相続をイメージすることができます。

100人いたら、100通りあるのが相続。
相続の手続きから、節税・不動産対策まで、
何からしていいのか困ったら、とりあえず最初に読めば安心の1冊です!(Amazonより)



相続に困ったら最初に読む本---専門家に頼む前に最低限知っておきたい15のこと
曽根 恵子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 281,080




【抜粋】
●国税庁の発表では、2012年(平成24年)度に亡くなった方は約126万人、このうち相続税の課税対象となった方は約5万2千人で、課税割合は4.2%(2011年<平成23年>4.1%)となっています。ほとんどの方は相続税の申告も不要で、税理士に頼む必要はありません。2015年(平成27年)からの相続税の改正によっても、課税対象者は4.2%から6%程度に増えると試算されていますが、まだ、その程度なのです。

 相続税の申告が必要な方が5万2千人だというのに、日本税理士会連合会が公表している税理士の登録者数は7万4千人を超えています。税理士1人当たりの相続実務は0.7回となります。この数字は、1年に一度も相続税の申告をしない税理士がいることを表しています。
 最初は、資産税に特化した、または相続を専門にしている税理士法人もあり、そうしたところは、相続税の申告だけでも年間200件、300件、400件とまとまった数の申告をされています。となると、多くの税理士が、相続税の申告を1年に1回どころか、数年に1回程度とか、あるいは、まったくしたことがないかもしれません。
 こうした事実から、依頼は税理士であれば誰でもいいわけではありません。税理士選びに失敗すると的確なアドバイスがもらえないばかりか、経験不足でうまくいかないこともあるのが現実なのです。(p.128-129)


☆相続実務に慣れていない税理士が大半だというのに驚いた。

相続税改正で相続ブームが起きている。今が稼ぎ時と相続コンサルタントが増えているが、実はそれほど需要は無いのかもしれない。

もし相続コンサルタントになりたいのなら、冷静に見極めたいところだ。



●財産の半分以上が不動産という現実があり、たいていの方は不動産を所有しています。不動産があるから相続税がかかり、納税が難しい。不動産は個々に違い、評価が難しい。不動産があると分けにくく、もめてしまう、など。
 相続では不動産の知識がないと節税ができずに、トラブルのもとをつくることになりかねません。

 ところが、多くの方が相談したり、依頼する、弁護士、税理士、信託銀行は、いずれも不動産の専門家ではないのです。(p.259-260)


☆相続コンサルタントをやりたいのなら、不動産の豊富な知識が不可欠となる。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
相続対策で何をすればいいか困ったときに。



【結論】
相続対策は専門家(弁護士、税理士、信託銀行など)に任せっきりにせずに自分でも勉強しておこう。

posted by macky at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術

東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術 (SB新書)
山口真由/著 (SBクリエイティブ) 2014年 
730円+税


【動機】
東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』 を読んで興味を持った。



【所感】
7回読み、それぞれに意味を持たせているのが画期的だ。




【概要】
7回読み勉強術の具体的な方法論。



1. 30分 3行ずつジグザクに読んで漢字を拾い読み。(サーチライト読み)。図表は黒塗りされたイメージで。


2. 30分 数字も拾う。


3. 1時間 1行ずつ眺める。(レーザービーム読み)。ここまでが下地作り。



4. 2時間 黙読。図表はさらっと。理解度はここまでで2割。


5. 2時間 黙読(予想しながら読む)。理解度はここまでで8割。(すでに4回の下地があるのでここで理解度が一気に高まる)。



6. 2時間半 黙読×拾い読み要約。1ページごとにさらっともう一度読んで(サーチライト)頭の中で要約する。


7. 2時間半 拾い読み要約×黙読。先に要約して黙読しながら答え合わせ。理解度を10割に近づけていく。


※8回目、9回目と繰り返すときは7回目の読み方と同じ。





東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術 (SB新書)
山口 真由
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 10,944




【抜粋】
●自分の頭に浮かんだ単語を書き出しながら、合っているかどうかを確認するのです。

 その際、書き出すノートは一切見ません、視線は教科書に置いたままで、ペンを走らせます、汚い字でかまいませんし、ノートをきれいにまとめる必要もありません。このノートは、まとめノートでも書き残すためのノートでもなく、覚えるためだけの “書きなぐりノート”。書き出して全部使い終えたら、捨ててしまっていいものです。(p.99)

☆6回目、7回目の普通の読み方のときに(要約するときではない)キーワードをノートに書き出して覚える。コピー用紙でもレポート用紙でもなんでもいい。





【アクションプラン】
・世界史、日本史などで7回読みを試してみる。

・数学などで7回解きを試してみる。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
7回読みの具体的な方法を知りたい時に。

 
posted by macky at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

分析心理学・自我と無意識 (まんがで読破)

分析心理学・自我と無意識 (まんがで読破)
ユング/著 (イースト・プレス) 2011年
552円+税


【動機】
齋藤孝の天才伝1 ユング』 を読んで興味を持った。



【所感】
「この人間の根本の問題をどのようにして現代社会へと組み込んでいくか…

ここに私の生涯の仕事が明らかとなったのだ」


ユングが錬金術の研究に没頭していくところがおもしろい。

全ての意味を解明するためにユングは10年もの月日を費やした。

一語一語を辞書のように書き出していき、気がつけば大量のノートでいっぱいになっていたという。





【概要】
精神科医のユングは、フロイトが創始した「精神分析学」に共感し、交流を深めた。が、志向の違いからフロイトと決別したユングは、「無意識」の、より幅広い解釈の必要性を感じ、生涯をかけて無意識の探求へと乗り出す。人間の心理を解明し、また神話や錬金術、心霊などにまで、幅広い解釈をもたらした、ユング心理学がよくわかる2冊を漫画化。(「BOOK」データベースより)



分析心理学・自我と無意識 (まんがで読破)
ユング バラエティアートワークス
イースト・プレス
売り上げランキング: 56,904





【抜粋】
●「我々のやっていることはアメリカ人のためにだってなることだ。なのに彼らはちっともそれを理解しようとしない」

「あなた方の宗教は自分たちのためだけではないと…?」

「そうだ」

「我々は宗教で毎日父なる太陽が天空を横ぎる手伝いをしている」

「これは我々のためだけではなく全世界のためなんだ。もしわれわれが宗教行事を怠れば10年かそこらで太陽は昇らなくなるだろう」(p.97)

☆傍から見れば無意味な事に見えるけど、全世界のためにやってると思ってる人が一番幸福なのかも。(この場合、その行為が本当に役に立つかどうかは関係ない)



●物質エネルギーに電気や光・熱といった種類があるように、欲動をエネルギーと考えるならば、心理学者がすべての本能を性欲や権力といった概念に制限するのは不適切だと考えていたのだ。(p.143)

☆欲動は抑え込むべきものではなく、エネルギーそのものである。



●たしかに自分自身の影を見ることは難しいことかもしれません。ですが、影はあらゆるところに投影されているのです。例えば他人のある部分が嫌いだとかイライラするといった状態におちいったとき、人は自分の内面の影を他人に投影して見ているといえます。(p.166)

☆人の行動にイライラした時こそが自分の内面を知るチャンス。それがすなわち自分の影の部分であるという。




【アクションプラン】
・自分の生涯をかけてもいい仕事を見つけて、10年くらいそれだけに没頭したい。

・〜したい!という欲望をもっと出してエネルギーに変えていきたい。




【Amazonレビューより】
・名探偵ユング 2011/11/16
イーストプレスの「まんがで読破」シリーズは、
古典と現代人の架け橋として秀逸な作品が多いけれど、
漫画になっていることでややこしくなっている作品も幾つかありました。

しかしこのユングは―、
原書2冊をユングの伝記に盛り込んだ全く新しい作品であるにも関わらず、
漫画の描写、物語の組立て、ユング心理学の核、いずれもバランス良く統合され、
漫画の著者の、原書に対する想いが伝わってくるようでした。

フロイトと決別した時期から晩年までのユングの思想が、
どのように移り変わっていったのか、
時代の背景と、ユングの心象風景が共に、時代を追って描かれているので、
ユング心理学の入門書として、とてもわかりやすいです。

わかりやすいけれど、まだまだわからないことだらけなのは、
この本がユング心理学の深さをうまく表現できているからでしょう。
(わからないけれどきっとそうに違いない!)

ユングがフロイトと決別してから、独りで真理を追求していく姿は、
まるで推理小説の名探偵が真犯人・事件の真相を追っていく姿のようで、
ほとんどユングの脳内で起こっていることなのに、物語に迫力がありました。
個人的に―、名探偵コナンと重なって見えました。

コナン「そうか!わかったぞ!」
ユング「見つけた…!とうとう見つけたんだ!」

コナン「こ、これは…、青酸カリ!?」
ユング「こ、これは…、あの夢で見たマンダラ!?」

物語の妨げになるような詳しい解説はないので、
本書だけではやはり理解の限界があります。
さらに理解を深めるなら、同じくユング心理学入門として優れている、
ナツメ社の『図解雑学ユング心理学』を合わせて読むと、
双方の難解な箇所が相互に、ある程度補完できると思いました。

本書の完成度に感動したので友人に貸したところ、
さっぱりわからないとのレスポンスがあったので、
先にそちらの予備知識があったことが、
物語を存分に楽しめた理由でもあったかもしれません。

しかし、ユングに少しでも興味がある人なら、
間違いなくオススメです。(Kさん)
 




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
ユングについて知りたい時に。入門書として。



【結論】
錬金術こそ過去の神話から未来の心理学へと続く架け橋。

 
(160110 読了)
posted by macky at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

悪魔くん世紀末大戦

悪魔くん世紀末大戦 (Legend archives―Comics)

悪魔くん世紀末大戦 (Legend archives―Comics)
水木しげる/著 (チクマ秀版社) 2005年 (初出は1987年)
1,600円+税


【概要】
世紀末の1997年に復活した悪魔くんの活躍を描いた作品。

朝松健氏が企画し、シナリオも描いている。

(第2話以降のシナリオは竹内博氏)



【動機】
貸本版の 『悪魔くん』 を読んだので。


【所感】
初代から20年以上経って描かれたものなので、だいぶ読みやすい。

竹下元首相によく似た竹久首相というのが出てくるが、パロディーになっていておもしろい。


1ドル札のようなピラミッドの目が描かれて、そこから悪魔くんが復活するのは何を意味するのか。

悪魔くんの目的は世界統一。そして全人類のユートピアとでもいうべき万人平等の「千年王国」を作ること。
悪魔くんとは一体何者なのか?



【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
貸本版の悪魔くんを読んで続きが気になる人に。
貸本版を読んでなくても、序章としてそれまでのあらすじが載ってるので物語に入っていきやすい。





■関連記事
水木しげるの本一覧


(130320 読了)
posted by macky at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする