2016年01月28日

小保方さんの手記

先日のSMAP騒動に続いて、今日はSTAP騒動について。

小保方さんが手記を出版した。

STAP騒動のことを書いた手記。


読んでみたい!


あの日




ニュース番組とかを見てちょっと頭の中を整理してみた。


小保方さんはSTAP細胞を見つけるまで。

その後は若山さんがキメラマウスを作っていた。

つまり共同作業。



小保方さんも参加した検証実験でSTAP細胞が再現できなかったが、
あれは若山さんが参加を拒否していたからだという。


それならば当然成功するものも成功しないではないか。

というか、若山さんがそこまで重要な役割を担っていたとは知らなかった。

なぜ小保方さんばかりが叩かれていたのだろう?



若山さんはなぜ参加を拒否したのだろうか。


もし、STAP細胞が存在しないのならば、
若山さんだけがそれをわかっている(小保方さんにはできたと言ってだましている)

だから参加を拒否したのではないか。

という内容だった。


もう一歩突っ込んで、本当はSTAP細胞はできたけど
若山さんにどこからか圧力がかかって、できないことにしている、という可能性がある。


こうなると、若山さんは最後までダンマリを決め込むだろうから、

一番いいのは、この小保方さんの手記を読んで
もう一度小保方さんに研究をやらせたいというホワイトナイトが現れて
資金を援助することだ。


あるいは募金を募ったり。



理研の笹井副センター長の自殺も、あのタイミングだと
やっぱり怪しく思える。

やっとのことで検証実験ができることになって
これで証明できると意気込んていた矢先にである。

いろいろと闇は深そうだ。



STAP細胞は本当に無いのか、握りつぶされたのかは今となってはわからないけど、
小保方さんが手記を出版されたのはそれを知る手がかりとしては貴重だ。


科学の進歩って検証と失敗のくりかえしなのに、たった一度の失敗でよってたかって徹底的に叩き潰そうとしている世の中が怖い。





【アマゾンレビュー】
・「STAP現象」は存在し、ES細胞を混入させた疑いは若山教授にある! 2016/1/28
最初に。本が出版される日の0時を回った時点で、すぐに、悪意ある書き込みが書かれた事が、この問題を象徴しているようです。

さて、本文ですが、STAP問題の核心が完全に明らかになっている。

1)小保方さんは指導者(若山教授)の管理指導の下(部下)におり、マウスの受け取り一つ自由にできない立場であったこと。
2)STAP幹細胞として管理し、キメラマウスの作成はすべて若山教授が行っており、小保方さんには一切関わらせなかったこと。
3)論文不正報道後、若山教授の態度が一変し、メディア(NHK、毎日新聞)に自身に有利な情報をリークするようになったこと。
4)メディアの一方的な情報により形成された世論に抗うことができなくなった理研は、一研究員であった小保方氏に全責任を負わせたこと。
5)検証実験では、人権を蹂躙される扱いをされながらも小保方氏は「STAP現象」を確認したこと。
6)ES細胞を混入できたのは若山教授しかいなかったという事実。
7)早稲田大学は論文再提出の際に、十分な指導もなく、世論に迎合し、最初から合格させないことが前提であったこと。

若山教授こそ、説明責任を果たすべきである。小保方氏に全責任を負わせた責任を取る番である。(Tさん)




 
posted by macky at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする