2016年11月29日

島田紳助100の言葉

島田紳助100の言葉 (ヨシモトブックス)
島田紳助/著 (ワニブックス) 2011年
838円+税


【動機】
紳助さんが伝えたい100の言葉とは?



【所感】
期待ほどじゃなかった。

次こそは何かもっと心に響く言葉があるはずと思いながらページをめくっていたが、そのまま読み終えてしまった。


3割バッターと2割5分のバッターは
100回のうち5回の差でしかない。70回失敗するか、75回失敗するかの差。
あとほんの少し努力して、たった5回の差を埋めればいい、という発想がおもしろい。

阿久悠さんといえば売れた曲がたくさんあるから、
詞を書けば必ずヒットするようなイメージがあるけど
ヒット率は2%くらいしかないらしい。

大切なのは5000曲作ったということ。




【概要】
島田紳助、渾身のオール書き下ろし!!

「知識とは意識である」
「なぐさめは、痛み止め」
「褒められる子どもは出世しない」
「飽き性はクリエイティブ」
「未来の中で、今日が一番若い」
「老後のために、金と筋肉と友達を貯えよ」など(Amazonより)


島田紳助100の言葉 (ヨシモトブックス)
島田 紳助
ワニブックス
売り上げランキング: 70,423




【抜粋】
●親孝行は自分のためにやるのです。
どんなに親孝行しても、親が死んだ時には
「しまった、もっとできたのでは……」と思うのです。
そんな思いを少なくするため、後悔を減らすために、親孝行するのです。(p.33)

☆後悔しないようにできるだけがんばろう。



●芸能界で成功するには、簡単な公式しかありません。
X+Y=答えというシンプルな式です。
Xとは、世の中や芸能界の流れ。
Yとは、自分にできること。
世の中の流れと自己の戦力。
このふたつを完全に分析することが、最も大切です。(p.68)

☆世の中の流れと自己の戦力。このふたつを完全に分析すること。



●誰かを好きになったら必ず告白しなさい。
しないと、何年も経ってから後悔します。
それは、成功したとか失敗とかではなく、
あの時告白していたらどうなったかの答えを、
知ることができなかったことにです。(p.115)

☆答え合わせをその都度してきた人生とまったく答え合わせをしなかった人生は全く違うだろうなぁ。



●それはきっと、自分の知らない才能が、自分の中で反応した時なんです。
だから、すぐにトライです。(p.148)

☆何かを見て、「やってみよう」「何かできそうだ」と思う時は、自分の知らない才能が、自分の中で反応した時。



●高いブランド品を持っていたら、おかしいでしょう。
そんな時、親は「それどうしたの?」と聞くのです。
娘は必ず言います、「友達に借りてる」と。
そんな高価なもの、高校生にとっては宝物です。誰が友達に貸しますか。
昔マジメだった親ほど、見過ごします。昔ワルかった親は、見破ります。(p.152)

☆子どもの管理は学校がするのではなく、親が命がけで行う。



●私は成功ばかりしたように見えますが、成功しかみなさんの目に触れないのです。私の山のような失敗の一部に成功があります。そしてその失敗も、まだまだ可能性のある失敗で、私の中では「いつかきっと」と信じていたりします。(p.157-158)

☆何をやっても成功しているように見えても、実際はたくさんの表に出ない失敗がある。たくさんのことをやってるからそのいくつかが成功してるのだろう。




【アクションプラン】
・何かを見て、「やってみよう」「何かできそうだ」と思ったらすぐにトライしてみる。

・成功率(打率)よりもヒット数にこだわる。たくさんの打席に立って一つでも多くのヒットを打てばホームランも生まれる。





【評価】
評価:★★★☆☆(2.5)
こんな人に、こんな時におすすめ:
期待が大きすぎると、肩透かしを食らうかも。

posted by macky at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆・エッセイ | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書―

イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)
ミカエル・ライリー、ジェイミー・バイロン、クリストファー・カルピン/著 (明石書店) 2012年
2,400円+税


【動機】
佐藤優 『超したたか勉強術』 を読んで興味を持った。

黒人は身体的能力が高いのになぜ奴隷になったのか?

(→黒人同士で争わせて負けた方を奴隷とした。西洋人は身体的能力では負けていたが、いい武器をたくさん持っていた)



【所感】
どの章も日本ではあまり教えられないイギリスの本当の歴史が書いてあって興味深く読めた。

イギリスが世界の中心だったことがよくわかる。




【概要】
16世紀後半より海外に進出し、北アメリカ、インド、オーストラリア、アフリカ、中東などに拡大した「大英帝国」の歴史が、現在のイギリスにどのような影響を与え、今日的な移民問題などを抱えるようになったのかを平易に語り子供に考えさせる教科書の翻訳。(Amazonより)


イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)
ミカエル ライリー ジェイミー バイロン クリストファー カルピン
明石書店
売り上げランキング: 32,974




【抜粋】
●アフリカで奴隷制をはじめたのは、ヨーロッパ諸国ではありませんでした。奴隷制は、数千年ものあいだアフリカ文化の一部をなしてきました。しかし、ヨーロッパ諸国による奴隷貿易は、その規模が異なっていました。1500年から1850年のあいだに、1,100万人を超えるアフリカの人々が、ヨーロッパの人々が所有するプランテーションに連れていかれました。(p.43)

☆もともとアフリカでは奴隷制度が根付いていたようだ。



●ポルトガル人は、アフリカ人奴隷貿易をはじめた最初のヨーロッパ人でした。しかし、まもなくほかのヨーロッパ諸国もポルトガルの例に倣いました。イギリス人は、18世紀までには代表的な奴隷貿易商人となっていました。(p.43)

☆アフリカ人奴隷貿易を最初にはじめたのは、ポルトガル人。



●奴隷の需要が増えると、アフリカ人貿易商人に奴隷を供給し、ヨーロッパの人々の需要に応えるために、他の部族に戦争を仕掛けるアフリカ人の王もいました。(p.44)

☆黒人同士で争わせて負けた方を奴隷とした。



●ひとつの家族がいったいどのようにしたら4分の1エーカーの土地で食べていけたというのでしょうか。
 この疑問に対する答えはひとつしかありませんでした。すなわち、ジャガイモを食べるということです。ジャガイモはアイルランドの気候のもとでよく育ちました。1エーカーの土地で、毎年6トンから8トンのジャガイモを生産することができました。ジャガイモは、耕作のための労働がほとんど必要とされない、いわゆる「怠け者の地層」と呼ばれた大地で育てられました。前年度の耕作跡のうえに土が集積し、毎年種を播くことができました。貧しいアイルランド人の家族の多くは、ジャガイモとバターミルクに多少のベーコンとキャベツで風味をつけたもの以外に何も口にしていませんでした。(p.108)

☆ジャガイモが怠け者の作物だとは知らなかった。



●1915年10月、マクマホンはフセインの要求に応じました。しかし、1916年に結実した最終合意は、アラブの新国家の国境線と政府について、あえて曖昧なままにしてありました。それでもフセインは喜んでこの取り決めを受け入れ、詳細は戦争のあとで解決し得るだろうと述べていました。(p.114)

☆フセインはマカという部族のシャリフ(預言者ムハンマドの直系子孫の称号)でアラブ人指導者である。フセインはトルコ人の支配に憤っていたので、トルコと戦ってくれるイギリスを喜んで支援した。それが後の紛争のもとになったのだ。イギリスはスエズ近郊と油田地帯に対する支配権が狙いだった。



●フェイサルは、辺境のアラブ人地域出身のスンニ派でした。ほとんどのイラク人はシーア派でした。(p.119)

☆イラクといえばスンニ派というイメージだけど、もともとはイラクもシーア派だったのか。ということは、今のスンニ派とシーア派の争いもイギリスが招いたことになる。



●1958年、イラクで革命が起きました。新しい支配者は、イギリスとの関係を断ち切りました。(p.121)





●ガンディーは、ヒンドゥー教徒に対してムスリムを攻撃するのを止めるようにと全力で説得にあたっていました。しかし、このことがかれの命を奪ってしまうことになったのです。(p.129)

☆昔から戦争反対、平和を訴えると殺される。



●こうしてアフリカン・カリブ系の多くは、自分の島の出身の人びとがすでに定住していた地域に向かうことになりました。これらの地域は家賃がとても安く、しばしば街の貧困地域と化していました。ジャマイカ人は、ブリクストンやウォルヴァーハンプトンに行きました。ガイアナ人は、主にロンドンのトッテナムやマンチェスターのモス・サイドに住みました。トリニダードの人びとは、ロンドンのノッティング・ヒルに生きました。(p.133)

☆移民たちがこれよりも良い地域で家を買ったり借りたりしたら、虐待されたり襲われたりしたそうだ。




【アクションプラン】
・『ガリヴァ旅行記』 を読みたい。

・『ロビンソン漂流記』 を読みたい。



【Amazonレビューより】
・衝撃の教科書 2016年6月21日
本のタイトルより中身のほうが衝撃だった。
この教科書がイギリスの教育でどの位置にあるのか(標準なのか特異なのか)知らないが、日本では考えられないと思う。
そして教科書としてでなくとも楽しめた。この教科書シリーズ、他もあたってみたい。(morisさん)



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
イギリスの歴史を知りたいときに。

 
posted by macky at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

日本のお金持ち研究

日本のお金持ち研究
橘木俊詔、森剛志/著 (日本経済新聞出版社) 2008年 (単行本は2005年)
695円+税


【動機】
日本のお金持ちを研究してお金持ちになろう。



【所感】
40代で上場企業の取締役になった人々にもう一度人生をやり直せるとしたらと聞いたら過半数の人がベンチャー企業を設立すると言ってるのがおもしろい。

弁護士は日本では稼げない。



【概要】
日本のお金持ち研究
 本書はお金持ちになるためのハウツー本ではない。「日本で漠然とお金持ちと呼ばれている人間とは何者か」という疑問に、経済学者らが学術的視点から答えたものだ。まず著者らは国税庁が発行している「全国高額納税者名簿(2001年度版)」に記された年間納税額3000万円以上の層を「日本のお金持ち」と定義した。所得にすればおよそ1億円以上に当たり約9000人存在する。彼らへのアンケート結果などからお金持ちの定義を導き出していく。

 職種で見ると最も多いのは企業家、次いで医師だ。この2つが「お金持ち」の45%を占める。いわゆるサラリーマン社長や勤務医ではなく、オーナー企業家や開業医である場合がほとんどだと言う。日本ではこうした「お金持ち」と、「上流階級」と呼ばれる人々が必ずしも一致していないとも言う。パワーエリートと呼ばれる政治家や官僚の中には、手にした高い学歴や社会的地位に所得が伴わない「地位の非一貫性」が見られると解説。結果として大企業、特にオーナー企業のトップに所得・権力・支配力のすべてを兼ね備えた上流階級が多いと論じる。企業家は自家用車にトヨタを、医師ならメルセデス・ベンツを選ぶ傾向が強いなど、日本のお金持ちならではの嗜好を読み解いていく。(Amazonより)

日本の「金持ち父さん」とはどんな人か。医師や弁護士、経営者は本当に稼げる職業か。サラリーマン営業者とオーナー経営者・起業家では、所得はどうちがうのか。全国規模のアンケート調査とデータから日本の富裕層とは誰かを浮き彫りにし、金持ちになれた背景、社会制度、暮らしぶりなどの実態に迫る。(「BOOK」データベースより)


日本のお金持ち研究 (日経ビジネス人文庫 ブルー た 11-1)
橘木 俊詔 森 剛志
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 648,358




【抜粋】
●アメリカにおけるお金持ちというと、ビル・ゲイツ(マイクロソフト、資産額5兆1600億円)、マイケル・デル(デル・コンピュータ、資産額1兆3440億円)、スティーブ・ジョブズ(アップルコンピュータ、資産額1920億円)などIT通信関連の企業家や、ウォーレン・バフェット(資産額4兆3200億円)などの投資家、さらにはドナルド・トランプ(資産額2280億円)などの不動産業の企業家が思い浮かぶ(p.15)

☆ついに、トランプ氏は大統領にまでなってしまった。



●アメリカでは学部レベルでは法学という専攻がない。そのため、アメリカの弁護士は、必然的に法律以外の専攻を少なくとも一つ持っていることになる。(p.74)

☆法学を目的にするのではなく、法学という武器を使って何をやるかが問題である。



●国会議員や中央官庁のキャリアといわれる役人たちの所得は、一部の人を除いて、それほど高くないということである。 (中略)
 これらの政治家や官僚たちが、そう高くない所得にもかかわらず、法律を作成したり政策実務を担当したりして、日本の社会・経済の動向を決定してきたのは事実である。
 これら政治家、官僚を加えて、すでに述べた財界人を含めて、これらの人をパワーエリートと呼ぶことが可能である。社会のエリートとして、権力を握って支配階級として存在したのである。 (中略) これらパワーエリートは必ずしも高い所得を稼いでいる人ばかりではないということである。(p.145)

☆官僚というとみんな高給のようなイメージだけど、賄賂や天下りで儲けているのは一部の人だけのようだ。




【アクションプラン】
・金持ちになる道は、医者か企業家。




【Amazonレビューより】
・社会学というものの限界なのかなぁ。 2005/6/3
 面白いですよ、たしかに。この本。
 長者番付のデータ、アンケート、そして、個別の聴取り。なんとなく科学的に聞こえます。で、金持ちは東京に集中していて、地方では医者ぐらい、という結論もまぁ、そんなもんでしょう。皮膚感覚として正しいと思う。また、お金持ちインタビューも人生訓として有用です。
 でもね、すいません、自然科学の世界の人間なもんで言わせてもらいますが、アンケートの回収率8%っていうのは、そりゃ事前の予想よりは十分高いんでしょうけど、やっぱり科学的とはいえないでしょう。残りの92%はどういう人たちなんでしょう? やっぱり金の回りはドロドロしてるんだ、金持ちは自分のことを語りたがらないんだ、と考えるほうが普通でしょう。それだけじゃありません。長者番付から1年で消えていった成金様を排除している点、アングラについては当然対象外である点からして、結局のところ、これは「正道を歩いて公明正大に財を築いたニッポンの由緒正しく人に恥じるところのない金持」を対象にした“御研究”に過ぎません。その人たちが、道徳的な能書を垂れるのは当たり前…というか、否、むしろ、だからこそ、道徳の授業のような話が主流となってしまうのではないでしょうか。
 ニッポンのお金持について、8%程度の“意外だ!”を隠し味とした予定調和としての「なるほど」を期待したいなら、平たく言えばエンターテイメントとしてなら読む価値はあります。(Goodfoxさん)




【結論】
起業して成功する人のケースは非常に少なく、

リスクに好んで挑戦する人でないとダメである。

しかも、たとえ不成功で終わっても打ちのめされることなく、

再び立ち上がれる人でないとダメである。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
どういう人がお金持ちになるのか知りたい人に。



■関連記事
日本のお金持ち研究を読んでいたらトランプが出てきた

 
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

電通

電通
田原総一朗/著 (朝日新聞出版) 1984年
360円+税


【動機】
先日、電通の新人女子社員が過労で自殺していたことが発覚したので

電通について詳しく知りたいと思い、手に取った。



【概要】
朝まで生テレビの田原総一朗さんが電通に切り込んだ。


電通 (朝日文庫)
電通 (朝日文庫)
posted with amazlet at 16.11.24
田原総一朗
朝日新聞出版
売り上げランキング: 182,475




【所感】
まだ途中までしか読んでないけど、そんなに深い話はなさそうだ。



【抜粋】
●目白の闇将軍田中角栄が、何かのパーティーで、次のように述懐したという。
「ぼくのところへは、毎日のように大勢の人間が就職の世話を頼みにくる。それを、なるべく本人の希望にそうかたちで、銀行、商社、テレビから新聞と、日本中のさまざまの企業に割りふる。ほとんど、どの企業もいうことをきいてくれる。だが、ただ一つ、ぼくの力が及ばない企業がある。それが電通だ」(p.35)

☆電通という企業をよくあらわしているエピソードだ。



●「そりゃ、なかにはひどい、使いものにならない人間も入ってきますよ。しかし、彼らはいわば “人質” でしてね。それで大スポンサーが確保しつづけられるならば安い出資だ」(p.37)

☆コネが9割と言われている電通。

コネなしで入ってきた高橋まつりさんのような東大エリートは睡眠時間2時間で酷使させられているのかもしれない。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
電通について興味がある人に。

 
posted by macky at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

証券会社で働いたらひどい目にあった

雨宮鬱子の証券会社で働いたらひどい目にあった
雨宮鬱子 (宙出版) 2013年


先日、電通の新人女子社員が過労で自殺していたことが発覚した。

この本を読んでみると、状況が似ているような気がする。


また、この本を読めば証券会社の実態がわかる。
証券会社はどこも似たようなもんかもしれないが、いかに客を騙すかということに力を注いでいる。


著者はコミケに生きる道を見つけた。
大事に至る前に逃げ出して自分の足で立てるところを探すことも必要と説いている。



雨宮鬱子の証券会社で働いたらひどい目にあった (Next comics)
雨宮鬱子
宙出版
売り上げランキング: 54,668

posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 3分立読コーナー | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする