2016年11月28日

イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書―

イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)
ミカエル・ライリー、ジェイミー・バイロン、クリストファー・カルピン/著 (明石書店) 2012年
2,400円+税


【動機】
佐藤優 『超したたか勉強術』 を読んで興味を持った。

黒人は身体的能力が高いのになぜ奴隷になったのか?

(→黒人同士で争わせて負けた方を奴隷とした。西洋人は身体的能力では負けていたが、いい武器をたくさん持っていた)



【所感】
どの章も日本ではあまり教えられないイギリスの本当の歴史が書いてあって興味深く読めた。

イギリスが世界の中心だったことがよくわかる。




【概要】
16世紀後半より海外に進出し、北アメリカ、インド、オーストラリア、アフリカ、中東などに拡大した「大英帝国」の歴史が、現在のイギリスにどのような影響を与え、今日的な移民問題などを抱えるようになったのかを平易に語り子供に考えさせる教科書の翻訳。(Amazonより)


イギリスの歴史【帝国の衝撃】―イギリス中学校歴史教科書― (世界の教科書シリーズ34)
ミカエル ライリー ジェイミー バイロン クリストファー カルピン
明石書店
売り上げランキング: 32,974




【抜粋】
●アフリカで奴隷制をはじめたのは、ヨーロッパ諸国ではありませんでした。奴隷制は、数千年ものあいだアフリカ文化の一部をなしてきました。しかし、ヨーロッパ諸国による奴隷貿易は、その規模が異なっていました。1500年から1850年のあいだに、1,100万人を超えるアフリカの人々が、ヨーロッパの人々が所有するプランテーションに連れていかれました。(p.43)

☆もともとアフリカでは奴隷制度が根付いていたようだ。



●ポルトガル人は、アフリカ人奴隷貿易をはじめた最初のヨーロッパ人でした。しかし、まもなくほかのヨーロッパ諸国もポルトガルの例に倣いました。イギリス人は、18世紀までには代表的な奴隷貿易商人となっていました。(p.43)

☆アフリカ人奴隷貿易を最初にはじめたのは、ポルトガル人。



●奴隷の需要が増えると、アフリカ人貿易商人に奴隷を供給し、ヨーロッパの人々の需要に応えるために、他の部族に戦争を仕掛けるアフリカ人の王もいました。(p.44)

☆黒人同士で争わせて負けた方を奴隷とした。



●ひとつの家族がいったいどのようにしたら4分の1エーカーの土地で食べていけたというのでしょうか。
 この疑問に対する答えはひとつしかありませんでした。すなわち、ジャガイモを食べるということです。ジャガイモはアイルランドの気候のもとでよく育ちました。1エーカーの土地で、毎年6トンから8トンのジャガイモを生産することができました。ジャガイモは、耕作のための労働がほとんど必要とされない、いわゆる「怠け者の地層」と呼ばれた大地で育てられました。前年度の耕作跡のうえに土が集積し、毎年種を播くことができました。貧しいアイルランド人の家族の多くは、ジャガイモとバターミルクに多少のベーコンとキャベツで風味をつけたもの以外に何も口にしていませんでした。(p.108)

☆ジャガイモが怠け者の作物だとは知らなかった。



●1915年10月、マクマホンはフセインの要求に応じました。しかし、1916年に結実した最終合意は、アラブの新国家の国境線と政府について、あえて曖昧なままにしてありました。それでもフセインは喜んでこの取り決めを受け入れ、詳細は戦争のあとで解決し得るだろうと述べていました。(p.114)

☆フセインはマカという部族のシャリフ(預言者ムハンマドの直系子孫の称号)でアラブ人指導者である。フセインはトルコ人の支配に憤っていたので、トルコと戦ってくれるイギリスを喜んで支援した。それが後の紛争のもとになったのだ。イギリスはスエズ近郊と油田地帯に対する支配権が狙いだった。



●フェイサルは、辺境のアラブ人地域出身のスンニ派でした。ほとんどのイラク人はシーア派でした。(p.119)

☆イラクといえばスンニ派というイメージだけど、もともとはイラクもシーア派だったのか。ということは、今のスンニ派とシーア派の争いもイギリスが招いたことになる。



●1958年、イラクで革命が起きました。新しい支配者は、イギリスとの関係を断ち切りました。(p.121)





●ガンディーは、ヒンドゥー教徒に対してムスリムを攻撃するのを止めるようにと全力で説得にあたっていました。しかし、このことがかれの命を奪ってしまうことになったのです。(p.129)

☆昔から戦争反対、平和を訴えると殺される。



●こうしてアフリカン・カリブ系の多くは、自分の島の出身の人びとがすでに定住していた地域に向かうことになりました。これらの地域は家賃がとても安く、しばしば街の貧困地域と化していました。ジャマイカ人は、ブリクストンやウォルヴァーハンプトンに行きました。ガイアナ人は、主にロンドンのトッテナムやマンチェスターのモス・サイドに住みました。トリニダードの人びとは、ロンドンのノッティング・ヒルに生きました。(p.133)

☆移民たちがこれよりも良い地域で家を買ったり借りたりしたら、虐待されたり襲われたりしたそうだ。




【アクションプラン】
・『ガリヴァ旅行記』 を読みたい。

・『ロビンソン漂流記』 を読みたい。



【Amazonレビューより】
・衝撃の教科書 2016年6月21日
本のタイトルより中身のほうが衝撃だった。
この教科書がイギリスの教育でどの位置にあるのか(標準なのか特異なのか)知らないが、日本では考えられないと思う。
そして教科書としてでなくとも楽しめた。この教科書シリーズ、他もあたってみたい。(morisさん)



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
イギリスの歴史を知りたいときに。

 
posted by macky at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする