2016年11月29日

島田紳助100の言葉

島田紳助100の言葉 (ヨシモトブックス)
島田紳助/著 (ワニブックス) 2011年
838円+税


【動機】
紳助さんが伝えたい100の言葉とは?



【所感】
期待ほどじゃなかった。

次こそは何かもっと心に響く言葉があるはずと思いながらページをめくっていたが、そのまま読み終えてしまった。


3割バッターと2割5分のバッターは
100回のうち5回の差でしかない。70回失敗するか、75回失敗するかの差。
あとほんの少し努力して、たった5回の差を埋めればいい、という発想がおもしろい。

阿久悠さんといえば売れた曲がたくさんあるから、
詞を書けば必ずヒットするようなイメージがあるけど
ヒット率は2%くらいしかないらしい。

大切なのは5000曲作ったということ。




【概要】
島田紳助、渾身のオール書き下ろし!!

「知識とは意識である」
「なぐさめは、痛み止め」
「褒められる子どもは出世しない」
「飽き性はクリエイティブ」
「未来の中で、今日が一番若い」
「老後のために、金と筋肉と友達を貯えよ」など(Amazonより)


島田紳助100の言葉 (ヨシモトブックス)
島田 紳助
ワニブックス
売り上げランキング: 70,423




【抜粋】
●親孝行は自分のためにやるのです。
どんなに親孝行しても、親が死んだ時には
「しまった、もっとできたのでは……」と思うのです。
そんな思いを少なくするため、後悔を減らすために、親孝行するのです。(p.33)

☆後悔しないようにできるだけがんばろう。



●芸能界で成功するには、簡単な公式しかありません。
X+Y=答えというシンプルな式です。
Xとは、世の中や芸能界の流れ。
Yとは、自分にできること。
世の中の流れと自己の戦力。
このふたつを完全に分析することが、最も大切です。(p.68)

☆世の中の流れと自己の戦力。このふたつを完全に分析すること。



●誰かを好きになったら必ず告白しなさい。
しないと、何年も経ってから後悔します。
それは、成功したとか失敗とかではなく、
あの時告白していたらどうなったかの答えを、
知ることができなかったことにです。(p.115)

☆答え合わせをその都度してきた人生とまったく答え合わせをしなかった人生は全く違うだろうなぁ。



●それはきっと、自分の知らない才能が、自分の中で反応した時なんです。
だから、すぐにトライです。(p.148)

☆何かを見て、「やってみよう」「何かできそうだ」と思う時は、自分の知らない才能が、自分の中で反応した時。



●高いブランド品を持っていたら、おかしいでしょう。
そんな時、親は「それどうしたの?」と聞くのです。
娘は必ず言います、「友達に借りてる」と。
そんな高価なもの、高校生にとっては宝物です。誰が友達に貸しますか。
昔マジメだった親ほど、見過ごします。昔ワルかった親は、見破ります。(p.152)

☆子どもの管理は学校がするのではなく、親が命がけで行う。



●私は成功ばかりしたように見えますが、成功しかみなさんの目に触れないのです。私の山のような失敗の一部に成功があります。そしてその失敗も、まだまだ可能性のある失敗で、私の中では「いつかきっと」と信じていたりします。(p.157-158)

☆何をやっても成功しているように見えても、実際はたくさんの表に出ない失敗がある。たくさんのことをやってるからそのいくつかが成功してるのだろう。




【アクションプラン】
・何かを見て、「やってみよう」「何かできそうだ」と思ったらすぐにトライしてみる。

・成功率(打率)よりもヒット数にこだわる。たくさんの打席に立って一つでも多くのヒットを打てばホームランも生まれる。





【評価】
評価:★★★☆☆(2.5)
こんな人に、こんな時におすすめ:
期待が大きすぎると、肩透かしを食らうかも。

posted by macky at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆・エッセイ | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする