2016年12月24日

記憶力を強くする

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (ブルーバックス)
池谷裕二/著 (講談社) 2001年
980円+税


【動機】
海馬―脳は疲れない』 を読んで興味を持った。

ワーキングメモリを増やしたい。

ボケないためには何をしたらいいか?



【所感】
記憶力についての基礎知識が得られた。うまく実生活に生かしたい。



【概要】
タクシーに乗って行き先を告げると、たいていの運転手は地図を見ずに車を走らせる。彼らの頭の中には複雑な地図がすべて入っているようで、その卓越した記憶力には驚かされる。

本書は、そんなタクシー運転手の記憶力を脳科学的に解析したマグワイヤの研究の紹介から始まる。その興味深い研究の結果、タクシー運転手の脳のある部分が一般の人よりも大きく、しかもそれはベテランの運転手であるほど大きいという驚くべきことがわかった。

よく年をとると記憶力が衰えるといわれるが、この研究は成人した後であっても鍛えれば記憶力がよくなることを示している。しかし、そうは言っても成人して年齢を重ねるごとに記憶力が落ちていくのを感じるわけだが、脳科学は脳の構造にあわせた3つの「記憶の仕方」があることを教えてくれている。それは(1)何度も失敗を繰り返して覚える、(2)きちんと手順を踏んで覚える(易しいものから難しいものへ)、(3)まずは大きく捉え、最初から細部にこだわらない、である。年齢と共に「丸暗記」する能力は衰えていくが、この方法を用いれば記憶力は鍛えられる。

本書は記憶に関する脳科学の興味深い研究を、歴史に沿ってわかりやすく紹介している。また「テストの直前に詰め込み勉強をするなら徹夜するよりも早起きして勉強した方が良い」「テストの前に風邪薬を飲むと記憶していたものが思いだしにくくなる」など、記憶力に関するアドバイスもかなり具体的だ。

文章も読みやすく、必要な生化学や脳科学の基礎知識もわかりやすく解説してあり、記憶のみならず広く脳科学に興味を持っている人にお勧めできる。(Amazonより)






【抜粋】
●「天才的」と思える能力は、一般的に、潜在的な「手続き記憶」が基盤になっています。手続き記憶が天才を作るわけです。(p.219)

☆基礎の反復練習が大事ということ。



●手でげんこつを作って頭を軽くコツンと叩いただけでも、そのたびに数千個もの神経細胞が死んでしまうのです。(p.25)

☆ダウンタウンの松ちゃんは昔と変わらず今もおもしろくてお笑い界のトップに君臨しているといっても過言ではないが、浜ちゃんにツッコまれすぎて将来ボケてしまわないか心配だ。



●老人に見られる痴呆症のおよそ半分は、血管が詰まってしまったことが原因なのです。(p.26)

☆残りの半分はアルツハイマーなど。



●脳は使えば使うほど神経細胞が増えるという事実です。脳を鍛えることで記憶をつかさどる神経細胞を増やすことができるというわけです。(p.28)

☆年を取って記憶力が低下したというのは間違いらしい。単純に使ってないだけ。年を取ってからも脳は使えば鍛えられる。若い時よりもむしろ経験が豊かな分、ネットワークが密になる。



●度忘れしてはいけない知識に関しては、ときおり人に説明してみるなど、エピソード記憶として保存するための努力を忘れてはいけません。(p.202)

☆引き出したいときに引き出せる(すぐに使える)記憶に変えるには、人に説明するのが一番いいらしい。



●海馬はLTPを使って情報の取捨選択(獲得)を行い、完成した記憶を側頭葉に保存(固定)する(p.253)

☆約1ヶ月くらい海馬で取捨選択され、そこで必要と判断された記憶が側頭葉という “記憶の倉庫” に送られ長期記憶となる。
つまり、1ヶ月以内に復習しておけば、これは大事な知識だと判断させることで意識的に詰め込める。




【アクションプラン】
・『最新脳科学が教える 高校生の勉強法』 も読んでみたい。

・『進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線』 も読んでみたい。

・記憶の定着のために、1日6時間以上眠る!



【Amazonレビューより】
・学者ではない自分に記憶の仕組みを科学的に理解させてくれる本 2006/9/19
だいたい記憶力について、関心をもつきっかけは、自分が「もの覚え」が悪くなったなとか、どうして、あの人は色々と覚えているんだろうとか、そういったことがきっかけになって、「手っ取り早く覚える方法は無いかな?」と考えて、まず、「記憶術」や「記憶法」に関連する書籍を読み始める。そして、記憶術などの書籍を読んで、実践してみても、なかなかうまく活用できず、今度は、「記憶の本質って何だ?」と記憶自体に疑問を持ち始め、記憶に関係する書籍を読み始める場合が多いと思う。
かく言う自分も、このステップを経て、「記憶力を強くする」にたどり着いた。この本は、どのような経過で脳がものごとを記憶していくかということに焦点を絞って、脳が記憶していく仕組みを書いているので、私みたいな経過をたどってから、読む者にとっては、役に立つ。
この本を読んでから、あらためて「記憶法」や「勉強法」の本を読み返すと最初に読んだ時よりも内容の理解が促進される。

「最新脳科学が教える 高校生の勉強法」は、「記憶力を強くする」をやさしく書いているので、勉強法に役立てる目的なら、「最新脳科学が教える 高校生の勉強法」を、記憶の仕組みをさらに詳しく理解したいなら、「記憶力を強くする」を読めば良いと思う。(トッコさん)


・良書だが・・・ 2007/2/28
この本を読んだあとに「進化しすぎた脳」「海馬」も併せて読んだのですが、そちらがあまりにも素晴らしい内容だったので本書の価値が下がってしまいました。

“記憶力を強くする”というタイトルのわりにはそのことに特化されていないので、専門知識のない人が気軽に読むならあとの二冊の方がいいと思います。

というのも、本書の中身の半分くらいは脳が記憶をするメカニズムについての話で、専門用語が多くあまり興味をそそられない箇所も幾分あったからです。

それでも内容は充実していますし、興味のあるところだけとっても充分楽しめるので、記憶のメカニズムについて科学的なところからしっかり勉強したい人には文句ない内容だと思います。(Amazonのお客様さん)




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
最近、物忘れが多くなったという時に。
記憶力を強くしたいときに。




■関連記事
海馬 その1

海馬 その2 【脳のネットワーク】

海馬 その3 【脳の役割】

海馬 その4 【側坐核】

脳の仕組みと科学的勉強法

 
posted by macky at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

速読で脳と仕事が変わる!

速読で脳と仕事が変わる! (宝島SUGOI文庫)
別冊宝島編集部/編 (宝島社) 2011年
552円+税


【動機】
速読に興味があるので手に取った。




【所感】
苫米地さんは1行ずつ一字一句漏らさず読めと言い、
栗田さんは1行ずつ読んでいたら速読はできないと正反対のことを言っていておもしろい。





【概要】
1分で200ページ読む技術! 人気の機能脳科学者・苫米地英人氏とカリスマコンサルタントの神田昌典氏のスペシャルインタビューを巻頭に、いま注目の5つの速読を大特集。(「BOOK」データベースより)


1冊でいろんな速読が学べるお得な本。

自分に合った速読方法が選べるチャート付き。


速読で脳と仕事が変わる! (宝島SUGOI文庫)

宝島社 (2011-09-06)
売り上げランキング: 728,243





【抜粋】
●トップレベルのアメリカの大学院でドクターを得るためには、1日に10冊、20冊程度の読書では絶対に無理です。50冊読んでなんとかなるかな。(p.11)

☆普通のハードカバーの本(200〜300ページの本)を1分で読む必要があるそうだ。
苫米地さんは1日(読書に割ける時間は1〜2時間ほどで)平均100冊、1年間で2万冊くらい読んでいたそうだ。
脇に本を山と積んでからワーッと読むスタイル。

日本ではエリートとみなされるMBAも、苫米地さんによれば「あれはただの職業訓練」だそうで、やってることも苫米地さんから見れば「お子ちゃまカリキュラム」だそうだ。


●「脳で言うと、思考は運動と同じメカニズムなんです。思考は脳の前頭前野で行い、ドーパミンという運動ホルモンを使う。思考は脳にとっては情報空間での運動なんです。データの記憶は側頭葉に入るから、使う場所もシステムも、全然違います」(p.19)

☆運動すればするほど上達するように、知的能力も常に訓練することで鍛えられる。
重要なのは、知識の量ではなく、それをどうやって応用し、仕事に生かすかだ。



●速読は、“脳” という知的生産工場に情報を仕入れる重要な手段、と考えるのが斉藤式速読術。ではなぜ普通の読書ではなく、速読がよいのかというと、理由はふたつある。
 まず、そもそも原材料の絶対量が少なければ、工場は稼働しないということだ。 (中略) 限られた時間でインプットの量を確保するために、速読は欠かせないといえるだろう。
 もうひとつは、質に関わる問題だ。 (中略) 「自分にとって有用な情報」を確実にインプットし、より良質なアウトプットをするためにも量をこなすことが必要なのだ。(p.73)

☆速読力を高めれば、もっと早く読んでおきたかったということが無くなるかも。
速読は、「自分にとって有用な情報」をピックアップするのに役立つ。



●フォトリーディングをざっくりと言うと、あらかじめ本のページを高速でめくりながら眺め、「すでに知っている」という感覚を作り、次に読むときに「○○(の方法)が知りたい」などの具体的な質問を本に問いかけながら読むことで、自分が知りたい情報を素早く的確に抽出する読書法だ。(p.107)

☆フォトフォーカスで潜在意識にイメージを送る。
3D写真を見るときのように目をぼやけさせるのがコツらしい。




【アクションプラン】
・指回し体操をやってみた。
親指から順番に65、68、44、25、46。
2回目は、69、82、53、35、48。
目標は、110、110、100、80、100ということなので、クリアするまでやってみよう。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
速読を身に付けたい人に。

posted by macky at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

火花

火花
又吉直樹/著 (文藝春秋) 2015年
1,200円+税


【動機】
芥川賞受賞ということで読んでみたけど、期待外れ。



【所感】
いかに型を破るかということに主眼が置かれていて、

師匠の伝記を作るという大きな食材があるにもかかわらず、

最後までおいしそうな料理が出てこなかった。

そういう意味では型破りな小説。


漫才師という職業が特殊な世界で、その裏側を知るにはいいが、

主人公らの性格に共感できず。文章に深みもない。

結果、才能のない漫才師は大変だな、くらいしか思うところがない。







【概要】
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。(「BOOK」データベースより)


火花
火花
posted with amazlet at 16.12.21
又吉 直樹
文藝春秋
売り上げランキング: 497







【アクションプラン】
・映画化されるとしたら誰が適役か考えてみたい。

徳永(主人公):?
山下(相方):綾部祐二(ピース)
神谷(あほんだら):板倉俊之(インパルス)
大林(あほんだら):堤下敦(インパルス)
鹿谷:エハラマサヒロ または 木村拓哉
真樹:鈴木京香
由貴:斉藤由貴



・ピースの漫才といえば、「魂」しか見たことなかった。他にもあるのかな?

http://www.dailymotion.com/video/xge2lr_8-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9_fun




【Amazonレビューより】
・盛り上がらない文学界の噛ませ犬作品。納得。2016年8月18日
※最新追記
最近テレビに出て文学について語ってる又吉さんを見て、ふと気付きました。「本が大好きで書いただけの人なんだぁ」、そう思いました。つまり、本が単に好き過ぎる素人が書いただけ、という事です。その語りを聞いて悟りました。
そして、文豪がなかなか登場しない、いまいち盛り上がらない文学界の、又吉さんはただの噛ませ犬なのだと、同時に悟りました。そして、現代の芥川賞は信用出来ないと思いました。
もし、この作品を、心から面白いと思うなら、現代や過去の文豪が可哀想です。
嘘だと思うなら、誰もが知ってる夏目漱石の「坊ちゃん」を読んでみて下さい。自分は漫画の様に笑ったのを思い出しました。また、漢字や語句の勉強にもなります。
又吉さんの火花は過去1番ダントツで心から読まなきゃよかったと思った作品ですので、逆に考えて、ただの噛ませ犬作品なので、どれ程つまらないかをあえて読んでみて、現代や過去の文豪達の本物の文学を読めば、その落差から最高に面白く感じると思います。
本物の文学は、読んだら、必ず何かしらの引き込まれる魅力があります。感情を揺さぶられたり、想像力を掻き立てられます。
自分はまさか火花を読んでがっかりさせられるとは思っても見なかったので、本物の文豪達の本を、改めてまた読んでみようと思います。

※以下は以前のレビューです。
※Amazonでは購入してませんが、SONYから頂いたので一気読みしました。

最後の方に少し盛り上がりがあるだけで、深みがないと感じざるを得ませんでした。
また、読んですぐ夢中にさせる、引き込む文章力も一切感じませんでした。
逆に、現代や過去の文豪達は、とても魅力的な文章を書いてたな、と再認識させられました。
又吉さんは、好きですが、正直つまらなかったです。(MBP MUSICさん)


・超教科書的芥川賞作品 2016年8月17日
星一つで芥川賞をとったことに対して文句を言っている方々はおそらくいままで芥川賞作品を一作品も読んだことがないのではないか。
話題だからとか、売れているからとか、芸人が書いて芥川賞とったからとか、そんな理由で読まれたのだろう。
では、芥川賞を普段読んでいる人間はどう感じるか。
おそらく、実に教科書的な芥川賞作品であると気づくはずだ。
半径5メートルくらいのミニマムな世界の中で、2人の主要人物がいて、なんとも言えない会話中心の平坦なストーリーが展開され、読み終わるとなんとも言えない気持ちになる。
まさしくよくある芥川賞作品の特徴そのものだ!
さらに今回の火花は情景描写などの地の文もレベルが高く古典的だ。
芥川賞をとるべくしてとった作品としか言いようがない。
しかし、もしこの作品を退屈に思うのならば、それは又吉が悪いわけでもあなたが悪いわけでもない。
あなたが単に芥川賞作品と合わない。そういうことではないだろうか。(ニャッキさん)


・なんだかなぁ 2016年4月17日
古本で購入して読みましたが、定価で買わなくて良かったとつくづく思いました。
ウ○コやらチ○コやら死ネやら下品なことを叫びながら、尻を出したり鼻水を垂らしたりすることを笑いと履き違えているような何の個性もないタイプの先輩芸人を、 なぜか崇拝して(もしくは崇拝しつつ馬鹿にして)いる主人公が、
ひたすら居酒屋や公園で理想論的御託を並べつつ何の努力もしないという、ただただそれだけの話でした。
人物描写が薄く、主要人物に何の魅力もないので共感もできず、読み手の私は置いてきぼりな感じで、最初から最後まで冷めた気持ちのまま読み終わりました。
最後のオチに関しては、又吉さんの人間性を疑うほどで嫌悪感すら感じました。(そして次回作を書ける技量も無いだろうなと思いました)
これが純文学だと言われる方もいますが、これが純文学なら、私にとって純文学を読むということは、貴重な人生の時間を最大限に無駄遣いすることに他なりません。(Amazon カスタマーさん)





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
ナポレオン・ヒルと夢をかなえるゾウと大富豪アニキと太宰治を寄せ集めて1冊の小説を作ってみた感。



おもち
posted by macky at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

入門経済学

入門経済学 第4版
伊藤元重/著 (日本評論社) 1992年 (読んだのは第2版、最新版は第4版)
3,090円+税


【動機】
アベノミクスの政策ブレーンの中心人物なので。

経済学の教科書としては、スティグリッツやマンキューと並んで人気のある本。



【所感】
ウィキペディアによると、 <2014年に出版された『日本政治ひざ打ち問答』(御厨貴と芹川洋一の共著 日本経済新聞出版社)によると、小沢一郎の著書である 『日本改造計画』 の経済の部分は伊藤と竹中平蔵の執筆である。> と書いてあってビックリした。

最新版は多色刷りになっていてちょっと読みにくそうだ。



【概要】
経済学入門書の決定版、待望の改訂! 現実経済や経済学の新動向もやさしく解説。丁寧に、よりわかりやすく。(「BOOK」データベースより)


入門経済学 第4版
入門経済学 第4版
posted with amazlet at 16.12.12
伊藤元重
日本評論社
売り上げランキング: 11,177







【Amazonレビューより】
・一人で勉強するなら絶対に使ってはいけない本、ただし条件付きで良い本にもなる 2016/6/25
大学の研究室で使うので購入したが、買う前から教授に「よんだらわかるようになる本なんて授業に使っても面白くない」と言われるシロモノ。
問題点は大きく3つ。
1つは言ってることが若干おかしい。
どんな入門書でもそういうところはあるだろうが、話をダウンサイジングしすぎて応用が効かない上に省かれている要素が多い基礎の基礎を簡素に説明しただけということを「わかるでしょ?」とばかりに書いていない。
そのため後ろの章に行って前の章の内容を使う所になると「え?」となる可能性が高い。
1つは数式が省かれ過ぎで応用が利かない。
たしかに数式を用いずに説明する方が初心者は分りやすいし、文系傾向の強い自分にもよかった。だが最後にチョロチョロっと乗っている数式が簡略化され過ぎて、文章で理解した後に数式の理解もしてしまおうというわけにはいかない。これもやはり応用になると数式での証明が必須になるので実質初心者が引っかかる落し穴化している。
1つはド素人には不親切な仕様。
ここまで書いた時点でド素人に不親切な仕様であることはわかるだろうが、さらに酷いのはこの本で語られていないことが重要であるということそのものを語っていないところである。きっちり読み込んで研究室の先輩に確認したら根底の理解が丸っと逆向きだったなんてことがうちの研究室では多発したくらい、経済を知らない人間なら絶対に分らないし説明してもらわないとどうにもならないことを省いていることがある。

初心者はこの本のどこまでを鵜呑みにしていいのか分からなくなるという、入門書としては致命的な矛盾を発生させている。
事細かに質問できる相手がいるときだけ問題点を論じればいい教材になるだろうが、一人で勉強するのには向かない。
正直これを一冊買って勉強するくらいならWEBで様々な大学の経済学講義資料をあさったほうがいいと思われる。(Einさん)


・おすすめ読者:大学受験で政治経済をしっかり勉強した人 2016/8/9
kindle unlimitedで読了。

内容的には、かなりしっかりしたものでして。20年以上読み続けられているのは伊達じゃないです。
数学的に難しいことが理解できない人も、これを読み込めば、かなりのことが分かるようになります。
(もちろん、専門的な経済分析は無理でしょうが。)

そういった意味で、手抜きはされていないし、手加減もしていないいい本です。

しかし、それはそれとして、最新の版では、消費税増税の正当化や、肉体労働者を見下すようなコラムが目立ち、そのあたりがね。
お勉強を専門にしている人らしいなとは、思いました。(こうきちさん)


・一般教養としての経済学 2005年2月28日
本書は、初学者向けですが、社会人が経済学のやり直し、または一般教養をして身に付けたいというときに読む本としても最適だと思います。
本書はミクロ経済学、マクロ経済学の基礎を網羅しており、経済学部以外で一般教養として勉強する経済学の内容とほぼ同じくらいではないでしょうか。公務員試験などの経験はないので、本書がテスト向けの勉強に適しているかどうかはわかりませんが、ビジネスマンとして経済学の素養が必要という場合、この程度の理解があれば十分ではないでしょうか。
本書を通して経済学が好きになった方は、同氏のマクロ経済学、ミクロ経済学を読んでみてください。きっと経済学がもっと好きになります。
また、入門書としては、スティグリッツの入門経済学もお勧めです。こちらは米国の経済学入門書としては定番中の定番。やはり相性というのがありますので、本書が合わないなと思われた方はスティグリッツを試してみてはいかがでしょうか。どちらかがフィットすれば、きっと経済学の基礎を身に付けられることでしょう。両方合わなければ、経済学は向いてない可能性が高いと思います。残念。(キュウタロウさん)




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
経済学の基礎を学びたいときに。

 
posted by macky at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

三四郎 その1

三四郎
夏目漱石/著 (新潮社) 1948年 (初出は1908年)
324円+税


【動機】
夏目漱石が今日で没後100年を迎えた。

というわけで、以前から読みたいと思っていた 『三四郎』 を今読んでいる。


夏目漱石のアンドロイド完成:生前の姿を再現、声も合成
http://mainichi.jp/movie/video/?id=117700440
(2016年12月08日 21:39 毎日新聞)

 文豪・夏目漱石の生前の姿を再現したアンドロイドが完成し、二松学舎大(東京都千代田区)で8日、報道陣に公開された。 9日で漱石の没後100年になるのに合わせ、漱石が通った漢学塾がルーツの二松学舎大と、ロボット開発で知られる大阪大教授の石黒浩さんの研究室が共同で製作した。【撮影・丹治重人】



ご無沙汰ですね…没後100年お披露目
http://mainichi.jp/articles/20161209/k00/00m/040/044000c
(毎日新聞2016年12月8日 19時51分)

 「ご無沙汰ですね。ほぼ100年ぶりというところでしょうか」。9日で没後100年の夏目漱石(1867〜1916年)のアンドロイドが完成し、二松学舎大(東京都千代田区)で8日、報道陣にお披露目された。「100年もたっているのだと、今感慨にふけっているところです」と身ぶり手ぶりを交えて語り、漱石の小説「夢十夜」の一節を朗読した。

 漢学塾だった二松学舎で漱石が学んだ縁があり、ロボット研究で知られる大阪大教授の石黒浩さんの研究室と二松学舎大が共同で製作した。漱石の写真やデスマスクなどを基に外見を再現。漱石の孫で学習院大教授の夏目房之介さんの声から人工音声を作った。(共同)



アンドロイド化するとこれがスタンダードになるから
石黒浩さんプレッシャーかかるだろうなぁ。

しかもデスマスクから作ったということは、亡くなった時の顔ということ。
夏目さんからしてみればうれしくないかも。



【所感】
読んでるうちに序盤でいきなりビックリすることがあった。

それはまたおいおい。

なんで今まで読んでなかったんだろう?



ところで、表紙の写真がちょっと怖いよ。



【概要】
熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気侭な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく…。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて「それから」「門」に続く三部作の序曲をなす作品である。(「BOOK」データベースより)


三四郎 (新潮文庫)
三四郎 (新潮文庫)
posted with amazlet at 16.12.09
夏目 漱石
新潮社
売り上げランキング: 2,359




【Amazonレビューより】
・巧いなぁ、さすがだなぁ。 2013/5/20
漱石の作品は、教科書に出てくるもの。というイメージがあり、勝手に堅苦しいと決め付けていたが、とんでもない。
三四郎と美禰子の、なんともいえぬ距離感。引き合いにだすのも憚られるがまるで遠い昔に見た少女マンガにも似たみずみずしさ、胸キュンな感覚。。
周囲の人物の描写もしっかりとしており、世界観にすっかりはまった。
何気ないセリフの光ること。巧すぎる。彼がなぜ文豪と評されるのかが、よくわかった。(Kazzさん)




【評価】
評価:未
こんな人に、こんな時におすすめ:未

posted by macky at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする