2017年02月27日

100億稼ぐ超メール術 1日5000通メールを処理する私のデジタル仕事術

100億稼ぐ超メール術 1日5000通メールを処理する私のデジタル仕事術
堀江貴文/著 (東洋経済新報社) 2004年
1,300円+税


【動機】
ホリエモンのメール術を見てみたい。



【所感】
2004年なので情報が古い。

未来検索やさくサクメールなど、興味を持ったサービスがほとんど無くなっていた。

ちなみに、「さくサクメール」で検索してみたら「サクラサクメール」がいっぱい出てきた。


情報は古いけど、136ページからの

堀江流実践メールテクニックは今でも通用しそうだ。


本書ではアウトルックやユードラを紹介しているが、

Gメールを使えば今でも役に立つ。基本は一緒だ。



ちなみに、以前はこの本のやり方で日報メールを作っていたけど、

1ヶ月ほどで挫折した。

メールだと後で内容を書き換えられないのが不便だと感じたからだ。





【概要】
本書は設立からわずか4年でマザーズ上場を果たしたライブドアの成功の秘密を初公開する話題の書です。20世紀までの仕事のやり方を革命的に変えてしまう、デジタル時代の
まったく新しいマネジメントの手法について書かれています。
本書の要諦は、メールによる仕事の一元管理にあります。
(1)1000人の部下を的確に管理する「日報メール」
(2)ムダな会議を消滅させ、活発な議論を生み出す「会議メーリングリスト」
(3)メールを徹底的にデータベース化した情報管理術
以上の3つの秘密兵器を駆使することによって、ライブドアでは、仕事の大部分をメールに集約し、メールに返事を出すこと=仕事を行うこと、と言う環境を見事に作り出しています。
社員はみんなメールで会話し、メールで様々な情報を共有し、メールで会議を行い、社内の様々なワークフローもメールで流しています。その結果、普通の会社よりもずっと的確に、スピーディに仕事が進んでいます。
本書は単なるメールの使い方の本ではなく、上記のようなメールを媒介とした「仕事やり方」革命について、偉大なる実験の場=ライブドアで、実際に行われている事例を余すところなく紹介した本です。書かれている内容は未来の話ではありません。アナタの会社でも今日から始めることが可能で、アナタの会社を儲かる会社、「勝ち組」会社に変身させてくれる魔法の書なのです。

*ご参考までに…
■3つの秘密兵器とは
◎日報メール=基本的には毎日の仕事の内容を綴った日報を電子メールで流すものだが、(1)経営幹部と同じ事業部の全員が読める点、(2)日報に書き込む「仕事」にはジョブコードが付加されており、会社の原価計算に利用され、決算期のコスト算定のベースとなっている、の2点で通常の日報と大きく異なっている。事業部の全員が日報メールを読めるということは、上司が働きが悪いと、経営幹部は元より、部下にまでばれてしまう恐ろしいシステムだ。その上、働きが悪くグズグズ仕事をしていると、忽ち、担当している仕事の原価計算が上がってしまい、それがまた、周りの人間に即ばれてしまう、二重の意味で恐ろしい「秘密兵器」だ。

◎会議メーリングリスト=会議の前に、会議の議題や資料をメーリングリストで流すことは今やIT先進企業では当たり前のことだが、ライブドアでは、それを使い、ギリギリの点まで、議題をメール上で先に詰めてしまう点が他社と大きく異なっている。堀江社長は「会議の99%は不要。大切な会議でも(事前のメールで話しが詰めてあるので)開始5分で終わり、残りの時間は新しい商売の話のブレーンストーミングに使うことが多い」と言い切るほどだ。
また、ライブドアでは会議メーリングリストの他に、メーリングリストが、職域ごとのメーリングリスト、プロジェクトごとのメーリングリスト、顧客とのメーリングリスト等、メーリングリストが社内で1000以上行き交っており、しかも、その多くに堀江社長を始めとする経営幹部が関わっていて、通常の何気ないメールのやりとりに商売のヒントを見つけた堀江社長が大きな商売へと広げてしまう事例も少なくないと言う。まさに21世紀型マネジメントの好例なのだ。

◎メール・データベースを使った情報管理術=(1)アウトルック・エクスプレスの受信トレイをTODOリストとして使う、(2)スケジュールや稟議要求も全て、メーラーのリマインダーにセットし、該当する時間が来たら、メールで教えてくれるようになっている。もちろん、スケジュールや稟議内容は、ノート型パソコンから見られるようになっている。
(4)新聞の切り抜きの代わりに、情報メルマガを社内で作って、社内で必要な業界ニュース等がメールでチェックできるようになっている。


100億稼ぐ超メール術 1日5000通メールを処理する私のデジタル仕事術
堀江 貴文
東洋経済新報社
売り上げランキング: 76,100




【抜粋】
●メールは受信した分からどんどん処理するのが原則だ。(p.136)

☆基本は、フィルタで自動的に分けて、

上から順にどんどん読んでいって、すぐに処理できるものはすぐに処理。

時間がかかりそうなものはすべて受信トレイに回す。


ひと通り読み終わったら、受信トレイに戻って処理していく。

つまり、受信トレイをToDoリストとして使っていくわけだ。

処理した後はアーカイブに移す。


まずは受信トレイを0にするところから始めよう。






【アクションプラン】
・メール整理終わらせて、ホリエモンのようにスッキリさせたい!





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
情報力を高めたいときに。

 
posted by macky at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

映画 「仁義なき戦い」

先月、俳優の松方弘樹さんが74歳で亡くなりました。

ご冥福をお祈りいたします。


松方さんの映画ということで・・・

仁義なき戦い」 を観ました。


1973年1月13日に公開された映画。

主演の菅原文太さんは当時40歳。

田中邦衛さんは41歳。

梅宮辰夫さんは35歳。

松方弘樹さんは31歳でした。


皆さんお若い!



人が殺されるたびに「ぴよよよよ〜」ってあの有名な音楽が流れ出します。



「○年○月○日
○○ 死亡」

って書き方、初期の 『BE−BOP−HIGHSCHOOL』 を思い出しました。

この映画をパロってたのかな。



金子信雄さんは当時50歳。

金子信雄さん、出てたかな〜

って調べてみたら親分の役だった。


全然違う(笑)


番組紹介^金子信雄の楽しい夕食
https://www.youtube.com/watch?v=nHxb6MvRLEE

金子信雄の楽しい夕食.wmv
https://youtu.be/g2SWo_RrMgc



そういえば、 「生きる」 にも出てたけど、あれ、出てたっけ?ってあとから探してた。



仁義なき戦い [DVD]
仁義なき戦い [DVD]
posted with amazlet at 17.02.22
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2013-11-01)
売り上げランキング: 2,468


posted by macky at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

フレームワーク使いこなしブック

フレームワーク使いこなしブック
吉澤準特/著 (日本能率協会マネジメントセンター) 2010年
1,600円+税


【動機】
フレームワークを身に付けたい。


【所感】
フレームワークの本を初めて読んでみたが、
説明が簡単すぎて、よくわからなかった。


【概要】
仕事の質と効率を高める思考の枠組み・フレームワーク。
本書は、架空のパンメーカー・ナイスハーベスト社を舞台に、新人の東むぎ夫がフレームワークを使って課題を解決していくストーリーを追いながら、フレームワークを学べるしかけになっています。
最終章では、オリジナルのフレームワークを作る方法も紹介。
「わかる」レベルから「使える」レベルに無理なくステップアップできます。


フレームワーク使いこなしブック
吉澤 準特
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 88,871




【抜粋】
●レビュー:それらをスケジューラーに登録して作業時間を割り当てる(p.116)

☆GTD+Rは6年ほど前から実践しているが、この工程が抜けていた。
タスクをいつやるかまで具体的に決めて行かないと、面倒なタスクはいつまでも後回しになってしまう。




【アクションプラン】
・フレームワークについて別の本で勉強してからまた読んでみよう。

・スケジュール帳にタスクを割り振ってみた(とりあえず1週間分)。しばらく続けてみよう。

・損益分岐点の計算問題を解いてみたい。



【Amazonレビューより】
・ストーリーが少し稚拙で内容がなかなか頭に入らない。。。 2016年8月3日
様々なフレームワークが載っていて、じっくり見ながら利用したいのですが、ストーリー上の会話がどうも稚拙なのと、図の線も手書き風仕様だったりと、色々気になって頭に入らない。デザイン性はやはり大事だな、と再認識しました。
分かりやすく、というのはわかりますが、それは稚拙にする、という事とは違うと思います。
仕事で困った時読もうと思っても…ムギ夫君の顔を見ると別の本に手が伸びちゃいます。。。(Amazon カスタマーさん)

☆まさにこんな感じだ。
楽しい会話があるわけでもなく、ムギ夫君に魅力があるわけでもない。


・本自体がフレームワークのよい例になっている 2012年6月30日
読みやすく、わかりやすい解説書である。
本全体が一定の構造を意識して作られており、ストーリー性がある。総花的な「小ネタ」集ではない。

この種の解説書は、何を盛り込むかより何を書かないかが、全体の読みやすさと説得力を決める。
本書はそのそぎ落としにも成功しており、冗長な記載は少ない。
特に、初学者から一歩踏み出そうとする人や、初学者に教える立場の人には使い勝手が良いだろう。

本書は、全体も各項目も、それ自体が何らかのフレームワークを含んでいるフシがある。
たとえば、収載項目の取捨は、「重要性」と「理解しやすさ」でクロスしたマトリックスを(自然に)用いたのかなと思わせた。
説明の濃淡には、著者の経験や意欲によるところもあろうが、教科書ではないので許される範囲だろう。

なお、評者としては、筆者がパンの製造法にやたらと詳しい点に何度か吹き出してしまった。
このように、遊びを感じさせる文章力もあるため、幅ひろい職種の人に向いた本であると考える。

("カテキンとコラーゲンを限界まで詰めこんだパン"は実際に発売すると、
ナイスハーベスト社の経営を危殆に瀕せしめると思われるが、主人公・東氏の幸運を祈りたい。)(カスタマーさん)

☆やはり、初学者から一歩踏み出そうとする人向けのようだ。


・問題解決のプロセスの良入門書 2010年8月1日
この本の中で特に注目したいのが、問題解決のプロセスです。
良い時代になったもので、私がSEとして一本立ちした頃はOJTが全盛であり、実地で学びました。
OJTで学んだ内容の多くが体系的に分かりやすく書かれてます。
また、分かりやすいイラストも、ともすれば難しくなりがちな内容を容易に理解できる一助となっており、フレームワークとはなんぞや? これからフレームワークを学びたいと言った方にお勧めできる良入門書と感じました。(Amazon Customerさん)

☆OJTで学んだ内容の多くが体系的に分かりやすく書かれているとのこと。


・実践的にビジネスフレームワークを使っていこうと考えている人にぴったり 2010年7月31日
ズバリ、絵の効果もあってか、大変読みやすかったです。書いてある話はビジネスでよく出てくるテーマなのに、パンという身近なものが登場し、新入社員のむぎ夫がチャレンジするという立て付けがいいですね。

出てくるフレームワークは、基本中の基本として、MECE・ロジックツリー・トップ/ボトムアプローチ・PDCA・IPO・KPIを取り上げており、そこから発展するような形で、P/LとかPPMとかSWOT分析、バリューチェーンなんかが登場してきました。発想技法として、SCAMPERやシネクテクス法まで出てきて、フレームワークのカタログとしても使えます。

マーケティングフレームワークとして、デルタモデル・ブルーオーシャン戦略といった複雑なものも、話を単純化して扱っているので、すでにフレームワークを使っている人でも、他の人にうまく説明するやり方として参考になると思います。

昨年、最強フレームワーク100を読んでとても分かりやすかったのですけど、この本は、カタログ的な情報に加えて、ケーススタディも入っており、重要度の高いフレームワークに絞って取り上げているので、密度も納得度も高いです。(switchさん)

☆ワークフレームのカタログ。まさにそんな感じだった。
この本で一から学ぶよりも、知識に漏れがないかざっとおさらいするような使い方だとよさそう。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
初学者から一歩踏み出そうとする人に。

 
posted by macky at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

「B」で生きる経済学

「B」で生きる経済学 (中公新書ラクレ)
森永卓郎/著 (中公新書ラクレ) 2003年
680円+税


【動機】
朝まで生テレビとかの討論番組とかでいつもしょーもないことを言ってたので

どんな考えを持っているのか一度読んでおきたいと思って手に取った。



【所感】
討論番組のイメージとは裏腹にけっこうしっかりした考えで充実した内容だった。




【概要】
「B」はビューティフルのB、幸せなビンボーのB、素直に、正直に生きるサラリーマンの新しい幸福論。

「B」とはA級に対するB級のBであり、金持ちに対する貧乏人のBでもある。
しかし、「中流」なき超階級社会においては「Bで生きる」ことが幸福で充実した人生を送るキーポイントとなる。
本書は幸福で充実した人生を送るためにはなぜ「Bで生きる」必要があるのか、そして「Bで生きる」ためにはどのような哲学と行動が求められるのかを、具体的に提示している。
日本人が置かれている現実を直視し、真に幸福で人間的な生き方とは何かを明らかにする。


「B」で生きる経済学 (中公新書ラクレ)
森永 卓郎
中央公論新社
売り上げランキング: 725,718




【抜粋】
●異常に安くなっている資産を金持ちが買い占めていくというのが、大きなデフレが起こったときに常に繰り返されてきた歴史なのである。(p.20)

☆デフレで物が安く買える、ラッキー!と言ってたけど、金持ちは株や不動産を買い占めていたわけだ。



●あるいはまた、適切な距離を保つことで事業を成功させた会社もある。たとえば、レストラン事業を営む一部の会社では、客が食事をしているときに店員がテーブルの近くに立つことを禁止している。(p.59)

☆トンカツ屋さんは見習ってほしい。キャベツやご飯をおかわりしたいときはいないのに、用事のないときや食べ終わったときはなぜかすぐ近くをいつまでもウロウロしている(笑)



●状況の見えていないサラリーマンは猫の手も借りたいほど忙しい時期に休んで大ひんしゅくを買ってしまう。反対に、状況の見えているサラリーマンは周囲が休んだことすら気づかないさりげなさで有給休暇を取り、かつ、ここ一番というときには八面六臂の大活躍を見せるのだから、可愛がられて当然である。(p.61)

☆いるいる(笑) 忙しいときに限ってあいつなんで休んでんだ?ってやつ。 そういうやつはたしかに出世しない。



●仮に年収300万円だと仮定すると、40年働いて生涯賃金は1億2000万円。子供二人を大学にまで遣ると、なんと生涯賃金の3分の2が養育費で消えてしまうのだ。(p.136)

☆生涯賃金の3分の2が子供の養育費で消えてしまうとは知らなかった。



●事実、江戸時代の職人は、月に17日間も働けば、家族も含めて十分に食べていけたと言われている。(p.165)

☆江戸時代に比べてはるかに便利になっているのに、なぜ現代は30日休みなく働いても生活が苦しいのだろうか。




【アクションプラン】
・デフレの時に株や不動産を買い占めて、バーゲンセールが終わったら(平成16年の場合は不良債権処理完了の公約で)、
逆バブルをはじきに行くのでその時に売りたい。





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
テレビでよく見かける盛り沢山(森卓さん)ってどんな人?って時に。
手軽に読める。



【結論】
1%の「A」を目指して出世競争に明け暮れるか、それともB層としてそこそこの生活を楽しむか。
Cへ転落さえしなければ、これが一番幸せな生き方である。

posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

成功の五角形で勝利をつかめ!(2回目)

成功の五角形で勝利をつかめ!
三田紀房/著 (大和書房) 2008年
1,200円+税


【動機】
以前一度読んでいたが、 『ドラゴン桜』 を読み始めたので、再び読みたくなった。

今回はじっくりと時間をかけて読んでみた。



【所感】
4ヶ月くらいかけてじっくり読むと
1文ごとに考えさせられる。

スローリーディングにピッタリかも。

読みながらいろいろなことを新たに始めるきっかけとなった。




【概要】
これが仕事の 「教科書」 だ! 東大合格請負人が教える最強の地頭強化法。会社を「学校」に置き換えろ! 国語力は「教養」でも「品格」でもない! 数学力とは「ウソを見破る力」だ! 理科で「仮説と検証」を手に入れろ! 社会は「ネットワーク力」を鍛える手段だ! 人見知りは英語で直せ!教科書を極め、教科書から飛び出せ! 第2回ビジネス突破塾、いよいよ開講! (Amazonより)

著者は「ドラゴン桜」の三田紀房氏。本書はビジネスマンを対象とした講義である。
サブタイトルは、『ドラゴン桜』 流ビジネス突破塾 実践編。

ちなみに、第1回は、 『汗をかかずにトップを奪え! ~『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾~


成功の五角形で勝利をつかめ!



【抜粋】
●国数理社英という五教科によって身につく「生き抜く力」を大ざっぱにまとめると、次のようになる。(p.45)

・国語・・・・・・読解力、コミュニケーション能力

・数学・・・・・・ロジカルシンキング能力(論理的思考)

・理科・・・・・・仮説力、検証能力

・社会・・・・・・ネットワーク力(つなげる力)

・英語・・・・・・クソ度胸

☆前回も抜き出していたが、これは何度も確認したくなる。

国語から始めて、基礎からしっかり固めていくのが大事だ。



●成功者の自伝でも読んでみるといい。
彼らはかならず、どこかの場面で「なぜ?」と問いかけ、そこに自分だけの答えを発見し、ブレイクスルーを果たしている。(p.66)

☆自伝の読み方のコツが書いてある。



●小説や評論ももちろんいいのだが、詩や短歌、俳句などは絶好の教材かもしれない。(p.71)

☆昔から詩や短歌は苦手だった。詩を学べばコミュニケーション力が上がるかも。



●「文系人間」にこそ、数学力が必要になる。(p.94)

☆ウソを見抜く力、“数学的思考力” を身に付けよう。



●ロジカルシンキング能力を鍛えたいのなら、 (中略) 単なる計算問題ではなく、文章題、証明問題にチャレンジするようにしよう。(p.102)

☆数学というと計算問題ばかりが思い浮かぶが、それよりも文章題を中心にする。
道の探し方を鍛えるためだ。



●彼がキャプテンになれた理由、「あいつがいればチームがまとまる」と思わせる要因は、どこから出てくるものだろうか。
 これはもう、圧倒的に「言葉」だ。(p.182)

☆人心掌握術。まさに、すべての基礎は国語にあり、である。




【アクションプラン】
・成功者の自伝を読む。

・詩や短歌、俳句を学んでみる。まずは杜甫、李白あたりから始めてみるか。

・読み手にとっての「なぜ?」や「なにが?」を極力廃していく。

・数学を勉強し直す。

・仮説力と検証能力を高める。先に結論をでっち上げて、その結論に見合うような条件を当てはめていく。

・ビートルズを10〜30曲マスターする。

・練習問題を解く。テストとは、覚えているかをチェックする作業ではなく、インプットした情報を、正しくアウトプットするトレーニングである。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
「ドラゴン桜」が好きな人に。



【関連記事】
成功の五角形で勝利をつかめ!(1回目)



(170214 再読了)
posted by macky at 04:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする