2017年10月31日

読みたい本: コーチングの神様が教える「できる人」の法則

ケルヒャージャパンの佐藤社長おすすめの本。

コーチングの神様が教える「できる人」の法則。

著者は世界的企業の経営者80人以上に人を動かす能力を指導してきたマーシャル・ゴールドスミス。

リーダーが持ちやすい20の悪い癖を直すことが成功者の条件と記されている。

佐藤社長はこの本を読み、社員とのコミュニケーションの仕方を改めたという。



夢をすべて実現する人はほとんどいない。

大切なのは、

「私は夢をすべて実現させか」ではなく、「私は試したか」である。




【概要】
極度の負けず嫌い、人の話を聞かない、部下をえこひいきする、情報を教えない、腹を立てたまま何かを言う…。成功しているリーダーなら誰でも、つい日常的にやってしまう「悪い癖」を持っている。ジャック・ウェルチをはじめ何人もの名経営者を指導してきた著者は、この「悪い癖」を直すことこそ、ビジネスでも人生でも成功者の条件だ、と説く。そして、自分の悪癖を発見するためのフィードバックの集め方から、改善の度合いを知るためのフォローアップの技法まで、エグゼクティブ・コーチングの現場で実際に使っている技法を読者に伝授する。ウォールストリート・ジャーナルやNYタイムズ、amazon.comなど全米メディアでベストセラー第1位を記録したコーチング本の決定版。(「BOOK」データベースより)





【Amazonレビューより】
・何度も読み返した本 2010年12月8日
冒頭部分に出てくる20の悪い癖のところは何度か読み返した。
指摘されなければ気づかない自分の悪癖を良く理解することができる。
マーシャルの手法は人間関係の表面的な部分_態度や言動を徹底して
矯正していくわけだが、結局は人格にまで影響を及ぼすことができる
のではないかと思える。それにしてもニュートラルな状態に自分を置く
ということはどんなに難しいことか?
フィードバックを得る様々なユニークな方法は参考になる。(オキムラ良二さん)

posted by macky at 20:00 | Comment(0) | 読みたい本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする