2018年11月30日

ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件

ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件
ミルコ・デムーロ、クリストフ・ルメール、平松さとし/著 (KADOKAWA) 2016年
1,250円+税


【動機】
今の日本の競馬で主役ともいえるルメールとデムーロ。

この二人を知ること抜きに競馬の予想はできない。



【所感】
ルメールとデムーロについてよくわかる。

日本に来てダートが嫌だったというのはおもしろかった。



【概要】
豪華共著! G1戦線の主役2人が、初著書を上梓!

世界的名手2人が初めて明かす、プロ論、そして勝負論!

2015年3月1日、外国人として初のJRA所属騎手が誕生した。
イタリアの名手、ミルコ・デムーロと、フランスの名手、クリストフ・ルメールだ。

2016年のG1開幕戦「フェブラリーステークス」でワンツーフィニッシュを飾り、
春のクラシック、さらには古馬戦線も、
メジャーエンブレム、リオンディーズ、サトノダイヤモンド、ドゥラメンテら強豪馬をお手馬に持つ、
この2人が中心となることは間違いない。

そんな2人……
互いに尊敬し合う、世界的トップジョッキーの2人が、相手への想い、競馬への想いを語り尽くす!

「JRA騎手として」「勝ちたいレース」「クラシック三冠競走」「凱旋門賞」「ゲン担ぎ」「プレッシャー」「目標」などなど、
30を超えるテーマに対し、それぞれが答えを出していく。

世界的名手といわれる2人の思考の違いとは?
なぜ2人は勝てるのか?

その答えがここにある!(Amazonより)


ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件
ミルコ・デムーロ クリストフ・ルメール
KADOKAWA (2016-04-06)
売り上げランキング: 168,163




【抜粋】
●そんな競馬一家で育ったから、僕は自分でも覚えていないくらい若い時から馬に乗っていた。ただ、当時からジョッキーになりたかったのかというと、実はそうではないんだ。シルヴェスター・スタローンが腕相撲をする映画に感銘を受けて、スタローンの役柄と同じトラックの運転手になりたかったんだよ(笑)(p.21 デムーロ)

☆やっぱり超一流のジョッキーはみな小さい時から馬に乗ってる。



●ユタカさんやユウイチ(福永祐一)、あとノリさん(横山典弘)も、お父さんがジョッキーだったと聞いている。おそらく小さい頃から馬のいる環境で育ってきたのでしょう。感性が素晴らしいので見習うべきところがたくさんある。
 岩田(康誠)さんの集中力もすごい。 (中略)
 川田(将雅)くんと四位(洋文)さんはまったく違うタイプだけど、二人とも上手。(中略)
 それに、小牧(太)さんや関東エリアでは田辺(裕信)くんや蛯名(正義)さんもホントに上手。
 小牧さんは地方競馬出身でしょう。地方時代は毎日、レースに乗っていたと聞いている。当時、培われたものがJRAに来たあとも活きていると感じさせる騎乗をしているよね。 (中略)
 あとはダイサク(松田大作)。彼とはとても仲良くしているから言うわけではないけど、本当に上手だと思う。(p.48 デムーロ)

☆デムーロが上手だと思うジョッキーをたくさん挙げていておもしろい。



●レース中はいつも冷静で、絶対にパニックにならない心の強さと頭の良さを持っている。ユタカさんに関しては、何も言うことがありません。僕の一番好きなスタイルで乗っているジョッキーで、本当に尊敬しています。(p.52 ルメール)

☆ルメールが武豊が一番好きなスタイルと言ってるのは意外だった。



●僕が乗る前もダービーや宝塚記念で2着するなど、G1で勝てはしないけど善戦できる馬でした。ただ、足腰に力をつけていないぶん、どうしても追い込み一手になってしまうから惜敗が続いたようでした。でも、僕が乗ったころにはだいぶパワーをつけていて、追い込みにこだわる必要はなくなっていました。(p.94 ルメール)

☆追い込み一辺倒になるのは、足腰に力がなくパワーがないからなのか。パワーがないので道中飛ばし過ぎるとバテてしまう。





【アクションプラン】




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち4.0 売れるには理由(わけ)がある 2016年4月16日
「武豊×オリビエ・ペリエ―勝つには理由(わけ)がある」(2002年・小学館)は名著だった。出版社は別だが、本書はあれの続編と思ってOK。
それにしても、なんというタイミングの良さか。単に春のG1シリーズ開幕に合わせただけなのだろうけど、刊行の数日後にデムーロが桜花賞を勝ち、次週の皐月賞ではサトノダイヤモンド(ルメール)とリオンディーズ(デムーロ)が1・2番人気と見られている。
今年の、というかこれから数年間の競馬界は、この二人を中心に回っていくのだろう。(ロジカールさん)

☆このレビューを読んで、先に「武豊×オリビエ・ペリエ―勝つには理由(わけ)がある」を読んだのだ。




【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
一流ジョッキーがどんなことを考えて競走馬に乗っているのか知りたいときに。


IMG_0742.jpg

 
 
posted by macky at 20:00 | Comment(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

書を捨てよ、町へ出よう

書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)
寺山修司/著 (角川文庫) 1975年
514円+税


【動機】
逆転の仕事論』 を読んで興味を持った。


【所感】
イマイチ、おもしろくなかった。



【概要】
あなたの人生は退屈ですか。どこか遠くに行きたいと思いますか。あなたに必要なのは見栄えの良い仕事でも、自慢できる彼や彼女でも、お洒落な服でもない。必要なものは想像力だ。一点豪華主義的なイマジネーションこそが現実を覆す。書を捨てよ、町へ出よう―。とびきり大きな嘘を抱えながら。家出の方法、サッカー、ハイティーン詩集、競馬、ヤクザになる方法、自殺学入門etc…。八歳にして詩を書き、時代と共に駆け抜けた天才アジテーター・寺山修司による、100%クールな挑発の書。(「BOOK」データベースより)


書を捨てよ、町へ出よう (角川文庫)
寺山 修司
角川書店
売り上げランキング: 21,849


IMG_0729.jpg



【抜粋】
●使えるものは、はやく、有効に、そして美しく使うべきである。
 老人たちに、
「あいつは力がありあまっているようだから、ひとつ自衛隊に入れてベトナムにでも送ろうか!」といわれてからでは、手おくれなのだよ!(p.30)

☆性的エネルギーは使えるときにおおいに使えということ。
使わないでいると、老人たちの思うがままとなってしまうらしい。

たしかに、使えるのに使わないのは使えないのと一緒なのかもしれない。



●桜花賞レースにおけるワカクモとメジロボサツの対決を見ていると、過ぎ去った日のことどもが、まるで昨日のことのように思い出されてくるのである。(p.122)

☆不幸なメジロボサツと幸運なワカクモの対決。不幸な方は勝利に異常な執念を燃やしたが、勝ったのは幸運な方であった。
ワカクモはクモワカの子。伝貧にかかり、本来、殺処分されるべき馬だったが、ひそかに隠れて子を産んだ。その子というのがワカクモというわけである。



●寄ってみると折良くスズカンゲツの「種付け」が行われるという。
 スズカンゲツといえば、保田が乗って活躍した男まさりの牝馬である。
 入ってゆくと、青草の上に牝馬をつなぐ杭が組み立てられてある。
 そしてそこには処女のスズカンゲツが後ろ向きになってじっと立っていた。(p.196)

☆種付けの様子が詳しく描かれている。
馬の「性」にもいろいろと性格があるんだなぁ。




【アクションプラン】




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 時代の流れに風化しない価値をこの著書は有している 2013年4月6日
47歳で急逝した天才的劇作家、詩人のエッセイ集。プレイボーイではなくブレイボーイを目指せ、やくざになる方法、自殺学入門。作者は、読者をいろいろと挑発しているが、一方で挑発していることを自ら茶化している側面もあり、その語り口は人々を強烈に引きつける魅力を有している。ここらへんは、さすが詩人、言葉の使い方が絶妙である。しかし、この随分と前に出された本が批判していた「老人が若者を搾取している」状況は、現在、さらに悪化している。また「青年よ大尻を抱け」、「くたばれホームドラマ」といったアジテーションは、現在の若者にも是非とも浴びてもらいたい。時代の流れに風化しない価値をこの著書は有していると思われる。(adymarmaladeさん)



【この本が愛読書の有名人】




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:



 

posted by macky at 23:00 | Comment(0) | 随筆・エッセイ | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

日本人のための怒りかた講座

日本人のための怒りかた講座 (ちくま文庫)
パオロ・マッツァリーノ/著 (筑摩書房) 2016年
840円+税


【動機】
・やよい軒で食べていると隣にいた大学生がダウンジャケットを羽織った。

わざわざ真横でやらなくても、ちょっと離れて羽織ったらいいのに。


こういうとき、けっこう我慢してしまうので、何かいい方法はないかなと思って手に取った。



・マクドナルドで店に入った時にはテーブルが1つ空いていたのに

会計を済ませていざ食べようと思ったら塞がっていた。

1つ空いていたテーブルには、ヤクザ風のおじさんが、注文もせずにテーブルを占領し、書類を広げて仕事を始めてた。

食べ終わって帰るときに見たら、おじさんはあいかわらず何も注文せずに仕事を続けていた。


こういうときもけっこう我慢してしまうので、何かいい方法はないかなと思って手に取った。



・お気に入りの洋食屋さんに久々に行って、大好きなものを注文して待っていたら

新たな客が入ってきて隣のテーブルに座った。

料理が来て、いざ食べようとしたら、隣の人はここぞというタイミングでタバコに火をつけた。

私はなんでわざわざこのタイミングで
タバコに火をつけるんだろう・・・

と思いながら、隣の人がタバコを吸い終わるのを待った。

タバコを吸い終わったのを確認してから、料理を食べ始めたら

すでにちょっと冷めていて、ストレスだけがたまった。

せっかく楽しみにしていたのに。


こういうとき、やっぱり我慢してしまうので、何かいい方法はないかなと思って手に取った。






【所感】
ざっと読んでみたがあまりおもしろくない。

注意するときは、どうしてほしいのか具体的に言うことというのは為になった。

サザエさんの波平のように「バカモーン」とか「こらっ!」と叱るのはよくないとのこと。

(なんで怒られたのかわからないかららしい)

たしかに、暴走族に向かって「こらっ!」って注意しても、

本人は迷惑なことをしているという自覚はないので意味がない。




【概要】
「怒りは悪」と思われがち。しかし、怒りを否定することは人間らしさを否定することです。仮に怒りを抑えたとしてもストレスがたまるだけで問題は解決しません。必要なのはコミュニケーション。身の回りの不愉快な出来事を引き起こしている相手と向き合い、誤解されずに怒りをきちんと伝える技術です。「知られざる近現代マナー史」を参照しながら、具体的な「怒る技術」を伝授する一冊。(「BOOK」データベースより)


日本人のための怒りかた講座 (ちくま文庫)
パオロ・マッツァリーノ
筑摩書房
売り上げランキング: 275,281





【抜粋】
●知らない人に注意することは、知らない異性をナンパするのと同じなんです。相手が自分のことを好きだという確信がなくたって、ナンパするじゃないですか。うまく応じてくれればラッキーだし、断られたらそれまでです。失敗すること、まちがうことを恐れてなにもしなかったら、扉は開かれませんよ。(p.150)

☆さすがイタリア人。
いい女性を見かけたらナンパをしなければならない。
それと同じように間違ったことをした人がいれば怒らないといけない。
このへんは私たち日本人が見習わねばならないところのようだ。

ナンパも注意も、うまくいかなくてもそれほど気にするなと言うこと。
日本人は確かに、失敗したらそれでもう人生終わりという雰囲気がある。





●だからあの音漏れ君のように、注意されても無視を貫き、オレは平気だぜ、ビビッてねえんだぜ、と強がることで、恥をかかされ穢れを受けた事実を帳消しにしたいわけです。シカトは、ハートの弱い人間が、心が折れぬよう必死で頑張ってる姿なんです。けなげなもんです。
 つまり、このタイプの人に対しては、公衆の面前で一度注意しただけで、けっこうな心理的ダメージを与えているのです。深追いしてそれ以上傷口を広げると、キレて暴れるかもしれないので危険です。・・・(中略)・・・お叱りビギナーの皆さんは、シカトされると負けたと感じて、必要以上に腹を立てたりヘコんだりしてしまうんです。(p.176)

☆なるほど、たしかに、注意したのに無視されて逆上する人がいるが、それは危険とのこと。
シカトされたとしても精神的ダメージは与えているので勝負は引き分けらしい。

そういえば、怒るときすごくイライラしながら怒る人がいるよね。
傍から見てても、そんな言い方しなくてもいいのにって思う。

この前も、スシローで注文したのに来ないと言って店員に激しく怒ってるおじさんがいた。
「この店は詐欺か!」と大声で叫んでで滑稽だった。

届いてない分は料金に加算されてないからまた改めて注文すればいいのに・・・。

我慢に我慢を重ねて爆発してイライラしながら怒るよりも、
まだそれほどストレスを感じてないときに、さらっと注意する方がいい。
その方がお互いに気まずい思いをしなくて済む。



【アクションプラン】
・今まであまり怒らなかったけど、もっと怒ってみよう。
理想は明石さんまさん。どんなに怒っても笑いに持っていけるのが素晴らしい。
(なぜか怒られた方も楽しい気持ちになっている)



【Amazonレビューより】





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
注意したくてもなかなかできずにストレスを感じてしまう人に。
何かのヒントになるかも。


 
posted by macky at 19:28 | Comment(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

武豊×オリビエ・ペリエ―勝つには理由(わけ)がある

武豊×オリビエ・ペリエ―勝つには理由(わけ)がある
武豊、オリビエ・ペリエ、平松さとし/著 (小学館) 2002年 (文庫本もあり)
1,200円+税


【動機】
ミルコ・デムーロ×クリストフ・ルメール 勝利の条件』 を読もうと思ったけど、本書を先に読んでおこうということで。



【所感】
そんなにたいした情報は書かれてなかった。



【概要】
日仏天才ジョッキーが明かす勝つレース戦術
 天才と呼ばれ、大レースを次々に勝っていく武豊とペリエ。日本とフランスを代表するこの名ジョッキーは、何を考え、どんな努力をして騎乗しているのか。対称的な二人だが、その勝利の裏には、勝って当然の理由がある。(Amazonより)


武豊×オリビエ・ペリエ―勝つには理由(わけ)がある
武 豊 オリビエ ペリエ
小学館
売り上げランキング: 662,676




【抜粋】
●「ジョッキーを意識したのは、小学4年生の頃に乗馬を始めてからですね。体も小さかったし、武邦彦の息子ということで周りも、 『このコはジョッキーになる』 って思ってたみたいです。だから、ごく自然にジョッキーになったという感じ。 ・・・(中略)・・・
そういえば僕、小学生の頃から現役馬に跨っていましたよ。いまだから言えるけど、小学生の頃から競走馬の午後運動とかに跨らせてもらっていたんです。小学生が現役のサラブレッドに乗っていたわけですからね。さすがに追い切りとかには乗ってないけど、よく考えたらとんでもない話ですよ(笑)。(p.155)

☆成功している人の多くは小学生のころからやってるなぁ。ということは、小学生の時に何をやっていたかで人生はほとんど決まるといってもいいかも。



●デビュー当初、河内以外にも憧れたジョッキーがいたとユタカは続けた。
「河内さんのほかにも田原(成貴)さんは格好いいなぁって思いましたね。あと、関東では岡部(幸雄)さんと、いまは調教師の小島太さん。2人とも早くから海外に目を向けていましたからね。騎乗法など随分とマネさせてもらったものです。もちろん、この人たちは、いまでも尊敬してますよ。(p.171)

☆武さんは、兄弟子の河内洋さんや田原さん、岡部さん、小島太さんを尊敬していたそうだ。
田原さんは覚せい剤で捕まったりしたけど、ジョッキーとしては本当にかっこよかった。
田原さん原作の「ありゃ馬こりゃ馬」というマンガもおもしろかった。







【アクションプラン】




【Amazonレビューより】





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
一流ジョッキーがどんなことを考えて競走馬に乗っているのか知りたいときに。


IMG_0464.JPG


posted by macky at 23:57 | Comment(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

成りあがり

成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
矢沢永吉/著 (角川書店) 1980年 (単行本は1978年)
500円+税


【動機】
矢沢永吉さんのステッカーを貼っている車をよく見かける。

それも特に年配の方に多い。

なぜこんなに人気があるのか迫ってみたい。



【所感】
音楽に対する熱い気持ちが伝わってくる。




【概要】
広島から夜汽車に乗って上京した少年。ポケットにはアルバイトで貯めた5万円しかなかったが、胸には熱く燃える大きな固まりがあった。「おれは音楽をやる、星になる!」。その少年はいま、願いどおり星になった。星の中の星、スーパースターに。だがここにあるのは、うつろな星のささやきではない。くやしさも、みじめさも、すべて吐きだし、泣いている、笑っている、叫んでいる。この一冊はそのまま矢沢永吉の歌なのだ。(「BOOK」データベースより)


矢沢永吉さんが29歳の時に書いた本。


成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
矢沢 永吉
角川書店
売り上げランキング: 3,669




【抜粋】
●そのうち恋をしてカミさんをもらい、オレも恋をしてカミさんをもらう。子供ができて、オレにも子供ができた。
 さあ、その時、どっちの子どもが、どれだけ大きな家に住めるボクになれるか勝負しよう」(p.32)

☆どん底の貧乏を経験した人ってそんなことを考えているんだな。そりゃ勝てるわけがない。



●中学 ワルの時代
 メシ食えんけど そんなの知らないよ
 パンを盗めばいい 牛乳ガメて飲めばいい(p.34)

☆育ち盛りの時にまともなものを食べられなくてなぜ180センチもあるのかと不思議に思っていたら、盗んでいたから。目からうろこが落ちた。



●いまの文部省で教えてるような勉強、そういうものの優等生の連中は、どこに行くのが最も適しているか。国家公務員ですよ。そういう教え方しかしないんだもの、いまの学校は。大蔵省へ行けみたいなやつばっかり育ててる。
 大工になる。音楽家になる。レーサーになる。野球の選手になる。プロレスラー、ボクシング……これは、いまの文部省のカリキュラムでは教えてない科目なんだよ。(p.62)

☆大蔵省(今の財務省)に行けなければ、落ちこぼれ、つまりほとんどの人が落ちこぼれという教育だから今の日本はダメなんだろうな。



●十回ぐらい、リフレインで読んだよ。えらい気に入ってね。(p.64-65)

☆高校一年の時に、友達の姉が勤めていたキャバレーの社長の家に遊びに行ったときに社長から気に入られてもらった本。 『人を動かす



●人間て、食べること寝ることのつらさより、暗い明日のことを想像するつらさのほうが、大きいと思うんだ。(p.72)

☆今がつらくても、明日は希望がある、そうやって生きているとたしかに明るい。
明日をより良くするために、今日をがんばる。



●「あのドラム、うちのと取っ替えようか」(p.128)

☆笑える。




●ね、スティーブ・マックイーンが、なに、義理の父親に育てられて、ナイフを突きつけて……。
「たぶん、あの家庭環境から、彼の演技力が出てきた」これ。なにか?
 たぶん、親父と気が合わなかったのよ。簡単なこと言えば、不良、チンピラだっただけのこと。
 内容が伴って、はじめてそういうことが美化されるわけでしょう。普通の犯罪には変わりない。(p.253)

☆スティーブ・マックイーンの映画を観てみたい。
「大脱走」を観てみよう。






【アクションプラン】
・『人を動かす』 を10回読む。

・「大脱走」を観てみる。




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 モチベーション上がります。
2014年9月14日
矢沢永吉 28歳の時のインタビュー集を糸井重里が再構成した本。話し言葉になっていますが、それも本人がしゃべっているのを聞いているようで、リアルに感じます。なにより、昭和53年頃の本なのに、今でも「アツい」。読み終わると、自分も頑張るぞという気分にさせてくれます。出会って良かったと思える本の一つです。(Amazon Customerさん)

☆本人が書いたものではなく、インタビューをもとに編集された本のようだ。




【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
高校くらいまでに読みたかった。課題図書にしたらいいのに。


 
posted by macky at 23:56 | Comment(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする