2019年05月27日

アメリカの壁

アメリカの壁 (文春文庫)
小松左京/著 (文藝春秋) 2017年 (初出は1977年)
740円+税


【動機】
2年前のトランプ大統領の出現を予言して書いたと言われた本。

読んでたらトランプ大統領が日本に遊びに来た。すごい偶然。

大相撲を観戦してた。




【所感】
1作目は表題作。けっこう退屈だなぁと思いながら読んでたら最後のオチは意外でおもしろかった。

O.ヘンリを読んだ時のような読後感があった。


2作目「眠りと旅と夢」
ミイラが1000年経った今でも生きていて柩の中で眠っているという発想がおもしろい。

ふたを開けて空気に触れると朽ち果てて死んでしまうから、慎重に開けないといけない。

ひょっとしたら本当なのかもとちょっとでも思わせてくれるところがおもしろい。


3作目「鳩啼時計」以降はまた時間のあるときにでも読もう。


著者の息子が書いた解説もわかりやすくおもしろかった。




【概要】
「輝けるアメリカ」「美しいアメリカ」を掲げ当選した大統領ひきいるアメリカが、突然出現した「壁」によって外の世界と遮断される! 1977年に発表された表題作「アメリカの壁」が「現在のトランプ政権の誕生を予言していた」と40年の歳月を超えて話題沸騰、電子書籍として発売されるや、各電子書店のベストセラー・ランキングで1位を獲得、国内外のメディアで大きく取り上げられた。この注目作品に加え、「眠りと旅と夢」「鳩啼時計」「幽霊屋敷」「おれの死体を探せ」「ハイネックの女」の六篇を収録した短編集を、新装版として緊急出版する。SFが“未来を見通す文学”であるならば、「国境に壁を築く」というトランプ大統領の台詞を先取りしたこの題名は、まさに「SF界の巨匠」の面目躍如たるものがある。
ベトナム戦争が終わってからこのかた、アメリカ人が急速に「内向き」になっている時代。独立記念日の直前、アメリカから外界への、すべての交通機関、通信手段が突然、途絶する。ビジネスで日本から来ていた主人公は困惑し動転するが、アメリカ人の友人は「こんなことが起こるような気がしていた」と不可解な態度。そして何事もないかの如く独立記念日の式典は華やかに進む。アメリカが不可思議な壁で覆われてしまっても、なぜ「アメリカ市民」たちは平静でいられるのか。「アメリカの壁」を生んだのはあの大統領」なのか・・・? 奇想天外な「SF」という形式で、巨匠・小松左京は、超大国アメリカの本音を鋭く抉り出す。(Amazonより)

独立記念日を前にしたある日、アメリカと外界との連絡、交通が突然遮断された!?40年前にトランプ大統領登場を予言したかの如き表題作に加え「眠りと旅と夢」「鳩啼時計」「幽霊屋敷」「おれの死体を探せ」「ハイネックの女」の、いずれも未来を的確に見通した六篇を収録。SF界の巨匠の面目躍如たる短編集。(「BOOK」データベースより)


アメリカの壁 (文春文庫)
小松 左京
文藝春秋 (2017-12-05)
売り上げランキング: 30,188





【抜粋】




【アクションプラン】
・3作目「鳩啼時計」以降はまた時間のあるときにでも読もう。




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち4.0 話題のメキシコ国境の壁で「アメリカの壁」を思い出した。 2017年3月5日
文春は流石だね、「アメリカの壁」1編だけの廉価版も有ったが、それでは面白くないのでこちらの方を購入。
角川版と違って小松左京ライブラリの解説が無いけれども面白かった。
「アメリカの壁」は大統領が北米大陸を囲む霧による電波、電気不透過の壁で鎖国してしまう物語。
輝けるアメリカとか美しいアメリカとかどこかで聞いたことある様なお題目だな。
面白かったのは、「眠りと旅と夢」、「幽霊屋敷」、「ハイネックの女」かな。
「首都消失」も読み直そうかな。(Nekomatadesuさん)



・5つ星のうち4.0 色々な小松ワールドを堪能できる 2018年10月27日
@アメリカの壁(★★★★)
 アメリカの沖合220海里の所に突如出現した高さ数百kmの「白い霧の壁」はあらゆるものを遮断する。帯の
 惹句にもあるように約40年前の作品でありながら、現在のトランプ大統領を彷彿とさせる。「おまえ達, 
 もう入って来るな!」と言わんばかりのアメリカの壁は、むしり取られ続け孤立の道を選択したライオンの
 内向きベクトルの産物のようだ。
A眠りと旅と夢(★★★★★★★)
 インディ・ジョーンズのような出だしに期待感が高まり、生きているミイラの場面では恐怖にも似たゾクゾ
 ク感が体を包む。ラスト1頁は宇宙が引っくり返るようなどんでん返しに降参する。悠久の時の流れと無限の
 深宇宙の虚無感にSFならではの感動を覚える。
その他、鳩啼時計、幽霊屋敷、おれの死体を探せ、ハイネックの女が収載されている。(渋柿さん)



・5つ星のうち5.0 名品というしかない「眠りと旅と夢」が読めたから五つ星 2008年7月19日
 1977年(昭和52年)から1978年(昭和53年)にかけて掲載された「アメリカの壁」(初出誌『SFマガジン』)、「眠りと旅と夢」(同)、「鳩啼時計」(『週刊小説』)、「幽霊屋敷」(『小説推理』)、「おれの死体を探せ」(同)、「ハイネックの女」(『オール讀物』)の六つの短編を収録した文庫本(1982年5月25日 第1刷)。

 なかでも一頭地を抜いて魅力的で面白かったのが、二番目に収められた「眠りと旅と夢」。南米のペルー、コロンビアの国境に近いアンデス東斜面のピラミッドに安置されていた三体の古代ミイラ。その中の一体、偉大なる神官「三の猿」をめぐって、あり得ない真実のベールが次第にめくられていき、最後に不可思議な謎が解き明かされる妙味。「人生は夢で織り合わされている」と『テンペスト』だったか(?)で記したシェイクスピアの言葉に通じる、深遠かつ壮大、ファンタスティックな物語の面白味。うーん、無類に面白いSF小説ってのは、こういう作品のことを言うのだろうなあと、読み終えてため息をつかされた短編。今さらなんですが、これは小松左京短編群のなかでも、非常に優れて印象的な名品ですねぇ。深く魅了されました。

 ちなみに、ハルキ文庫の小松左京作品群のなかでは、長編では『果しなき流れの果に』が、中・短編作品集では『時の顔』『結晶星団』といった辺りが、心のど真ん中を衝かれた問答無用の傑作本。とても印象に残っています。(東の風さん)





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
小松左京を初めて読むのにぴったりかも。



 
posted by macky at 23:52 | Comment(0) | 小説 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

頭のいい1%の人が使う モノの見方・考え方

頭のいい1%の人が使う モノの見方・考え方 (日文新書)
伊達一啓/著 (日本文芸社 ) 2012年
838円+税


【動機】
最近、水平思考(ラテラルシンキング)に目覚めたので。



【所感】
目から鱗のエピソードが満載でサクサク読める。



【概要】
ちょっとしたコツで人をひと味違った発想力がみにつく実例を多数掲載。楽しみながら読み進めるうちに、脳がサクサク動くようになる。人と違ったひと味違う奇抜な発想が自然につく一冊!(Amazonより)


頭のいい1%の人が使う モノの見方・考え方 (日文新書)
伊達 一啓
日本文芸社
売り上げランキング: 672,811




【抜粋】
●AKB48のように、メンバーが100人にもなると(48人ではありません)そのパワー、エネルギーは計り知れないものがあります。(p.48)

☆AKBって100人もいたのか。48人くらいかと思った。




●当時スタンフォード大学院生だったジェリー・ヤンとデビット・ファイロは、インターネットを使って情報を入手し、それを勉強に役立てていました。やがて彼らは趣味でディレクトリ・サービス(インターネット上にある情報を効率よくまとめたもの)を始めます。それが好評を得て、ヒット数が徐々にアップしていきました。しばらくするとさらに増えて、ヒット数は日に10万を超えるようになりました。 (中略)
 こうして2人は、1995年4月「ヤフー・コーポレーション」を設立して、本格的にYAHOO!サービスを開始したのでした。(p.172)

☆ヤフーはこうして生まれた。





【アクションプラン】




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 発想が豊かになる。人生が変わる。 2012年12月26日
同じ事態、現象、物事でもアングル変えたり、見方を変えることによって
これほど違って見えるとは驚きです。まさに目からうろこです。
怠け者のキリギリスが生き延びた理由や、エンジントラブルの際に、
機長がわざと他のエンジンを停止させて乗客を救った例などが、
特に印象に残りました。まさか逆のことをして助かるとは思いませんでした。
これからは物事を正面からだけではなく、逆さから、斜めから、真横から
見ることを心がけなければと思いました。
発想が貧困で画一的だと感じる人にはもってこいの本だと思いす。(スマターさん)





【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
p.72の問題が瞬時に解けたらこの本を読む必要はないと思われる。

(雨の日にスポーツカーを運転していたら、バス停で3人の姿が目に飛び込んできた。
ひとりは20年ぶりの学生時代の親友、もう一人は憧れ(理想)の女性、そして最後の一人は重病の老婆。
バスは雨のため、かなり遅れているようだった。
スポーツカーには席があと一つしかない。
ここで問題。あなたも含めて、全員が満足する方法とは?)



【結論】
垂直思考(ロジカルシンキング)で行き詰まったら水平思考(ラテラルシンキング)を!

posted by macky at 23:24 | Comment(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

競馬 勝てる天才、負ける凡人

競馬 勝てる天才、負ける凡人 (PHP文庫)
里中李生/著 (PHP研究所 ) 2008年 (単行本は1999年)
590円+税


【動機】
私の師匠「里中李生さん」: 赤帝龍王の競馬日記を読んで興味を持った。


【所感】
この本を読んでたら競馬で安定して勝てるようになった。ただの偶然かもしれないけど。



【概要】
勝つ人間、負ける人間の差はどこにあるのか? 競馬は世界一難解な推理小説である。必勝本をいくら読んでも意味はない。必勝本を見ているヒマがあったら、負けたレースのビデオを見ろ、パドックに足を運べ。擦り切れるほど自分の頭で考え、勝負を賭ける。それが競馬だ。自分で考えることを放棄するな。本書は競馬ファンのカリスマ的存在である著著が、己の才能を呼び覚まし勝つための極意を明かしたものである。「午前中のレースは買うな」「上がりタイムをチェックせよ」「GIレースに勝てないうちは他のレースに手を出すな」「競馬に強くなりたければ、単勝馬券を買え、単勝予想で勝負を賭けろ」「大切なのはレース後の騎手のコメント」「馬券は必ずパドックを見てから買え」等、連戦連勝の秘策を説いた里中マジックが炸裂。自分の◎が勝つという自信。自分が正しいと強気になれる自信。データに惑わされない自信。その自信こそがあなたを勝利に導くのだ。(Amazonより)

勝つ人間、負ける人間の差はどこにあるのか? 本書は競馬ファンのカリスマ的存在である著者が、己の才能を呼び覚まし勝つための極意を明かしたものである。「午前中のレースは買うな」「G1レースに勝てないうちは他のレースに手を出すな」「大切なのはレース後の騎手のコメント」「馬券はパドックを見てから買え」など、連戦連勝の秘策を説いた里中マジックが満載。知的に冷静に馬券を買い、儲ける方法。(「BOOK」データベースより)


競馬 勝てる天才、負ける凡人 (PHP文庫)
里中 李生
PHP研究所
売り上げランキング: 830,297





【抜粋】
● 『天皇賞・春』 では、どんなに別路線の馬が人気になっても、前年の菊花賞馬か菊花賞出走馬が勝っていく。(p.42)

☆このようにズバリと言い切っていくので面白い。

試しに、『天皇賞・春』 の結果を見てみると、

1着:フィエールマン(前年の菊花賞馬)


ついでにもう少し見ていくと、

2着:グローリーヴェイズ(前年の菊花賞出走馬)


こういうのを知っているだけでも、馬券の的中率は上がっていく。






【アクションプラン】




【Amazonレビューより】




【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
競馬で安定して稼ぎたい人に。



posted by macky at 23:00 | Comment(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

まんがで読む万葉集・古今和歌集・新古今和歌集

まんがで読む 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集 (学研まんが 日本の古典)
吉野朋美/監修、渡まかな、鎌尾こんぶ、上地優歩、込由野しほ、グリコ/マンガ (学研プラス) 2015年
1,300円+税


【動機】
新元号 「令和」に決まったので、その出典となった万葉集を読んでみよう。

この本が朝の情報番組「スッキリ!」で紹介されていたので読んでみたくなった。



【所感】
全部読んでみたけど、「令和」が出てこなかった。

マンガの図柄も違うようだから、「スッキリ!」が出典表記を間違えたのかもしれない。


全体的に知ってる歌が多かった。

万葉集・古今和歌集・新古今和歌集はわざわざ読んだことはなかったが、

中学や高校の古文で習っていたのだろう。



違いをざっとまとめると、

万葉集: 自然。ますらをぶり。大伴家持。

古今和歌集: 心情。たをやめぶり。紀貫之。

新古今和歌集: 幻想的。藤原定家。



主な技法。

掛詞: ダジャレ

見立て: たとえ

折句: あいうえお作文




【概要】
◆◇◆新元号「令和」の出典「万葉集」をまんがで紹介!◆◇◆
「万葉集」という名前を聞いたことはあるものの、
どのような歌集なのかを知らない方も多いのではないでしょうか?

本書は、まんがとやさしいコラムで「歌集の成り立ち」や「歌の意味」、「歌が詠まれた背景」、「歌に使われている技法」、「作者」などをわかりやすく解説した学習まんがです。
まんがなので状況がよくわかり、知らず知らずのうちに古典の基礎知識が身につくので、古典入門にぴったり!
歌はもちろん、解説にもふりがなつきで小学生から大人まで手軽に楽しく読めます。

「万葉集」と並んで有名な歌集「古今和歌集」「新古今和歌集」からも、小中学校の教科書に載っている歌を中心に和歌を厳選。合わせて約90首を掲載しています。
新元号を機に日本の古典に興味をもたれた方の最初の1冊≠ノおすすめです!(Amazonより)


まんがで読む 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集 (学研まんが 日本の古典)
渡 まかな 鎌尾 こんぶ 上地 優歩 込由野 しほ グリコ
学研プラス
売り上げランキング: 3,107





【抜粋】
●我が背子を大和へ遣るとさ夜ふけて 暁露に我が立ち濡れし(p.50)

☆大津皇子の謀反事件。(草壁皇子に皇位継承させるため、持統天皇に殺された事件)
歴史としては知っていたけど、
こうやって和歌を詠むと、切ないなぁ。

天武天皇の後継者と見られていた草壁皇子。母は持統天皇。
大津皇子も天武天皇の子だが、母は大田皇女(持統天皇の姉)。大津皇子は文武両道で才能が群を抜いていたため、皇后の持統天皇に処刑された。
斎宮(伊勢神宮に奉仕する皇族の女性)となっていた大伯皇女(大津皇子の実の姉。別名大来皇女)が大津皇子を見送った時に詠んだ歌である。

我が背子: 親しい男性を呼ぶ語。多くは女性が夫・恋人を呼ぶ場合に用いられるが、母から子、姉から弟、男性から男性に用いることもある。

もう二度と会えないような気がして、いつまでも立ち続けて見送っていた。




●田子の浦ゆ うち出でて見ればま白にそ 富士の高嶺に雪は降りける(p.64)

☆山部赤人の歌。万葉集に収められている。

「田子の浦に うち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」に似てるなと思ったら、
こちらは百人一首に収められている歌。

「田子の浦ゆ」の「ゆ」ってなんだろう?

調べてみると、

「ゆ」は動作の経由する場所を示す格助詞であるから、
「田子の浦を通って(ある場所へ行き)」という訳になり、田子の浦は富士が眺望できない所ということになるそうだ。





●花さそふ 比良の山風吹きにけり 漕ぎゆく舟の 跡見ゆるまで(p.154)

☆新古今和歌集で一番好きな歌かも。

桜の花びらを分けて進む舟の跡がくっきりと見える美しい光景が目に浮かんでくる。

琵琶湖で実際、そういう光景はあるのだろうか。


rwRg1jHx852bYvD1558426027_1558426051.jpg



作者は宮内卿。和歌に熱中しすぎたあまり、20歳前後で亡くなってしまったそうだ。





【アクションプラン】




【Amazonレビューより】




【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
目的は果たせなかったので星二つ。(スッキリで紹介されていた本が読みたかったので)
歴史の勉強をしながら読むとよくわかるかも。


 
posted by macky at 23:13 | Comment(0) | 古典 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

パーソナリティ障害 正しい知識と治し方

パーソナリティ障害 正しい知識と治し方 (健康ライブラリーイラスト版)
市橋秀夫/著 (講談社) 2017年
1,300円+税


【動機】
とあるネットサイトでユーザー同士でケンカしていた。

そのときに一方が相手のことを「自己愛性パーソナリティ」と言ってたので興味を持った。



【所感】
一口にパーソナリティ障害って言っても10種類くらいあるようだ。



「境界性パーソナリティ障害」は「私を見捨てないで」とリストカットなどをして気を引こうとするのが特徴。

「自己愛性パーソナリティ障害」は「私をもっと賞賛して」と人の評価を気にしすぎる。人の評価を気にするのは自分を客観的に判断するための判断基準を持ってないためだそうだ。



このほかにも、「シゾイドパーソナリティ障害」というのもあり、いつも一人でいるが寂しそうには見えないそうだ。家族の中ですら孤立を選び、感情の起伏をほとんど見せないらしい。



「境界性パーソナリティ障害」の人が、夜中に彼氏を呼び出して、来てくれなきゃ死んじゃうと騒いでも行ってはいけないという。

要求がエスカレートするからだとか。

かといって、要求を無視していると、見捨てられたという絶望と怒りが深まるそうだ。なかなか難しい。バランスが大事。





【概要】
その生きづらさ、パーソナリティ障害では?「境界性」と「自己愛性」を中心に障害の特徴、背景から治すためにできること、家族や周囲の正しい対応法まで。(「BOOK」データベースより)







【抜粋】





【アクションプラン】
・ツイッターで「境界性パーソナリティ障害」で検索してみたら、この障害で苦しんでいる人がたくさん出てきた。

こんなにたくさんの人が苦しんでいるとは知らなかった。そういえば、フォロワーさんの中に一人もそういう人がいないからかも。

薬とかじゃなくて、何か根本的な解決方法はないのかな?

小さい頃に親に適切に愛されないとこういう障害になりやすいみたいなので、

催眠療法とかで記憶自体を塗り替えたりとか。

何か方法はありそうなんだけど、この本を読むだけだと具体的な解決方法がなくてスッキリしない。



【Amazonレビューより】
・5つ星のうち2.0 当たり障りのない入門編 2017年12月21日
境界性については、良書がありますが、自己愛性や回避性などについて詳しく書かれている資料はありません。
珍しく、自己愛性という目次があったので、購入しましたが、やはり当たり障りのないことしか書かれていませんでした。
現状で、自己愛性と対峙している人にとって、何の参考にもなりません。
当事者には全く物足りない内容です。
あくまで入門編としてなら参考になるかと。(玄豊さん)






【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
「パーソナリティ障害」についてざっくり知りたいときに。




◆追記:190524
中村雄二郎「術後集2」(岩波新書)を読んでいたら、 <境界例> というのが出てきた。

 わが国の精神医学の分野で、 <境界例> (ボーダーライン・ケース)ということが言われるようになったのは、1970年代からである。この <境界例> とは、最初は、神経症と精神病との境界に位置する疾患としてとらえられたが、やがて <境界> そのものが半ば独立した領域を形づくるという考え方に立つようになった。まさにボーダーレス時代を先取りしていたものと言えよう。(p.168)


☆境界性パーソナリティ障害という名前はわかりにくい名前だと思っていたけど、

1970年代から存在していたようだ。

 


posted by macky at 23:36 | Comment(0) | 健康 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする