2019年11月29日

戦後史の正体

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
孫崎 享
創元社
売り上げランキング: 1,372


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
孫崎享/著 (創元社) 2012年
1,500円+税



【概要】
元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く。(「BOOK」データベースより)

日本の戦後史をアメリカを軸に、「対米追随路線」か「自主路線」かで分けて論じている。


【動機】
堀江貴文 『刑務所なう。2』 を読んだ時に、
『ダ・ヴィンチ』 という雑誌が紹介されていたので、読んでみたら
三宅裕司さんがオススメしていた。


【所感】
高校生でも分かるように書いたというだけあってわかりやすい。

ここまで書いていいのかと思うことも多く、
おもしろくて一気に読んでしまった。



【抜粋】
●重光外相は、降伏文書に署名した9月2日のわずか2週間後、9月17日に外務大臣を辞任させられています。
「日本の国益を堂々と主張する」。米国にとってそういう外務大臣は不要だったのです。求められるのは「連合国最高司令官からの要求にすべてしたがう」外務大臣です。それが吉田茂でした。重光が辞任したあと、次の外務大臣は吉田茂になります。戦後の日本外交の歴史に置いて、「自主路線」が「対米追随路線」にとって代わられる最初の例です。(p.44-45)

☆一般的に評価の高い吉田茂もこの通りバッサリ。



●米国で外交・軍事面でもっとも重要なポストは、国務長官と国防長官ですが、このふたりに劣らず重要なのが国家安全保障担当の大統領補佐官です。つねに大統領のそばにいて、ときに国務長官と国防長官よりも重要な役割を演じます。いちばん有名なのはキッシンジャーでしょう。
 ブレジンスキーはカーター大統領時代、国家安全保障担当の大統領補佐官として辣腕をふるった人です。最近でもオバマ大統領の選挙で外交顧問をつとめ、オバマ大統領から「もっとも卓越した思想家のひとり」とよばれています。(p.51)

☆大物がずらりと並ぶ。ブレジンスキーといえば地政学の人かな。 『地政学で世界を読む―21世紀のユーラシア覇権ゲーム』 を早く読みたい。



●一方、その後もニクソン大統領の佐藤首相への報復は継続します。
 そのひとつが尖閣諸島に対する米国の態度です。(p.254)

☆今、中国との間で尖閣諸島が問題になっているけど、その発端が
ニクソン大統領の佐藤首相への報復だったとは驚きだ。
1970年の繊維問題が未だに尾を引いている。



●こうして、日本では、「田中首相は石油で独自外交を展開したから米国にやられた」というのがほぼ定説になっています。
 私はこれには疑問をもっています。(p.261)

☆それよりも、日中国交正常化が大きいという。アメリカからしてみれば、ニクソン訪中の果実を横取りされたということだ。それでロッキード事件を仕掛けられたという。中国に近づきすぎるとアメリカにやられるというパターン。これは橋本龍太郎もそうだという。二つある「虎の尾」の一つ。ちなみに、もう一つの「虎の尾」は、沖縄の基地問題。



●レーガンは政治的にはタカ派です。
 ソ連を「悪の帝国」とよび、軍備拡張戦争をしかけました。ソ連はレーガンの軍備拡張路線に引きこまれ、結局経済がついていけず、国家の崩壊につながったと考えられています。(p.194)

☆そういえば、ソ連の崩壊とバブルの崩壊は時期が重なる。ソ連が崩壊した時はそこから20年以上も日本が不況になるとは思わなかったなぁ。しかもその原因の一つがソ連の崩壊だったなんて。(ソ連が崩壊したことでアメリカの敵がいなくなり、日本はアメリカの仮想敵国になってしまった)

あと、ソ連は勝手に崩壊したイメージがあったけど、実際はレーガンが戦略的に潰したのか。



●つまり九〇年代半ばには政治家レベルでの対抗は少なくなったということです。だからあとは抵抗を続ける官僚機構をつぶせば、米国の思うようになるというのが、アマコストの考えです。
 こうしたアマコストの考えに応じるかのように、日本国内では官僚たたきが激しくなりました。1998年に起こった「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」といわれる大蔵省接待汚職事件はその典型でした。この事件が大きく報道された結果、官僚イコール悪というイメージが国民のあいだに定着し、省庁再編で大蔵省は分割されてしまったのです。(p.326-327)

☆やっぱりそうだ。薄々感じていたことだが、官僚は悪というイメージはアメリカが植え付けたものだったのか。



●ここで指摘して起きたいのは、占領期以降、日本社会のなかに「自主派」の首相を引きずりおろし、「対米追随派」にすげかえるためのシステムが埋め込まれていると言うことです。
 ひとつは検察です。なかでも特捜部はしばしば政治家を起訴してきました。この特捜部の前身はGHQの指揮下にあった「隠匿退蔵物資事件捜査部」です。終戦直後、日本人が隠した「お宝」を探しだしGHQに差しだすのがその役目でした。したがって検察特捜部は、創設当初からどの組織よりも米国と密接な関係を維持してきました。(p.369)

☆これは恐ろしいことだ。
検察がでっち上げをよくやるのもアメリカのためということらしい。
そして、もう一つは報道だという。たしかにマスコミに叩かれている人が悪い人ばかりとはかぎらない。
裏にアメリカの意向があることは確実だ。

安保闘争にしても、アメリカの言いなりになる岸信介に対してのデモというのが一般的だが、
実際は、岸がアメリカに対抗しようとしたので、アメリカがデモをやるように仕向けた。

などなど、この世の中はマスコミのイメージとは逆なことが多い。




●福田首相が辞めた理由(p.)

☆私がこれを知ったのは2009年9月24日頃。

ウィキリークス 2010年11月

この本は2012年8月10日なので

それよりもだいぶ前に知っている。

どこからの情報なのか?

ソースとして本が挙げられていたので読んでみたい。
( 『「大恐慌」以後の世界/多極化かアメリカの復活か』浜田和幸著/光文社刊 )

ちなみに、福田首相が辞めたのは2008年9月24日。
つまりちょうど1年後に真相を知ったことになる。




【アクションプラン】
・パーッと速読しただけなので、また時間のある時にじっくり読みたい。





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
高校生にオススメ。
もちろん高校生だけじゃなく、戦後史について勉強したい人にもオススメ。



(131219 読了)
posted by macky at 21:42 | Comment(0) | 歴史 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

天皇の金塊とヒロシマ原爆

天皇の金塊とヒロシマ原爆
高橋五郎/著 (学習研究社) 2008年
1,800円+税



【動機】



【所感】
金の百合(天皇の金塊)のおかげで日本は戦後復興できたけど、そもそも金の百合のおかげで戦争に巻き込まれた。


北方領土の問題で、ロシアは火事場泥棒的に日本の領土を奪ったと思っていたけど、
実は北方領土どころか日本全体を植民地にしようとしてて、(というのは口実で)、
ユダヤが原爆実験をするための口実でした、という話。

つまり原爆で戦争を無理やり終結させないとロシア人が攻めてくるぞ!
というわけである。

原爆はアメリカ製ではなくドイツのナチス製。
日本の味方のはずのドイツがなぜ広島、長崎に落とされた原爆を作ったの?と一瞬思ったが、
そもそもナチス自体も黒幕はユダヤなのでつじつまは合う。


第二次世界大戦で日本が参戦させられた目的は二つ。
金の百合の回収と原爆の威力実証のため。




【概要】
第2次世界大戦末期、なぜ日本にだけ、原爆が投下されたのか?しかも、なぜそれが「ナチス製」だったのか?じつは、そうでなければならない「理由」があったという。わが国に今も秘匿されている「金の百合」と称する“巨大資金”。大日本帝国が、“天皇の名”のもとにアジア各地から強奪した戦利品の集大成だ。この「金の百合」を軸に見えてくる、日本敗戦を演出した“ペテン師”たちの暗躍。これまで決して語られることのなかった、彼らの正体と戦前のタブー、そして現代に続く欺瞞を白日のもとにさらす。(「BOOK」データベースより)


06年に出版された『スパイ“ベラスコ”が見た広島原爆の正体』を改題したものらしい。






【抜粋】
●「死の証人」戦争屋ザハロフのヴィッカース社は、破竹の勢いで戦争事業を進めていた。1898年にキューバの砂糖を獲得するために、米西戦争を勃発させて自社製品(兵器)を売り捌いた。1899年には、南アフリカ共和国の金とダイヤ鉱床を確保するために、ボーア戦争を画策して社業を大躍進させた。 
 さらにヴィッカース社は1904年に、ロシア皇帝を追い払って王室財産を奪い、共産主義革命を支援するために日露戦争を仕掛けた。ロシア王朝と日本に、大量の兵器需要と戦費融資を創出させたのだ。結果、日露戦争で日露両軍の兵士は、三井、三菱ほかのヴィッカース系企業ネットワーク各社が製造した砲弾に当たって死ぬことになった。(p.163)

☆日露戦争を仕掛けたのもユダヤ人なのか。




【アクションプラン】




【Amazonレビューより】
・5つ星のうち5.0 貴重な歴史の裏側が明らかに 2013年9月28日
元ナチスのスパイであり同時に天皇のスパイ?!ともいわれたアンヘル・アルカッサル・デ・ベラスコ氏について知りたかったので購入しました。『スパイ”ベラスコ”が見た広島原爆の正体』の加筆・訂正版であるということが著者略歴欄にも記載されておりますが。私達一般人がよもや知ることができない貴重な情報で満たされています。陰謀論には必ず登場するロックフェラーやロスチャイルドですが、彼らのシナリオをフリーメイソンやイルミナティが実際に演出するスクリーンが世界の真実だということです。残念ながら各国皇室も所詮同類の傀儡にすぎず、ジョン・レノンやマイケル・ジャクソンが警告していたように世界をコントロールしているのが偽ユダヤの悪魔的極悪ペテン師集団なんですね。彼らにとって日本人など新兵器の実験被爆モルモット(広島&長崎、現在の福島)に過ぎないという侮辱的な事実も明白にされています。かつて太田龍氏が語っておられたように私達日本人にはこのような悪魔狂的思考回路?!はないので、残念ながら世界裏事情の真実部分迄なかなか到達出来ませんしまた把握もできません。が世界の真実を少しずつでも探っていくのに貴重かつ最適な本だと思います。かなり衝撃的に感じられる部分もありますが、著者がベラスコ氏から得た数々の隠された情報の中にこそ歴史の真実を発見することが出来ると思います〜高橋さんに感謝です。(Rosalindさん)




【関連ブログ紹介】
・天皇の金塊とヒロシマ原爆/高橋五郎
https://nikkidoku.exblog.jp/12249570/




【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
天皇の金塊に興味があるときに。






 
posted by macky at 20:27 | Comment(0) | 歴史 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

マンガ経営戦略全史 革新篇

マンガ経営戦略全史 革新篇
三谷宏治/著、飛高翔/イラスト (PHP研究所) 2016年
1,200円+税



【動機】
マンガ経営戦略全史 確立篇』 の続き。




【所感】
こちらもわかりやすくておもしろい。

ざっと読むだけで、経営戦略の歴史が一通りわかった。




【概要】
ビジネス書大賞2014大賞 ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2013第1位に選ばれたベストセラー『経営戦略全史』(ディスカヴァー刊)をマンガで一気読み!

21世紀に入って、経済・経営環境の変化、技術進化のスピードは劇的に上がり、今ま でのポジショニングもケイパビリティも、あっという間に陳腐化する時代になってしまい ました。これでは大テイラー主義も大メイヨー主義もやってられません。
そこで出てきたのがアダプティプ主義です。「やってみなくちゃわからない。どんなポジショニングでどのケイパビリティで戦うべきなのか、ちゃっちゃっと試行錯誤して決めよう」というやり方です。戦略の立て方も、計画プロセスもまったく変わります。これを本気でやるなら、企業組織の在り方すら変わるのでしょう。さて、いよいよい、21世紀の世界と経営、経営戦略論の登場です。

内容例
◎現場派の「コンフィギュレーション戦略」ヘンリー・ミンツバーグ
◎「ブルー・オーシャン戦略」を拓いたW・チャン・キム レネ・モボル二ュ
◎「破壊的イノベーション」のクレイトン・クリステンセン
◎「超・試行錯誤経営」で突っ走るエリック・シュミット ラリー・ペイジ
◎つくって試す「デザイン思考」IDEOのティム・ブラウン
巻頭には登場人物の年表と巻末には主な登場人物一覧を収録。(Amazonより)




【抜粋】
●よい戦略とはてきのいない新しい市場を創り出すことです!
高付加価値と低コストは必ずしもトレードオフではなく
新しい高付加価値と低コストを両立させることはできるんです。

つまり戦略とは新しい市場コンセプトの案出とそれを実現する
ケイパビリティの創造(=バリュー・イノベーション)なんです。(p.43)

☆ポーターが「差別化戦略」か「コストリーダシップ戦略」のトレードオフといったけど、
キムとモボルニュはブルーオーシャンで新しい市場を創り出せば、いずれも両立できるとした。





【アクションプラン】
・『ブルー・オーシャン戦略』 を読んでみたい。



【Amazonレビューより】
・5つ星のうち4.0 ケイパビリティ派かポジショニング派かを軸にした説明
2016年8月18日
「経営戦略全史」をマンガ化したもの。2巻構成になっており、前編にあたるこの確立編では近代のマネジメント理論が誕生した頃から1995年頃までに流行した理論を扱っている。以下のような人たちの理論が取り上げられている。

・科学的管理法を生んだ、フレデリック・テイラー。
・効率的な大量生産システムを確立した、ヘンリー・フォード。
・人間関係論の始祖、エルトン・メイヨー。
・POCCCサイクルと経営管理による企業統治を考えた、アンリ・フェイヨル。
・企業をシステムとして定義し経営戦略を共通の目的とした、チェスター・バーナード。
・マネジメントの伝道師、ピーター・ドラッカー。
・「3Sモデル」「ギャップ分析」や4つの戦略要素を提唱した、イゴール・アンゾフ。
・事業戦略と組織戦略の相互作用を説いた、アルフレッド・チャンドラー。
・商品の絞り込みや作業や答えの標準化による組織改革コンサルティングを説いた、アーヴィン・バウアー。
・SWOT分析で有名な、ケネス・アンドルース。
・マーケティングを体系化した、フィリップ・コトラー。
・成長・シェアマトリクスを生んだ、ブルース・ヘンダーソン。
・マッキンゼーで戦略サービス強化を行った、フレッド・グラック。
・5つの力やバリューチェーンを生んだ、マイケル・ポーター。
・ポジショニングより7Sを重視し「エクセレント・カンパニー」を世に出した、トム・ピーターズ。
・「ベンチマーキング」でベストプラクティスを発見して実行することを説いた、ロバート・キャンプ。
・「タイムベース競争戦略」を出した、ジョージ・ストーク。
・破壊的な「リエンジニアリングを説いた、マイケル・ハマー。
・外部の機会が見込める内部的な強みである「コア・コンピテンス」の大切さを説いたゲイリー・ハメル。
・イノベーション普及の二重のS字曲線を説明しPLC戦略の後押しをした、リチャード・フォスター。
・「スタンフォード・リサーチパーク」を創設した、フレッド・ターマン。
・SECIモデルによる組織ラーニングを説いた、ピーター・センゲと野中郁次郎。
・経営資源の使い方による持続的競争優位(RBV)を主張した、ジェイ・バーニー。

大きくは、ケイパビリティ派とポジショニング派の対立という軸をとっており、わかりやすい。マンガといっても、ビジュアル化と要約のための手段として使われているだけで、ビジネス理論の要点を紹介した本である。(Edgeworth-Kuiper-Beltさん)



・5つ星のうち4.0 素晴らしい
2016年7月9日
この本は、漫画を読んだ後、文字の本を読んだのですが、圧倒的に漫画の方が良かったです。
情報ロスはありません。
むしろ、漫画の方が多くの情報が入っていると思います。漫画をお薦めします。
ギャグも面白い。キャラ付けがしっかりできていて、記憶に定着します。相当な工夫が凝らされていると思います。
かなりしっかり読みましたが、初見で3時間10分程度で読み終えました。時間もかかりません。(美月ちゃんのパパさん)




【関連ブログ紹介】
・三谷宏治『マンガ 経営戦略全史』 「戦略」って語れると最高にクールだよね
http://ta-sugi-na.hatenablog.com/entry/2017/02/02/231514




【この本が愛読書の有名人】





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
経営戦略の歴史をざっとおさらいしたいときに。


 
posted by macky at 21:19 | Comment(0) | 経営学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

Google Analyticsではじめる儲けるためのアクセス解析術

Google Analyticsではじめる 儲けるためのアクセス解析術
株式会社エクストラコミュニケーションズ Webコンサルティングチーム
インプレスコミュニケーションズ
売り上げランキング: 664,335


1,700円+税、2006年



【概要】
Web2.0時代のWebディレクター、Webデザイナー、アフィリエイター、企業Webサイト担当者必須!「どのページがいちばん見られているか」「どんなキーワードでサイトに来たのか」…サイト訪問者の行動がまるわかり。(「BOOK」データベースより)

サイト訪問者の行動がこれでまるわかり! 無料なのに驚くほど高機能なアクセス解析ツール「Google Analytics」の活用方法を、たくさんの図解とともにわかりやすく解説する。(「MARC」データベースより)



【動機】
Google Analyticsがいまだによく使いこなせていないので。



【所感】
7年ほど前の情報なので古い。

Google Analyticsの使い方よりも、Google Analyticsの生かし方に重きを置いているので
そういう目的がないとあまり価値がない。

なにかやろうとするたびにトラッキングコードを改変しないといけないので、
けっこう難しい。



【抜粋】
●「訪問数とページビュー数」は一定期間におけるサイト訪問者数とページビュー数が表示されます。グラフ内のポイントをクリックすると日別の訪問者数とページビュー数がわかります。(p.35)

☆おっ、そんな簡単な方法があったのか!と思って、早速やってみたけどできなかった。
クリックしても丸印が付くだけで・・・情報が古いせいかもしれないが、難しい。



●サイトに人気が出てきたら、他社のバナー広告を貼って収入を得ることができるかもしれません。あるいは、何らかの情報をPDFにして「無料ダウンロード」してもらい、見込み客を集めるというマーケティングも盛んに行われています。
 このようなとき、たとえばFlashでつくったバナー広告のクリック数や、PDFでつくったファイルのダウンロード数など、通常アクセスログを取得できないデータも、Google Analyticsは取得することが可能です。(p.85)

☆JavaScriptのonClickイベントタイプへ、Google Analytics専用の関数を埋め込んだのち、それをリンク元のタグに指定してGoogle Analyticsに記録させると書いてあって、具体的な関数を表示してあるけど、なかなか難しそうだ。


●ユーザーがページ内のフォームに名前や住所、電話番号、メールアドレスなどのデータを入力して送信する際は、個人情報保護の観点からSSLと呼ばれる暗号化技術がよく使われます。特にクレジット番号を求めるショッピングサイトなどでは必須で、これを使っていないサイトは、それだけで信頼をなくすことにもなりかねません。 (中略)
 サイト内でSSLを用いた箇所がある場合、通常のトラッキングコードを用いるのではなく、SSLに対応したトラッキングコードを設置する必要があります。 (中略)
 ここで指定しているアドレスが、「http://〜」ではなく「https://〜」になっていることを確認します。(p.90-91)

☆「http://〜」と「https://〜」の違いってそういうことだったのか。



●コードは〜の間に挿入し、閉じタグの直前に設置することを推奨します。(p.207)

☆手書きのノートだと、の直前にと書いてあった。どっちが正しいのだろう?




【アクションプラン】




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
Google Analyticsの使い方が大体わかっていて
それをビジネスなどに役立てようというときに。



(130809 読了)
posted by macky at 21:38 | Comment(0) | パソコン | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

足もみ力

元気回復 足もみ力 (美人開花シリーズ)
近澤 愛沙
ワニブックス
売り上げランキング: 1,961




【概要】
副作用がなく、驚く程健康を取り戻せるOhana式足もみ療法を紹介。肩こり・首こりから、高血圧、不妊症、花粉症、がんまで、症状別にもみ方を写真でわかりやすく解説する。症状別ツボ一覧も収録。


【動機】
本屋で見かけて。


【所感】
足の汚れ(沈殿物)が万病の原因だった―足心道秘術』 と同じような内容だが、写真が豊富で分かりやすい。


【抜粋】
●生理は女性が月に1度、身体の中にある不純物(老廃物)を出せるチャンスなのです。(中略)
 排泄とは、“尿、代弁、呼吸、生理”です。生理は女性だけのもの。女性は男性より排泄がひとつ多いから、長生きするとも言われているのです。死ぬまであるのが理想だと考えて下さい。(中略)いつまでも女性らしく綺麗で若々しくいるためには、生理でたくさんの老廃物を出し続けることが大事なのです。(p.94-95)

☆生理が老廃物を出せるチャンスという発想はおもしろい。それと、呼吸も排泄の一つだというのもおもしろい。ところで、射精は排泄ではないのか。


●アトピーは生まれつきのものではなく、排泄が弱まったりしたときになります。ステロイドを治療薬として使用しますが、東洋医学では身体の副腎からステロイドを出すことが出来ると言われています。(p.106)

☆アトピーだけじゃなく、色んな病気が排泄が弱まったことで起こる。つまり排泄物がうまく出せなくなるからだ。足揉みを副腎の場所から揉み始めることからもわかるとおり、副腎というのが足揉みの基本なんだろう。それもそのはず、副腎は排泄をつかさどり、副腎からステロイドも出るからだとか。


●花粉症の人は大体「外反母趾」気味で、男性は親指がひとさし指側に寄っています。(中略)花粉症の人は、そのうちに腰痛も発症します。これは副甲状腺が弱くなることでカルシウム吸収に影響を及ぼし、摂取してもどんどん体外へ出て行ってしまうからです。(p.110)

☆副甲状腺は外反母趾の部分に当たる。


●扁桃腺は切ってはいけません。扁桃腺を切るとがんになりやすいと医学的にも言われています。扁桃腺が腫れる人は排泄が弱く、扁桃腺を腫らして熱を出すことによって通常の循環を保てると言われてるので、扁桃腺を切ってしまった人は、今日からしっかり足をもんで予防してください。(p.111)

☆やっぱりここでも排泄の重要さが説かれている。そういえば昔よく扁桃腺が腫れるから扁桃腺を切るって話を聞いたがあれは腫らして熱を出すことによって排泄の弱さをカバーしていたのか。本当に人間の身体というのはよくできている。


●子どもはお母さんの老廃物を持って生まれてきます。よって、お母さんは体内をリセットされて健康になりますが、子どもはお母さんの老廃物を持って生活しているのです。(p.112)

☆イメージでは生まれたばかりの子どもはけがれを知らず、お母さんは出産で弱るのだと思っていたけど、逆なのか。だからこそ、愛情を持って子どもの足をもんであげることが大事だということ。



【アクションプラン】
・足を毎日もむ。(とりあえず1ヶ月くらい試してみる)

・図を見なくても部位が分かるようにしたい。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
p.40〜43を毎日やるだけでもよさそう。あとは症状に応じて適当に。



(130329 読了)
posted by macky at 23:00 | Comment(0) | 健康 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする