TOPビジネス書 >池上彰の学べるニュース@

2012年04月27日

池上彰の学べるニュース@

池上彰の学べるニュース
池上彰の学べるニュース
池上彰/著(海竜社) 2010年


【概要】
テレビ朝日のかつての超人気番組「池上彰の学べるニュース」が書籍化!
約200ページ、テーマは次の10個です。

1、国家予算
2、政治資金規正法
3、連立政権
4、JAL破たん
5、デフレ
6、環境問題
7、医療崩壊
8、日本の教育
9、マグロ
10、国際情勢



【動機】
たけしの医学か何かで、映像に出てきたおじいちゃんが
「これが私のバイブルです」と言って出してきたのが
この本だった。



【所感】
池上さんの語り口そのままを本にしてるのでとても読みやすい。

TVの「池上彰の学べるニュース」は結構見てたのに
知らないこともけっこうあった。



【抜粋】
●現在、将来的に絶滅の恐れがある野生動物は、3万種以上に上ります。ワシントン条約ではそれらを、危機度に応じて3段階に分けて、規制の対象としています。

 付属書1  現在、絶滅危機にある野生生物 →商業取引を全面禁止
 付属書2  将来、絶滅危機の懸念がある野生生物 →商業取引を制限
 付属書3  自国で保護したい野生生物

これらの付属書は、2〜3年ごとに開かれる締約国会議で、出席者の3分の2が賛成すれば改定される規定になっています。今回の会議(2010年3月)では、クロマグロを「付属書1」に入れようという提案が出されたんですね。(p.144)


☆これは全く知らなかった。マグロが食べられなくなるという話はよく耳にしていたが、そういうことだったのか。結局、太平洋のクロマグロは規制対象外となったのでひとまず安心。
ところで、最近うなぎが高騰しているが、これは中国で稚魚を乱獲しているのが理由だといわれる。こういうのは取り締まれないのだろうか?


●アメリカのドルが世界的に流通する基軸通貨たりうるのは、石油がドルで売買されているほかになりません。それが人民元でOKとなると、ドルが世界の基軸通貨の座を奪われるかもしれないのです。(p.171-172)

☆中国は、人民元を第二のドルにしようとしている。ちなみに、現在の人民元の本当の価値は1ドル=4元くらいだと言われている。(4/27現在1ドル=6.31元=80円くらい)



【アクションプラン】
・続いて2を読んでみたい。


【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
それぞれのテーマについて広く浅くという感じ。
TVを見てもっと突っ込んだ解説をと思って本書を手に取るというよりは、必要最低限の知識の復習のために。

posted by macky at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック