TOP実用書・ハウツー本 >やる気にさせる家事のコツ

2009年12月05日

やる気にさせる家事のコツ

やる気にさせる家事のコツ (クロワッサンちゃんと役立つ実用の本)

やる気にさせる家事のコツ (クロワッサンちゃんと役立つ実用の本)』 
(マガジンハウス) 2008年

サブタイトルは、「クロワッサン ちゃんと役立つ実用の本」。

いくつか試してみたいと思うものがあった。


■掃除
・下駄箱には新聞紙を敷いておく。
・古い靴下は雑巾にする。手にはめて細かいところの汚れを拭く。
・使い古したシーツ、タオル、Tシャツなどをハンカチ大に切って、ボロ雑巾としてストックしておく。
 (ちょうど、捨てようと思っていたシーツがあったので作ってみようかな)

・新聞雑巾で玄関を拭く。
新聞を一枚ずつ丸めて、バケツに沈める。手に持ちやすい分量だけ絞って玄関を拭く。
新聞クズがポロポロ出てくるので、最後にほうきで掃けば、ポロポロが細かい埃も絡めてくれる。


■洗濯
・レーヨンは、水に入れただけで縮むので、
樹脂加工されたもの(テンセル)以外は水洗い厳禁。
ドライクリーニングにするしかない。

・アセテートやトリアセテートは、水を含みやすく、繊維の重さで伸びる。
できるだけ脱水し、必ず平らに干す。

・綿や麻は植物性なので水を含むと伸び、乾燥すると縮む。
購入する時は少し大きめのものを選ぶ。


手持ちの服を見たら、レーヨンのものが3つあった。
一つは、フロッキーパイル部がレーヨン100%のカバーオール。
ドライ表示。面倒なので滅多に着てない。
もう一つは、ポリエステル60%、レーヨン40%のカバーオール。
こちらは洗濯表示が無い。
多分何度も洗濯して消えているのだろう。
長袖のボタンダウンシャツ。裏地にレーヨンが35%使われているが
こちらは洗濯OK。

他にも探すとレーヨン素材の服がたくさん出てきたが、
ほとんど洗濯OKだった。
とりあえず、縮みやすいとだけ覚えておこう。

ちなみに、レーヨン100%の夏用シャツは手洗い表示なのに
何度も洗濯したせいで色が妙に鮮やかになってます。
縮んだりとかはあまりなかったけど、しわくちゃでくたびれた感じです。
レーヨン100%は、これからはなるべく買わないつもり。

でも、手持ちでお気に入りの服ってなぜかレーヨンのものが多い。


■料理

・ご飯のとぎ方
浄水器の水でさっとゆすぎ、水を捨てる。
30回ほどしっかり両手の平でこすり合わせるように、拝み洗い。
その後はゆすぎのみ(3〜4回)

・古米の場合は玉ねぎの切れ端をのせて炊くと臭みが取れる。

・炊き上がって10分蒸らしたらご飯を切るように混ぜ返す。
(炊飯器の場合はすぐに混ぜる)
保存は熱いうちに蒸気ごとラップに包む。
冷めてからだと乾燥してパサパサになる。

119ページの「はじめチョロチョロ・・・」のくだりは
「はじめパッパの中チョロチョロ、赤子が泣いてもふた取るな」が正解
としているが、「中パッパ」が一気に沸騰させる意味なので
やはり「はじめチョロチョロ、中パッパ」がしっくり来る。


■関連記事
 はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いてもフタ取るな!
posted by macky at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック