TOP自己啓発 >30代でしなければならない50のこと

2010年07月04日

30代でしなければならない50のこと

30代でしなければならない50のこと

30代でしなければならない50のこと
中谷彰宏/著 (ダイヤモンド社) 1997年

嫌いだ嫌いだと言いながらも何故か読んでしまう中谷本。
今回読んだのは、今まで読んできたのと大分違う。
著者がリアルに30代(当時)ということで、同世代の30代へ向けて
等身大で語りかけてきているような気がした。


●転職して、新しい世界に踏み出すということは、再び振り出しから始めるということです。ただし、まったくのゼロから始めるわけではありません。新しい世界なので、技術はゼロです。ところが、もうすでに、これまでいた世界で人間としての力を見につけています。ここが20代でゼロから始めるのと違うところです。
(中略)
人間の力さえついていれば、あとは技術を吸収していけばいいのです。これほど、余裕を持って臨めるものはありません。たとえて言えば、30代の意識を持って、17歳の高校生に戻ってやり直すようなものです。
(中略)
やり直しは何度でもできるのですから、こんな楽しいことをしないともったいないのです。(p36〜37)

☆17歳に戻りたい。誰もが考えることだと思います。
しかも、今の知識、経験を持ったまま。
考えるだけでワクワクしてきますが、
転職すればこれと同じような体験ができるという発想が面白い。


●30代になったら、ごちそうの仕方、ごちそうのされ方を覚えなければなりません。
(中略)
自腹を切らなければ、ごちそうの仕方を覚えることができないのです。たとえば、後輩と一緒に飲みに行きます。次の店に行こうかというときに、もう支払いをすませておく。みんなの前で、財布を出しているようではいけません。誰が払ったのか、わからないようにしなければなりません。(p92)

☆ごちそうされる側に精神的プレッシャーを与えては逆にマイナスになるということです。


●お金の使い方を覚えるために、お金を稼いでいるのです。貯めるためでは決してありません。お金の使い方は、2通りしかありません。一つは、みんなにごちそうしながら、人間関係を勉強していくこと。もう一つは、自分に投資して自分を磨くことです。
(中略)
意味も無く貯め込むことこそ、最大のムダづかいなのです。
(中略)
30代のお金の使い方で、あなたの一生が決まります。(p94)

☆お金の使い方について。こんな考え方もあったのか。
「お金を稼ぐより、お金を使うことの方が難しい」
上手に使うのが難しいからとりあえず貯めてるという状態は
お金の使い方を覚えるチャンスを逃しているという意味で無駄遣いなのかな。


●子供が生まれても、あくまであなたの人生の主役は、あなた自身です。子供が主役ではありません。子供中心に人生を考えるのではなく、あなた自身を中心に人生を考えましょう。それが結果的に、子供にとって最良の教育になるのです。(p109)

☆うーん、なんというか、勇気をもらった気がする。
子供ができたら子供が中心の人生になると思っていたから。
子供は親のマネをするから、子供に勉強しろと言うよりも自分が好きな勉強をしていたらいいと。
親が人生を楽しんでいたら、子供は人生の楽しみ方も自然と学ぶ。

そういえば、今自分が勉強嫌いじゃないのも、
親が楽しそうに勉強している姿を見ていたからかもしれない。


●涙があふれてくるのは、壊れていない証拠だ。(あとがきより)

☆壊れるから涙が出るのか、それとも壊れないように涙が出るのか。




評価:★★★☆☆
posted by macky at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック