TOPビジネス書 >法則のトリセツ

2010年10月31日

法則のトリセツ

知っているようで知らない 法則のトリセツ

知っているようで知らない 法則のトリセツ
水野俊哉/著(徳間書店) 2009年

●最初に鬼退治のプロジェクトをスタートする桃太郎は、起業家である。抜群の行動力を持つ反面、話がコロコロ変わったりするのが特徴だ。続いて登場する犬は、起業家の「アイディアを具現化」する実務家とされている。次に登場するサルは、「システム化」が得意な管理者タイプ。最後に参加するキジは根回しやムードメーカーとなって「まとめ役」となる道化師タイプだ。(p21)

☆神田昌典著の『成功者の告白』(講談社)は、「5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」というサブタイトルがついているそうだ。その中にある話である。自分や周りの人がどういうタイプに相当するかを考えるのも面白い。また、小説を書くときやRPGゲームを作る上でキャラ設定にも使えそうな話である。


●明日できることは今日やらない「マニャーナの法則」
明日やることをリスト化することで、「今日はやらなくてもいい」と心理的な負担を軽くすると同時に、
「明日はやる」とコミットメントして一貫性を働かせる手法である。(p66)

☆先延ばしにすることで負担を軽くするという意味もあるが、
重要なのは、「明日はやる」という部分であろう。
つまり、「今日はやらなくてもいい」とずるずる先延ばしにすることではない。


●トリンプ飛躍の原動力「がんばるタイム」
1日の業務を重要な順に並べ、(「ToDoリスト」化するのもよい)、メインとなる項目と、雑用項目に分けて、それぞれの作業にかかる時間を割り出す。そして、自らが設定した「パレートタイム」に優先順位の高い仕事、生産性の高い仕事を割り当て、そのことだけに集中する。(p75)

☆一日のうち集中して使える時間は1〜2時間だけなので、その時間を最も重要な仕事に割り当てるという発想はすばらしい。
トリンプ・インターナショナル・ジャパンの元社長吉越浩一郎氏は、12:30〜14:30を「がんばるタイム」に設定し、その時間は重要な仕事に割り当て、私語などを一切禁じたという。


●脳のなかで、記憶に関係するのは、2段目の大脳辺縁系にある記憶を司る「海馬」と、好き嫌いの判断などやる気に関係する扁頭体、そして論理的思考や計算など知的な活動を司る(3段目の)大脳皮質などがメインである。(p149)

☆人間の脳はアイスクリームのように3段重ねになっており、1段目の脳幹は爬虫類にもある脳だそうだ。そして、2段目の大脳辺縁系が旧哺乳類の脳で、一番上の大脳皮質がイルカや霊長類など高等な哺乳類の脳とされる。


●簡単な情報入手法としておすすめなのはMLである。現在、新聞は朝日と日経と日刊スポーツと夕刊紙、雑誌は「週刊ダイヤモンド」「東洋経済」「プレジデント」を定期購読しているが、バルクニュースやライブドアのドア日新聞およびドアスポ新聞、これにnikkeiをチェックしていればひと通りのニュースが整理されて送信されてくるので、情報漏れは防げるはずだ。(p176)

☆バルクニュースは4年ほど前から私も購読しているが、たまにしか読んでないなぁ。


●週刊東洋経済に連載中の「知の技法 出世の作法」では、元外務省で対ロ諜報活動の最前線で従事していた佐藤優氏が情報収集からノート術、記憶術などを詳細に記している。

☆今週号は世界史の効率的な勉強の仕方が載っていてなかなか興味深い内容だった。


●目標の見つけ方(p237)
1.自分のやりたいことを最低10個、紙に書き出して眺める。
2.そして今度は、自分のやりたくないことを同じように紙に出して書き出してみる。
(中略)
優先順位をつけたり、「仕事」に関することとプライベートに関することに分類する。
分類が終わったら、それぞれの「やりたいこと」を「いつまでに達成するか」大まかに日付を決めてノートや手帳に書いて、肌身離さず持ち歩くか毎日、机で見直すのである。

☆「やりたくないこと」も紙に書き出すのは、「やりたくないこと」を自覚しておいた方が、「本当にやりたいこと」を探しやすいからだそうだ。こちらにも優先順位をつけておく。


●成功本の世界ではメンターは「あなたが人生の目的を見つけたときに現れる」ケースが多い。つまり、「原因」と「結果」の法則で言うと、あなたが人生の目的を見つけ行動を開始した結果、メンターと会うのである。(p251)

☆現在の自分にメンターがいないということは、まだ人生の目的を見つけてないということか。



評価:★★★★★
posted by macky at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック