TOPビジネス書 >悪魔の用語辞典

2011年02月16日

悪魔の用語辞典

悪魔の用語辞典 これだけ知ればあなたも知識人

悪魔の用語辞典 これだけ知ればあなたも知識人
副島隆彦/著、SNSI副島国家戦略研究所/著 (KKベストセラーズ ) 2009年

「いいですか。諸君、諸君は何のために大学生となり、この学部に来たか。それは、君たちがいい暮らしをしたいからです。諸君がこの学部に入学したのは、将来お金儲けをして、いい暮らしをしたいからである。そのために法律学の勉強(あるいは医学)の習得があるのだ。君たちは、世の中の人々の苦しみに集って(たかって)、彼らを利用して、自分が高収入を得て、優秀で立派な人間だと周りから認められて、温厚で穏やかそうにしながら威張りたい。だからここに来たのです。よろしいですね」と、どうしてもこのようにオリエンテーションで言わなければいけない。

・・・というようなことがズバリ書かれている本です。

興味を持たれた方はご一読を。

ちなみに副島氏の執筆は3割ほどで、残りはそのお弟子さん達によって書かれている。
用語辞典ということで、言葉を定義付けしていく本であるが、意外と深く、時々はっとさせられることがある。


●鳩山民主党政権(当時)でも各省庁の主要ポストは、選挙で選ばれた政治家は副大臣(ナンバー2)と政務官(ナンバー3)までであるが、これをもっと拡大すべきだ。現在のナンバー4の事務次官も官僚とするのではなく、政治家(議員)にすべきだ。(p89)

☆要するに、選挙で選ばれた政治家の権限をもっと拡大しろという話だが、これは小沢一郎氏の基本戦略でもある。そういえば、事務次官を廃止するとかいう話もあったがここに繋がるのかも。


●アメリカでは、社会科学の目的の一つは、「処方箋を書くこと」だと教えられる。つまり、世の中の改善すべき部分の原因、どうして問題が起こるのかを研究し、それが起こらないための対策まで考えることだ。原因がわかれば、それをなくしてしまえばよい、という考え方をする。これが社会工学という考え方につながっていく。(p127)

☆社会科学の目的がわかりやすく述べられている。
社会科学とは経済学、社会学、政治学、心理学の4つの学問のことで、人間の社会活動を研究している学問。
ちなみに、物理学、化学、生物学、工学などは自然科学と呼ばれる。



個人的にお気に入りの部分は、13章「資本主義」(石井利明/著)と14章「価格」(根尾知史/著)である。

・1873年の大恐慌を境に、勝ち組と負け組みが決まってしまった。
・「贅沢」と「戦争」こそが資本主義の美徳。
・アダムスミス(価格=価値)、ベンサムの功利(効用)主義、リカード(価格=直接労働+間接労働)、マルクス(価格=賃金+剰余価値)、バヴェルク(価格=買い手が考える価値)、ワルラスの「一般均衡理論」と「限界効用理論」、ケインズの「一般理論」、フリードマンの「マネタリズム」(価格は通貨量によって変化する)


ところで、
●ある商品の本当の「価値」は、それを下取りに出すときに払ってもらえる「処分価格」を見れば分かる。(中略)この「処分価格」、「下取り価格」こそが、実は本当の、その商品の価値なのである。(p210)

☆ここはちょっと違和感を感じた。商品の本当の価値に自分なりに付加価値をつけるというイメージだろうか。モノの価値は結局、買い手が考える価値なのかもしれない。安く買い叩かれて不満なら売らないだろうし。オークションが成り立つのもそういう中間マージンが少ないからだし。でも株式会社の清算とかだとこういう考え方、要するに株主資本なのであながち間違いではなさそう。


【AP】
・やっぱりまた世界史勉強したい。
・アメリカの歴史ももっと深くやる必要がある。
・経済学史、全て目を通して基本となる本を一冊決める。

・「海馬」を再読したい。
・宗教学を勉強したい。とりあえず「世界の三大宗教」を通読してみよう。


評価:★★★☆☆
posted by macky at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック