TOP自己啓発 >人生は数式で考えるとうまくいく

2011年02月22日

人生は数式で考えるとうまくいく

人生は数式で考えるとうまくいく

人生は数式で考えるとうまくいく
大村あつし/著 (サンマーク出版) 2005年

全体的に浅い気がするが、色々と気付きを与えてくれる本である。

書かれていることはどれも当たり前のことで、「こんなボクでも成功できたのだから皆さんもきっとうまくいきますよ」というスタンスである。


正直なところ、タイトルに惹かれて読んだのでちょっと肩透かしをくらいました。

・目標 − 現状 = 課題

・なりたい自分 − 今の自分 = 課題 = これから自分がやらなければいけないこと

・知識 × 経験 = 知恵

・能力 = 素質 × 努力

・(能力 + 応援)× 思考 = チャンス


出てくる数式はこれだけです。



なぜ薄っぺらい気がするのかなと考えてみたら、この人たとえ話が下手なのかも。
せっかくいいこと言ってるのにそこでそのたとえ話かよ!みたいな。
(いや、わざと変なたとえを使って対象を落とすやり方もあるけど)
あと、自分の経験を語るところで「え、その体験からそれを学んだの?共感できないなぁ」というモヤモヤ感が残ります。

たとえ話は下手だけどキャッチフレーズはうまい。
たとえば、「人生は足し算ではなく割り算」とかね。

概念をパーンと一言で言い表して、「え?どういうこと?」と思って読むと「あー、なるほど」というような。


そもそもなぜこの本を読もうと思ったのかというと、同じ著者が書いた 『エブリ リトル シング』 という小説を読んで興味を持っていたからです。
あれだけの小説を書けた人がなぜ? 本当に同じ著者なの? という疑問があったので発行年を確認してみました。
『人生は数式で考えるとうまくいく』2005年
『エブリリトルシング』2007年
なるほど、 『エブリリトルシング』 より前に書かれたものだったのか。

ちなみにアマゾンとかのレビューを見ると、なぜか 『エブリリトルシング』 より 『人生は数式で考えるとうまくいく』 の方が評価が高いです。

ふと思ったのですが、この本を小説という手法で出したらとても面白いものになるような気がします。
吉野源三郎 『君たちはどう生きるか』 のように。
著者は何でも知っている創造主という役割を期待してしまうので、成長記というのは難しいなぁ。。。


評価:★★☆☆☆
こんな人におすすめ:自己啓発本を読んだことのない人。負けず嫌いな人。
posted by macky at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック