TOP実用書・ハウツー本 >保険の裏カラクリ

2013年02月23日

保険の裏カラクリ

だまされたらあかん保険の裏カラ

クリ (徳間文庫)

だまされたらあかん保険の裏カラクリ
青木雄二/著 (徳間書店) 2002年


【概要】
保険というと、あまり馴染みがなく保険のおばちゃんに勧められるまま
詳しいことを知らずに入ってしまうことが多い。

本当にそれでいいのかという内容。


【動機】
保険について勉強しようと思っていたが、
どうせなら裏のカラクリも勉強しようと思い、手に取った。


【所感】
この本が出版されたのが2002年7月。
そして、著者が亡くなったのが2003年9月5日。
肺がんである。

執筆中に患っていたのかもと思いながら読み進めた。


【抜粋】
●「営業マンの質なんてどうでもいい。要は頭数さえ揃っていればいい」ということ。いや、むしろ「次々新しい営業職員が入って、次々に辞めていったほうが儲かる」とさえ考えることができる仕組みというわけです。(p.57)

☆適当に親類を紹介して辞めていく未経験者の社員が多ければそれだけ会社が儲かるということ。「手付かずの人脈」って言い方自体がもうおもしろい。新入社員の親類はいいカモというわけだ。



●社員さんはといえば、そのオバチャンをまとめていくのが仕事の大部分。(p.60)

☆つまり、ほとんどの保険屋さんは社員じゃないというのが保険業界のおもしろいところ。



●金銭的に「得」したいんやったら、保険なんぞに入らんほうがいいんですわ。保険をかけた期間に事故や災難に遭わなかったことを「幸せ」と思うのではなく、保険金をもらえずに「損」したと思うくらいなら、本人が最初から自覚して保険になど入らないほうがいいんです。(p.76)

☆結局、これが保険に対する考え方の基本となる。お金が戻ってこなかった時に幸せと思えるくらいの額を掛けておけばよい。



●告知はされずに自分ががんだと知らないまま入院して治療するケースも多い。で、その人が入っている保険が指定代理人制度を採用していなかったらどうなるか?(p.88)

☆ゾッとする話である。実際に多くの人が泣き寝入りしているという。



●保険いうものは、その人のライフプランや価値観で「適した商品」が異なってくるはずの物や。(p.164)

☆おそらく、これがもっとも言いたかったことであろう。だから保険について各自勉強しろと。



●ちょうどそれと同じ頃、僕自身も大病を患うことになりました。(p.229「あとがき」より))

☆やはりそうだった。肺がんで死ぬのが分かっててこの本を執筆してたのだ。そういう意味でもいろいろと覚悟が窺い知れる。おそらく青木氏が保険について知りえたことはほとんどこの本に詰まっているのではないか。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
保険に入る前に読んでおきたい。必読書。

保険とは安心を買うものである。



【結論】
お金が戻ってこなかった時(要するに不幸に遭わなかった時に)に幸せ(保険のお世話にならなくてよかった)と思えるくらいの額を掛けておけばよい。 

posted by macky at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック