TOP「銀の匙」関連 >灘中 奇跡の国語教室

2013年10月15日

灘中 奇跡の国語教室



灘中 奇跡の国語教室
黒岩祐治/著 (中公新書ラクレ) 2011年 (初出は2005年)
740円+税



【概要】
橋本先生の教え子であり神奈川県知事の黒岩祐治さんが書いた本。

『恩師の条件』 (リヨン社、2005年)に若干の加筆・修正をしたもの。

この本をきっかけにして橋本先生が一躍有名になったそうだ。

副題は、橋本武の超スロー・リーディング。



【動機】
橋本先生の授業に興味を持って。


【所感】
橋本先生をとてもお慕いしていることが伝わってくる。




【抜粋】
●私は当時、高校を卒業してそのまま上京し、浪人生活を送っていた。そんな時、たまたま目にしたのが 『ただいま浪人』 という本。狐狸庵先生こと遠藤さんのユーモア小説のひとつだ。心の拠り所を必死で求めていた私は、そのタイトルに吸い寄せられるように、その日のうちに本を手に取った。それがきっかけとなり、私は書店に並んでいる遠藤さんの本を片っ端からむさぼるように読んだ。(p.11)

☆コリアンというから韓国の話だろうか。この本をきっかけに片っ端からむさぼるようになったというからどんな本か読んでみたい。



●もちろん国語の授業であるから、これをきっかけに一首一首、読み解いていくこともできるのだろうが、橋本先生はそういうことはしない。「私」すなわち、主人公の□ポンの百人一首体験をできるだけ忠実に追体験しようとする。 (中略) もともとかるた遊びが百人一首の本来のあり方なのだから、みんなで暗誦してかるた大会に臨むことこそ、本来の百人一首の勉強法だと先生は考えたのであった。(p.70-71)

☆実際に百人一首でかるた大会をやるのはいいと思った。
つまらないものから楽しいものへの転換。
楽しいと感じれば興味もわき、ゲームに勝とうとすれば自然と覚えようとするだろう。



●「十干」は「五行」の木火土金水(もっかどごんすい)を兄(え)と弟(と)に分けて当てはめてあるからです。(p.88)

☆「五行」を(もっかどこんすい)で覚えてたんだけど、やっぱりみんな同じようにして覚えてるんだなぁ。ちょっとビックリした。



●「草木も眠る丑三つ時」とは何時頃のことですか?(p.94)

☆午前3時半頃。

丑が2時頃、寅が4時頃。
その間を四つに分けた三つ分。つまり3時半となる。
四つに分けるのがポイント。



●ところで、今でも私たちの同窓生が集まると話題に上がるのが暗誦課題として与えられた「長恨歌」である。
 唐の時代の中頃、中唐と言われた紀元806年に白居易が作った長編叙事詩で、玄宗皇帝と楊貴妃のラブロマンスを描いた全120行に及ぶ長文だ。これだけ長い漢詩を諳んじることは容易なことではなかったが、先生は情け容赦もなく、この全文暗誦を私たちに課したのである。(p.172-173)

☆『橋本式国語勉強法』 で、漢文をやるなら漢詩の暗誦がいいと言っていたから、ちょっと読んでみたいな。



●それは私が取材で訪れたアメリカ・ボストン郊外のフリースクール、サドベリー・ヴァイリー・スクールである。日本の施設と同様、登校拒否になった子供たちを迎え入れていたが、そこは究極のフリースクールと言っていいほど、とにかくすべてが自由だった。 (中略)
 通常の子供が弁護士になりたいと思うと、将来のために今の学校の勉強をしっかりやっていい成績を取ろうと考えるだろう。しかし、彼の場合は違った。弁護士の仕事そのものへの興味からスタートしたのである。 (中略) いきなり、実際の裁判のやりとり、判例などを自らの興味の赴くままに調べ始めたのである。今はそれが楽しくて仕方ないのだと言う。(p.181-183)

☆こういうスクールをいつか作ってみたい。体系的に学ぶという面では学校の方がいいかもしれないが、それよりも大事なのが学ぶ意欲だ。



●「心のゆとり」とは安易に実現できるものではなく、がんばって、がんばって上り続けなければ到達できない精神の高みの世界である。高い山に登ったとき、頂上で感じるあのゆったりとした満足感こそ「心のゆとり」である。(p.191-192)

☆まさにその通りだと思う。これは何も受験だけに限った話じゃなくて、仕事でもがんばった結果として、心のゆとりが生まれるものである。



●最初は、なかなか進まない授業に戸惑う生徒もいましてね。その時、話したのが、大事なのはスピードじゃなくて、「すぐに役立つことは、すぐ役立たなくなる」ということです。(p.215)(「<特別授業> 人生を充実させる8つの学び」より)

☆スピードは遅くてもいい。一歩一歩前に進んでいくことが大事。




【アクションプラン】
・『ただいま浪人』 を読んでみる。

・『白楽天詩選』 を読んでみる。「長恨歌」を暗誦してみる。




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
実際に橋本先生に指導された方のお話が聞きたいときに。

 

【追記】 (131022)
神奈川県のPRビデオを見つけた。

神奈川県投資環境プロモーション動画「Fascinating Kanagawa」の紹介 (掲載日:2013年9月2日)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f490090/

「恋するフォーチュンクッキー神奈川県Ver. / AKB48[公式]」を公開! (掲載日:2013年10月18日)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f500062/





黒岩知事だけじゃなく、体操の白井選手も出てる?!

posted by macky at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 「銀の匙」関連 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック