TOP政治 >日本の「黒幕」200人

2013年10月24日

日本の「黒幕」200人

日本の「黒幕」200人 (宝島SUGOI文庫)

宝島社
売り上げランキング: 22,637


日本の「黒幕」200人
別冊宝島編集部/編 (宝島社) 2009年
457円+税



【概要】
黒幕は、権力を操る。黒幕は、信念を持つ。黒幕は、人を動かす。黒幕は、日陰を好む。黒幕は、暴力を持つ。黒幕は、カネを使う。黒幕は、情報を握る。黒幕は、いくつもの顔を持つ。黒幕は、実力者である。黒幕は、静かに動く。そして黒幕は、何も語らずに去る。フィクサー、政界、財界、メディア、官僚、相場師、暴力団、右翼、左翼、思想家、検察、芸能界、総会屋、格闘技、占術家、大富豪……完全保存版「陰の実力者」総登場。本書は、時代を動かした影武者たちの記録です。(「BOOK」データベースより)

本書は、2009年1月に刊行した 『別冊宝島1580号 日本の「黒幕」200人』 を改訂し、文庫化したものである。



【動機】
日本の黒幕について網羅的に勉強したい。

日本「黒幕」列伝』 がおもしろかったので、その続きとして。



【所感】
基本的なことはひと通りわかるようになった。


【抜粋】
●笹川 VS 田中の水面下の戦いは、“昭和の川中島合戦”といわれるぐらいすさまじいものがあったと伝えられる。(p.13)

☆この戦いがのちのロッキード事件に繋がるといわれる。


●ロマンを語り、誰も考えつかないような事業計画を描くことには天才的な才能があったという。彼の口車に乗せられた有名財界人や政治家の名前は枚挙にいとまがないほどだ。(p.45)

☆昨年末に密かに韓国に移送され、先日仮出所した許永中。イトマン事件では3000億円もの大金が闇に消えた。


●「この国の医療保険制度を悪い方に悪い方に引っ張っているのは、厚生官僚たちと日本医師会のボス連中どもだ!」(p.132)

☆先日、選挙違反の疑いで日本最大の医療グループ徳洲会の理事長を辞任した徳田虎雄が常日頃から言ってた言葉。


●父・晋太郎の無念を晴らそうと、熱心な支持者が「晋三を総理にしてください」と山口から池口のいる鹿児島まで毎月祈願にやってきたという話も伝わっている。(p.162-163)

☆安倍首相が何かと頼りにしている最福寺法王・池口恵観。朝鮮総連本部購入で話題に上がってた和尚さんである。落札したものの資金が調達できず、結局、再入札で落札したのはモンゴルの企業「アバール・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー」。背後に誰がいるのかがもっぱら最近の話題となっている。


●福岡の市電(福博電気軌道)経営に参加するや、翌年には九州電気を設立するなど順調なスタートを切った。 (中略) 松永は東京進出のために子会社、東京電力を作り、東京電燈と覇権争いを演じた。(p.228-229)

☆この東京電力は現在の東京電力とは別会社らしいが、現在の東京電力も松永安左エ門が作ったらしい。




【アクションプラン】
・山崎豊子 『不毛地帯』 を読みたい。

・これをきっかけにもっと勉強したい。



【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
日本の黒幕についてざっと押さえておきたいときに。
入門書としてもピッタリ。

posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック