TOP法律 >はじめての裁判傍聴

2012年07月30日

はじめての裁判傍聴

はじめての裁判傍聴 (幻冬舎新書)
井上 薫/著 (幻冬舎) 2007年


【概要】
あまりなじみの無い裁判の様子について元裁判官がわかりやすく解説している。


【動機】
裁判員制度で裁判が身近になったので、傍聴でもしてみようかと。
もともと同じ著者の 『法廷傍聴へ行こう』 を読もうと思っていたのだが、
本書をたまたま見つけたので先にこちらを読んでみた。


【所感】
裁判傍聴をする上での心得などが学べた。
こういう本はあまり無いから貴重な本である。


【抜粋】
●「被告人」は刑事事件の起訴された本人。そして「被告」は民事事件で訴えられた人です。(p.34)

☆つまり検察官から起訴された人を「被告人」と呼ぶ。起訴される前は「被疑者」。(マスコミは「容疑者」という)。マスコミは「被告」も「被告人」も一緒にして「被告」というからややこしい。だから「被告」という言葉に悪い(犯罪者の)イメージがあって、実際の民事裁判で「被告」と呼ばれた人が勘違いして怒り出すということもあるようだ。

簡単にまとめると、民事事件は「原告」と「被告」。刑事事件は「検察」と「被告人」。


●このように即決できるのは刑事事件の場合です。
刑事事件の場合、判決言い渡しの際に必ずしも判決文を用意する必要がないからです。一方、民事事件の場合は判決言い渡しの際に判決原本に書いてある主文を朗読するのが原則です。この場合、判決原本が存在しないと言い渡せないため、即決はありえません。(p.60)

☆初めて傍聴するなら刑事事件、それもわかりやすい自白裁判で即決のものが流れが一通り理解できてお勧めだという。
覚せい剤取締法違反や道路交通法違反など。


●たとえばお説教好きの裁判官が被告人質問の中でお説教を始めると、「お、これは執行猶予をつける気だな」といった具合です。(p.120)

☆なるほど、たしかにそれはわかりやすい。ちなみに、お説教されるとどこかホッとするのは、お説教にはこういう執行猶予のような許される感覚があるからかもしれない。


●とはいえ、いきなり法廷へ行ったところで、緊張するばかりで、何をどうすればいいのかわからないでしょう。傍聴して場数を踏み、雰囲気を知るのが第一歩だといえます。(p.139)

☆裁判というのは独特の雰囲気があるから傍聴で少しでも慣れておきたい。裁判傍聴の経験が一度でもあるのと無いのとでは大きな違いだ。



【アクションプラン】
・裁判傍聴に行ってみる。 →歯医者のついでに行ってみた。(121107)

・『法廷傍聴へ行こう』 を読みたい。 →読了(130116)


【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
裁判を傍聴してみたいと思いながら躊躇している人に。
読めば一度行ってみようかなという気にさせられます。


(120730 読了)
posted by macky at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック