TOP手帳術 >手帳200%活用ブック

2014年04月28日

手帳200%活用ブック

手帳200%活用ブック
手帳200%活用ブック
posted with amazlet at 14.04.28

日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 246,680


手帳200%活用ブック
日本能率協会マネジメントセンター/著 (日本能率協会マネジメントセンター) 2004年
952円+税



【概要】
1年12カ月52週365日8760時間、遊びも仕事も大充実。新しい手帳を選ぶために読む。FULL活用するために読む。(「BOOK」データベースより)

巻頭対談で糸井重里さんと和田裕美さんの対談が。

さらに7人の達人として、齋藤孝さんなどの達人の手帳が紹介されている。

手帳300%活用術』 のパート1とほぼ同じ内容。



【動機】
「タイムマネジメント」の必要性に駆られて、

手帳術関連本を乱読。



【所感】
ゲームの攻略本みたいで読みやすい。

10年前の本だが、今でも十分使える。




【抜粋】
●齋藤さんが使っているのは、明治大学の手帳。(p.10)

☆齋藤式おもしろそう。齋藤先生は字が下手だし強烈なインパクトだ。
能率手帳を持ってるからコピーして試しに使ってみよう。

写真の表紙は明治大学の手帳だが中身は能率手帳だろう。ちょっと紛らわしい。
明治大学の中身が能率手帳と全く同じ可能性も無いわけではないが。
ちなみに、 『三色ボールペン情報活用術』 でも同じ写真が使われている。



●ビジネスマンは週末の過ごし方で差がつくと思っています。特に僕の場合は、平日は人に会ったり、指示を出すなどのアウトプットばかりで、インプットは週末にしかできない状況です。だから、週末は資料を読んだり、じっくりと手帳の整理をしながら、翌週への戦略を練るなどの仕事の準備にあてています。(p.25)

☆『一冊の手帳で夢は必ずかなう』 の熊谷さん。週末はあくせく働かず、じっくりと戦略を練る。このメリハリが大事なのかも。



●「夢を手帳に書こう」といわれても、いざとなると「自分の夢って何だろう?」「夢なんてすぐに浮かばない」という人も多いのではないだろうか? そういう人は、夢を見つけるために「やりたいことリスト」を作成してみることから始めてみよう。(p.27)

☆夢は何かって言われてもなかなか出てこないけど、やりたいと思っていることを思いつくままにたくさんリストアップすることならできそうな気がする。さっそくやってみよう。よく「やりたいことリスト」を作れって言われるけど、夢を見つけるためにというところがポイント。夢は何かなーってただ漠然と考えているだけではダメだ。



●あと84万(p.30)

☆手帳の給料日のところに、「あと84万」と残額を書くのもおもしろい。

目標までの距離が近づいて行ってモチベーションが上がる。



●まずは、自分のやるべき仕事や行動を把握することから始める。 (中略) リストアップしたら、次はいつその仕事に取りかかり、いつまでに完了させるのか計画を練るようにしよう。(p.54-55)

☆タスクはGTD+Rにリストアップしているからそれをプロジェクトごとにスケジュール化して行こう。



●「仕事ができる」人とは、「セルフマネジメント」ができる人です。セルフマネジメントとは、つまり「タイムマネジメント」をするということ。結局、仕事ではスケジュール管理を握った人間がリーダーなんですよ。それによって、その人の意向にそった仕事の流れをつくることができるわけですから。(p.73)(宮城大学大学院教授の久恒啓一氏)

☆意外と重要な「タイムマネジメント」力。
現代人に最も必要なスキルのような気がしてきた。




【アクションプラン】
・能率手帳をとりあえず2週間分ほどコピーして斎藤式を試してみる。
黒を使わないのが最大のポイント。

・「やりたいことリスト」を作成してみる。 →済(140429)
今すぐにでもやりたいけどできないこととかも含めて全部思いつくままに挙げてみる。そうすると共通する何かが見えてくる。それが夢だったりするのかも。

・目標まで「あと○○」と定期的に記入してモチベーションを上げる。

・GTD+R →スケジュール化(バーチカル化)
(GTD+Rの欠点は、月間のタスクがずっとそこに居座ることと、TODAYに入ってるタスクがなかなか終わらないなぁって思ってたら30時間分のタスクが入ってたりなど…)



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
やりたいことは多いんだけど、なかなか進まない時に。

posted by macky at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック