TOP手帳術 >手帳300%活用術

2014年05月03日

手帳300%活用術

手帳300%活用術
手帳300%活用術
posted with amazlet at 14.05.03
日本能率協会マネジメントセンター
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 173,658


手帳300%活用術
日本能率協会マネジメントセンター/編 (日本能率協会マネジメントセンター) 2009年
1,000円+税、年



【概要】
ベストセラー 『手帳200%活用ブック』 では7人の「手帳達人」の実践例を中心に、時間管理をはじめとするさまざまな手帳の使い方を紹介いたしました。
あれから5年。著名な方々の使い方にとどまらず、手帳メーカーとして60年にわたって蓄積してきた、楽しく役に立つ手帳術をコンパクトな判型(文庫ワイド版)に詰め込みました。
コラムでは著名人11名の手帳活用法を紹介。その他にも「手帳診断チャート」や「手帳歴史年表」なども掲載しています。
手帳を使うすべての人に役に立つ唯一のバイブルです。(Amazonより)


パート1は 『手帳200%活用ブック』 とほぼ同じ内容。

パート2は、仕事とプライベートが楽しくなる117のワザ。



【動機】
『手帳200%活用ブック』 を探しているときにたまたま見つけた。



【所感】
基本的なことしか書かれてなかった。

逆に言えば、万人受けしそうな手帳術。

ほぼ文庫本なのでコンパクトに情報が詰め込まれてる感じ。

巻頭カラーの手帳の生い立ちが楽しい。

「〜してはどうか」「書いてみてはいかがだろう」という感じで文体がやや堅いかな。
書き方としては200%の方が親しみやすい。ゲームの攻略本みたいで。




【抜粋】
●やろうと思ったことをいつ、どこで、どのように実行するか手帳にスケジューリングしてしまう(p.154)

☆本を読んだらやりたいことがたくさん出てくるけど、それをいつかやろうと書き出すだけではだめで、具体的にいつやるかまでその時に決めて手帳にスケジューリングしてしまうのだ。こうやって予定に入れてしまえば、やりたいことがどんどん実現できそうな気がする。



●移動中にも便利なので、スケジュール、タスク、情報のすべてをA5判サイズの能率ダイアリーと「ポスト・イット」で管理しています。(p.172)

☆ 『手帳200%活用ブック』 を読んでいた時から気になっていた西村氏のポストイット手帳術。
たまたたA5を使っているのでポストイットの台紙として使ってみよう。
(昔このやり方を知ったときはA5を使ってなかったので導入には至らなかった。というかB5ルーズリーフでやってみたが挫折)


というわけで、バーチカル手帳にプロジェクトごとの付箋置き場を作ってみた。場所は手帳を使う前で空白になっていた3月のところ。プロジェクトが6つくらい作れるので今集中しているプロジェクト置き場にピッタリ。すべてリストアップして付箋で優先順位を入れ替えたりしながらそれをバーチカルにスケジュール化して行く。(左ページはこれも100均のA6ポストイットを使っておおまかな流れを。右ページには西村氏のように今週と今日に分けて上から並べていく)

しかも左下角に切り込みがあるのですぐに開けて便利。
(右手で開けば今週のページに、左手で開けば最優先のプロジェクトが一瞬で開ける!)

付箋を使うと終わった後、何も残らないのが欠点だったが、スケジュール化の前段階として優先順位を考えることに特化してしまえば問題なさそうだ。終わったものははがして捨てる。

大事なのは、プロジェクトごとにやることをすべて洗い出すことと、それを優先順に並べてさらに手帳にスケジュール化して行くこと。これだけでやりたいと思っていたことがどんどん実現していきそうだ。




●胸ポケットには、一束の「ポスト・イット」を入れておき、急に思い出した要件やアイデア、新聞で見つけた記事の要点を、その場で書き込むことが習慣になっています。
 メモをした「ポスト・イット」は、手帳のメモページを使って、カテゴリごとにスクラップ。(p.173)

☆一日に一本(100枚)使うらしい。

すごい贅沢な使い方だ!と思ったけど、100均で買えば1本約20円くらいで買える。なんて贅沢な・・・と思ってもそれが20円というのはおもしろい。(正確に計算すると、一本150枚入りのものが五本入ってて108円なので、100枚当たり14.4円)

ちなみに能率ダイアリーはメモページが60ページもあるらしい。


(140618 追記)
最近、100均に行ったら、ポストイットがリニューアルされていて、
1本200枚入りになっていた。

100枚当たり10.8円。安い!
しかも以前は無かった緑まで入ってるし。





【アクションプラン】
・年間スケジュールで大まかな予定を決める。 →済

・プロジェクトごとの付箋置き場を作ったので、付箋を並べ替えながら優先順位を決めて、それをもとにスケジュール化してみる。 →済

・別冊のアドレス帳の使い方をもっと考える。 →済。手順などを書いた付箋(これも100均でサイズは125*75のもの)を貼るのにピッタリ!



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
手帳術の基本を押さえたいときに。


posted by macky at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

西村晃の「生産性」手帳術
Excerpt: 西村晃の「生産性」手帳術―時間を3倍創り出す法posted with amazlet at 14.06.18西村 晃 生産性出版 売り上げランキング: 1,241,585Amazon.co.jpで詳細..
Weblog: 読書ブログ -あなたの愛読書は何ですか-
Tracked: 2014-06-18 20:03