TOP手帳術 >すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい

2014年06月14日

すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい

すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい
蟹瀬誠一&「知的生産」向上委員会
三笠書房
売り上げランキング: 544,570


すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい
蟹瀬誠一&「知的生産」向上委員会/著 (三笠書房) 2008年
1,400円+税



【概要】
最も効率の良いスケジュール・情報管理の方法とは何か――。

それは、「すべての情報を1冊の手帳にまとめて、一元管理する」ことです。

本書ではそのための方法論を多岐にわたって紹介。
情報を手帳に一元化することで、
「必要な情報を即座に見つける」
「仕事の効率を上げる」
「夢や目標をかなえる」
「お金、人脈を管理する」
……ことが可能になるのです。

手帳の選び方、タイムマネジメントの方法はもちろん、目標達成、新聞・雑誌記事の整理方法など「1冊の手帳でできること」を豊富な図版とともに紹介します。

また、様々な分野で活躍している「ベストセラー作家」たちのコラムを収録。「効率的なスケジュール管理のノウハウ」「情報管理のテクニック」「セルフマネジメントの方法論」「アイデアを引き出すメモの極意」など、オリジナリティ溢れるノウハウを紹介します。

〈本書に収録されているコラム〉
・本田直之……セルフマネジメント手帳術
・古市幸雄……目標達成のための手帳術
・久恒啓一……できる人の4週間スケジュール帳
・和田裕美……売上アップの営業手帳術
・石渡美奈……「手帳に書く」のが楽しくなる秘訣
・土井英司……アイデアマンのメモの極意
・吉越浩一郎……デッドライン仕事術の実践テクニック

あなたの手帳が「宝の山」に変わります! (Amazonより)



【動機】
タイトルに惹かれて。


【所感】
内容が薄すぎる。

あまりにもムダな文章が多すぎて
読んでいるうちにため息が出る。



【抜粋】
●私は一時期、速記をやっていたことがある。インタビューや講演会で話を聞きながら、同時進行でメモが取れるのが便利だと考えたからだ。ところが、いざやってみると速記は、書き取ったメモを読み返すのにかなりの時間がかかる。読み下す分の時間が二度手間になってしまう。(p.149)

☆唯一役に立ったのはこの部分か。

ちょうど、 『時間管理術』 を読んで速記をやってみようかなと思っていたところなので。



●そこで「固有名詞」に着目します。本の中で紹介された人物の名前、資料の関係機関などを、読みながら赤ペンでチェックします。そして読後に見返し、コンタクトをはかるのです。(p.185、「土井英司氏のコラム」より)

☆さっそく土井氏のサイトをチェックしてみよう。そういえば、本で紹介されたりしていると、わりとチェックする方かもしれない。




【アクションプラン】
・土井英司氏の「ビジネスブックマラソン」(メルマガのバックナンバー)を読んでみる。





【評価】
評価:★☆☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
手帳を今までに一度も使ったことがない50代の方に。

posted by macky at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳術 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック