TOP時間術・タイムマネジメント >夢をかなえる時間術

2014年12月17日

夢をかなえる時間術

夢をかなえる時間術 (サンマーク文庫 い 1-2)
伊藤 真
サンマーク出版
売り上げランキング: 112,113


夢をかなえる時間術
伊藤 真/著 (サンマーク出版) 2011年 (単行本は2007年)
571円+税



【概要】
人生とは「時間の積み重ね」そのもの。時間の積み重ねの結果が、人生に表れ、「時間に対する考え方」を変えれば、時間に縛られることなく夢をかなえることができる――司法試験の短期合格者を多数輩出している受験指導校・伊藤塾の「カリスマ塾長」が実践してきた、プランニングや手帳術といったノウハウから、「時間の幸福度」を高める生き方までを紹介した、話題の書。(「BOOK」データベースより)


【動機】
時間術の本を乱読中。



【所感】
成功するかどうかは、知力や体力よりも、時間の使い方次第。
(限られた時間を何に使うか)



【抜粋】
●彼らの勝敗を分けるのは、「真剣度」の違いとも「勉強法」の違いとも言える。そして、もっと大きく言えば「時間の使い方」の違いなのだ。(p.4)

☆これだけで言いたいこと全部のような気がする。
人は同じように24時間与えられているけど、どう使うかによって結果は大きく変わってくる。



●多くの人は、夢が実現しないのは、時間が足りないからだと思っているのだ。
 はたして本当にそうだろうか。時間さえあれば、悩みは一挙に解決するものなのか。
 たとえば、起業家として活躍している人や、芸能界やスポーツの世界で輝いている人を思い浮かべてほしい。彼らは、他人より暇だったから、自分の夢を実現したのか。もちろん、答えは否である。(p.5)

☆そう思っている人は、時間があっても結局何もしないで終わる、ということ。まさにそのとおり。夢が実現しないのは、時間が足りないからではなく、、、



●学生時代は、分刻みの膨大なスケジュール表をつくり、その労力に多くのエネルギーを消費していた。(p.21)

☆細かいスケジュール表を作るのはそれ自体が目的になってしまったら無駄である。



●時間に追われる人は、ただ猛烈にそれを消費しているだけ。時間を大切にしていない人である。そして、時間を大切にしていない人は、自分自身の生き方を大切にしていない。(p.22)

☆やることがなくて暇だーって言ってる人を見ると、時間を消費しているなぁと思うが、そうではなく時間に追われてあくせくしている人こそ時間を消費している人なのだという。言われてみれば確かに、時間に追われる状態というのは時間を生み出しているのではなく、時間を使っている感覚に近い。なんとかしてここから抜け出さねばならない。



●そう考えただけで、時間に対するとらえ方が劇的に変わった。
 自分はなんと幸せな時間をすごしているのだろう。私の時間は夢へとつながる一歩だ。(p.25)

☆夢や目標、ゴールをスケジュールに書き入れておくだけで、1分1秒が夢実現へ向けてのカウントダウンになる。



●「夢」をもって、その実現のための「夢の時間割」を生きていれば、人生に不満をもつことはないはずだ。だから、いつも「時間がない、忙しい」と嘆いている人は、自分の目標が定まらず、自分の人生そのものに不満を抱いている人なのではないだろうか。
 夢や幸福に近づいていると実感できるように時間を使えれば、本当に幸せだ。(p.26)

☆なるほど、そういうふうに考えればいいのか。私自身、やりたいことが多すぎて時間がないと感じてしまうが、夢に一歩ずつでも近づいていると実感できれば焦りは無くなり、時間に追われることも無くなるのだろう。そういえば、いくらがむしゃらにやってもやりたいことがどんどん増えてきて、全然進んでる気がしなかったが、目標がはっきりしていれば、そこへの道筋もわかり、達成度もわかり、少しずつでも近づいていると実感できるのだろう。



●私が司法試験のプランニングをするにあたって、最初にしたことは、「合格体験記」を集中して読み込むことだった。
 図書館に行き、雑誌のバックナンバーまで引っぱり出して、一週間ぐらい来る日も来る日も体験記だけを読みつづけた。そして、合格者に共通する姿勢や勉強法を見つけ出した。つまり私がやったのは、「勉強法の勉強」をすることだった。(p.92)

☆「合格体験記」を読みあさったおかげで、どういう人が受かるのか、そのイメージを具体化することができたそうだ。



●子ども時代は、時間がたつのがとても遅かった。一日も長かったし、一年も長かった。・・・(中略)・・・大人になると一年など、あっという間に過ぎてしまう。なぜ、年を取ると時間が早く進むのだろうか。
 このことは、心理学的には「ジャネーの法則」と言われ、「主観的に記憶される年月の長さは、年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される」という説で、年を取ると1年が短く感じられることが説明されている。(p.141)

☆「ジャネーの法則」というらしい。




【アクションプラン】
・一番大事なことに時間を確保する。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
時間に追われていると感じている人に。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック