TOP実用書・ハウツー本 >YouTubeで成功する極意

2015年01月22日

YouTubeで成功する極意

YouTubeで成功する極意 (玄光社MOOK)

玄光社 (2014-06-25)
売り上げランキング: 37,740


YouTubeで成功する極意 (玄光社MOOK)
小川睦/編集 (玄光社) 2014年
1,300円+税



【概要】
YouTubeには、アップロードしたオリジナル動画から収益を上げられるプログラムがあります。
スマートフォンやデジタルカメラで撮影した数十秒から数分の動画を、このプログラムを活用してお金に換えることができるのです。
家族や世界が「いいね! 」と言った動画に学ぶ!
ペットとの日常のひとコマ、趣味、特技など、テーマは身近にあります。
本書では、実際に驚異的な再生回数を叩きだしている日本発の動画の中から、
選りすぐりの30本を料理、日常、ペット…など7ジャンルに分けて、内容や撮影エピソード、チャンネル情報を紹介。
世界から「いいね! 」と言われる動画の秘密に迫ります。(Amazonより)



【動機】
YouTubeをもっとやってみたいと思って手に取った。



【所感】
再生回数の多い動画を紹介してるだけ。

極意というほどのものは無かった。

まあ、うまくいってる人のを見るということ自体が極意なのかも。



でも、紹介されてるのは全体的にしょーもない動画が多いのが残念。

例えば、これとか。

ジュースの自動販売機で当たりを出す方法【裏技?】
https://www.youtube.com/watch?v=6p95-kRxF_E


裏技でもなんでもない。
そんな仕組みだったら毎日買う人は毎日当たるじゃん!

と思いながら冷ややかに見てたら案の定。。。




【抜粋】
●――映像経験ほぼなし、しかも自撮りなのにどの動画も手間がかかっていそうなシーンがたくさんあります。

「僕のやり方は素材ありきの編集なんです。台本も撮影スケジュールも必要なし。思いつく限りのシーンを撮りまくって素材を集め、切り貼りしながら内容を組み立てる。つながりの面白さで生まれる奇跡に賭けています(笑)。(p.17)

☆これなら手軽に始められそうだ。しかも編集とか楽しそう。



●――森さんの動画はこれだけ再生回数を稼いでいても広告の収益化をしていません。なぜでしょうか?

「面白いところだけをパッと気軽に見れるのが動画。だから僕は自分の動画に5秒とか広告が入るのがいやなんです。・・・(中略)・・・YouTubeの動画は僕の作品です。作品を見た人や企業から仕事の依頼が入り、仕事として作品を作る。お金を得るのはそこだと思っています」(p.17)

☆収益の戦略をはっきりとさせておくことが大事。





【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
再生回数が多い動画はどういうのがあるのか知りたい時に。


【結論】
面白くなくていいんだ。これは大きなヒントになるかも。
なんだか極意をつかんだ気がする。

posted by macky at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック