TOP災害・サバイバル >震災マニュアル

2015年03月10日

震災マニュアル

震災マニュアル―震災サバイバル読本 (2006年最新版) (危機管理シリーズ)

フォーバイフォーマガジン社
売り上げランキング: 1,563,602


震災マニュアル―震災サバイバル読本 (2006年最新版) (危機管理シリーズ)
(フォーバイフォーマガジン社 ) 2006年
1,429円+税



【概要】
地震大国ニッポン、知恵と知識で命を守ろう! 地震の備え、役立つ防災・避難用品、対処法等を紹介。いざという時に役立つ災害マニュアル。2006年版では、特に公共交通機関や高層ビルなどの具体的な災害対策を詳細に紹介。(「MARC」データベースより)


【動機】
東日本大震災から明日でちょうど4年。

地震などの災害に対する備えを日頃からやっておこうということで。



【所感】
9年前の本なのでちょっと古いけど、
一通りは押さえておきたい。



【抜粋】
●厚手のポリ袋はポリタンクの代わりや、防寒ポンチョ、さらに段ボール箱に取り付けてトイレの代用にするなど、工夫次第でさまざまに使用でき、大変役に立ちます。(p.52)

☆ポリ袋を持出袋の中に入れておこう。


●避難所生活では、燃料、照明、小型コンロ、テント、寝袋などのアウトドア用品が大変役に立ちました。愛車にアウトドア用品を積んでいた人の多くは、それらを利用して公園や小学校にテントを張り、急場をしのぎました。(p.53)

☆一人用のテントが部屋にあるので、車に積んでおこう。


●クルマの中は冷暖房完備ですから、避難中でも少しは快適かもしれません。ただし、水分補給と足の運動を心がけないとエコノミークラス症候群が原因で命を落とす危険があります。(p.123)

☆そういえば、クルマの運転席で寝ていると、起きた時よく足が棒のようになっている。血が滞っているのだろう。
クルマの中で足を低い位置に置いたまま、あるいは狭い空間で体を曲げたまま長時間過ごすと、血の固まり(血栓)ができて血管をふさぎ、脳血栓や心筋梗塞などを引き起こす危険があるという。




【アクションプラン】
・非常用持出袋の中身をリストアップしておく。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
震災に備えて何かをやっておきたいというときに。

 
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 災害・サバイバル | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック