TOP自己啓発 >まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

2015年05月30日

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣



まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣
フランクリン・コヴィー・ジャパン/監修、小山鹿梨子/まんが (宝島社) 2014年
1,000円+税



【概要】
一人前のバーテンダーを目指し、バー「セブン」で働く歩。彼女の生き方、考え方が少しずつ変わったのは『7つの習慣』のおかげだった――
累計65万部超『まんがでわかる7つの習慣』の続編!
「7つの習慣」の中にあるひとつひとつの習慣をまんがでわかりやすく紹介し、より深く「7つの習慣」がわかる本です。
今回は「パラダイムシフト」「第1の習慣・主体性を持つ」、「第2の習慣・目的を持ってはじめる」をとりあげています。(Amazonより)


【動機】
7つの習慣のまんが版がさらに詳しくなっている。


【所感】
マンガなのでわかりやすい。




【抜粋】
●「何ができるとかどんな経験があるとか
そういうのはこちらが求める最低ラインをクリアできていればあとはあまり気にしないですね」

「ええ? それだけで採用を決めちゃうんですか?」

「もっと知りたいのはその人の人格さ

料理が好きか

人をもてなす喜びを知っているか

そもそも人が好きか…」(p.39)


☆スキルを追い求めるよりも、最低限のスキルを身に付けてあとは人格を高める方が大切。




●「当店として恥ずかしくないものをお出ししたつもりですから

彼女のカクテルにご不満でしたら

私がおつくりしても同じです」(p.65)


☆これはなかなか言えない。

味に深みがないと言われ作り直すように言われた時の話。
普通ならマスターが自ら作り直すのだろうが、
部下のためにわざと怒ったふりをしたのだ。




●「逆になんとなくで動き始めちゃうと時間をムダにして終わっちゃうのよね」(p.126)

☆ハシゴをかけ違えていたら、一段登るごとに間違った場所に早く近づいていくだけ。




【アクションプラン】
・極めてから動き始めるのではなく、やりながら同時に極めていく。

・すぐに動き始めたとしても間違ったこと(目標に合ってないこと)だと意味が無いので、何をやるかはじっくりと考えておく。





【評価】
評価:★★★★☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
7つの習慣の中でも最も基本となることが書かれている。

 
posted by macky at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック