TOP経営学 >なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?

2015年06月25日

なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?

なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか? (プレジデントムック)
野地 秩嘉
プレジデント社
売り上げランキング: 300,747


なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?
野地秩嘉/著 (プレジデント社) 2010年
952円+税



【概要】
「餃子の王将」初の書籍化! 6年連続最高益更新のナゾを解く!
『キャンティ物語』 『サービスの達人』 などのベストセラーで知られるノンフィクション作家、野地秩嘉とプレジデント編集部が、「30カ月連続 既存店全店黒字」という同社の好調の秘密を「初めて」解き明かした異色ビジネス書。

●店ごとに名物メニューがすべて違う
●カット野菜は使わず、店でキャベツを切る
●損覚悟で「割引チケット」を配りまくる
●赤字でもボーナスを年3回出す
●「皿洗い」をすれば定食をタダにする
●店長の「数字力」がダントツに高い
●ライバルより営業利益率が高い

と、いうように王将は「会計」の視点で見ると実に「学ぶべき点」が多い。
また、店長と店員たちの絆が強く、それが経営を支えている。よって「人材育成」という意味でも事例の宝庫といえる。
こうした「人づくり」の秘密について、大東隆行社長のロングインタビューや成績好調店舗ルポ(仙台、横浜ほか)などを通して知ることができる。
さらに、「王将」は、関西地区では“ソウルフード"として根強い人気を誇り、これが全国に広まりつつあり、さらなる行列を生み出している。
こうした王将の魅力を5人の「王将文化人」の取材によって浮き彫りにした。
日本画家で京都造形芸術大学学長の千住博氏、人気芸人のケンドーコバヤシ、ブラックマヨネーズ、グラビアアイドルの山崎真実、
そしてグルメ雑誌 『dancyu』 町田編集長が「どこがスゴイのか」を分析。他のビジネス書とは完全に一線を画す内容になっている。
加えて、付録としてデフレ不況でもバカ儲けしている経営者(ツタヤ、ポイント、ココイチ)などのトップインタビュー、さらに「名物メニューマップ」「王将料理 『人気ベスト10』」なども掲載。
まさに「楽しくて役に立つギョーザ経済学」に仕上がっている。(Amazonより)



【動機】
「餃子の王将」の魅力に迫りたい。



【所感】
ブラックマヨネーズのインタビューが載っていたが、「え、そこまで?」と思わず唸った。





【抜粋】
●ファミリーレストラン、居酒屋など外食産業の経営に造詣の深い公認会計士、柴山政行氏はそうした「チェーンらしくないところが消費者にウケている」と考える。(p.20)

☆柴山政行 『「餃子の王将」決算書で、儲けのポイントがサクッとわかる』 も読んでみたい。



●一般に、ひとりの新規客を獲得する営業コストは既存客を呼ぶよりも5倍のコストがかかるといわれています。 『一対五の法則』 です。また、5%の既存顧客が流出してしまうと、店の粗利は25%落ちるともいわれる。これが 『五対二五の法則』。(p.29)

☆今流行りのランチパスポートとかは新規客を呼び込むのに成功している。消費税増税に便乗して15%上げた店(これくらい値上げしてる店が多かった)は既存客が5%流出(実際はもっと流出してるかもしれないが)して、店の粗利が25%も落ちるのか。値上げしたことでかえって経営が苦しくなっているのかもしれない。



●記録にあたって、気をつけるべきなのが、支出の費目をなるべく細かく分類すること。(p.32)

☆家計簿を作る上でも参考になる。分析しやすくするのが目的。




●それより三年前、加藤は京都御所の近くに、居抜きで買った中華料理店「王将」をオープンしたものの、経営がうまくいかず、すぐに閉店せざるをえなかった。(p.42)

☆1号店って京都御所の近くだったのか。

餃子の王将社長射殺事件』 を読んで、伏見かと思っていた。立命館中・高校ってもともとは御所の前にあったのか。

ちなみに、立命館中・高校は昨年から長岡京市へ移転した。伏見の校舎には 『スクール☆ウォーズ』 で有名な伏見工業高校が移転してくる予定だという。




吉田 大阪には二週間に一回とか、三週間に二回ぐらい帰るんですけど、あんまり腹が減ってなくても、いましか餃子の王将を食べられないと思って、必ず食べてますね。(p.50)

☆ブラマヨの吉田さんらしいリップサービス。

1年に1回とかならわかるけど、10日〜15日に一回って・・・(笑)
ついこの間食べたばかりやん!ってなるわ。




吉田 中国にロケで行って餃子を食っても、餃子の王将のほうがうまかったりする。もし餃子の王将が中国に進出しようとしたら、中国は国を挙げて阻止すると思います。(p.53)

☆うわっ、王将の大東社長が殺害された理由はこれかもしれない。



【アクションプラン】
・柴山政行 『「餃子の王将」決算書で、儲けのポイントがサクッとわかる』 を読む。

・支出の費目をもっと細かく分類してみる。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
王将が好きな人に。王将って何?って人も。

posted by macky at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営学 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック