TOP実用書・ハウツー本 >毎日がときめく片づけの魔法

2015年08月10日

毎日がときめく片づけの魔法

毎日がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵
サンマーク出版 (2014-01-08)
売り上げランキング: 4,453


毎日がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵/著 (サンマーク出版) 2014年
1,600円+税



【概要】
【世界でシリーズ300万部突破!】
米国「TIME(タイム)」誌 世界で最も影響力のある100人に選ばれました!
ニューヨーク・タイムズ No.1ベストセラー!


片づけコンサルタントとして活躍する、著者のこんまりさんこと近藤麻理恵さん。
初めての著書『人生がときめく片づけの魔法』は、「片づけ」本としては異例のミリオンセラーとなり、
2013年9月には仲間由紀恵さん主演による同名ドラマがテレビで放送されるほどの大人気を博しました。
今回、満を持してお届けするのが、全ページオールカラーの永久保存版、題して『毎日がときめく片づけの魔法』です。
テーマはズバリ、「片づけを通して毎日がときめく暮らしを実現するための本」。
「片づけ祭り」の具体的な手順から洋服のたたみ方まで、わかりやすく解説してあります。
また、片づけをやり終えた人のために、こんまりさん流のときめく暮らしを実現するちょっとしたヒントも満載です。
これから片づける人にも、片づけ真っ最中の人にも、片づけをすでに終えた人にも役立つ一冊。

◎玄関はおうちの顔であり、一番神聖な場所
◎キッチンは「お料理する」のが楽しくなるのが一番
◎寝室は一日の疲れを癒すエネルギーの充電基地
◎トイレは滞らないよう、自由にアレンジする
◎靴の裏をマメに拭くと幸運が舞い込む
◎玄関の三和土は神社の鳥居と同じと考える
◎夜寝る前に「ときめきスクラップブック」を眺める
◎おうちの「ツボ」を押さえると、おうちが健康になる
◎壁を飾ることで「理想の風景」を演出する
◎床掃除は瞑想タイムの代わりとなる
◎洗剤は限界の限界まで少なくしてみる
◎シーツと枕カバーを毎日洗う効果はウルトラ級
◎下着は「見た目のときめき」を重視する
◎「10日間頑張る」と新しい習慣になる(Amazonより)



【動機】
片づけの魔法・こんまり先生の最新作ということで。


【所感】
シーツを毎日洗うなど、やや行き過ぎた感があるが、
要するにその人にとっての「ときめきを大事に」ってこと。



【抜粋】
●収納の達人にならないでください。
なぜなら、モノをため込みがちになるから。(p.100)

☆たしかに収納にこだわると、収納するのが目的になってしまう。
限られたスペースにできるだけ多くのモノを詰め込むのではなく、
ときめくものだけを残す。



●片づけが進むにつれ、中途半端な便利グッズが次々に減っていくのに反比例して、手間も時間もかかる暮らしを積極的にはじめる方が増えているようなのです。
 しかも皆さん、とても楽しそう。
 こうした人が増えた理由はじつに明確で、ズバリ、片づけをすると時間が余るから。「片づけ祭り」を終えた人が一番変化するのは、時間の使い方なのです。(p.143)

☆これはいいことを聞いた。探し物をしたり、判断に迷う時間まで、それまでときめかないことに使っていた時間がとにかく余るようになるそうだ。



●案外、まわりの人というのは他人のワンパターンな服装に気づきすらしないもの。むしろ、いつも通りの「その人らしさ」に安心感と心地よさを覚えているのです。(p.157)

☆なるほど、そういうことなら堂々といつもと同じ服を着れる。




【アクションプラン】
・片づけ祭りを一気に終わらせたい。




【評価】
評価:★★☆☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
毎日片づけに追われている人に。



【結論】
片づけは、「一気に、短期に、完璧に」

 
posted by macky at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用書・ハウツー本 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック