TOP法律 >図でわかる!マイナンバー法のすべてQ&A

2015年09月17日

図でわかる!マイナンバー法のすべてQ&A

図でわかる!マイナンバー法のすべてQ&A

中央経済社
売り上げランキング: 540,344


図でわかる!マイナンバー法のすべてQ&A
みずほ情報総研/編 (中央経済社) 2014年
2,200円+税



【概要】
基本用語3+本文98=101のQ。マイナンバー法、マイナンバー制度の全体像をわかりやすくQ&A形式で解説。(「BOOK」データベースより)



【動機】
国民総背番号制、いわゆるマイナンバー制が10月から施行されるので。


タンス預金が増えるのでは?

それを狙った泥棒も増える?




【所感】
マイナンバー制度のメリットは、個人情報の一元管理による事務手続きの簡素化、事務コストの削減、所得の過少申告・扶養控除・生活保護の適正化など。

デメリットとしては個人情報の流出懸念。






【抜粋】
● Q13 個人情報が一元管理されるのではないですか。

個人情報が一元管理されることはありません。現在と同様各機関で分散して管理されます。(p.42)


☆マイナンバー制度で一番気持ちの悪い部分はここだろうと思うけど、
一元管理されることはないということだ。

マイナンバー制度というと、情報が筒抜けで、管理者はその人の情報が全て(レジでマイナンバーのカードを出したりしたら、いつ何を買ったかまで)把握できるような印象を受けるが、
それは一応ないということらしい。




● Q15 私の情報が知らない間に私が情報を提供した以外の組織に提供されるのですか。

そのとおりです。本人同意は必要とされていません。


☆と思ったら、やっぱりここで、情報が筒抜けだと書いてある。

メリットとしては、お得なサービスが受けられるのにそれに気づかない人に通知してあげたり、
不正な受給を受けようとしている人に、本人同意を行わないことで、不正が見つかるのを避けようとすることを防げる。

本人同意を不要とした代わりに、マイ・ポータルを通してどのような情報が行政機関間で授受されているかを確認できるそうだ。




●マイナンバー法の最大の目的は、「異なる分野に属する情報を照会してこれらが同一の者に係るものであるかどうかを確認することができる」ようにすることです。
 これは、言い換えると、マイナンバーは各種の情報を名寄せするための番号といえます。(p.72)


☆一元化はしないけど、名寄せはしやすくする。守秘義務も定められている、つまり情報が筒抜けってこと。
それをもとに弱みを握ったりすることも簡単にできるのかも。
というかそれが目的なのだろう。




【アクションプラン】
マイナンバー制度に関しては、こちらのサイトがよくまとまっていた。

マイナンバー制度の最大のデメリット!金融資産課税の恐怖
http://matsunosuke.jp/mynumber-demerit/


・マイナンバー制度の情報をもっと集めてみよう。




【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
マイナンバー制度についてざっと知りたい時に。

 
posted by macky at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック