TOP日記 >内向か外向か

2015年12月01日

内向か外向か

齋藤孝の天才伝1 ユング』 を読み返していると、新たな発見があった。


●ユングによれば、外向型の人は、周囲のできごとからほとんど無限といってもよいほどの刺激を受けるので、行動の基準となる道徳律は、その人をとりまく環境が求めるものと一致するし、社会に順応しようとする意欲が強い。一般に親切でつき合いやすく、他人のために自己を犠牲にしても悔いはないし、よく働き、社会的に成功することも多い。(p.96)



☆これはまさに私のことかも。

人の影響を受けまくるし。


ということは、内向か外向かといえば、外向なんだな。

一人でいても全然苦にならないから内向かなーと思ってた。



そういう目で新たに 『あなたの天職がわかる16の性格』 を読み返してみると、

タイプ15 創作者(ENFP型)

タイプ11 企業家(ENTP型)



あたりがあてはまるかもしれない。



●ENTP型は、手がけるプロジェクトの数を減らし、はじめたことは最後までやりとげるよう気をつけよう。(p.183)

●ひとつのことを最後までやりとおすのをいやがる傾向は「もっとおもしろいことを逃してしまうのではないか」「もっといい機会を逃してしまうのではないか」という恐怖心から生じている。(p.184)

☆まさにこれだ。


●ENFP型は、エネルギーをそそぎ込む対象をもっとじっくり選ぶよう心がけよう。そうすれば時間を無駄にせずにすむし、才能も浪費せずにすむ。(p.239)

☆エネルギーをそそぎ込む対象を絞る。




●重要な事実や任務があれば、かならずメモや文書に書きとめておくようにしよう。そうすれば、途中で横道にそれずにすむ。(p.240)

☆母艦ノートになるべく書きとめるようにしている。
飽きないように工夫することが大事だ。




●「ものごとに優先順位をつけ、いざ作業にとりくんだら集中し、最後までやり抜こう!」(p.195)

●「優先順位をはっきりさせ、目標に集中してとりくみ、決めたことは最後までやりとげよう!」(p.251)

☆最後までやり抜くというのがカギかも。ちょっとやってみよう。


posted by macky at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック