2015年12月31日

敗走記

敗走記  (講談社文庫 み 36-12)

敗走記
水木しげる/著(講談社文庫) 2010年 (単行本は1991年)


【概要】
水木さんの戦争体験をもとにフィクションを交えて描かれたマンガ。短編集。
「敗走記」「ダンピール海峡」「レーモン河畔」「KANDERE」「ごきぶり」「幽霊館長」の6編。

「敗走記」は、真山という親友の体験談をもとに作ったと書いてあるが、『水木しげるのラバウル戦記』 を読むとこれは自分の話だということが分かる。

「幽霊館長」は 『白い旗』 の「田中頼三」と同じくルンガ沖夜戦が題材。

「ごきぶり」は水木さんのお兄さんから聞いた話だそうだ。


【動機】
以前、本屋で見かけて気になっていて、水木さんの戦記物をまとめて読んでみたいと思っていたので。


【所感】
「敗走記」は、魚雷を受けて沈没した船から脱出した兵士が命からがら仲間のところに逃げ伸びる話。ハラハラドキドキの展開。体力勝負のサバイバル。

「ダンピール海峡」は沈没した船から軍旗を守り抜く話。イカダで漂流してるところに敵の襲撃があったりしてスリルがある。水木さんの描くイカダはいつも気持ち良さそうで乗ってみたくなる。



【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
水木さんの戦記物をまとめて読みたい人に。





■関連記事
水木しげるの本一覧


(120830 読了)
posted by macky at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・コミックス | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック