TOP株・投資 >相続に困ったら最初に読む本

2016年01月18日

相続に困ったら最初に読む本

相続に困ったら最初に読む本---専門家に頼む前に最低限知っておきたい15のこと
曽根恵子/著 (ダイヤモンド社) 2014年 
1,400円+税


【動機】
相続について最低限のことを知っておきたい。


【所感】
ざっと読んでみたけど、専門家に任せっきりにするとトラブルの元だよという事例が多かった。



【概要】
NHK「あさイチ」TBS「Nスタ」フジテレビ「とくダネ! 」など、
テレビ、新聞、雑誌に引っ張りだこの著者が教える
本当に知っておきたい相続トラブルの裏側
「とりあえず、専門家に…」と考えていたら、それは危険!

いま相続の相談で「専門家とのトラブル」が増えています。
家族間の不和やおかねでのトラブルなどが話題になりがちですが、
その根っこには専門家の存在が絡んでいると知ったら、驚きませんか?
これは相続する方が予備知識なしに依頼をするから、トラブルに発展しているのです。
つまり「対策ゼロ」の無知の相続人と、
専門家(弁護士、税理士、信託銀行ほか)でのトラブルが原因。

相続「7つのポイント」と「8つの基礎知識」でかんたん学習
誰もが陥りがちな失敗事例を含む「24の事例」で相続の疑問はすべて解消!

トラブルを回避するために、最低限知っておきたいことを、
7つの「点(ポイント)」に絞って時系列で紹介しています。
また、時間やお金など、テーマ別にわけた「相続8つの基礎知識」を掲載。
これらの相続「7つのポイント」と「8つの基礎知識」が
みなさんの行動を助けてくれる軸になります。

さらに、「何がきっかけで失敗したのか」「どこをどのようにして解決したのか」など、
24の事例から、間違いのない相続をイメージすることができます。

100人いたら、100通りあるのが相続。
相続の手続きから、節税・不動産対策まで、
何からしていいのか困ったら、とりあえず最初に読めば安心の1冊です!(Amazonより)



相続に困ったら最初に読む本---専門家に頼む前に最低限知っておきたい15のこと
曽根 恵子
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 281,080




【抜粋】
●国税庁の発表では、2012年(平成24年)度に亡くなった方は約126万人、このうち相続税の課税対象となった方は約5万2千人で、課税割合は4.2%(2011年<平成23年>4.1%)となっています。ほとんどの方は相続税の申告も不要で、税理士に頼む必要はありません。2015年(平成27年)からの相続税の改正によっても、課税対象者は4.2%から6%程度に増えると試算されていますが、まだ、その程度なのです。

 相続税の申告が必要な方が5万2千人だというのに、日本税理士会連合会が公表している税理士の登録者数は7万4千人を超えています。税理士1人当たりの相続実務は0.7回となります。この数字は、1年に一度も相続税の申告をしない税理士がいることを表しています。
 最初は、資産税に特化した、または相続を専門にしている税理士法人もあり、そうしたところは、相続税の申告だけでも年間200件、300件、400件とまとまった数の申告をされています。となると、多くの税理士が、相続税の申告を1年に1回どころか、数年に1回程度とか、あるいは、まったくしたことがないかもしれません。
 こうした事実から、依頼は税理士であれば誰でもいいわけではありません。税理士選びに失敗すると的確なアドバイスがもらえないばかりか、経験不足でうまくいかないこともあるのが現実なのです。(p.128-129)


☆相続実務に慣れていない税理士が大半だというのに驚いた。

相続税改正で相続ブームが起きている。今が稼ぎ時と相続コンサルタントが増えているが、実はそれほど需要は無いのかもしれない。

もし相続コンサルタントになりたいのなら、冷静に見極めたいところだ。



●財産の半分以上が不動産という現実があり、たいていの方は不動産を所有しています。不動産があるから相続税がかかり、納税が難しい。不動産は個々に違い、評価が難しい。不動産があると分けにくく、もめてしまう、など。
 相続では不動産の知識がないと節税ができずに、トラブルのもとをつくることになりかねません。

 ところが、多くの方が相談したり、依頼する、弁護士、税理士、信託銀行は、いずれも不動産の専門家ではないのです。(p.259-260)


☆相続コンサルタントをやりたいのなら、不動産の豊富な知識が不可欠となる。





【評価】
評価:★★★☆☆
こんな人に、こんな時におすすめ:
相続対策で何をすればいいか困ったときに。



【結論】
相続対策は専門家(弁護士、税理士、信託銀行など)に任せっきりにせずに自分でも勉強しておこう。

posted by macky at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資 | edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック